福岡空港 食事 おすすめ。 福岡空港内レストランがニューオープン!フードコートの食事は博多グルメの名店揃い!

【福岡】おすすめビアガーデン2020年最新版!夜空の下での食い道楽が楽しい

福岡空港 食事 おすすめ

そんな過渡期にある福岡空港に2017年11月、新たにオープンしたのが「 ラーメン滑走路」。 福岡のみならず全国の有名人気ラーメン店が集合した、福岡で言えばキャナルシティの「ラーメンスタジアム」、横浜だと「新横浜ラーメン博物館」のようなものなのですが、ラインナップがかなり凄い。 10店舗中6店舗が九州初出店の店舗で、例えば東京からは人気つけ麺店「 つじ田」や煮干しラーメンの「 凪」、北海道から道外初出店の「 弟子屈(てしかが)ラーメン」、大阪からこちらも大阪以外でははじめての出店となる「 まんかい」。 期間限定店舗として、福岡をおさえラーメン消費量日本一の山形から「 ワンタンメンの満月」、一風堂からスピンオフした焦がし味噌ラーメンの「 五行」。 福岡からは、当ブログでもおすすめした魚介豚骨やラーメンジェノバが食べられる「 海鳴(うなり)」、泡立つ濃厚豚骨の有名店「 一幸舎」、福岡空港で長年営業していた店がリニューアルした「 屋台ラーメン玉龍」。 「 茶寮 伊藤園」も併設されており、地元産の八女茶や九州産の茶葉を使ったオリジナルスイーツを楽しむことができます。 この記事ではラーメン滑走路を案内するとともに、まずは「ラーメン海鳴」を皮切りに全てのお店のレポートを随時追記していきます! 目次• なぜ空港に?と疑問に思うかもしれませんが、日本第4位の乗降客数の多さ(1〜3位は羽田、成田、関空)、ラーメン大好きな土地柄、そして街から近く福岡市民にとってもアクセスの良い立地、というのもあるのかもしれません。 北海道の新千歳空港にもラーメンをテーマにした「北海道ラーメン道場」がありますが、こちらはあくまで地元北海道のラーメンを観光客に味わってもらおうというコンセプト。 福岡空港のラーメン滑走路には福岡のみならず全国各地のラーメン店が集まっており、空港でのこういった試みは全国初と言えるでしょう。 ラーメン滑走路があるのは、国内線ターミナルビルの3階。 国際線ターミナルへは連絡バスで10分ほどかかるので、海外への便に乗る前に行く場合は時間に気をつけて。 エスカレーターやエレベーターを上へと上がっていきましょう。 1階から3階へとスッと上がれないのが若干面倒な構造ですが、途中のショップでも眺めながらゆるりと。 ターミナル3階、ここがラーメン滑走路の入り口ですね!入り方によっては入口がやや死角になっていますが、近くまで来れば気付けるはず。 出店しているラーメン屋さんは全部で9軒。 福岡3、東京3、大阪1、北海道1、山形1とバラエティ豊富なラインナップ。 さすがに全体的にまだまだ真新しい。 代名詞である魚介豚骨スープと、中洲店限定の洋風ラーメン「ラーメンジェノバ」が特に有名な店です。 ベーシックなとんこつ、海鳴の基本である魚介とんこつ、中洲店で人気のラーメンジェノバ、そして空港店限定の「ラーメン辛子明太子」なる新メニューが。 福岡名物を無理やり組み合わせたような辛子明太子メニューは基本的に邪道だと思っている私ですが、ここはチャレンジでラーメン辛子明太子、いってみましょうか。 というのも、例えば某有名うどん店などで辛子明太子を乗せたメニューがあるんですが、混ざってしまうと明太子やダシの風味が消えてしまったり、ただただスープの塩味が濃くなったりするだけだったりするんですよね。。。 大丈夫だろうか。 店内はテーブル席とカウンター席で、割と広め。 平日の16時頃だったこともあり、海鳴に限らずどの店も並んだり混んではいませんでした。 卓上にはすりゴマ、コショウ、紅しょうが、にんにく。 加えてラーメンジェノバ用なのか、タバスコまで置いてあります。 待つこと5分ほどでやってきたラーメン辛子明太子。 ラーメンの上に辛子明太子が乗っているだけかと思いきや、スープやネギなどに明太子のつぶがちりばめられているのが見えます。 少なくともただ乗せただけではなさそう。 塩分の強い明太子が全体のバランスを壊してしまわないか心配ですが……はてさて。 スープを一口。 おおっ、めっちゃうまい!そして濃厚ピリ辛。 海鳴の魚介豚骨スープに、辛子明太子が旨味と辛味をプラスしておりしっかりと調和。 濃い・辛いが苦手な方にはどうかわかりませんが、どちらも好きな私にはピシャっとくる味。 