ダンゴムシ 食べ物。 ムカデ 餌の頻度や食べる物は?食べない時の原因や対処法も紹介!

ダンゴムシとワラジムシ その生態とかくされた能力 (小学校の部 1等賞)

ダンゴムシ 食べ物

先日、子供が帰宅した時に手にガチャガチャのカプセルを持っていました。 「何それ?」って聞くと、中にダンゴムシが一匹入っています。 話を聞いてみると、実家の近所に住むの男の子とダンゴムシを取ったりしていたようです。 どうしても持って帰りたくて、1匹だけカプセルに入れて持って帰ってきたようです。 中を見てみると、確かにダンゴムシがいます。 土が全くない状態なので、かなり激しい揺れに耐えながらこのダンゴムシは我が家にやってきました 汗。 「じゃぁ、近所の花壇にダンゴムシを返してあげよう」と言うと、「イヤ、自分で育てる」と言うではありませんか。 何度説得しても聞いてくれないので、結局家で飼う羽目になりました。 まさかの展開です。 とりあえず100均で虫かごケースと花の土を買ってくることに。 突如として始まったダンゴムシの飼育ですが、色々わかってきたこともあるので、まとめておきます。 ダンゴムシの餌と買い方、飼育してわかったことを紹介します。 スポンサーリンク 準備したもの まずは虫かご「飼育ケース」を購入。 お店に行ったらまだ夏ではなかったので、奥にしまっていたのをわざわざ出してもらいました。 色は黒じゃない方が良かったのですが、そんなことを言ってる場合じゃないので、これを購入。 「カブトムシやクワガタ、鈴虫、魚などの飼育に」と書かれています。 日本製。 網かごも売っていましたが、透明のケースの方にしました。 どこかの土をもらうかなとも考えましたが、いい土の方が良さそうだったので、同じく100均一で売られていた「花の土」約2リットルもあわせて購入。 2リットルもいらないんですけどね…;; 安心・安全の日本製と書かれています。 結果的にどちらも日本製でした。 木の粉や細い枝などが混じって入っています。 土は湿り気がありました。 この土がダンゴムシを飼うのにとても最適だったのが、後でわかります。 スポンサーリンク ダンゴムシ飼育スタート 1日目 まずは「飼育ケース」に土を少し入れました。 親が入れようとしたら「自分でやる」っていうので、小さな容器に土を入れ、それを子供に入れさせました なんとか土をこぼさずに入れることができましたよ。 「危ない、危ない」何でもやりたがるのでタイヘンです。 その後、ダンゴムシを土の方に移します。 上の写真はダンゴムシを手に取っている娘。 力強くてダンゴムシが死んでしまわないか心配… しかし、ちょっとした虫でも怖がるのに、なんでダンゴムシだけ怖がらないのだろう? 飼育ケースに無事ダンゴムシを入れることができました。 ダンゴムシがやっと土に帰りました。 今思うと長い輸送期間でした。 この後、ダンゴムシは土の中に入ってしまい、全く出てこなくなります。 2日目 ダンゴムシはよく石をどけるといたりするので、大きな石を見つけてきて飼育ケースに入れてみたのですが、あまりに重たい石でダンゴムシが潰れてしまわないか心配になり、 一度入れてみたものの取り除きました。 1匹だけだと全く外に出てこないので、次の日にダンゴムシをさらに見つけにいってきました。 大きな石の代わりに、落ち葉も入れてみました。 この中に ダンゴムシが7匹ほど入っていますが、全く姿を現しません。 あまりにダンゴムシが地上にでてこないので、子供が楽しくなさそうです。 確かに全く地上に出てこない…。 3~4日目 土の中からダンゴムシが出てきました。 しばらく飼っていてわかったのは、 ダンゴムシは夜行性だったのです。 