二重 整形 値段。 片目の二重埋没法の整形はできる?値段は?

二重・目元整形の費用・料金|美容整形・美容外科・美容皮膚科なら湘南美容クリニック【公式】

二重 整形 値段

<切開法>• 部分切開• 全切開 それぞれどのような違いがあるのでしょうか?次項よりくわしく紹介します。 二重整形「埋没法」とは 埋没法は、痛みや腫れが少なく手術費用も10万円以下でできるクリニックもあり、比較的お手軽に受けることができます。 埋没法の手術では特殊な糸を使用して、希望の二重のラインに合わせて上まぶたの裏側にある 「瞼板」という軟骨か、上まぶたを持ち上げる 「挙筋」という筋肉のいずれかに糸を結びつけ、二重まぶたを形成します。 埋没法で目指せる目元は、元の二重の幅を広げたり、 末広型や奥二重だったりと比較的ナチュラルな仕上がりなもの。 自然な二重の仕上がりを希望する人におすすめの手術です。 しかし、 二重の効果は永久的なものではなく個人差はありますが、3〜5年ほどで幅が狭くなる、元に戻ってしまうことがあります。 「瞼板法」と「挙筋法」には違いがある? 「瞼板法」は、 瞼板という軟骨に結びつけ二重をつくる手術。 「挙筋法」は 瞼板よりも奥にある挙筋に糸を結びつけて二重をつくる手術です。 「瞼板法」では、まぶたの裏に糸が出てしまうこともあるため、糸が眼球に当たりやすいという話もあります。 また、「挙筋法」では腫れが強いという話もあります。 しかし、瞼板法でも独自の方法で眼球を傷つけない手術ができるクリニックや、「挙筋法」でも腫れない工夫をしているクリニックがあります。 そのため、 どちらの方法で二重にすべきかは一概には言えません。 また、どちらかが非常に二重がとれやすいというわけではないようです。 手術を検討しているクリニックで、どのような術式を行っているのかを確認し、カウンセリングで相談し、納得してから術式を決めると良いでしょう。 埋没法のダウンタイム 二重埋没法は、ダウンタイムは比較的短く、 術後2〜3日が赤みや腫れ、痛みのピークです。 赤みや腫れが引いて目立たなくなるのは、術後1〜2週間ほどとされます。 しかし、赤みや腫れが目立たなくなったからといって、必ずしも手術が成功したとはいえません。 術後2か月ほど経って、 腫れが完全に引いてから二重が定着するようです。 また、糸を留める点数が多いほどダウンタイムは長引く傾向にあるようです。 二重が定着するまでは、手術した部分は慎重に扱いましょう。 二重埋没法の一般的な経過では、腫れは2〜3日がピークです。 埋没法の費用 埋没法の費用は、 5〜10万円ほどです。 留める点数によって異なるクリニックが多いようです。 また、別途麻酔代金が加算されることもあるため、事前に確認しておくと良いでしょう。 二重整形「全切開法」とは 全切開法は目の上の皮膚を切ってから縫合することで、くっきりとした二重のラインをつくることができるとされる術式。 手術の過程でまぶたの余分な脂肪を取り除く手術もプラスすれば 厚ぼったい一重まぶたの人でもぱっちり二重を手に入れることができるとされます。 また、埋没法と比べると、幅の広い二重を目指すことが可能です。 全切開法のダウンタイム 二重全切開法ではメスを入れて皮膚を大きく切るので、ダウンタイムが長くなります。 赤みや腫れのピークは手術直後から手術翌日。 また、糸を抜くまでの5〜7日はかなり腫れが目立つこともあります。 約1か月で赤みや腫れが目立たなくなりますが、 二重が定着するには、3〜6か月かかるようです。 部分切開法は、 幅が広い二重を形成するのにはあまり向きません。 部分切開したところが、 くぼんで見えてしまうことがあるからです。 自分が目指す二重が部分切開法で可能か、医師に相談しましょう。 部分切開法のダウンタイム 部分切開は、メスで皮膚を切るのでダウンタイムはやや長めです。 手術後も、糸が残った状態で5~7日間過ごします。 その間は、近くで見ると糸が見えてしまう状態なので、 外出は控えたほうが良いかもしれません。 