コロナ ウイルス 味覚 障害。 新型コロナ・専門医からのアドバイス(2) 味覚障害・嗅覚障害|山形新聞

新型コロナ・専門医からのアドバイス(2) 味覚障害・嗅覚障害|山形新聞

コロナ ウイルス 味覚 障害

スポンサーリンク 私の好きな阪神タイガースの藤浪晋太郎選手が、コロナウイルスに感染してしまったようです。 藤浪選手は、せきや発熱、倦怠感などの症状は出ていませんが、「ワインやコーヒーの匂いがしない」という嗅覚の異変をきっかけに、コロナウイルスを疑い、検査することで感染を発覚できました。 コロナウイルスについては2020年3月27日現在でもまだ詳細には解明されておりませんが、特に若い人は、発熱などの症状が出ないことも多いようです。 よって、 コロナウイルスに感染したかどうかを判別するためにも、「・嗅覚」について意識することは非常に大事だと考えられます。 みなさん、 コロナウイルスに打ち勝つためにも、そして自分が知らず知らずのうちに感染者となっていて他の人に感染させてしまわないためにも、「味覚・嗅覚」をより一層意識して過ごして頂ければと思います。 というわけで、 今日は、味覚障害の対策をご紹介します。 すみません。 (参考記事:) 「味覚障害」の対策 ・亜鉛の摂取 一般的な味覚障害の最も多い原因は「 亜鉛不足」です。 ファストフードやコンビニ弁当には、味蕾に必要な亜鉛を奪ってしまう物質が含まれていることが多いので気をつけましょう。 また、お酒を飲みすぎると、 アルコールの分解に亜鉛が使用されて亜鉛不足になる可能性があります。 また、 抗悪性腫瘍薬、抗うつ剤、糖尿病薬などの薬剤も、薬剤が亜鉛と一緒に尿へ排出されたりするので、 味覚障害を引き起こす要因となります。 そもそも、 成人の亜鉛の一日必要摂取量は15mgなのですがに、 日本人の亜鉛摂取量は一日平均約9mgと報告されており、 日本人は亜鉛摂取量が少ない人が多いと考えられます。 ・舌の清掃 舌が汚くなると、 「舌苔(ぜったい)」という細菌や食べかすなどの集まりがたくさんできます。 口臭の原因にもなります。 舌清掃をして、舌苔を除去することにより、味覚が向上することが報告されています。 なので、定期的に味覚の検査をしたほうが良いのですが、なかなか味覚を検査する機会ないですよね・・・。 そもそも、 「コロナウイルスのせいで味覚が悪くなったのか、元から味覚が悪かったのか分からないよ」という方もいると思います。 そんなときはで普段の自分の味覚力をチェックしておくのがオススメです! また、普段から 「味の違いを意識」してトレーニングすることも大切です。 ぜひ、以下の記事もご参照ください! (参考記事:) (参考記事:) ・ストレスフリー 味覚障害は心因性のものもあります。 ストレスがかかると亜鉛の消費が促進されることも報告されています。 味覚障害にストレスは天敵です! もし、「最近ストレス溜まってるなー」と感じたら、当協会のブログ「味覚ステーション」内にあるをご参考ください(くだらないことがたくさん書いてあるので、少しはストレスが和らぐと思います笑)。 味覚は、心身ともに健康に生きるためにはとても大切です! 日本味覚協会は、 皆様の「味覚」そして「健康で充実した生活」に貢献できるよう、これからも精一杯努めます。 引き続きどうぞよろしくお願いいたします! ———————————————————————————— 本日のまとめ ・味覚障害の対策には「亜鉛摂取」や「定期的な検査」が大事 ・牡蠣、抹茶、レバーなどの食品に亜鉛は多く含まれている ・味覚の検査には「」がオススメです! ———————————————————————————— 関連記事: 関連記事: 関連記事: 関連記事: 関連記事: 関連記事: 関連記事: 関連記事:.

次の

新型コロナウイルスは味覚や臭覚(嗅覚)にも障害!?コロナウイルス症状まとめ

コロナ ウイルス 味覚 障害

参考文献 昨今、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に伴う味覚・嗅覚障害が少なくないと報告されています。 しかし、実はコロナウイルス以外にも、様々な原因が味覚障害を引き起こすことが知られています。 味覚障害の種類 まず、味覚障害の分類をお示しします。 味覚減衰、無味症: 味の感じ方が鈍くなったり、全く味がわからなくなった状態• 自発性異常味覚: 何も口にしていないのみいやな味(苦味、渋みなど)を感じる状態• 解離性味覚障害: 特定の味(特に甘味)だけがわからなくなる状態• 異味症、悪味症: 食べ物の味が本来と違って感じたり、何を食べてもいやな味がする状態 原因 1.味覚を感じる器官の異常• 亜鉛不足: 食事の偏りや摂取不足によって起こります。 舌炎: 不潔な義歯の使用や抗菌薬の長期投与、カンジダ感染、鉄欠乏性貧血などによって起こります 2.味覚刺激を伝える神経や中枢の異常 脳腫瘍や中耳炎、顔面神経麻痺などにより神経系が障害を受ける事で起こります。 3.口腔環境の異常(口腔乾燥症) 唾液の分泌が低下することにより起こります。 原因として、下記が指摘されています。 膠原病(シェーグレン症候群)• 心因性など 4.その他• ストレス• 全身疾患(肝障害や消化器疾患、糖尿病)• 妊娠 などでも起こります。 診断・治療 問診(症状や内服薬の確認)・視診(舌の異常、口腔内の観察)・味覚検査などを行ない、原因検索を行ないます。 原因によって、内科的治療や歯科治療が必要となります。 体調が悪くないのに味覚障害が起きた場合は、一度歯科にもご相談下さい。 当院のオンライン診療(歯科)でも、ご相談いただけます。 (必要に応じて、当院内科に検査の依頼をしたり、他院に紹介状を書いたりすることが可能です。

