足の爪 臭い なぜ。 足が臭い原因は何?病院に行くべき?足のニオイ対策とすぐできる予防法

足が臭いっ……! 医師に聞いたニオイの原因と改善する方法|「マイナビウーマン」

足の爪 臭い なぜ

変形が進み、靴が履けない状態になることも 爪甲鉤彎症の原因は「足先への過度な負担」? それでは爪甲鉤彎症の原因は何でしょうか。 海外の文献には下記のようなものが原因として挙げられています。 皮膚科疾患(魚鱗癬、乾癬、爪真菌症、梅毒、天疱瘡、痘瘡など)• 局所の要因( ケガ、靴、外反母趾、下肢静脈瘤、血栓性静脈炎、象皮症、末梢神経障害)• 全身の要因(老化、認知症、神経障害、高尿酸血症)• 遺伝性の要因 しかし、実際の診療現場で患者さんから話を伺うと、その多くが 足先への過度な負担が原因として考えられます。 私のクリニックでも爪甲鉤彎症の原因を調べてみたところ、 靴やスポーツ、ケガなどによる足先への負担によるものが半数以上を占めました。 原因不明の中にも外反母趾や巻き爪などがある人が多く、これも靴による足への負担があったと考えると、この数はさらに多くなります(表1参照)。 爪甲鉤彎症の9割が女性 爪甲鉤彎症の発生機序 では、外傷や爪手術などの影響で爪が剥がれた後は、なぜ変形した爪が生えてくるのでしょう。 爪がない状態で歩くと、指の先端の骨がない部分の柔らかい組織が上に持ち上げられるとともに、骨の先端も上に持ち上げる方向で負担がかかり続けます。 その結果、指先にポテッとした盛り上がり(bulging)が出来て、爪がそれより先に伸びることを妨害してしまうのです。 先に伸びることを妨害された爪は当たった爪の先端から分厚くなり、爪の根元方向へ向かって爪全体が徐々に厚くなっていきます。 しかし、それだけでは説明のつかないケースもあり、明確な発生機序はわかっていません。 爪甲鉤彎症の治し方・治療法…希望・状況に合わせて選択を 上記の通り、爪甲鉤彎症はまだはっきりとした原因が解明しきれておらず、わかっていないことも多いため、治療も難しいのが現状です。 いくつかの治療は試みられていますが、現時点では確実に治せる良い方法は残念ながらありません。 そもそも診断も難しいことがあり、正しい診断に辿り着かない場合もあると推測されます。 当院では爪を専門としているため、いらっしゃる患者さんの多くは複数の病院を受診された経験があり、「長年爪水虫の治療をしているけれど全く変化がない」「病名は不明と言われた」といった理由から来院されます。 爪水虫で爪の伸びが遅くなることはないですし、鑑別は難しくありませんが、これら2つは合併することもあるので、状況が複雑になりがちなのです。 とはいえ、この病気の主な症状は爪の「見た目の悪さ」であって、爪を上手に削っていれば、日常生活に差し支えはありません。 見た目の悪さにさえ目をつぶれば、圧迫を避けながら様子を見ても大きな問題はないのです。 痛みなどの理由で治療を希望される場合は、以下のような方法があります。 爪甲部分除去 分厚くなった爪が靴の中で当たって痛い、またはそもそも爪が靴に当たって履けない、縦方向に巻いた爪が指先に刺さる、場合などは、その部分の爪を一部削ったり、切ったりします。 爪が綺麗になるわけではありませんが、痛みはすぐラクになります。 