そして、 抜糸までの期間が赤みや腫れ、痛みのピーク。 術後およそ10~14日までは赤みや腫れが目立つ状態で、 1~3か月ほどでようやくおさまっていくようです。 二重が定着するまでに術後3〜6か月ほどかかるので、埋没法と比べるとダウンタイムも、完成するまでの期間も長いといえます。 「全切開」と「部分切開」の費用 全切開、部分切開の費用は、 20〜30万円ほどで、どちらもあまり変わらないクリニックが多いようです。 埋没法より高くなりますが、 切開法で作ったまぶたは元に戻ってしまう可能性が低いとされます。 また、全切開は同時にまぶたの脂肪切除をする人が多く、その場合は別途 費用が数万円ほど高くなることがあります。 二重整形のリスクとよくある失敗パターンを手術の方法ごとに紹介します。 1:希望どおりの二重にならないことがある 二重整形では、 必ずしも理想どおりになるとは限りません。 医師との意志の疎通ができておらず、想像していたデザインと異なるということがあります。 また、医師の技量によっては、思っていたデザインにならなかった、ということもあるようです。 このような失敗を避けるためには、 手術の症例を積んでいる医師にお願いしたり、カウンセリングでは自分の希望をしっかりと伝えたりすることが大切です。 2:まぶたの裏側に糸が露出しゴロゴロすることがある 二重埋没法では、糸を埋め込んでいる場合、術後の時間の経過とともに、 糸が劣化したり緩んだりしてしまうことがあります。 緩んだ糸の端がまぶたの裏から露出してしまうと、直接眼球に触れるため、目がゴロゴロしたり痛かったりといった違和感を感じることがあるそうです。 このような状態になってしまうと、 はみ出ている糸を切るか、糸そのものを抜くしかないそうです。 3:糸が取れて一重に戻ってしまうことがある 二重埋没法では、糸が劣化したりゆるんだりした結果、まぶたの脂肪をささえきれなくなって、 元の一重に戻ってしまう場合があります。 二重埋没法は、およそ3~5年ほどで 半数以上の人が元の一重に戻ってしまうといわれています。 スタンダードな2点留めでは、 5年以内に半分以上の人が一重に戻ったり、ラインがかなり薄くなったりしてしまいます。 そのため、二重埋没法で長期的なもちを希望する場合は、 取れにくい方法の二重埋没法を受けた方が良いでしょう。 4:糸にばい菌が付着しまぶたが炎症を起こすことがある 二重埋没法では、まぶたに埋め込む糸にばい菌が付着してしまうと まぶたが炎症を起こす原因となります。 炎症をおこして膿がたまったまぶたは、赤く腫れ、痛みが生じることもあるようです。 5:まぶたに糸のふくらみができることがある 二重埋没法は、まぶたのなかで特殊な細い糸を結んでとめています。 目の形状やまぶたの厚さなど個人差がありますが、場合によってはこの糸の結び目のせいで、 まぶたにふくらみができてしまう場合があるようです。 ただし、これは メイクでうまく隠すことができる場合もあります。 専門的には 兎眼(とがん)といいます。 眼瞼下垂手術と併用したり、皮膚を切除しすぎたりした場合に起こることがあります。 1か月程度で改善されることがほとんどです。 7:まぶたに傷あとが残ってしまうことがある 二重切開法は、メスで皮膚を切る手術なので、まぶたに傷がつきます。 ほとんどの場合、二重が完全に定着するときに傷あとも目立たなくなりますが、 まれに不自然な跡が残ってしまうことがあるようです。 二重整形のよくある6つの誤解 二重整形は美容整形のなかでも、人気が高いとされる治療です。 そのため、多くの情報が溢れていますが、同時に 誤った情報が流れている可能性も高くなります。 そこで二重整形に関して、誤解しやすいポイントをまとめました。 1:二重埋没法はまったくまぶたを切らないわけではない 二重埋没法の手術は、 まぶたをまったく切らないというわけではありません。 二重埋没法は、まぶたをすこし切開してから、糸を通して二重を作ります。 ただし、切開範囲はかなり小さいので、 傷口を縫い合わせる必要はありません。 