スーパー よしや。 よしやはクレジットカード・電子マネーは使えますか?【知恵袋】

移動スーパーとくし丸

スーパー よしや

日本全域に展開 [ ] も参照のこと。 (GMS)、、、• (西友、)• (GMS)(旧ジャスコ・サティ・ポスフール・カルフール)• (旧ニチイ)(一部店舗のみ)• (GMS)、• (ボランタリー・チェーン)• (ボランタリー・チェーン)• 北海道を中心 [ ]• スーパーアークス、ビッグハウス、ラルズマート、ラルズストア、フクハラ、ホームストア、Da*マルシェ、東光ストア、BASIC、スーパーチェーンシガなど(を参照)• 札幌フードセンター、フードセンター、、プライスマート、セリオ、()• (ラッキー、シティ)• (ホクレン商事)• 東北地方を中心 [ ]• (としては、)• (おーばん、うめや)• (サンマリ、サン・マルシェ、、)• (マルホンマート、マルホンカウボーイ)• (ベニーマート、カブセンター)• (ジェイマルエー)• (旧ライオンドー)• 関東・東北地方を中心 [ ]• 関東地方を中心 [ ]• (赤札堂)• 生鮮食品デイスカウントストア アイザワ• いなや• Odakyu OX(、)• - 日本初のスーパーマーケット• (三越伊勢丹フードサービス)• ケンゾー• 、スーパー三和、フードワン• (デリド)• - の一員• - イオングループの一員• - 、イオングループ入り• (マルエツプチ、リンコス、旧フーデックス・旧サンデーマート・旧ポロロッカ)• 関東・近畿・中部地方・沖縄県を中心 [ ]• 関東・近畿・中部地方を中心 [ ]• (アピタ・ピアゴ・ピアゴ ラ フーズコア)• 関東・近畿地方を中心 [ ]• - イオングループの一員• 関東・中部地方を中心 [ ]• -(旧コープかながわ・旧コープしずおか・旧市民生協やまなし)• (原信、ナルス)• 関東・中部・中国地方を中心 [ ]• さえき、おかじま、ハピネ、マルヘイ、ホック、セルバ 中部地方を中心 [ ]• (デリシア、ユーパレット)• (不二屋、トミダ、野田屋)• (ニシザワ食彩館、ベルシャイン)• (旧名鉄パレ)• 近畿・中部地方を中心 [ ]• (、フレンドマート) 近畿地方を中心 [ ]• (デイリーカナート)• (が運営)• (鮮度館KOHYO) - イオングループの一員、近畿地方のマックスバリュも運営• - 市民生協の会員数では日本最大、特に神戸市内ではダイエーと肩を並べる勢力• サボイ• - 高知県のスーパーと同名だが、資本関係はない• (ラッキー、パントリー)• - 旧社名・店名は「ハローズ」だが、広島県の同名スーパーとは無関係• 三杉屋• (ヨシムラ、ハッスル)• 中国地方 [ ] 鳥取県 [ ] 会社名 店舗名 本社所在地 創業年 他地域出店 Sマート 鳥取市 1959年 サンマート 鳥取市 1914年 東宝ストア、新あじそう、リトルマーメイド 倉吉市 1962年 TOSC 鳥取市 1965年 まるごう 米子市 1954年 島根県 島根県 [ ] 会社名 店舗名 本社所在地 創業年 他地域出店 グッディー 出雲市 1946年 キヌヤ 益田市 1951年 フーズマーケットホック 安来市 1949年 鳥取県 みしまや、ヴェルデ 松江市 1949年 Gクラブ 浜田市 1949年 山口県 岡山県 [ ] 会社名 店舗名 本社所在地 創業年 他地域出店 キョーエイ 高梁市 1957年 グランドマート 岡山市 1969年 マルナカ 岡山市 1987年 大阪府、兵庫県、広島県 ディオ、ラ・ムー 倉敷市 1986年 京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、鳥取県、島根県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県、福岡県、三重県、愛知県 タマヤ 玉野市 1958年 天満屋ハピーズ、天満屋ハピータウン、天満屋ハピーマート 岡山市 