抜爪+テーピング 爪甲鉤彎症では、ケガなどで爪が生え替わることをきっかけに、再び綺麗な爪が自然に生えてくることがあります。 これを利用した方法です。 局所麻酔をして爪を抜き、新しい爪が生えて数ヶ月してからテーピングをします。 テーピングをする期間は半年程度。 多くの場合、抜爪後に生え始める爪は以前のような変形はなく、比較的綺麗です。 しかし前述の様に、指先の皮膚の盛り上がり(bulging)に当たって爪の伸長が妨害されることで発症するので、その盛り上がりを抑える為にテープを貼ります。 指先が平らになることで爪がより先まで綺麗なまま伸びることができます。 爪を抜くと言っても、爪甲鉤彎症は爪が指にくっついている部分が少ないので、正常な爪を抜く時と比べて出血や痛みはずっと少ないです。 さらに麻酔をするので、抜爪自体は痛みもなく1分ほどで終わります。 爪を抜くだけでは9割以上再発するが、爪を抜いたあとにこのテーピングをすることで6割くらいは正常な爪が生えてくる、という報告もありますが、治療法と呼ぶには確実性が低く、爪を抜いた後に生えてくる爪が生えはじめから分厚い場合もあるなど、積極的にはお勧めしにくいのが現状です。 ただし、うまくいけば正常な爪にもどること、他の手術と比べて患者さんの負担が小さいことから、現状の有望な方法であることも事実です。 手術(爪床形成術) 皮膚に切開を加えて爪ごと持ち上げた後、爪の下の骨を平らにする手術です。 「指先の盛り上がりの原因が骨にある」と判断された場合に行います。 一部の医療機関で行われています。 手術(Zadik手術) 「爪をキレイにする方法がないのであれば、いっそ爪を生えなくする」という治療法です。 爪を抜いた後に、爪の付け根の皮膚下にある爪を作る細胞「爪母」を取り除きます。 こうすると、一生爪は生えてきません。 爪がなくなってしまうことに抵抗を感じる方も多いですが、実際には日常生活に支障はありません。 痛みが強い場合や、爪の見た目の悪さが深い悩みになっている方、介護を受けるので厚い爪を人に切ってもらうのが嫌だとおっしゃる高齢の方などが、この治療法を希望されます。 以下は自費診療となるため、限られた病院で行います。 人工爪(アクリル爪) 爪甲鈎弯症は治療が難しいのですが、痛みがなく見た目の悪さが主な問題の場合は、見た目を改善すれば患者さんの悩みのほとんどが解決する、という考え方もあります。 それが人工爪(アクリル爪)です。 変形した爪の大半を痛みの無い範囲で削り落とし、アクリル製の人工爪を装着します。 これは治療ではなく、見た目の改善が目的となるいわば美容的施術です。 定期的な付け替えも必要となります。 「夏場にサンダルを履けない」「温泉やプールで靴が脱げない」などの悩みを持つ患者さん向けの方法です。 痛みがなく、すぐに健康に見える爪を取り戻せるため、非常に喜ばれる施術でもあります。 爪甲鉤彎症の予防法 このように爪甲鉤彎症は治療が難しいため、 予防が何よりも大切になります。 具体的にはパンプスなどの幅の狭い靴による慢性的な圧迫や、足に合わない靴での長時間の歩行など指先へのストレスを避けることが大切です。 軽症の場合は圧迫を避けることで自然に治る場合もあります。 爪に変化を感じたらまずは専門機関でご相談下さい。 8 No. 7)秀潤社 関連記事 ・ ・ ・.

