浄土宗 墓地。 光明寺

無量寺 ─世田谷区用賀・浄土宗の寺院墓地─

浄土宗 墓地

浄土宗七大本山とは 浄土宗では、 京都の「知恩院」が総本山(本山を統括する寺院)とされており、それに続く格式の高い寺院として、7つの大本山(七大本山)があります。 そして浄土宗七大本山は以下の寺院のことを指しています。 増上寺(東京都港区)• 光明寺(神奈川県鎌倉市)• 善光寺大本願(長野県長野市)• 金戒光明寺(京都市左京区)• 知恩寺(京都市左京区)• 浄苑華院(京都市上京区)• 善導寺(福岡県久留米市) 大本山・天照山蓮華院 光明寺(神奈川県鎌倉市) 天照山蓮華院 光明寺は浄土宗七大本山の一つで、御本尊は阿弥陀如来です。 鎌倉幕府の第4代執権北条経時の帰依を受けて浄土宗三祖然阿良忠上人が開山しました。 室町時代の後土御門天皇から、関東の念仏修行の根本道場として関東総本山の称号を受けました。 そして江戸時代には、徳川家康が僧侶を養成する機関として壇林を定め、光明寺を関東十八壇林の筆頭としたことから、末寺は62寺にもなり、全国から僧侶が集まったと言われています。 大本山 光明寺の見どころ 本堂の大殿は鎌倉最大ですが、山門も高さ20mと関東随一の大きさを誇ります。 庭園も有名で、一つは小堀遠州が作ったとされる蓮池を中心にした記主庭園、もう一つは枯山水の庭園「三尊五祖来迎之庭」で阿弥陀三尊と浄土教を説いた五大祖師を摸した石庭の自然との対比は見ものです。 また、弟子の良暁が1495年に勅許を受けて十夜法要を行い、以来毎年10月12日より15日までの4日間、500年以上に渡り盛大に十夜法要が行われています。 この法要は浄土宗寺院で広く行われています。 鎌倉の光明寺は桜の名所でもあり、3月には「観桜会」が催され、お寺の駐車場でフリーマーケットが開かれたり、茶席が設けられたりしています。 他にも、日向国延岡藩の領主である内藤家歴代藩主や正室の墓所にお参りできます。 御本尊「阿弥陀如来」、「如意輪観世音」、開山「記主禅師」などの御朱印があります。 《墓所案内》天照山蓮華院 光明寺 鎌倉の天照山蓮華院光明寺の中にある寺院墓地です。 過去の宗派は問われませんが、使用するためには浄土宗に帰依する必要があります。 JR鎌倉駅より徒歩20分と少々距離がありますが、大本山光明寺の自然を感じられる墓地です。 法要設備や駐車場もあります。 《墓所案内》塔頭 天照山千手院 光明寺の学生寮があった場所に建てられた寺院墓地で、JR鎌倉駅より徒歩20分、大本山光明寺の山門の北側にあります。 会食施設、法要施設、休憩所が整備されています。 松尾芭蕉の句碑が建っており、光明寺の歴史的を感じられます。 大本山・紫雲山 くろ谷 金戒光明寺(京都市左京区) 金戒光明寺は、浄土宗最初の寺院で、浄土宗七大本山の一つです。 15歳で比叡山に登られた法然上人が、修行を終えて山頂で念仏を唱えた時に紫雲がみなぎり光明があたりを照らしたことから、この地に草庵を結び、浄土宗最初の寺院となりました。 この草庵は後に紫雲山光明寺と呼ばれるようになります。 また、南北朝時代の後光厳天皇に戒を授け際に金戒の二字をいただいたことから、金戒光明寺と呼ばれるようになります。 大本山 金戒光明寺の見どころ 境内には、山門、阿弥陀堂、本堂など18にもなる塔頭寺院が並び、彼岸の中日の頃には沈む夕陽を拝める京都盆地唯一の場所で知られています。 御影堂には、法然上人75歳の御影と中山文殊と吉備観音が安置されています。 江戸時代末期に建立された山門には釈迦三尊像と十六羅漢像が安置され、楼上からは市内を一望できます。 三重塔の本尊である文殊菩薩と脇侍の尊像は、運慶作と伝えられていて重要文化財に指定されており、見どころの一つとなっています。 庭園は、白砂と杉苔の枯山水庭園「紫雲の庭」と、紅葉と池が調和した回遊式庭園です。 紅葉の時期には御影堂、庭園、山門などが拝観できる特別公開が行われ、夜間背景で見られる紅葉と庭園の美しさが目を楽しませてくれます。 法然上人御廟所には法然の遺骨が祀られています。 また、幕末には會津藩主松平容保が京都守護職に任命され、ここに本陣が置かれて1,000人が常駐したという歴史もあり、新撰組発祥の地としても有名です。 また、「アフロ大仏」として有名な五劫思惟阿弥陀の御朱印は、旅の思い出としてぜひもらっておきたいところです。 《墓所案内》くろ谷 金戒光明寺「紫雲墓地」 借景として東山連峰を望む優美な墓地で、京都の風情ある自然に囲まれています。 バリアフリーなので、足が悪い方でも問題ありません。 他にも会食施設、法要施設・多目的ホール、駐車場を備えています。 宗教・宗派不問。 京阪丸太町駅から市バスで岡崎神社前下車、徒歩約5分。 車の場合は京都南ICより35分で到着します。 その他、冥加料30万円がかかります。 お申し込みの前に檀那寺に相談が必要です。 西山浄土宗総本山 光明寺(京都府長岡京市) 法然上人が、43歳の時、立教開宗された地に建てられた寺院です。 1185年に源氏の熊谷次郎直実が罪業を償いたいと法然上人を訪ね、「罪が深くても念仏を申せば必ず救われる」と教えられたことから直ちに剃髪し法力房蓮生と名づけられました。 1198年に粟生広谷に寺を建て、法然上人によって念仏三昧院と名づけられたのが、こちらの光明寺の始まりです。 1227年に叡山の衆徒が法然上人の墳墓を暴こうとしたので、弟子たちが遺骸の石棺を太秦に移すと、棺から数条の光明が放たれ、南西の粟生野を照らしたことから遺骸を粟生野の地で荼毘に付し御廟堂を建てました。 これ以後、念仏三昧院は光明寺と呼ばれることになりました。 西山浄土宗総本山 光明寺の見どころ 境内は約1万8,000坪と広大で、33棟の建物があります。 法然上人が初めて教えを説かれた場所には「浄土門根元地」の石碑が建っており、熊谷連生法師の故事を記念した「東行逆馬の碑」からは武士らしさを感じます。 光明寺の中心となる御影堂の「法然上人御自作の張子の御影」は、一度お参りに足を運んでおきたい場所です。 京都の紅葉の名所には、大宰府に流された菅原道真を祀る北野天満宮、京都三大門で有名な二王門のある仁和寺、瑠璃の庭で知られる瑠璃光院などたくさんありますが、光明寺は約500本の楓が参道の両側に植えられた「もみじ参道」が有名で、「紅葉の特別入山」もあり、季節の情緒を楽しめる寺院でもあります。 《墓所案内》西山浄土宗総本山 光明寺 総本山光明寺の豊かな自然に囲まれた静閑な寺院墓地です。 駐車場がないため、車で行く場合はJR長岡京駅前駐車場を利用し、パークアンドライドでアクセスできます。 徒歩の方は、阪急長岡天神駅からバスで旭が丘ホーム前で下車すると光明寺が見えます。 30万円で永代納骨供養合祀墓を利用でき、遺骨の一部(分骨)を法然上人のお墓 御本廟 の隣にある納骨堂に納めてもらえます。 まとめ 大本山光明寺、大本山くろ谷金戒光明寺、西山浄土宗総本山光明寺ともに、浄土宗の宗祖・法然上人とゆかりの深い、格式ある寺院です。 鎌倉、京都、長岡京など自然と歴史を楽しめる閑静な地に足を運び、情景と仏門の風情を楽しんでみてはいかがでしょうか。