子供が寝た後に飼育ケースを見ると、モゾモゾと全ダンゴムシが活動し始めています。 これは新たな発見。 しかし、子供が見たいときには、それほど動き回っていないのが残念。 ただ、以前よりは日中でも1匹ぐらいは動いているので、子供は満足そうです(笑)。 朝起きてケースを見るのが日課になっています。 スポンサーリンク ダンゴムシを育ててみてわかったこと ダンゴムシに似た虫はワラジムシ 実は以前から漠然と知っていたことがあります。 それはダンゴムシにそっくりな虫がいること。 図鑑で調べてみたところ、名前は ワラジムシと言います。 見た目はほとんど同じ。 ダンゴムシとワラジムシは同じ仲間です。 ではどこが違いのか、それは 触って丸くなるのがダンゴムシ、丸まらないのがワラジムシです。 我が家が飼い始めたダンゴムシ7匹が全員ダンゴムシなのかはわかりません。 もしかしたらワラジムシもいるかも…。 餌・食べ物 まずダンゴムシの食べ物(餌)ですが、図鑑で調べてみると、何でも食べるそうです。 例えば、 木の枝や枯れ葉や根など。 なので、何も知らずに買った「花の土」が正解。 この 「花の土」は木の細かな根や枝など色々と入っているので、ダンゴムシを飼うには最適でした。 石が重いので、代わりに落ち葉を入れましたがこれも正解。 ダンゴムシは枯れ葉が好きなので、どれも最初に用意したもので上手いこといきました。 ダンゴムシは特に餌を用意する必要が無いので、結構飼育しやすい虫ですよ。 霧吹きで土を湿らしておきましょう。 ダンゴムシに直接あたらないようにしましょう。 実際に飼ってみてわかったことは、落ち葉や木の枝を食べるのですが、量が少ないとすぐに死んでしまうので、茄子とか人参などを小さく切ってあげるのが良いことがわかりました。 下のようなエサをあげるようにしてみましょう。 落ち葉• きのこ類• チーズ• マルベリーカルシウム• カットボーン• 金魚や鯉のエサ 参考:ダンゴムシの本(まるまる一冊ダンゴムシの本:P. 112) やはり柿の葉、コナラ、クヌギなどの落ち葉で良さそうです。 家に人参やナスがあればヘタを小さく切ってあげても良いそうです。 意外にもチーズが大好物と書かれていました。 人が食べるときにおすそ分けしましょう。 きのこは人が食べないイシヅキでもOK。 栄養があるため、食事で使うときに少しだけあげましょう。 実は夜行性だった 先ほども書きましたが、ほとんど地上に出てきません。 それに対し、夜中になると全員がモゾモゾ動いてみます。 日中:ダンゴムシを1匹見るか見ないか• 夜中:5匹以上が地上で動いている 夜のこの瞬間を子供に見せてあげたいのですが、すっかり就寝中なので、子供はいつも「あまり出てこないね」ばかり言っています(苦笑)。 最後に 突如として飼うことになったダンゴムシ、準備したものや実際に飼育してわかったことをまとめてみました。 ガーデニングでは何でも食べてしまうダンゴムシは害虫として扱われているのですが、子供が飼育するにはとても楽な虫でした。 透明のケースはツルツルしているので、例え上に蓋をしていなくてもダンゴムシが上ってこられないのだとか…。 でも、アクシデントがあればタイヘンなので蓋はしています。 一度準備すれば、ほとんど何もする必要がありません。 旅行に行っても大丈夫。 その時は少し多めに霧吹きをお忘れなく。 餌やりの必要がありません。 あれから土と枯れ葉を少し足したぐらいです。 妻はダンゴムシが怖いようですが、僕と娘は楽しく観察しています。 毎日の楽しみがまた一つ増えました。 追記:土を湿らせるときは霧吹きを使いましょう。 水を含ませすぎると、逆にずっと湿った状態が続き、ダンゴムシが死んでしまうので注意して下さい(体験談)。

