迅速なご対応感謝いたします。 「迅速な対応」に関連した中国語例文の一覧

【ビジネスマン必見】「迅速な対応」の意味と使い方を解説

迅速なご対応感謝いたします

「迅速な対応」の意味 「迅速な対応」の意味は、「 周囲の状況やありさまなどに合わせて、なるべく素早く事にあたること」になります。 同時に、自分以外の相手に対して、「 周囲の状況やありさまなどに合わせて、なるべく素早く事にあたってもらったこと」に対して感謝する場合に、日常的によく使われている言い回しでもあります。 迅速な対応の使い方・例文7選 お礼のメールによく使われる「迅速な対応」 「迅速な対応」というフレーズには、習慣的に感謝の意を表したり、感謝の気持ちを相手に伝えたいという場合に多く使われます。 つまり、メールを出す相手から受けた「迅速な対応」に感謝するメールや手紙文でよく使われます。 それ以外の使い方では、おもに口頭で「迅速な対応」というフレーズがよく使われます。 この言い回しは、よく口頭で感謝の気持ちを相手に伝える場合に使われます。 目上の方にも使って良いフレーズです。 同様にメールでの言葉遣いの関連記事がありますので、合わせてごらんください。 「迅速なご対応をしていただき誠にありがとうございます」の例文 「迅速なご対応をしていただき誠にありがとうございます」の例文は、相手の対応への感謝の文章をして使います。 たとえば「貴社との合同のプロジェクトにつきまして、迅速なご対応をしていただき誠にありがとうございます」といった使い方をします。 この言い回しは、口頭で感謝の意を伝えるよりは、主にメールや手紙文などで多く使われるフレーズです。 口頭で使うには、少々堅苦しい言い方ですが、その分敬語としてよく使われる言い回しであるといえます。 「平素より迅速なる対応をしていただきありがとうございます」の例文 「平素より迅速なる対応をしていただきありがとうございます」というフレーズは、主にメールや手紙文での冒頭の言葉として使われます。 例文としては「弊社とのお取引におかれましては、平素より迅速なる対応をしていただき、誠にありがとうございます」という使い方をします。 この言い回しはどちらかというと、口頭で感謝の気持ちを相手に伝える場合に多いです。 「感謝します」という言い方は、そのまま相手に伝えてもよく、目上の方に対して使っても失礼な表現ではありません。 「迅速な対応に感謝します」の例文 前述のように、「迅速な対応に感謝します」というフレーズは口頭で使われることが多い言い回しです。 たとえば「クレームの件につきましては、翌日には返金処理をいただきまして、迅速な対応に感謝します」とか、「折り返しのご連絡をいただき、迅速な対応に感謝します」という使い方をします。 この言い回しは、口頭でも、メールや手紙文にもよく使われる言い回しです。 文の中に「大変」や「誠に」をいれると、それだけで大変改まったニュアンスを盛り込むことができる表現です。 「迅速な対応をしていただき感謝いたします」の例文 「迅速な対応をしていただき感謝いたします」というフレーズは、そのへりくだった言い回しのために、主に取引先や目上の方に対して使い、メールや手紙文の冒頭としても使えます。 たとえば「貴社におかれましては、平素から迅速な対応をしていただき、誠に感謝いたしております」という使い方をします。 この言い回しは主に口頭で相手に伝えられ、これからの行動をできるだけ素早くすることを相手に願うフレーズです。 「迅速な対応をお願いいたします」の例文 「迅速な対応をお願いいたします」という言い回しは、対等な関係の相手や、部下などに対して使われます。 「こちらの顧客の方に対しては、普段から迅速な対応をお願いいたします」とか、「開演時間が迫っていますので、駆け込んでこられるお客様には、迅速な対応をお願いいたします」という使い方をします。 この言い回しも主に口頭で相手に伝えられ、2人以上の多人数で何かに取り組んでいる場合に使われます。 グループで何かを成し遂げるときの、「掛け声」として使われることが多いフレーズで、メールや手紙文ではあまり使われません。 「迅速な対応をしていきましょう」の例文 前述のように、「迅速な対応をしていきましょう」というフレーズは、多人数で何かに取り組んでいるときの雰囲気を盛り上げるときに使いますので、目上の方にはあまり用いません。 「このプロジェクトは、先輩の肝いりのものなので、そのことを忘れずに迅速な対応をしていきましょう」という使い方を、主に口頭で使います。 