次の

足の爪が反る原因5つと対処法4選

足の爪 臭い なぜ

2015年も年の瀬です。 東海地方もすっかりと冬らしい季節となり寒い日が続いています。 まだ雪は降っていませんが、おそらくこれからさらに気温が下がっていくことでしょう。 ということで、 冷え性対策はやっているわけですが、これが 足の爪が臭い原因になっている可能性があるようです。 靴下を履くときにニオイがしているとは感じていましたが、どこからしているかはわかりませんでした。 それがどうやら足の爪からしているようなのです。 これはマズイと思ってネット上を調べたところ、 冷え性対策の弊害なのではないかと考えました。 今回は足の爪が臭いのはなぜか?というテーマで記事にしたいと思います。 追記あり あることに気づきました。 これが直接的な原因の可能性が高いです。 詳細は最後に。 [スポンサードリンク] 過度な冷え性対策が原因を作っている? 足の爪が臭いのはなぜか? その原因は雑菌にあることがわかりました。 ですから、対策方法は雑菌を繁殖させないようにすることなのですが、私をはじめとして 冷え性の人はこれが原因で 状況を悪化させている可能性があるのです。 当サイトで冷え性対策というのは健康的な生活をすることで改善を目指すとしています。 しかし、日頃の防寒対策は必要です。 その防寒対策が過度になりすぎると 熱の逃げ場がなく籠もってしまいます。 そうなると皮膚からは汗が出て湿気が多い環境ができあがります。 冷え性対策が雑菌の繁殖しやすい環境を作り出してしまっているのです。 普通に考えればお手上げ状態ですよね… 対策方法は5本指靴下 冷え性の人ほど足の爪が臭い原因を作り出してしまう、お手上げの状態。 これをどうにかする方法はないのか? その方法として候補にあがってくるのが5本指靴下です。 私は「冷え取り靴下リンマー」を使っています。 この冷え取り靴下は重ね履きをするもので、肌直接触れる一番下は絹の素材でできています。 天然素材として広く流通しているのは 綿素材ですが、こちらは吸水性があっても 放湿性が弱いです。 靴下の多くも綿素材でできていますから、吸水はしても湿気として残ってしまうので効果的ではありません。 しかし、ここに 絹素材を使うことで高い吸水性で汗を吸い取り、吸い取った汗を 高い放湿性で外部に逃がします。 しかも 5本指ですから、一般的な靴下よりも 吸水性は高いです。 防寒対策もできて雑菌の好む環境も防げるのは「冷え取り靴下リンマー」になります。 「冷え取り靴下リンマー」を使っているのに足の爪が臭いのかという疑問を持たれるかもしれませんね。 自分用の「冷え取り靴下リンマー」は1足しかないので、使うのは風呂上がりに限定しています。 普段履きはしていません。 ですから、買い足しを検討しています。 日頃のケアも重要 当然ながら日頃のケアも大切です。 お風呂に入って垢を落とすのと同じように、爪の掃除もしっかりしないといけません。 足の爪が臭い原因は雑菌の繁殖ですから、まずは雑菌を減らすことからはじめます。 調べてみると エタノール消毒液を綿棒に染み込ませて、爪の垢を取るとニオイが軽減していくとのことです。 そのほかにも このような爪の垢を除去する専用器具もあるそうなので、使ってみる価値はあります。 私も導入を検討しています。 お金をかけたくないという人は 「かため」の歯ブラシを使う方法もあるようです。 最近はプライベートブランドも充実してきて、近所のドラッグストアでは歯ブラシは30円で売っています。 このようなものを活用する方法もありでしょう。 足の爪が臭い原因を取り除くには雑菌対策 今回は「足の爪が臭い」をテーマに紹介してきました。 足の爪が臭い原因は雑菌の繁殖にあるようです。 雑菌は適度な温度と湿気、さらには栄養があれば繁殖します。 冷え性の人は防寒対策を過度にする傾向があるので、雑菌の好む環境ができやすいと言えるのかなと思います。 実際、私も足の爪が臭いので間違いないでしょう。 ですから、対策方法は雑菌が繁殖しない環境作りをする必要があります。 5本指靴下を活用する方法もあります。 この場合は絹素材を採用しているものを優先すると良いでしょう。 私はを使っています。 また、雑菌が原因ですから消毒で菌を減らすことも重要です。 エタノール消毒液で消毒をするとニオイは緩和されるそうです。 私もいろいろ試して足の爪が臭い状態から解放できるよう行動してみます。 追記 足の爪が臭い原因は雑菌と紹介してきたのですが、私の場合は加速させる要因が別にあったようです。 その要因とは普段はいている スリッパ。 よくよく見たら黒い点々が複数あります。 どう見てもカビです…。 ということで、カビも繁殖する雑菌スリッパを履いていたのが追い打ちをかけたようです。 普段は靴下を履いた状態でスリッパを履くので問題はないのですが、入浴してから自室に戻るまでは裸足でスリッパを履きます。 風呂では歯ブラシを使って念入りに爪の掃除をして、ニオイが消えたのを確認していますの、もしやと思って確認するとこの状態。 爪の垢は風呂でしっかり落としたので、ウエットティッシュで足をキレイに拭いて対処。 1時間くらい経過していますが、ニオイは復活していません。 スリッパは盲点でした。 あの短時間で乗り移ってくるとは、雑菌の繁殖力は恐ろしさを感じます。 足の爪が臭い人で、普段スリッパを裸足で履いている人は要注意! ニオイの原因はスリッパの雑菌かもしれません。 靴下を履いていたとしても、綿素材は放湿性が弱いですから雑菌は繁殖しやすいです。 足先が空洞になっているタイプのスリッパの方が良いかもしれません。

