レゴ 潜水艦。 レゴ:家の作り方 LEGOクラシック10696だけで作ったよ(デザイナーズミニチュアハウス)

outage.smeco.coop: レゴ(LEGO) シティ 海の探検隊 小型潜水艦 60263: おもちゃ

レゴ 潜水艦

飛行機、ロープウェイ、ショベルカー、戦車、タンクローリー、消防車など!レゴクラシック 10696もしくは10698だけを使った当ブログオリジナルの説明書をまとめたいと思います。 レゴクラシック10696を購入して公式の作り方では物足りなくなった方は是非! だれでも簡単にシンプルに制作出来る説明書となっていますので是非作ってみてください。 小さなお子様でもみながら作れる写真を多用した図解解説です。 子供向けレシピも多数。 LEGO クラッシック10696とは 日本で1番売れているレゴクラシックは10698ですが、 実は現在世界で1番売れているクラシックはこの10696なのです。 入っているブロックは 3 5 色 !タイヤや窓、ドア、回転台、アームやベースなどがパッケージされていて何でも工夫次第で自由に物を作れます。 特にこのシリーズはタイヤが多く色々な車両を作れますね。 色の種類もシリーズ最多クラスだと思います。 レゴ入門にもオススメ、サンタさんにクリスマスプレゼントとしてお願いするのも良し、誕生日プレゼントにも最適です!知育には是非レゴを! では早速、 10696で何が作れるの?(まとめ) 以下、全て当方のオリジナルになります。 ロックダウンや外出自粛がまだまだ続きそうですね。 そんな中、当サイトYouTubeチャンネルへ海外の視聴者さまからも新作を楽しみにして頂ける声が多くなり急いで作ってみました。 発射台は可動式なので完成したらカウントダウンしながら発射ごっこを楽しんで下さいね。 コンクリートミキサー車です。 ローラーはちゃんと回転出来ます。 タンクが回転出来るように組み立てるのがとても大変だったのですが、完成するととても満足した作品になりました。 中型ジェット旅客機です。 10696に入っている薄っぺらの板をほぼ骨組みに使います。 機体の強度を増す為、ブロックを上から下からとがっちり抑え込み簡単に壊れない様に工夫しました。 現在10696で作る自分の作品では一番パーツを多く使っています。 写真では分かり辛いですがエンジン裏にちゃんとランディングギアを作っています。 10698で作った当サイトオリジナルの中型飛行機では(10698に良いタイヤセットが無いため)ランディングギア無しで完成させましたが、こちらではそれが実現出来た形です。 ロープウェイです。 知っていましたか?英語ではロープウェイとは言わないようですね。 このロープウェイの説明書では他の説明書とは違い、基礎板や紐なども一緒に使って作ります。 故に作り方というより、アイデアのご紹介という意味合いが大きい記事となっています。 (もちろん、作れるようにしています) 10696だけじゃなくて多くのパーツを使えば(公園の木と木を結んでとか)もっとすごいロープウェイが出来そうですね。 戦車 EODボッド? です。 こちら現在、当サイトのYOUTUBEチャンネルの10696説明書部門で一番再生数が多い作品になっています。 ある日、10696に入っているタイヤを眺めてたら、1番小さいホイル2個に1番大きいタイヤを巻き付けられる事に気付きました。 これキャタピラーを表現出来るから戦車作れるやん、と思い作った次第です。 Youtubeで10698の家を作り公開した時、海外の方から「10696でも家作ってくれよ~」とリクエストを多くもらっていました。 10696だとパーツ的に厳しいかなと思いましたが意外と可愛い家が作れました。 もちろん、黄色の車もついていますよ。 トラック ウィングボディータイプ です。 10696に連結可動用のパーツが入っているので荷室が開閉出来るタイプのトラックを制作してみました。 もっとパーツが多かったら、ちゃんとした両開きのトレーラーを作りたかったです。 まぁ可愛いトラックの方が遊んでいて壊れにくいので良いですね。 消防車 はしご車タイプ です。 先ほどのトラックと同じ発想で可動パーツを有効活用し、はしごに利用した作品となっています。 前から見るととても薄っぺらい仕上がりになったのですがこれもパーツ限界に攻めた結果です。 レゴクラシック10698の公式説明書では公式のショベルカーが有ります。 当サイトではレゴクラシック10696でもショベルカーを作れる説明書を作ってみました。 こちらのショベルカーの方がタイヤをキャタピラーにし、台座も回転するので、公式よりリアルに再現出来ていませんか?w 戦闘機 F-16とF-5を混ぜたようなの です。 この作品は細かいところに工夫しました。 安定感の無い細いパーツを無理やり使い、それでも強度を高めました。 特に水平尾翼を作る工程が大変でした。 本当の所は双発エンジンにしたかったのですが、単発式です。 ヘリコプターです。 10698でもヘリを作っていますが、こちらはちゃんとテイルローターとギアも付いています。 メインローターを回しながら是非遊んでください。 海外のYOUTUBEチャンネル登録者様に一番制作依頼が多かったのがリムジンです。 10698も10696でも多かったので一気に両方とも説明書を作ってみました。 10698のリムジンはシンプルなタイプ、こちらは豪華な室内プール(露天風呂)を設えた車両になります。 NYPD:ニューヨーク市警察のパトカー(レーシングタイプ)です。 レゴクラシック10698のセットは黒のパーツがかなり少ないという理由も有り、水色のパトカーで有名なNYPD仕様なパトカーにしてみました。 機能性よりデザインを優先させた作品です。 10698では戦艦タイプの船を作りましたが、こちらのセットでは シンプルで小さめの艦艇になります。 入っているブロックは 3 3 色 !タイヤや窓、ドア、回転台、アームやベースなどがパッケージされていて何でも工夫次第で自由に物を作れます。 同時に公開しましたが10698リムジンの方を先に制作しました。 レゴの片付けではこちらがオススメ Amazonはこちら• メディア: おもちゃ&ホビー• 実は基礎板もこの上に組み立て、基礎板ごと片付けるっていう使い方もあるんですよね。 せっかく作ったお家なんか壊したくないですもんね。 最後に 子供に飛行機作ってと言われたは良いけど公式に作り方が無かった為、自分で作ったのが始まりでした。 せっかく良いのが出来たので説明書を探している方に共有したら面白いかなと。 今ではyoutubeもデビューしました。 お友達などにレゴを送りたいと考えれられ、色々作れるレゴクラッシック10696や10698を贈られたなら是非当ブログをご紹介下さい。

