コミヤマ カタバミ。 ミヤマカタバミ Oxalis griffithii カタバミ科 Oxalidaceae カタバミ属 三河の植物観察

コミヤマカタバミ

葉柄、葉の裏面、花柄、萼片、苞には多くの毛がある。 クローバーに似た丸い3小葉も、夜になると睡眠運動により閉じる。

カタバミの仲間

kantoensis Terao 葉の裏にほとんど毛がない。

Next

カタバミの仲間

花期は3〜4月。 ミヤマカタバミの変種。

Next

コミヤマカタバミ/日光植物園~四季の山野草

果実は5室に分かれる。 特徴 : 草丈5~15cmの多年草。 5~3. 山地に生える仲間は、がっしりしたミヤマカタバミの仲間と、繊細なコミヤマカタバミの仲間に大別できるが、決めては根茎の形。

Next

ミヤマカタバミ Oxalis griffithii カタバミ科 Oxalidaceae カタバミ属 三河の植物観察

5 ~4. 小葉の角はあまり角張らず、花期の越冬葉は小さく目立たない。 et Hook. 茎は赤褐色で、夜間や雨の日には花や葉は縮まる。 蒴果は楕円形、長さ10~17㎜(レッドデータ愛知2009) 品種 'Picta' v , 'Pink Charm' , 'Snowflake' 1 Oxalis griffithii Edgew. 清楚な花を咲かせます。

Next

ミヤマカタバミ

かつては、この植物を煮出してを抽出した。 小葉の角は普通角張る。

Next

コミヤマカタバミ

花は白色又は淡紅紫色、直径3~4㎝。

Next

コミヤマカタバミ(カタバミ科)

よく陽のあたる荒れ地、アスファルトの隙間などに多い。 葉は根茎の先に束生、小葉は倒心形。

Next