1969年 広島県、鳥取県 東久ストア 倉敷市 1988年 ニシナ、フードバスケット 倉敷市 1900年 ハローズ 都窪郡早島町 1958年 兵庫県、広島県、徳島県、香川県、愛媛県 ふじうら、パサージュ 岡山市 1955年 ボンエース 真庭市 1971年 プラザ、チョッパーズ 倉敷市 1966年 マルイ 津山市 1931年 鳥取県 まるだい 新見市 1956年 リョービ・プラッツ、パークス、両備ストア 岡山市 1910年 わたなべ生鮮館 岡山市 1995年 広島県 [ ] 会社名 店舗名 本社所在地 創業年 他地域出店 ゆめマート、 広島市 1961年 兵庫県、島根県、岡山県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県 エブリイ、tientエブリイ、業務スーパー 福山市 1989年 岡山県、香川県 ショージ、業務用食品スーパー、カレンズ 東広島市 1951年 (旧 ) ピュアークック 廿日市市 1957年 スパーク 広島市 1978年 鶴屋 尾道市 デイ・リンク、アーベル、ビフレ 広島市 1918年 ニチエー、フードガーデンニチエー 福山市 1962年 マダムジョイ 広島市 1960年 藤三、ビッグハウス 呉市 1950年 フレスタ、レッツ 広島市 1887年 岡山県、山口県 マックスバリュ、ウエルマート、ザ・ビッグ 広島市 1982年 兵庫県、岡山県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県 万惣、マルシェー、アルゾ 広島市 1960年 山口県 三谷屋 世羅郡世羅町 1858年 ミハラスーパー、パルディ 三原市 1959年 エム・バリュー 福山市 1966年 ユアーズ 安芸郡海田町 1979年 岡山県 山口県 [ ] 会社名 店舗名 本社所在地 創業年 他地域出店 中央フード、業務スーパー 岩国市 1956年 広島県 マリン 山口市 1955年 まるき、ウエスタまるき、サンシズカ、バリューハウス 山陽小野田市 1947年 マルキュウ、アルク、サンマート、ピクロス 防府市 1954年 広島県、福岡県 ユアーズ・バリュー 防府市 1979年 レッドキャベツ、得鮮市場 下関市 1984年 福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県 四国地方 [ ] 徳島県 [ ] 会社名 店舗名 本社所在地 創業年 他地域出店 フレッシュフーズオオキタ 海部郡牟岐町 1965年 がんばりや 徳島市 1995年 キョーエイ 徳島市 1946年 兵庫県、香川県 食彩市場三和 小松島市 1971年 業務用食品スーパー、ビルド産直市わっしょい広場 阿南市 1963年 セブン 徳島市 1977年 ダイソー、百姓市 徳島市 1958年 デイリーマート 美馬市 1970年 生鮮スーパーニコー 阿南市 1971年 板野鮮魚 板野郡藍住町 1977年 香川県 [ ] 会社名 店舗名 本社所在地 創業年 他地域出店 新鮮市場きむら 高松市 1907年 岡山県 マルナカ 高松市 1926年 兵庫県、徳島県、愛媛県、高知県 マルヨシセンター 高松市 1961年 兵庫県、徳島県、愛媛県 四季食彩館ムーミー 高松市 1953年 愛媛県 [ ] 会社名 店舗名 本社所在地 創業年 他地域出店 ショッパーズ 今治市 1971年 ABC 松山市 2014年 しんばし 宇和島市 1924年 木村チェーン 新居浜市 1970年 業務スーパー 四国中央市 1978年 東京都、高知県 スーパー日東 松山市 1962年 セブンスター 松山市 1976年 フジ、フジグラン、パルティ・フジ 松山市 1967年 四国全域、広島県、山口県 ママイ、M2、バリュー、フレッシュバリュー 新居浜市 1976年 香川県 エフコ森松 松山市 1973年 リッチ 宇和島市 1970年 高知県 [ ] 会社名 店舗名 本社所在地 創業年 他地域出店 