一方、二重切開は埋没法に比べてかなり大きく切開するので、傷口を縫い合わせる必要があります。 しかし、術者のやり方にもよります。 まったく切らずに治療することも可能です。 2:全切開と部分切開では費用が変わらないことも 全切開の費用は、皮膚を切る量が多い分、部分切開より高額であると考えがちですが、それは誤解です。 クリニックによっては全切開と部分切開は同じ費用設定となっています。 「同じ費用なら全切開の方がお得?」と感じるかもしれませんが、必ずしもそうとはいえません。 なぜなら、 全切開と部分切開は、希望の二重の形状によって使い分けられることがあるからです。 全切開は平行型の二重が希望の人や、二重のラインが薄い一重の人に用いられ、一方、部分切開は、末広型の二重や自然な二重をつくるときに使われることがあります。 3:二重全切開は必ずしも脂肪切除をするわけではない 二重全切開と脂肪切除は、セットで行われることが多いのですが、 全切開をしたからといって必ず脂肪切除をするわけではありません。 脂肪を取らなければ希望の二重にならない可能性があるときに、脂肪切除を行います。 そのため、全切開だけでなく、 部分切開でも脂肪切除を行う場合があります。 4:目頭切開をしただけでは二重にならない 目頭切開をすることで、二重をつくることができると思っている人がいるようですが、それは間違いです。 目頭切開は、 目頭に切れ込みを入れて目の横幅を広くする整形。 そのため目頭切開だけでは、 二重をつくることはできないとされています。 目頭切開と二重整形が関係するのは、目頭の部分からの二重ラインが必要な平行型の二重をつくるときです。 日本人のような「モンゴロイド」という人種には、「蒙古ひだ」と呼ばれるひだが目頭の部分にあり、 平行型の二重になりにくい原因となっています。 そのため、平行型の二重にするためには、蒙古ひだを取る目頭切開と、二重整形の2つの手術をする場合があるので、誤解している人が多いようです。 5:生まれつき蒙古ひだのない日本人もいる 日本人のほとんどに蒙古ひだがあるとはいえ、「蒙古ひだがなく、目頭のピンクの部分が見えている人は整形している」というのは、100%正しいわけではありません。 たしかに、目頭切開は目頭の蒙古ひだを切除するので、ピンク色の粘膜の部分が見えるようになります。 しかし、日本人のなかには 生まれつき蒙古ひだがない人もいます。 そのため 目頭のピンクの部分が見えるからといって、整形しているとは限りません。 6:表示されている費用よりも高くなる場合がある どの美容外科のサイトにも手術の費用が掲載されています。 しかし、掲載されている費用に、すべてが含まれているとは限らないのです。 治療に必要な麻酔やアフターケアなど、費用がかかるのは手術だけではありません。 例えば、手術の費用とは別に麻酔代が加算されるクリニックもあります。 また、ほかのクリニックに比べて割安な費用設定であっても、来院したときに追加のオプションや 追加費用のかかるケアをすすめるクリニックもあるようです。 ほかにも、カウンセリングやアフターケアの時間を削って、とにかく安い費用で多くの人に治療をして利益を出すクリニックもあるので、自分に合ったクリニックかを慎重に検討すると良いでしょう。 二重整形の種類・失敗例・正しい知識を知って手術をしよう 自分の外見にコンプレックスを抱いている人にとって、「整形」は外見を変えるだけでなく、気持ちをも変えるものです。 今まで外見のせいで消極的になっていた人も、整形で生まれ変わることで積極的な、自信に満ちあふれた行動をとることができるかもしれません。 心まで豊かになるのであれば、整形して新しい人生をスタートさせるのも良いでしょう。 とくに目もとは、顔の印象を大きく左右する部位。 二重整形で理想の目もとを手に入れられたら、 気持ちも今よりもっと明るくなれるかもしれません。 二重埋没法の費用目安 クリニック 費用 目安 13,611円 18,140円 60,000円 115,000円 130,000円.