次の

足の臭いは爪にも原因が!チーズ臭や生乾き臭がしたら危険サインかも│もう自分のニオイで悩まない

足の爪 臭い なぜ

変形が進み、靴が履けない状態になることも 爪甲鉤彎症の原因は「足先への過度な負担」? それでは爪甲鉤彎症の原因は何でしょうか。 海外の文献には下記のようなものが原因として挙げられています。 皮膚科疾患(魚鱗癬、乾癬、爪真菌症、梅毒、天疱瘡、痘瘡など)• 局所の要因( ケガ、靴、外反母趾、下肢静脈瘤、血栓性静脈炎、象皮症、末梢神経障害)• 全身の要因(老化、認知症、神経障害、高尿酸血症)• 遺伝性の要因 しかし、実際の診療現場で患者さんから話を伺うと、その多くが 足先への過度な負担が原因として考えられます。 私のクリニックでも爪甲鉤彎症の原因を調べてみたところ、 靴やスポーツ、ケガなどによる足先への負担によるものが半数以上を占めました。 原因不明の中にも外反母趾や巻き爪などがある人が多く、これも靴による足への負担があったと考えると、この数はさらに多くなります(表1参照)。 爪甲鉤彎症の9割が女性 爪甲鉤彎症の発生機序 では、外傷や爪手術などの影響で爪が剥がれた後は、なぜ変形した爪が生えてくるのでしょう。 爪がない状態で歩くと、指の先端の骨がない部分の柔らかい組織が上に持ち上げられるとともに、骨の先端も上に持ち上げる方向で負担がかかり続けます。 その結果、指先にポテッとした盛り上がり(bulging)が出来て、爪がそれより先に伸びることを妨害してしまうのです。 先に伸びることを妨害された爪は当たった爪の先端から分厚くなり、爪の根元方向へ向かって爪全体が徐々に厚くなっていきます。 しかし、それだけでは説明のつかないケースもあり、明確な発生機序はわかっていません。 爪甲鉤彎症の治し方・治療法…希望・状況に合わせて選択を 上記の通り、爪甲鉤彎症はまだはっきりとした原因が解明しきれておらず、わかっていないことも多いため、治療も難しいのが現状です。 いくつかの治療は試みられていますが、現時点では確実に治せる良い方法は残念ながらありません。 そもそも診断も難しいことがあり、正しい診断に辿り着かない場合もあると推測されます。 当院では爪を専門としているため、いらっしゃる患者さんの多くは複数の病院を受診された経験があり、「長年爪水虫の治療をしているけれど全く変化がない」「病名は不明と言われた」といった理由から来院されます。 爪水虫で爪の伸びが遅くなることはないですし、鑑別は難しくありませんが、これら2つは合併することもあるので、状況が複雑になりがちなのです。 とはいえ、この病気の主な症状は爪の「見た目の悪さ」であって、爪を上手に削っていれば、日常生活に差し支えはありません。 見た目の悪さにさえ目をつぶれば、圧迫を避けながら様子を見ても大きな問題はないのです。 痛みなどの理由で治療を希望される場合は、以下のような方法があります。 爪甲部分除去 分厚くなった爪が靴の中で当たって痛い、またはそもそも爪が靴に当たって履けない、縦方向に巻いた爪が指先に刺さる、場合などは、その部分の爪を一部削ったり、切ったりします。 爪が綺麗になるわけではありませんが、痛みはすぐラクになります。 