エースワン、エーマックス 高知市 1976年 香川県、愛媛県 サニーマート 高知市 1961年 愛媛県 サンシャイン 高知市 1961年 徳島県、愛媛県 サンプラザ、業務用食品スーパー 土佐市 1962年 末広ショッピングセンター 土佐郡土佐町 1958年 ナンコクスーパー 南国市 1963年 九州地方を中心 [ ]• (熊本県)• (佐賀県・長崎県)• (福岡県)• (大分県)• (熊本市)• (鹿児島県)• くらし館、マックスバリュくらし館、ハロー、マックスバリュハロー、アーガス()• (広島県・山口県・長崎県を除く九州全域)• (鹿児島市)• (熊本県、宮崎県、鹿児島県)• (鹿児島県)• (鹿児島県・宮崎県)• (鹿児島県・宮崎県)• 、アテオ(大分県)• (長崎県・佐賀県)• (熊本県)• 、、(福岡県・佐賀県)• カーニバルプラス(福岡県)• (鹿児島県・宮崎県) - 一部店舗をスーパーセンターに衣替え• (宮崎県・大分県)• うめこうじ・永野屋(宮崎県)• (福岡県・熊本県)• (鹿児島市)• (福岡市)• (長崎県、佐賀県)• ()(福岡県・佐賀県・長崎県・大分県・熊本県)• (広島県・山口県・福岡県・大分県・熊本県・宮崎県)• (福岡県・大分県・宮崎県)• (鹿児島県、宮崎県)• ライブ(鹿児島市)• マルイチ(日向市、延岡市、宮崎市)• (大分県)• (熊本市)• (佐賀県、福岡県)• HEARTYながやま 都城市、三股町、宮崎市)• まつの(宮崎市)• スーパーとむら(日南市)• モールひろせ(都城市、宮崎市)• ショッピングのだ(宮崎市、西都市) 沖縄県 [ ]• (沖縄県)• (沖縄県)• (沖縄県)• (沖縄県)• (沖縄県)• (沖縄県)• (沖縄県) 過去には存在したが、現存していない日本のスーパーマーケット一覧 [ ] 日本全域に展開 [ ] も参照のこと。 (旧ニチイ)• 北海道を中心 [ ]• (札幌市)(との合弁会社により運営)• (系)• 東北地方を中心 [ ]• (福島県須賀川市)(旧マイカル福島、一時休業扱い)• (福島県)• (東北スーパーマーケットダイエー運営)• (佐藤長に運営を譲渡)• スーパーマーケットみのせ(ルミエールと同上)• スーパーみなとや(青森県八戸市)(傘下となりマエダストアに屋号変更) 関東・東北地方を中心 [ ]• 関東・東北・関西地方を中心 [ ]• 関東・中部地方を中心 [ ]• - 大丸ピーコックブランドに統一• - イオングループの一員 中部地方を中心 [ ]• (新潟県)• アスク(長野県)• 石川県• (新潟県)• (山梨県)• (山梨県) 近畿地方を中心 [ ]• 近畿・中国・九州地方を中心 [ ]• (大阪府・奈良県・広島県・山口県・九州全域) 中国地方を中心 [ ]• (広島県広島市)• 広島県呉市• (岡山県岡山市)• (岡山県赤磐市)• (岡山県岡山市)• (岡山県岡山市)• (岡山県岡山市)• (山口県山口市)• (岡山県総社市)• (岡山県津山市)• (岡山県笠岡市) 四国地方を中心 [ ]• 中国・九州地方を中心 [ ]• (福岡県・大分県・熊本県・広島県)• (九州全域・山口県) 九州地方を中心 [ ]• (福岡県)• (福岡県)• (宮崎県)• かわだ(宮崎県)• (福岡県・大分県・熊本県・宮崎県)• (福岡県・熊本県)• 福岡県・山口県• (熊本県)• (宮崎県)• (福岡県・熊本県)• (福岡県・大分県・宮崎県)• (福岡県・佐賀県・熊本県)• (福岡県・大分県)• (福岡県)• (福岡県)• (宮崎県)• (福岡県・佐賀県・熊本県・長崎県)• (佐賀県・福岡県)• (福岡県)• (福岡県)• (佐賀県・福岡県・長崎県)• (福岡県)• (福岡県・熊本県)• (福岡県)• (福岡県)• (鹿児島県)• まるいストア(鹿児島県)• フレッシュやまぐち(鹿児島県) 沖縄県地方を中心 [ ]• (沖縄県)• (那覇市)• (沖縄県) 脚注 [ ] [] 出典 [ ].