次の

北海道・札幌エリアで二重整形するなら?おすすめクリニックランキングと選び方まとめ!

二重 整形 値段

自分がなりたい二重になるための方法が、10人いれば10通り見つかります。 「思い通りの二重に仕上げる」ためにはやはり プロの手によって整えてもらうことで、望みが叶います。 まずは、 なりたい二重のデザイン、理想の二重幅、叶えたい二重のイメージなどをじっくり伝えられるようにするのが肝心です。 そこに医師の技術力が加われば、あなたの理想が手に入りますよ。 まずは、多くの方が二重整形を受けるに至る経緯の部分をまとめてみましたので、参考にしてみてくださいね。 もしかすると、あなたと同じ悩みも見つかるかもしれません。 腫れぼったいまぶたを確実に解消するために 二重ノリが癖でつきにくい、アイテープで二重のラインが全然つかないという方はまぶたの上の脂肪が多いことが考えられます。 腫れぼったいまぶた、眠たそうな目に見られる、自分の目つきに悩みがあり、悩んでいる方は多くいらっしゃいます。 メイクでごまかしたり、マッサージで血行を良くして脂肪燃焼、脂肪を取るための目のエクササイズ、まぶたを温める...。 こういった方法で劇的にまぶたの脂肪はなくなって、腫れぼったいまぶたから解放されるでしょうか?答えはノーです。 結局、自分でできる方法では気休め程度にしかならず、下手すればまぶたの薄い皮膚にダメージを与えてしまいます。 まぶたの脂肪取りなら、美容クリニックで相談すれば解決する方法が見つかりますよ。 その一例を紹介します。 二重まぶた整形については、大きく分けるとプチ整形の分野である「切らない埋没法」「メスを入れる切開法」の2通りがあります。 最初は、 埋没法と切開法でどっちがいいの?と悩む方が多いですが、 美容クリニックの割合では圧倒的に「埋没法」が人気です! ただし、「埋没法」にもデメリットがありますのでまずは、それぞれのメリットとデメリット、失敗例について紹介していきます。 埋没法とは? 埋没法はまぶたの皮下に、医療用糸で二重ラインを留めることによって、二重のラインを作ります。 埋没法は切る整形手術よりも敷居が低く、値段も比較的お手頃なことから、二重術としては一般的で認知度も高い人気の施術です。 プチ整形の代表格ですね。 簡単にトライできる分、デメリットや失敗はないのか?気になるところですよね。 ではメリットデメリットを見ていきましょう。 その後の 腫れも、切開法よりも比較的穏やかなので、長期休暇が取りにくい方や、周りにばれたくないという方でも、自然な二重にできるメリットがあります。 メスを使わずに糸で留める方法なので、痛みの少ない施術でもあります。 手術が怖くて整形できない、という方にもチャレンジしやすいプチ整形です。 また、 気に入らなかったら元に戻せるというのも最大のメリットではないでしょうか? たまに、目頭を切開しすぎて不自然になってしまった芸能人の方がいますが、やり直しがきかない切開法の恐ろしさを感じます。 目が大きくなればいいってものではありませんよね。 二重の幅も、形も、あなたに合ったデザインに仕上げてこそ美人になれるのです。 その辺は、 名医との出会いと腕前、なりたい二重をカウンセリングで上手く伝えられるか、にかかっています。 当サイトで紹介しているクリニックは、実績、口コミ、評判の良さをトータルして厳選したクリニックですので、迷っている方は参考にしていただければ幸いです。 対処法としては、再度埋没法を行う事で解決します。 切開法では失敗すると引き返せない怖さがありますが、埋没法ならやり直しがきくという点では初めての二重整形の方にはおすすめです。 腫れは切開法と比べるとさほど心配する必要はありません。 腫れが続く場合では1週間続くことがありますが、それ以上晴れることは少ないようです。 もし数週間腫れが持続する場合はあまり触れずに早めに、施術を受けたクリニックに相談しましょう。 