次の

レゴクラッシック10696 説明書、作り方まとめ (非公式)

レゴ 潜水艦

わくわくする海の探検ストーリーを想像しながら、クリエイティブな遊びを楽しめます。 海を舞台にしたごっこ遊びに必要なアイテムがそろっています。 海賊の宝箱には宝石が入っていて、おそろしいシュモクザメのギザギザの歯が並ぶ口が開きます。 組み立てをかんたんにする基礎ブロックやわかりやすい組み立て説明書付きで、お子さまの自信とスキルをのばします。 さらに、スマートフォンやタブレット用アプリ(無料)「Instructions PLUS」を使えば、ズームや回転などの機能を使って楽しく組み立てることができ、お子さまも自分で作る達成感を味わうことができます。 海の探検隊シリーズには、わくわくする海底探査の世界を楽しめるセットがそろっています。 組み立てて楽しい、完成してからもごっこ遊びが広がるセットです。 いろいろな乗りもの、楽しいキャラクターのミニフィグ、細部にこだわったアクセサリーが、お子さまの想像力や創造性を刺激します。 間違って飲み込む危険がありますので、4才未満のお子さまには遊ばせないでください。 画像はイメージです。 実際の商品とは多少異なる場合がございます。 間違って飲み込む危険がありますので、4才未満のお子さまには遊ばせないでください。 決済・配送・返品• なお、当店では、ご注文から30分以上過ぎた場合、お客様都合によるキャンセルは承っておりません。 お問い合わせ• rakuten. jp 平日10:00〜18:00 土・日・祝休業•