次の

お墓について

浄土宗 墓地

整然とした墓地 こんにゃく閻魔 寺務所 山門 内陣 駐車場 興昭院 こうしょういん について 興昭院は港区虎ノ門にある浄土宗の寺院です。 都心の一等地に位置しながら、背景に愛宕山を配し、四季折々の緑を眺望しながらお墓参りができます。 都心には貴重な木造寄棟瓦葺の本堂があり、厳かな佇まいに歴史を感じます。 山門を入ってすぐの左手に 「こんにゃく閻魔」と呼ばれる石の閻魔様が祀ってあります。 関東大震災の時に火をかぶったためお姿がくずれていますが、体形はしっかりしています。 江戸時代に眼病の方がそっと隠れて願掛けをし、治るとお礼にこんにゃくを副えて、お詣りをする習わしがありました。 現在でも願掛けをしにお越しになる方がおり、港区の指定文化財に選定されています。 智相院、随養院、教受院という3つのお寺が合併して現在に至っています。 下記の年表は現住職が小学校5年生の時の夏休みの宿題に作成したものです。 天文2年 1533 、本寺天徳寺は天地庵といい、紅葉山に創建• 慶長16年 1611 、天徳寺10世俊蓮社獄誉上人行大和尚の時、西窪の現在地に移る。 智相院 興昭院の中心 もできる。 元和1年 1615 2月1日、智相院開山俊蓮社嶽誉上人遷化。 寛永8年 1631 9月1日、随養院 興昭院の一つ 開山、檀蓮社雄誉上人松風霊巌大和尚遷化。 いつできたかわからない。 万治4年 1661 3月3日、教受院 興昭院の一つ 開山、忍蓮社法誉上人分達和尚遷化。 いつできたかわからない。 寛文8年 1668 2月より、教受院の過去帳がある。 寛文8年 1673 1月より、智相院の過去帳がある。 享保7年 1732 1月より、随養院の過去帳がある。 文政1年 1818 1月8日、教受院本堂・蔵・庫裡再建。 天保7年 1836 3月より天保4年 1843 7月まで、教受院、無住宝瑞院預り。 天保4年 1843 8月、教受院、栄閑院預り。 天保4年9月より天保5年 1844 2月まで、不断院預り。 嘉永3年 1850 2月5日、麹町5丁目より出火した火災で類焼。 無住の教受院は再建できず、随養院と合併する。 元治1年 1864 9月8日より2年2月まで、智相院無住。 長元院預り。 明治6年 1883 5月5日、安政以来大破した随養院が再建されたのを記念して、随養院と教受院の両寺名を取って、随教院と変えた。 大正2年 1923 9月1日、関東大震災の時、赤坂新町3丁目から起った火災のため、智相院・随教院とも焼失。 しかし弥陀三尊・不動尊・過去帳は、持ち出したので無事。 大正2年1月9日、智相院の世榊匡純 曽祖父 入。 大正2年1月3日、榊随純 祖父 智相院と随教院との住職になる。 昭和3年 1928 2月6日、智相院と随教院と合併して、智相山随教寺興昭院となる。 昭和8年 1943 6月、本堂上棟式を行なう。 戦争で中断、戦後まもなく完成した。 「虎ノ門ヒルズ駅」「神谷町駅」から徒歩5分以内• 「虎ノ門駅」「御成門駅」から徒歩10分ほど• 港区指定文化財のこんにゃく閻魔• 背景に愛宕山を配した、整然とした墓地• 良心的な永代使用料• 行事や法要の予定を確認の上で墓地のご案内をさせていただきますので、ご見学の際は事前に朋友までご連絡をお願いします。 お問い合わせ.