また、1か月以上たっても希望の二重ラインにならない場合は腫れではなく、糸の影響で目の開きが悪くなっている可能性もあります。 または、二重のラインを引き間違っている場合もあるので、腫れではないけれど、ラインがおかしい場合にも相談しましょう。 やり直しが可能です。 埋没法のラインは徐々に緩んできてしまい、半永久的ではないと覚悟しておきましょう。 中には10年以上持続する方も中にはいらっしゃいます。 二重のラインの付きやすさは個人差があり、皮膚のたるみや年齢にも関係するので一概には言えませんが、もし手術後1か月以内に取という場合は、完全に技術的なミスが考えられます。 二重のラインが日によって違ってくるという症状が出てきたら、取れてしまう前兆かもしれません。 再仕上げ保証のあるクリニックもありますよ。 埋没法は糸を埋め込み、糸を結ぶことで二重を留めるので、糸の結び目が出来ます。 まぶたの皮膚の下に結び目が出来ることで、 人によっては目を閉じると糸の結び目が目立ってしまう場合もあります。 半年くらいたてば目立たなくなってきます。 もしあまりにも気になる場合は、抜糸して付け直す方法もありますが、再度つけることで新たにできた結び目が目立ってしまう欠点もあります。 「糸が出てくる」というケースは、ほとんど起こることのない失敗ですが、まれに医師の技術力不足やカウンセリング不足で起こってしまうケースもあります。 この場合はなるべく早くクリニックを受診しましょう。 放っておいても改善しませんので、抜糸して糸をつけ直しする必要があります。 頻度は非常に少ないですが、まぶたの裏側に出て、眼球に当たってチクチクすることが考えられます。 眼球に傷がいかないように早めにクリニックで抜糸してもらいましょう。 まぶたへの負担が原因でまぶたが赤く腫れる症状が出ることがあります。 糸に菌が付いてしまい起こる症状で稀です。 ニキビのような腫れが生じますので膿を出すか、抜糸します。 埋没法の料金相場は? 糸を留める場所が増えるほど、料金が上がっていきます。 ちなみに 一番安いのは1点留めという方法で、最安クリニックだと両目4000円台から行っています。 しかし、 1点留めは2点留めと違って支える力が弱いため、すぐに外れてしまうということで、初めてのプチ整形で一番人気なのが2点留めになっています。 1点留目を行うのは、以前2点留めしていたうちの一つが取れてしまった方などの場合が多いようです。 そこで、主流である2点留めの料金相場を大手クリニックで比較してみたところ、 両目1万円台から12万円台までと幅広く、平均的なところで言うと3万円くらいといったところです。 初めての方にも手を出しやすい価格設定は埋没法の人気の理由ですね。 湘南美容クリニックの人気の「埋没法」メニューは2万円台から20万円台と幅広く扱っています。 ちなみに湘南美容クリニックでは、 3年間で約13万人の方が施術されています! 中でも、3年保証付きで2万円台の「湘南二重術」は約4. 2万人。 次に人気なのが20万円台の「クイックコスメティークダブル」では結び目がまぶたに見えにくくとても自然で、約3. 3万人が受けています。 不可能かどうかは、一度施術してもらうクリニックでカウンセリングしてもらうことが必要ですが、思い通りの二重になる可能性が低くなるかもしれません。 せっかく見た目を変えたいのに、思ってもいない二重になってしまってはお金を払うだけ損ですよね。 もし、不自然になったりすれば、やり直しは聞きますがせっかくの施術が台無しです。 二重術には埋没以外にも安全で腫れにくい切開法もあります。 切開法の中でも、まぶたの余分な筋肉や脂肪を減らしてから二重を作るという方法もありますので、脂肪の多い方などは、 希望の二重になるにはどう言った方法が最適か、実際にカウンセリングで医師に相談されることがおすすめです。 