明太子を切り取ってもう一口。 強い辛子明太子の風味が口の中を支配…するかと思いきや、スープもしっかり濃厚なので全然負けていない。 これは凄いね。 辛子明太子の漬けダレをベースに独自に配合したというスープ、良いよ。 麺自体の風味はそれほど強くないがコシのある細麺。 この強いスープにはこれが合うんでしょう。 合ってるし。 チャーシューは薄めのものが3枚で、染み込んだ味というよりも炙った香ばしさが主張してくるタイプ。 素直においしかったし、主張の強い辛子明太子がラーメンの上に乗ってケンカしないようにまとまっているのが驚きでした。 辛子明太子+ラーメンなんて邪道だと多くの福岡県民は思うかもしれませんが、一度食べてみてほしい。 はじめて飛行機に乗る以外の目的で空港来た。 海鳴やっぱうまいわ。 ラーメン海鳴 in 福岡市, 福岡県 — Shotaro Ushijima ushigyu ラーメン凪(東京) この日は東京・新宿を中心に展開している煮干しラーメンの「 ラーメン凪(なぎ)」へ。 メニューは煮干ラーメン、煮干つけ麺の2系統。 入り口横で食券を買ってから着席するスタイル。 平日16時頃と微妙な時間だったせいか、サイドメニューは軒並み売り切れ状態でした。 店員さんに「ご来店は始めてですか?」と尋ねられ「はい、始めてです」と答えると、席に備え付けのタブレットに食券をかざしてこの画面にまですすめてくれました。 画面をタッチして好みを選び注文してください、とのこと。 QRコードが印刷された食券。 来店が2回目以降だったり混んでいるときは、自分でタッチしながら進めていくということでしょう。 1席ずつに設置されたタブレットは、すべてiPad miniのようでした。 注文用のアプリをどこかに依頼して作ったんでしょうね。 先進的ぃ。 注文を待っている間、麺をこねたりゆでたりとラーメン調理中の動画が流れます。 面白いけどこれ、いる?笑 追加注文もiPadから。 スシローみたいな感覚ですね。 店内は3列のカウンター式。 3人以上のグループには向いていないので、1〜2人のときふらっと寄るのが良さそう。 卓上の煮干し入り酢は、入れると味が大きく変わる強めの酸味があるので注意。 全席がカウンター席となっているのは、レールを使った提供システムを採用しているため。 このレールを伝ってラーメンが運ばれてくるわけやな…!iPhoneのカメラを構えつつ待つ。 ……と思ったら上のレーンから来たー!上下2列あったんかい!まんまと動画を取り逃す。 せっかくなので返却シーンは撮っておきました。 ラーメンを受け取ったら「上段(下段)レーンを返却する」をタップ。 以前、新宿ゴールデン街で食べた煮干ラーメン。 まさか福岡で食べられる日が来るとはね。 煮干としょうゆのコクが溶け込んだスープ。 福岡には無いタイプ。 たまに食べたくなるんですよねー。 大判のチャーシュー、駒ネギ、煮干、辛味(オーダー時に選んだ量)、そしてワンタンのように見えるのは凪名物「いったん麺」。 名古屋きしめんの3倍はあろうかという幅のある、ピロピロした麺。 トゥルンとした食感が楽しい。 メインの麺はゴワっとした歯ごたえのある太麺。 シャキシャキっとした駒ネギ。 これ好きなんですよねー。 お好みでオーダーした辛味(おそらく一味唐辛子)と、甘辛く煮た煮干の佃煮が乗っています。 チャーシューは薄めで大きく、ハムっぽい味わい。 最後のアンケートまでタブレットで完結。 設備やアプリへの投資はそれなりにかかるだろうけど、それに対して人件費の削減がどの程度できているのか聞いてみたいなー。 まんかい(大阪) 大阪発の豚骨ラーメン店が、本場である福岡の空港に出店。 「 まんかい」さんです。 メインメニューは純とん、潮とん、トマとん、淡麗豚そばの4種類。 初見なので、基本と思われる純とんの煮玉子入りをチョイス。 店員のお姉さんは気さくな接客、厨房で作業されてる方も威勢よくあいさつしてくれていずれも好印象。 博多の名店で19年修業した後に大阪で開店したお店らしい。 空港だからというのもあるでしょうが、福岡で食べる豚骨ラーメンにしてはそこそこ値段は張る印象。 卓上には辛子高菜、にんにく、紅しょうが、替え玉用タレ、すりごま、こしょう、餃子用のタレなど。 こちらが「まんかい」の純とん煮玉子入り(920円)です。 豚骨らしい白濁スープに円形で味付け控えめそうなチャーシュー、きくらげ、青ネギ。 それにトッピングの煮玉子。 まずスープいってみましょう。 