ワイン グラス の 持ち 方。 ワイングラスの本当の持ち方って知ってる?

ワイングラスの本当の持ち方って知ってる?

ソムリエさんであればほとんどの方は空中でグラスを回します。

Next

ワインの正しい注ぎ方を知っておこう!かっこよくワインを注ぐには

かっこよければなんだっていいという矛盾 最初に矛盾するようですが、レストランやワインバーには最低限のマナーというものが存在しますし、マナーはどの分野にも大なり小なり存在するものです。 ワイングラスを支える細い脚の部分は「ステム」といい、ワイングラスとテーブルが接触する足の部分が「フット・プレート」です。 もちろん、日本ではそれがルールとして定着している以上は、 その持ち方を間違っているとは言えません。

Next

第8回:ちょっと待て! その持ち方は「ブランデーグラス」|マンガでわかるワイン入門|ワインアカデミー|キリン

この持ち方はわかりやすいと思います。 ラズベリーやスーボワなど繊細で静寂を感じるようなワインの香りを嗅ぎ取るためにボウルがボルドー型よりも広がっており、リムの口径が狭まったタイプとなっています。 むしろ、TPOに合わせた持ち方が存在するのではないでしょうか? 実際に、海外のレストランで食事をしていると、日本でのようにステム部分を持ってワインを飲んでいる方を大勢見かけます。

Next

ワイングラスで脚の部分を持つのはNG?ワイングラスの正しい持ち方について

フルート型に比べて顎を大きく上げなくてもスパークリングワインを飲むことができます。

Next

ワイングラスの持ち方とワインの回し方|これだけおさえよう!

これには何か理由があるのでしょうか? 写真をよく見てみると、2人が使用しているワイングラスは小さめで、いわゆる「パーティー用」のグラスです。 ポイント3 収納スペースを考える 前述した通り、ワイングラスは割れやすいものです。 ワイングラスのボウルを温めてはいけない 何だね、そのワイングラスの持ち方は? なになに、刑事ドラマで有名な俳優がやっていて憧れていただと!? たわけっ、それは「ブランデーグラス」じゃ! ワイングラスのボウル(膨らみ)は、手のひらで温めてはいけない。

Next

ワイングラスの正式な持ち方と、世界と日本のマナーの違い

なので、「各自お好きなように、きれいに楽しく食べてね~!」ということで 現地の方達はマナーはそれほど、気にしていない様子。 アメリカのワイン銘醸地であるカリフォルニアで開発されました。 国際的にはステムを持つのは、ワインのテイスティングをする時、つまりワインに関わっているプロの持ち方で、一般的ではないようです。

Next