埋没法と一口に言ってもクリニックによりその方法は様々ですので、当サイトのクリニック紹介を参考に、自分にピッタリの施術法を選んでくださいね。 切開法とは? 二重まぶたの切開法とは、 まぶたを切開して二重のラインを作る方法で、半永久的な二重の実現が可能です。 脂肪や筋肉などが多く、腫れぼったいまぶたの方にも最適な施術ですが、メスを入れる分、ダウンタイムの長さは覚悟が必要です。 では、切開法のメリットデメリットを見ていきましょう。 プチ整形で二重にしたけれど、数年経って、二重のラインが崩れてしまったという方も多いようです。 もう一度埋没法を考える方もいますが、せっかくきれいなラインを作ってもまた数年後に再施術しなければならないという手間がかかるのが嫌な方は、切開に踏み切ることも。 また、まぶたが腫れぼったくて二重のラインが作りにくい方には切開法でまずは余分な脂肪を取ってから二重のラインに塗っていくという方法で、理想の二重になれるというメリットもあります。 二重の幅の調整も、メスを入れる切開法なら融通が利く点で、なりたいイメージに近づく方法としては埋没法よりも切開法の方が良いですよ。 また、まぶたの傷口はどうしても目立ってしまいますので、 長期休暇がとれるかどうかが重要になってきます。 夏休みなどを利用するという方が多いのは切開法を受ける方の特徴です。 切開法の料金相場は? 切開法は埋没法よりの料金が高くなります。 東京にあるクリニックを基準で見てみると、 最安値で8万円台から最高額で30万円台と幅が広かったです。 平均的な料金は20万くらいでしょう。 切開法のなかでも部分切開法と全切開法があるので、施術方法によっても値段に差が出ているというわけです。 切開法が適さないタイプは? 湘南美容クリニックのCMをご覧になった方も多いのではないでしょうか。 毎日のアイテープに時間がかかってしまっているという女性にとって、湘南の二重埋没法は手軽な値段で保証もついていると、初めての方にも優しい施術です。 湘南美容クリニックに通う方のほとんどが初めての美容外科として選ぶほど、「初めて」を大事にするクリニックです。 全国70院以上の店舗展開と、人気の施術内容で圧倒的施術数を誇っています。 両目の 1点留め6340円と全国のクリニックでも最安値ランクの料金設定です。 全国30院以上の店舗展開、どこで受けても同じ料金、症例件数が多く医師の実績数が多いので、初めてでも選び安いクリニックです。 来院当日から入会できるBMC会員なら「二重・目元」の施術が30%割引になるサービスがチャンス!誕生日付きならさらにお得な35%引きと1ポイント1円で使えるBMCポイント1000円ももらえます。 最先端の機器と熟練した医師により、なりたかったデザインの二重が叶います。 さらに、ダウンタイムで腫れやすいまぶたにも配慮した独自の技術で、周りにばれたくない方にとっても大きなメリットといえるでしょう。

次の

【二重整形】柏市の値段比較まとめ 埋没法・切開法|4病院 2020年版

二重 整形 値段

二重整形を受けたいけれど、その前や後にマツエクをしても大丈夫なの?と気になる方もいらっしゃるのではないでしょうか。 二重整形後の腫れが気になるから、それを隠すためにあらかじめマツエクを付けておきたいという方もいらっしゃるかもしれませんね。 ほかにも、せっかくぱっちりした目元になるのだから、マツエクをつけてもっともっと目元を強調したい!という方もいらっしゃることでしょう。 二重整形の前や後に、マツエクをするのは果たして大丈夫なのでしょうか。 二重整形にはいろいろな方法がありますが、こちらでは埋没法で二重整形を行ったケースについてお話していきたいと思います。 マツエクを付けていても、二重整形(埋没法)はできる? 結論から申し上げると、埋没法で二重整形をする場合、マツエクを付けたままでも大丈夫ではあるようです。 