この言い回しは、顧客や取引先からクレームが入った時などに多く使われるフレーズなので、まず「申し訳ありません」という謝罪の言葉を入れて、「申し訳ありません。 迅速な対応のご連絡をさせていただきます」というように使います。 「迅速な対応のご連絡をさせていただきます」の例文 前述のように、「迅速な対応をさせていただきます」というフレーズは、多くはクレーム処理に使われます。 たとえば、「大変申し訳ありませんでした。 迅速な対応のご連絡をさせていただきます」とか、「ご迷惑をおかけいたし、申し訳ございませんでした。 迅速な対応のご連絡をさせていただきます」といった使い方をします。 たとえば「先日ご連絡させていただきました件につきまして、早速の対応にお礼を申し上げます」という使い方をします。 たとえば「先日クレームを申し上げましたが、素早いご対応にお礼を申し上げます」という使い方をします。 「痛み入ります」は「いたみいります」と読みます。 意味は「恐れ入ります」と同じニュアンスです。 「先日ご連絡させていただきました件につきまして、早速のご対応に痛み入ります」といった使い方をします。 たとえば「先日問い合わせさせていただきました内容につきまして、素早いご対応をいただきお礼を申し上げます」とか、「先ほど連絡させていただきました件につきまして、素早いご対応にお礼を申し上げます」という使い方をします。 たとえば「貴社の担当者の方から早速のご連絡を頂きまして、ありがとうございます」とか、「担当者の方から早速の対応を頂きまして、誠にありがとうございます」といった使い方をします。 「賜る」は「もらう」の謙譲語で「目上の人から物などをいただく」という意味です。 「先日お問い合わせいたしました件について、迅速な対応のご連絡を賜りお礼を申し上げます」という使い方をします。 (私たちはあなたの迅速な対応に感謝します)」です。 「appreciate」は良く知られている「thank you」の丁寧な表現です。 「I sincerely appreciate your swift action. (私はあなたの迅速な対応に心から感謝します。 )」というように使います。 「早速の」「素早い」などに置き換えられる「迅速な対応」の類語 「迅速な対応」という言葉は「早速の対応」や「素早い対応」という類語があります。 ただし、「迅速な対応」の多くは、相手の対応への感謝として使われますが、「早速の対応」や「素早い対応」はクレームをもらった時の処理などに使われるので、ニュアンスに注意しましょう。 「素早い対応をありがとうございます」とか、「素早い対応に感謝いたします」といったように、口頭で感謝の意を相手に伝えることが多いフレーズの類語です。 クレームが入った時に、口頭で「できるだけ素早い対応をさせていただきます」というようにも使えます。 「迅速」と「早急」は類語であり、どちらも「行動や活動の速度が早いありさま」を表しますが、使い方のニュアンスに若干の違いがあります。 「早急な対応」は「迅速な対応」と違って、クレームや問題発生など、対応しなければならない事態が起こった後にだけ使います。 「早速な対応をお願いいたします」という使い方のほかに、「迅速な対応」のように「早速な対応」も感謝の意を相手に伝えるときにも用いられます。 例えば、「先日お願いした件ですが、担当の方に早速な対応をしていただき、ありがとうございます」という使い方をします。 ビジネスになれれば使いこなせる「迅速な対応」という表現 「迅速な対応」という表現は、使われている言葉そのものには感謝の意味を含む文字は使われていませんが、ニュアンスとして感謝の気持ちを相手に伝える場合に多く使われることが多いです。 ですが、類語もいろいろあり、「早急な対応」というフレーズのように、類語とはいえ若干のニュアンスの違いがある言葉もあります。 こういった微妙な言葉の使い方には、年配の方の評価は厳しいものですので、できるだけ早く使い方に慣れたいものです。 若い世代の方は、文字離れとか読書離れしている方が多いとは思いますが、世界的な基準で見ても、日本は極端に文盲率の低い国ですので、「知りませんでした」という言い訳は通用しません。 なので普段からビジネスメールに使えるフレーズはなるべく慣れるようにしたいものです。 仕事の分野に関するネットや本はなるべく読み、「挨拶文」や「敬語」にかかわる言葉の一般的な使い方には、普段からなれるように心がけましょう。 自分一人でビジネスメールが書けるようになると、自ずから自信もあふれてくるものです。