次の

浄土宗林宗院 墓地のご紹介

浄土宗 墓地

整然とした墓地 こんにゃく閻魔 寺務所 山門 内陣 駐車場 興昭院 こうしょういん について 興昭院は港区虎ノ門にある浄土宗の寺院です。 都心の一等地に位置しながら、背景に愛宕山を配し、四季折々の緑を眺望しながらお墓参りができます。 都心には貴重な木造寄棟瓦葺の本堂があり、厳かな佇まいに歴史を感じます。 山門を入ってすぐの左手に 「こんにゃく閻魔」と呼ばれる石の閻魔様が祀ってあります。 関東大震災の時に火をかぶったためお姿がくずれていますが、体形はしっかりしています。 江戸時代に眼病の方がそっと隠れて願掛けをし、治るとお礼にこんにゃくを副えて、お詣りをする習わしがありました。 現在でも願掛けをしにお越しになる方がおり、港区の指定文化財に選定されています。 智相院、随養院、教受院という3つのお寺が合併して現在に至っています。 下記の年表は現住職が小学校5年生の時の夏休みの宿題に作成したものです。 天文2年 1533 、本寺天徳寺は天地庵といい、紅葉山に創建• 慶長16年 1611 、天徳寺10世俊蓮社獄誉上人行大和尚の時、西窪の現在地に移る。 智相院 興昭院の中心 もできる。 元和1年 1615 2月1日、智相院開山俊蓮社嶽誉上人遷化。 寛永8年 1631 9月1日、随養院 興昭院の一つ 開山、檀蓮社雄誉上人松風霊巌大和尚遷化。 いつできたかわからない。 万治4年 1661 3月3日、教受院 興昭院の一つ 開山、忍蓮社法誉上人分達和尚遷化。 いつできたかわからない。 寛文8年 1668 2月より、教受院の過去帳がある。 寛文8年 1673 1月より、智相院の過去帳がある。 享保7年 1732 1月より、随養院の過去帳がある。 文政1年 1818 1月8日、教受院本堂・蔵・庫裡再建。 天保7年 1836 3月より天保4年 1843 7月まで、教受院、無住宝瑞院預り。 天保4年 1843 8月、教受院、栄閑院預り。 天保4年9月より天保5年 1844 2月まで、不断院預り。 嘉永3年 1850 2月5日、麹町5丁目より出火した火災で類焼。 無住の教受院は再建できず、随養院と合併する。 元治1年 1864 9月8日より2年2月まで、智相院無住。 長元院預り。 明治6年 1883 5月5日、安政以来大破した随養院が再建されたのを記念して、随養院と教受院の両寺名を取って、随教院と変えた。 大正2年 1923 9月1日、関東大震災の時、赤坂新町3丁目から起った火災のため、智相院・随教院とも焼失。 しかし弥陀三尊・不動尊・過去帳は、持ち出したので無事。 大正2年1月9日、智相院の世榊匡純 曽祖父 入。 大正2年1月3日、榊随純 祖父 智相院と随教院との住職になる。 昭和3年 1928 2月6日、智相院と随教院と合併して、智相山随教寺興昭院となる。 昭和8年 1943 6月、本堂上棟式を行なう。 戦争で中断、戦後まもなく完成した。 「虎ノ門ヒルズ駅」「神谷町駅」から徒歩5分以内• 「虎ノ門駅」「御成門駅」から徒歩10分ほど• 港区指定文化財のこんにゃく閻魔• 背景に愛宕山を配した、整然とした墓地• 良心的な永代使用料• 行事や法要の予定を確認の上で墓地のご案内をさせていただきますので、ご見学の際は事前に朋友までご連絡をお願いします。 お問い合わせ.

次の