コロナ 飲食 店 ガイドライン。 <せんだい進行形>飲食店「withコロナ」模索 感染防止策の「見える化」や、店と客の共通ルール作成

飲食店向けのガイドライン:Withコロナ時代の営業再開・継続のための取り組み

高頻度接触部位 テーブル、椅子の背もたれ、ドアノブ、電気のスイッチ、電話、キーボード、タブレット、タッチパネル、レジ、蛇口、手すり・つり革、エレベーターのボタン、トイレの便座、便座のふた、トイレットペーパーのふたや水洗レバーなど には特に注意する。

Next

県・市町村と飲食業関係団体とのガイドライン遵守に関する共同宣言署名式を開催しました(令和2年8月17日):宮崎県新型コロナウイルス感染症対策特設サイト

入退出時 入退出時の行列含む や集合場所等において人と人との十分な間隔 できるだけ2mを目安に 最小1m が確保されること• また、キャッシュトレイの定期的な消毒や、会計の都度、手指を消毒しています。

Next

県・市町村と飲食業関係団体とのガイドライン遵守に関する共同宣言署名式を開催しました(令和2年8月17日):宮崎県新型コロナウイルス感染症対策特設サイト

・店舗ではマスクやフェイスガードを適切に着用し、頻繁かつ適切な手洗いを徹底する。 3 特定の個人、政党又は宗教団体を支援し、もしくは公認しているような誤解を与え、もしくは与える恐れのあるとき。 物販の際は、アクリル板等により購買者との間を遮蔽するよう努めること• 適切な換気が行われるとともに、客の入れ替えのタイミングで消毒が行われること 飲食で使用する場合• 飲食店でのテイクアウトサービス・デリバリーサービスの対策 飲食店様のコロナ対策として5つ目は「 テイクアウトサービス」「 デリバリーサービス」です。

Next

飲食店向けのガイドライン:Withコロナ時代の営業再開・継続のための取り組み

2002年9月、独立。

Next

【新型コロナ】飲食店等向けガイドライン

十分な座席の間隔 できるだけ2mを目安に 最小1m が確保されること• 「(一般社団法人 日本フードサービス協会・一般社団法人全国生活衛生同業組合中央会)」における「テーブルは,飛沫感染予防のためにパーティションで区切るか,できるだけ2m(最低1m)以上の間隔を空けて横並びで座れるように配置を工夫し,カウンター席は密着しないように適度なスペースを空ける。 ) これまでに宣言いただいた内容を取りまとめ、後日ホームページに掲載します。

Next

群馬県

座席、テーブル、利用設備・機材等を消毒すること• 浴槽等において人と人との十分な距離 できるだけ2mを目安に 最小1m が確保されること• しかし東京都内で7月2日に107人新規感染者が確認され、7月10日には243人と継続して多くの新規感染者が確認されています。 適切な換気が行われるとともに、客の入れ替えのタイミングで適切な消毒・清掃が行われること• そこで、飲食店が安心安全に営業を継続していくために必要な対策をまとめたガイドラインについて紹介します。 これら取り組みをお客様の目に触れるよう「 POP」「 ステッカー」を掲示しておくことで促すこともでき、お声がけする機会も少なくなります。

Next