次の

「ご対応」のビジネスシーン・メールでの使い方と例文集

迅速なご対応感謝いたします

相手に早い対応をしてもらった時に、お礼メールを送る場合がありますね。 その際に、「 早い対応をしてくれて、ありがとうございます。 どう伝えれば、 ビジネスマナーを踏まえた正しいお礼の仕方になるのでしょうか? 目上・上司・社外など、あらゆる相手に使える敬語表現が次の2つ。 その表現が・・・• 迅速(じんそく)なご対応• 早速(さっそく)のご対応 これらの用語によって、 相手に失礼な印象を与えずに「早い対応」をしてくれたお礼を伝えることができます。 あらゆる状況で使用できるので、ぜひ使い方をマスターしていきましょう! ちなみに、私は過去にどう伝えればいいか分からず、「早々のご対応」という表現を使ってしまいました。 今になってみれば、恥ずかしい限りです…。 なぜ「早々のご対応」という表現が良くないのかについても、お伝えしていきますね。 そんなことにならないよう、 早い対応 への お礼メール を送る際の 敬語 表現についてしっかりと把握しておきましょう! まずは「迅速なご対応」についてお伝えしていきますね。 迅速なご対応に、心より感謝申し上げます。 迅速なご対応、ありがとうございました。 適切な敬語表現で、相手にお礼メールを書くことができれば、 マナーのある人だと認知してもらえます。 早い対応への感謝の気持ちを適切に表してくれたら、メールの受け手側は「これからも協力的に仕事を進めよう!」と思う可能性が高まるでしょう。 迅速なご対応という表現を頭に入れておくと、社会人生活で大いに役立ちますよ! 「迅速なご対応」という表現の他にも、「 早速のご対応」という便利な敬語表現もあります。 次の見出しで「早速のご対応」について見ていきましょう。 早速のご対応に感謝申し上げます。 早速のご対応、誠にありがとうございました。 早い対応をしてくれた後に、「早速のご対応」という文言があると、状況にマッチしている印象が強くなりますね。 すぐに対応してくれたことを的確に伝えることができます。 細かな気遣いの積み重ねによって、コミュニケーションスキルが高い社会人として認められる可能性がグッと上がりますよ! 「迅速なご対応」と「早速のご対応」は、どちらを使うのがよいのでしょうか? 次の見出しでお伝えしていきますね。 スポンサーリンク 迅速なご対応と早速のご対応の使い分けは? 「迅速なご対応」と「早速のご対応」で大きな意味の違いはないので、基本的にどちらを使っても構いません。 ではどちらの方が使いやすいのでしょうか? それは・・・ 迅速なご対応 迅速なご対応は、 様々な使い方が可能です。 その理由は、「迅速なご対応によって~」「迅速なご対応のおかげで~」の~部分に、その後の結果も書けるから。 例えば次のような使い方ですね。 〇〇さんの迅速なご対応によって、問題を解決することができました。 迅速なご対応のおかげで、資料を完成させることができました。 それに対し、「早速のご対応」の方では、その後に続く文章に書く言葉が 感謝の言葉に限定化されてしまいます。 例えば、下記のような形式ですね。 早速のご対応ありがとうございました。 早速のご対応に感謝申し上げます。 「早速のご対応によって~」「早速のご対応のおかげで~」という使い方はしません。 ちなみに、「早々(そうそう)のご対応」という表現もありますが、この表現はオススメしません。 どうしてなのか次の見出しでお伝えしていきますね。 スポンサーリンク 早々のご対応は相手に失礼? 「早々のご対応」は すぐの対応を意味します。 「迅速なご対応」もしくは「早速のご対応」と一見同じように思えますが、 注意が必要な表現です。 それは、早々は基本的に目下・友人などに使う言葉だから。 目上や社外の方に使うのは失礼にあたります。 わざわざリスクを負って、「早々のご対応」を使う必要はないので、避けるようにしましょうね。 どの表現にするか迷ったら、 「迅速なご対応」を使うのがベスト。 最も使いやすく、目上・社外にも無難な表現ですからね。 どちらも意味に大きな違いはありませんが、 使える幅が広いのは「迅速なご対応」ということを頭に入れておきましょう。 ただ単に「対応ありがとうございました」よりも、これらの用語を盛り込むことで、相手が受ける印象が良くなりますよ! 例えば、見積もりの作成を早く対応してもらった状況があるとします。 その場合、• 見積もり作成の件、ご対応ありがとうございました。 見積もり作成の件、迅速なご対応ありがとうございました。 どちらの方が印象が良いでしょうか? もちろん、後者の方が早く対応してもらったことに対する感謝の気持ちが強いので、印象が良いですよね! 私自身も、相手に早く対応してもらった際のお礼メールには、「迅速なご対応」を入れて、感謝の気持ちを伝えるようにしています。 ぜひ「 迅速なご対応」「 早速のご対応」の表現をお礼メールの中に盛り込んでいきましょう!.

次の

「迅速な対応」に関連した中国語例文の一覧

迅速なご対応感謝いたします

正しい例:迅速な ご対応ありがとうございます。 迅速な対応をして 頂き、ありがとうございます。 間違っている例:迅速な ご対応をして 頂きありがとうございます。 「ご対応」「~して頂き」はどちらも尊敬語です。 「尊敬語+尊敬語」や「+謙譲語」は二重敬語になるため適切ではありません。 「迅速な対応」を敬語表現で使用する場合は、尊敬語の使い方に注意しましょう。 「迅速な対応ありがとうございました」の応用 「迅速な対応ありがとうございました」はビジネスシーンでもよく使用する言葉です。 しかし 同じばかり使っていると、相手に「言葉が軽い」という印象を与えてしまいます。 そこで「迅速な対応ありがとうございました」の応用をしましょう。 「迅速な対応ありがとうございました」の応用は次の2つです。

次の