次の

よしやはクレジットカード・電子マネーは使えますか?【知恵袋】

スーパー よしや

新規出店を背景に業績を伸ばしてきたが、近年は伸び悩み スーパー業界の過去の推移を見ますと、2007年から12年にかけて減少および横ばいが続きましたが、13年から15年にかけて増加傾向にありましたが、近年は伸び悩み状態となっています。 2010年までの減少の原因として、長引く消費の低迷や給料減による消費者の低価格指向などが挙げられます。 さらに、「ユニクロ」や「ニトリ」、家電量販店の台頭など専門店への顧客流出も加わり、食品以外の衣料品、家電・家具などで顕著に減少が見られました。 一方、2012年末の政権交代によるアベノミクスの影響などもあり、消費マインドは回復傾向に。 13年には増税前の駆け込み需要の追い風もあり、堅調な推移を見せています。 2014年から15年も消費マインドの回復により客足も好調。 特に、食料品を中心とした生鮮スーパーが好調で、業界の拡大を牽引しています。 一方、GMS 総合スーパー は衣料品の落ち込みが目立ち、前年に続き苦戦を強いられています。 は前年比0. 5%増加の12兆9,883億円を記録。 かろうじて前年比増は達成しましたが、伸び幅は年々減少しています。 近年のスーパー業界は、新規出店による店舗数の増加、共働きや高齢化世帯の増加に伴う「総菜需要の増」などを背景にテコ入れを強化していますが、業界全体としては伸び悩み傾向にあります。 国内ではイオンとセブン&アイの2強体制 現在のスーパー業界はイオンとセブン&アイ・HDの2強体制となっています。 イオングループはイオン、マックスバリュ、マルナカなどを傘下に。 さらに2013年8月にはTOB(公開買い付け)によりダイエーを子会社化しました。 セブン&アイHDはイトーヨーカ堂、ヨークベニマル、ヨークマートなどを傘下に治めています。 2015年3月には、マルエツ、カスミ、マックスバリュ関東が共同持ち株会社ユナイテッド・スーパーマーケット・HDを設立。 イオン、丸紅が出資しており、イオングループの傘下に入ります。 イオンとセブン&アイ・HDの両社はそれぞれ6~8兆円ほどの総売上高を誇り、スーパー業界内では圧倒的な規模を誇ります。 スケールメリット 規模の優位性 を活かして仕入れコストを削減できるのが両社の強みであり、非常に強い価格競争力を持ちます。 売り手側、買い手側の双方にメリットのあるPB商品 近年、スーパー各社が力を入れているのがPB(プライベートブランド)商品の展開です。 イオンではPB商品『トップバリュ』を、セブン&アイは『セブンプレミアム』を、ユニー、イズミヤ、フジの3社は共同で『スタイルワン』を展開しています。 また、原材料や製造方法、デザインなども指定できるため、商品にオリジナリティを持たせることができ、企業ブランドの向上にもつながります。 また、PB商品はスーパー側にメリットがあるだけでなく、消費者にも安価で良いものを提供できます。 安くて良いものを求める消費者のニーズにも合致しているため、今後もさらなる普及が予想されます。

次の

目白高田店|店舗案内

スーパー よしや

会社沿革 [ ]• (昭和20年) - 創業• (昭和23年) - よしや食品株式会社に社名変更• (昭和33年) - 株式会社よしやへ社名変更• (平成7年) - 創業50年を迎える• (平成14年) - で健康の意味を持つSainE「セイヌ」を店名に加える 店舗 [ ] 12店(2018年8月現在。 東京都板橋区を中心に展開) その他にも市場に店舗を開いている。 閉店した店舗 [ ] 東京• 環七板橋本町店(2008年)(閉店後、業態転換しディスカウントスーパー「まことや環七板橋本町店」を引き続き当社が運営している。 東中野店(1998年)• 松原店(1994年) POSシステム [ ] は、製を使用。 ポイントカード [ ] ポイントカードは、基本の「よしやカード」と家族で使用できる「よしやファミリーカード」の2種類があり、よしやカードは100円、よしやファミリーカードは300円で直に発行できる。 200円につき1ポイント溜まり、買いもの袋を持っていれば「エコポイント」としてさらに2ポイントが追加加算される。 (毎月5日、15日、25日は二倍の4ポイント加算) 月間買い物累計金額15000円以上で翌月のポイント加算率が二倍になる。 (ポイント5倍デーなどは倍の10倍加算となる。 ) また、2009年春までは買い物をせずとも店内に設置されている発券機で、画面上の伏せられたカードから一枚を選ぶ『ご来店ゲーム』をすることでポイント獲得ができていたがサービス終了。 印刷されるポイント券は500円単位。 店内の買い物代金充当に使える。 その他、関連会社のエステートよしや(旅行代理店)にて旅行商品の代金充当にも使える。 また大山店にてのハローカードのポイント加算にも使える。 ハッピーロード商店街のハローカード加盟店にて直接ポイント券でも買い物ができるようになった(ただし、お釣り銭はでないので、500円毎の代金充当としての利用となる。 ) 脚注 [ ] [].

次の