しかし、やはりできれば埋没法で二重整形を行う時にはマツエクをつけていないほうがベターのようです。 マツエクを付けていないほうがいい理由としては、以下のようなことが挙げられます。 不潔になりやすいため マツエクにはメイクを落とした時に落としきれなかったマスカラなどが付いていることがあり、そのせいで埋没法の手術をした場所が不潔になりやすいようです。 ガーゼなどが絡む可能性がある 埋没法で二重整形を行う時に長いマツエクが付いていると、そこに手術で使うガーゼが絡まってしまったりすることがあるようです。 マツエクがついていると手術がしづらい 目元に長いマツエクがついた状態ですと、埋没法で使用する糸が絡まってしまうなどということも起こりやすくなります。 施術する側からしても、マツエクは付いていないほうがやりやすいと言えるようです。 手術が長引く可能性がある マツエクが付いていることによって二重整形がやりづらくなり、結果的に手術が長くなることもあります。 手術が長くなることによって腫れなどが通常よりもひどくなることもあるため、やはり埋没法の二重整形をする前にマツエクを付けるのは、やめておいた方が良いかもしれませんね。 これらのような理由で、マツエクを付けたまま埋没法で二重整形を行うことは、あまりおすすめできないと言えそうです。 また、埋没法の二重整形の施術によってマツエクの毛が取れてしまう可能性も考えられます。 せっかくマツエクを付けても、取れてしまったのではもったいないですよね。 マツエクをすると二重の持ちが悪くなる?! マツエクをするときにはまぶたをテープなどで固定して持ち上げるため、まれに埋没法の糸がずれてしまったり切れてしまったりする事などもあるようです。 そのため埋没法による二重整形の持ちが悪くなってしまう可能性も否定できないと思っておいたほうが良いでしょう。 二重整形(埋没法)の後にはいつからマツエクをしていいの? 二重整形をしたら、ぜひマツエクを付けてよりぱっちりな目元にしたい!と思う方も多いのではないでしょうか。 いつからマツエクを付けてもいいのか、気になりますよね。 マツエクをするのは、早くても埋没法で二重整形を行ってから1週間以上経ってからのほうが良いと言われています。 マツエクをつける時に使用するグルー(接着剤)が刺激になることがありますから、術後早い時期にマツエクを付けることはやはり望ましいとは言えません。 まぶたに腫れが残っていれば敏感な状態になっている可能性がありますから、腫れがすっかり落ち着いてからにしておいた方が確実だと言えます。 まぶたの腫れがおさまるまでには、だいたい1週間前後かかると思っておきましょう。 この腫れが落ち着くまでは、マツエクをするのはやめておいたほうが無難です。 さらに安全性を考えるのならば、埋没法による二重整形から1か月くらい経ってからにしたほうが良いと言われています。 そんなに待たなきゃいけないの?と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、目はデリケートな部位ですから、腫れたりかぶれたりしてしまう可能性を考えるなら我慢しておいた方が良いのではないでしょうか。 綺麗になるためのマツエクでかぶれてしまったりしたら悲しいですよね? 実際に、サロンによっては埋没法による二重整形を受けてから1か月以内の場合、施術を断られるケースもあるようです。 もし埋没法による二重整形を受けた後にマツエクを付けて、まぶたに異常を感じたら速やかにマツエクを施術してもらったサロンに相談することをおすすめします。 埋没法による二重整形は、マツエクを付けていても受けることはできます。 ただし、施術がしづらいためできれば付けていないほうが良いでしょう。 また、施術後にマツエクを付ける場合には、1か月くらい経ってからにするのが望ましいようです。

次の