次の

レゴ シティ 60264 海の探検隊 海底探査潜水艦

レゴ 潜水艦

「レゴ クラシック 10696」だけを使って誰でも簡単に自作出来る説明書を作ったよシリーズ!当サイトオリジナル、こちらのセットだけを使った簡単でシンプルな家の作り方を紹介します。 去年に 10698だけを使って作れるしましたが、今回は 10696のパーツを使って家を作ってみました。 ビルトインガレージ付、1LDKタイプのデザイナーズハウスです。 使用したレゴのシリーズ LEGO クラッシック10696とは 現在世界で1番売れているクラシックシリーズです。 日本で1番売れているクラシックセットは10698ですが、世界でみると10696が1番売れている様です。 入っているブロックは 3 5 色 !タイヤや窓、ドア、回転台、アームやベースなどがパッケージされていて何でも工夫次第で自由に物を作れます。 特にこのシリーズはタイヤが多く色々な車両を作れますね。 色の種類もシリーズ最多クラスだと思います。 レゴ入門にもオススメ、サンタさんにクリスマスプレゼントとしてお願いするのも良し、誕生日プレゼントにも最適です!知育には是非レゴを! How to make a LEGO Miniature HOUSE by using LEGO Classic 10696. Building Instruction of LEGO home. Parts required for the production. 作りながら探す方が早いかもしれません。 色別に集めるのもお勧めです。 それでは作りましょう。 まずはこちらをベースに作ります。 (まずはみどりのいたと しろのぶろっくを4つからつくっていきましょう) 奥左端に設置します。 (いちばんおくのひだりはしっこにおきましょう) 本当は薄っぺらい透明のパーツなどで窓を作りたかったのですが、このセットにはいっているクリアー透明はこの形だけなので仕方なくです。 先程の白い塊の真横に設置します。 (しろのとなりにならべましょう) 続きまして階段です。 (かいだんです。 ) ・・・ 滑り台やん。。。 白で統一したかったので絶対登れないタイプの階段となりました。 気合で登りましょう。 (すべりだいみたいだけど、かいだんのつもりだよ。 グレーのパーツはちょっと高級そうな壺をイメージしています。 階段側の柱です。 意外とこの形がこの家のモダン感を出してくれる事になりました。 2階床パーツ。 (2かいのゆかです) 濃いグレーの板は右手前以外の接点にしっかりはめ込んで下さい。 (こいはいいろのいたは、しっかりとくっつけてね) 2階奥側の壁になります。 黒の窓の向きに注意して下さい。 (くろのまどのむきにちゅういしてね) 奥側の壁へ、ブロック1マス分、左側を空けて設置します。 (いちばんおくにつけます。 ひだりは1こぶんだけのこしてはめてね) 左奥の壁になります。 右手前の壁 手前の壁です。 黒の窓の向きに注意して下さい。 (くろのまどのむきにちゅういしてね) これは何のつもりか自分でもわかりませんが、とりあえず下図の位置へ。 2階の屋根になります。 (2かいのやねだよ) まず白の板を上と右側に1つ分はみ出る様に設置します。 隣にグレーを。 (まずはしろいいたをうえにもみぎにもすこしはみでるようにはめます。 そのとなりにはいいろのバーツをおいてね) 屋根をこの位置にはめます。 庭にオリーブの鉢植えを。 なんかスーパーマリ男でこんな木有りましたね。 はい、家部分完成です! (はい、おうちぶぶんはかんせいです。 つぎはくるまをつくりましょう。 ) 続きまして、せっかくこの家にはビルトインガレージが有るので車を作ります。 出来るだけミニチュアに作っていたらカングーみたいな感じになりました。 テールが全然違うけど。 まずはこちらで車の土台を作ります。 テールランプは車軸の裏側に貼り付けます。 (たいやのうらにあかいぱーつを2こつけます) これらを下図の様に重ねます。 続いて、車の運転席です。 (くるまのうんてんせきをつくります) レゴで一番小さい車じゃないでしょうか。

次の