次の

急性の嗅覚・味覚障害についてのお願い~新型コロナウイルス感染症の初期症状の可能性~

コロナ ウイルス 味覚 障害

新型コロナウイルス感染症で嗅覚障害、味覚障害が生じる という情報が出てきました。 実際に、 藤浪選手が嗅覚障害で新型コロナの検査をしたら陽性だった、 というニュースも上がってきて、 不安な方も多いと思います。 まず、先にお話しておきたいことを書きます。 私の知り合いの先生が、 藤浪選手を診察した耳鼻咽喉科の先生から話を聞いた情報です。 「その先生は藤浪選手のことをよくご存じで、彼の今までのパーフォーマンスからしたら、明らかに異常な状況であったとのことで、嗅覚障害より前に倦怠感があり、決して嗅覚障害が初発ではなかった」 とのことで、みんなにきちんと拡散してほしいとのことでした。 倦怠感は診断の一つのヒントになるかと思います。 ただ、病気の発症の仕方には個人差も多いので、 突発的な嗅覚障害が唯一の症状という場合もあるかと思います。 そうした場合にどうするか? すぐに医療機関を受診するというのは、 ご心配かとは思いますが、まずはご遠慮下さい。 以下にその理由を書いていきます。 連日、新型コロナウイルスのニュースを見聞きしていると、 ちょっとでも怪しいと感じたら、 自分もPCR検査をして欲しいと思うのが人というものです。 ただ、このPCR検査の欠点の一つが、感度が悪いということです。 この検査で陽性となったら、まず感染していると言えますが、 (これを特異度が高いと言います) この検査が陰性だからといって かかっていないという証拠にはならないのです。 ですので、他に症状がなくて嗅覚障害だけがでている場合、 あわてて検査をして、陰性だったから大丈夫と、 普通に活動して歩き回っていると、 実は陽性だった場合に、 周囲にウイルスをまき散らすことになる危険があります。 そこで、イギリスでは、他に症状がなく嗅覚障害が生じた場合、 1週間の自宅待機を推奨(要請?)している様です。 (1週間でよいのかというのも難しいところですが、 それは今後はっきりしてくることでしょう) そして、待機中に発熱や咳などの症状がでてきたら、 相談センターに連絡をして指示を仰ぐことになります。 ただ、ここで問題は、 現在のところ、肺炎を思わせる症状がないと、 中々検査をしてもらえないかもしれません。 ところで、ウイルスによる嗅覚障害ですが、 昨日の文献にも書いてありましたが、 ふつうのウイルス感染後でも 嗅覚障害は12~25%に生じます(これは実際に経験しています)。 そして、その10~15%は旧来からあるコロナウイルスなんだとか。 ですので、嗅覚障害=新型コロナウイルスではありません。 そして、新型でも嗅覚障害は自然に治る場合が多いということです。 それでも自分がかかったウイルスが、 新型なのか否かをはっきりさせたくる気持ちはわかります。 しかし、ここでもう一つ大きな問題点があります。 それは医療資源には限界があるということです。 まずPCR検査が十分には足りていないこと。 これを軽症の人に使ってしまうと、 重症の肺炎の人が運び込まれた時に、 新型コロナかどうか検査したくても検査キットがどこにもない、 という事態が生じます。 また、軽症でも陽性がでてしまうと、 現在指定感染症になってしまいましたので どこかに隔離しなければならなくなります。 軽症もしくは嗅覚症状しかない人の隔離を病院で行うと 本来治療しなければならない患者さんを 入院させることができなくなります。 さらに言えば、先ほど 「この検査で陽性となったら、まず感染していると言えます」 とは言いましたが、「まず」であって100%ではありません。 検査というものはそういものだとお考え下さい。 もし、かかってないのに陽性とでたとしたら・・・ 肺炎の症状があれば、それはそれで治療の対象となりますが、 嗅覚障害以外に症状がない場合、 それで陽性で入院となったら、 逆に感染の危険性が増える可能性だってあります。 そんなわけで、嗅覚障害・味覚障害以外に症状がない場合は、 1週間程度の自宅待機が正解となります。 待機中に発熱や咳、息苦しさが生じてきたら、 まずは相談センターに電話をして指示を仰いでください。 ただし、症状は急激に悪くなる場合もありますので、 その場合は感染症指定医療機関にご相談ください。 30に日本耳鼻咽喉科学会から、 「2週間不要不急の外出を控えて下さい」 との、アナウンスがなされました。 > by日本耳鼻咽喉科学会 ただし、高齢者や免疫抑制状態にある人 (抗がん剤やステロイド大量療法を行った直後の人など)は、 早めに相談センターに連絡をとり指示を仰いでください。 2週間程度経過をみていただき、 嗅覚障害・味覚障害だけが残っている場合は加療を始めます。 一般的には急性の嗅覚障害の場合、 経口ステロイドを用いることも多いのですが、 経口ステロイドは新型コロナウイルスに対して、 悪い方向に働く可能性も否定はできていませんので、 早期には用いない方がよい様です。 昨日のENTUKの記事にも書いてありましたが、 嗅覚障害は自然軽快する場合も多い様です。 また嗅覚トレーニングも良いようです。 アロマの液をお持ちの方は それを嗅ぐのもよいでしょうし、 なくても、今まで嗅いだことのあるニオイを 積極的に嗅ぐことが大切だと思います。 また、オメガ3サプリも良いと書いてありました。 EPAとかDHAというヤツですね。

次の