抜爪+テーピング 爪甲鉤彎症では、ケガなどで爪が生え替わることをきっかけに、再び綺麗な爪が自然に生えてくることがあります。 これを利用した方法です。 局所麻酔をして爪を抜き、新しい爪が生えて数ヶ月してからテーピングをします。 テーピングをする期間は半年程度。 多くの場合、抜爪後に生え始める爪は以前のような変形はなく、比較的綺麗です。 しかし前述の様に、指先の皮膚の盛り上がり(bulging)に当たって爪の伸長が妨害されることで発症するので、その盛り上がりを抑える為にテープを貼ります。 指先が平らになることで爪がより先まで綺麗なまま伸びることができます。 爪を抜くと言っても、爪甲鉤彎症は爪が指にくっついている部分が少ないので、正常な爪を抜く時と比べて出血や痛みはずっと少ないです。 さらに麻酔をするので、抜爪自体は痛みもなく1分ほどで終わります。 爪を抜くだけでは9割以上再発するが、爪を抜いたあとにこのテーピングをすることで6割くらいは正常な爪が生えてくる、という報告もありますが、治療法と呼ぶには確実性が低く、爪を抜いた後に生えてくる爪が生えはじめから分厚い場合もあるなど、積極的にはお勧めしにくいのが現状です。 ただし、うまくいけば正常な爪にもどること、他の手術と比べて患者さんの負担が小さいことから、現状の有望な方法であることも事実です。 手術(爪床形成術) 皮膚に切開を加えて爪ごと持ち上げた後、爪の下の骨を平らにする手術です。 「指先の盛り上がりの原因が骨にある」と判断された場合に行います。 一部の医療機関で行われています。 手術(Zadik手術) 「爪をキレイにする方法がないのであれば、いっそ爪を生えなくする」という治療法です。 爪を抜いた後に、爪の付け根の皮膚下にある爪を作る細胞「爪母」を取り除きます。 こうすると、一生爪は生えてきません。 爪がなくなってしまうことに抵抗を感じる方も多いですが、実際には日常生活に支障はありません。 痛みが強い場合や、爪の見た目の悪さが深い悩みになっている方、介護を受けるので厚い爪を人に切ってもらうのが嫌だとおっしゃる高齢の方などが、この治療法を希望されます。 以下は自費診療となるため、限られた病院で行います。 人工爪(アクリル爪) 爪甲鈎弯症は治療が難しいのですが、痛みがなく見た目の悪さが主な問題の場合は、見た目を改善すれば患者さんの悩みのほとんどが解決する、という考え方もあります。 それが人工爪(アクリル爪)です。 変形した爪の大半を痛みの無い範囲で削り落とし、アクリル製の人工爪を装着します。 これは治療ではなく、見た目の改善が目的となるいわば美容的施術です。 定期的な付け替えも必要となります。 「夏場にサンダルを履けない」「温泉やプールで靴が脱げない」などの悩みを持つ患者さん向けの方法です。 痛みがなく、すぐに健康に見える爪を取り戻せるため、非常に喜ばれる施術でもあります。 爪甲鉤彎症の予防法 このように爪甲鉤彎症は治療が難しいため、 予防が何よりも大切になります。 具体的にはパンプスなどの幅の狭い靴による慢性的な圧迫や、足に合わない靴での長時間の歩行など指先へのストレスを避けることが大切です。 軽症の場合は圧迫を避けることで自然に治る場合もあります。 爪に変化を感じたらまずは専門機関でご相談下さい。 8 No. 7)秀潤社 関連記事 ・ ・ ・.

次の