次の

ムカデ 餌の頻度や食べる物は?食べない時の原因や対処法も紹介!

ダンゴムシ 食べ物

これであなたもダンゴムシ博士! まずはじめに、ダンゴムシは虫ではなく、 エビやカニの仲間の甲殻類だということを知っていますか? 名前にムシとはついているものの、ダンゴムシの正体は昆虫ではなく14本の足を持つ節足動物です。 また、ダンゴムシのオス・メスの違いは、やや茶色の体で背中に模様があるのがメス。 背中が黒っぽくて模様がないのがオスといわれています。 メスは、 6月末~9月の初め頃におなかの袋に30~200個ほどの卵を産み、約1ヵ月後に赤ちゃんが孵化します。 ダンゴムシの子ども(幼生と呼ばれます)は、月に1回ほどのペースで体の前後に分けて脱皮を繰り返して成長します。 初めのうちは体も小さく、白っぽいですが、 約1年かけて大人のダンゴムシに成長します。 よくダンゴムシを「幼虫だ」という人がいますが、通常見かけるのはたいてい成虫だということになりますね。 そして、ダンゴムシの寿命は3~4年が平均ですが、最長では 6年生きたという記録もあります。 ですが、アリや鳥、ヘビやカエル、クモなどの天敵に食べられたり、人間のこどもに捕まえられたり、害虫として駆除される場合もあり、途中で死んでしまうダンゴムシも多いのです。 けっこう簡単!ダンゴムシの飼育法 ダンゴムシの生態を知っていただいたところで、早速 飼育法を見ていきましょう。 「準備」「環境」「餌」の観点からお教えしましょう。 準備 まず必要なのは飼育ケースです。 昆虫用の飼育容器やガラスの水槽などがいいでしょう。 ダンゴムシはつるつるした壁面を登れないので、フタはなくても大丈夫です。 まずは容器に土を敷き、その上に落ち葉をかぶせます。 土は、ダンゴムシのいた場所の土が一番よいのですが、園芸用の腐葉土などでも大丈夫です。 落ち葉はダンゴムシのおもなエサとなるうえ、 体を隠すこともできます。 さらに、石やコンクリートなども置いて隠れる場所を作ってあげましょう。 これでダンゴムシのお家は完成です。 環境 オス・メスの区別が難しければ、5~6匹程度を入れておきましょう。 うまくいけば 赤ちゃんが生まれるかもしれません。 また、お世話するうえで重要なのは、毎日霧吹きなどで適度に土を湿らせることです。 この湿り気がないと、ダンゴムシはとたんに弱ってしまいます。 霧吹きを使うときは、ダンゴムシに直接吹きかけると弱ってしまうので、ケースの側面をめがけてください。 餌 ダンゴムシは雑食なので落ち葉だけでなく いろいろなものを食べます。 ニンジンやキャベツなどの野菜をあげてみたり、いろんな種類の葉っぱをおいてみたりと、いろいろ試してみるのも楽しいですね。 実際に飼育している人の声を聞くと、 煮干やかつおぶしなども好むようです。 細かいエサをあげる場合は、エサを載せるお皿などを用意したほうがケースが汚れません。 いかがでしたか? 比較的簡単につかまえられるうえにお世話もそんなに 手間いらずなダンゴムシ。 飼育ケースや腐葉土は100円ショップで揃いますし、石や木も拾ったものでよいので手軽に飼育をスタートできますよ。 普段はなかなか出会えないダンゴムシの赤ちゃんや脱皮の様子が見られるのも、飼育していればこそ。 環境を整えてあげれば それなりに長生きもしますので、ぜひチャレンジしてみてはいかがでしょう。 こちらにもダンゴムシ、ワラジムシの記事を書いています。 ぜひご覧ください。

次の

ダンゴムシの天敵10選

ダンゴムシ 食べ物

ねらい 動物の体のつくりと枯れた植物体や環境とかかわりに興味・関心をもつ。 内容 ダンゴムシは、日本全国にすみます。 ダンゴムシがいるのは、落ち葉と土のあるところです。 体長は1cmほど。 危険が迫ると丸くなります。 ダンゴムシは、ムシという名がついていますが、昆虫ではなくエビやカニに近い仲間です。 ダンゴムシは、固い甲羅を持っています。 他の虫につかまっても甲羅が滑って簡単には食べられません。 ダンゴムシは、生態系の中で重要な役割を果たしています。 食べ物は落ち葉。 落ち葉を土に変える役割を担っているのです。 ダンゴムシが食べるのは、やわらかくなった落ち葉です。 葉っぱの固い部分は食べません。 時間を縮めてみると、ダンゴムシが、落ち葉を食べる様子がわかります。 これは、ダンゴムシが糞をしているところです。 フンを顕微鏡で見てみましょう。 落ち葉は1mm以下になっています。 このフンをミミズや小さいムシが食べて落ち葉は土に戻っていきます。 ダンゴムシたちの働きにより、森の循環は守られているのです。

次の