ラーメン店で修業した店主が独立するのはよくあることですが、これはあまりにも味がそのまんますぎるのでは。。。 忠実に再現されてはいるけれど。 (細かい違いはあるのかもだけど、私の舌ではわからなかった) 麺の細さもそのまんま。 おいしいよ、おいしいんだけどね。 チャーシューはどうだったかなーと思ってを確認したところ、やっぱり形といい味付けが控えめなところといい似たようなものだった。 具もきくらげ、ネギで一緒。 そう言えば卓上の辛子高菜が入ってる器も一緒のタイプだし、TPPもここに極まれりという感じ。 本家はどう思ってるんだろう。 せっかくなら辛もやしも置いてほしかった。 おいしいラーメンを雰囲気の良い空間で食べられるのは間違いないので、そういう点ではおすすめできます! ただ、味は(少なくとも「純とん」は)完全に一風堂の白丸元味なので、新たな発見やご当地ラーメンを求めている方は別の店の方がよいかもしれません。 屋台ラーメン玉龍(福岡) 「 屋台ラーメン玉龍」は、福岡空港国内線で長く運営してきたラーメン屋さん。 空港リニューアルに伴い、新たな屋号とスープをもってラーメン滑走路に登場しています。 基本的にはオーソドックスな豚骨ラーメンですが、軽く飲むのにも使えそうなサイドメニューや担辛麺なんかもあるらしい。 基本のラーメンの価格は720円。 福岡民がラーメンに出すには少し高めですが、近年のラーメン価格上昇および空港という立地を考えればこんなものでしょうか。 卓上には紅生姜、辛味のない高菜漬け。 なかなか良いビジュアルのラーメンですね。 具はチャーシュー、キクラゲ、ネギ。 濃すぎず薄すぎない、ややクリーミーめな豚骨スープ。 麺は加水率低めで、固麺であれば小麦のポキポキ感を感じられるもの。 私は好きなタイプ。 チャーシューは丸型で薄め、味付けは感じない程度。 個人的には、特別に推奨・非推奨のどちらでもない普通の店です。 スタンダードで奇をてらわない豚骨ラーメンが食べたい、他店が混んでいて時間がないときなどによい選択肢かと。 以下は今後追記予定の店舗です。 つじ田(東京) 弟子屈(てしかが)ラーメン(北海道) 一幸舎(福岡) 以下は既に閉店した店舗です。 【閉店】ワンタンメンの満月(山形) 実は一人あたりラーメン消費量が日本一だという山形県から期間限定でラーメン滑走路に参戦中の、「 ワンタンメンの満月」。 「極薄ふわとろワンタンメン」が基本で、そこにトッピングをしたり、あとはおつまみやお酒などがある程度のシンプルなメニュー。 米どころでもある山形の庄内米も味わいたかったですが、さすがにお腹が膨れすぎるので今回は煮玉子入りワンタンメンを注文。 店内の券売機でどうぞ。 おそらく期間限定店舗用だと思われる、カフェっぽい内装。 どうやら「ワンタンメンの満月」は、山形県酒田市で生まれたラーメンらしい。 中国の料理人が酒田で支那そば屋を開店したのが期限で、煮干と昆布でとったスープに極薄のワンタンが特徴とのこと。 ご当地ラーメンといえば福岡、北海道、喜多方(福島)あたりが有名かと思いますが、酒田市にもまた独自のラーメン文化があるんですね。 美しい黄金色のスープをたたえるラーメンが到着。 具は極薄のワンタン、細切れとバラ肉の2種類のチャーシュー、白ネギ、メンマ、トッピングの煮玉子。 スープをすすってみると、醤油・煮干し・昆布のしっかりとした味が広がります。 これはダシだね、うん。 醤油のパンチを効かせたダシラーメンだ。 ダシLoverの私としては好きな味。 その名に違わずふわふわとろとろのワンタン。 箸で持ち上げても溶けて崩れていきそうなくらい。 ワンタン内に具はほとんどなく、ダシを纏ったワンタンのふわとろ食感を楽しむ感じ。 なめらかな中太ちぢれ麺が、ダシスープによく合います。 好き嫌いの分かれにくい、日本人なら誰もが中の上以上の評価をするであろう優等生な一杯でした。 【閉店】博多焦がし味噌専門 五行(東京) 一風堂の運営元である「力の源カンパニー」がプロデュースする、博多焦がし味噌専門店の「 五行(ごぎょう)」。 期間限定でラーメン滑走路に出店しています。 豚骨には焦がし醤油香油がトッピングしてあるようです。 今回は初回なので、いちばんの定番だと思われる焦がし味噌で勝負。 こちらも「ワンタンメンの満月」と同じく、期間限定店舗用のカフェ風内装。 やってきた焦がし味噌ラーメンは、名前通り焦げていて真っ黒!具の彩りは引き立つものの、スープの色では何ラーメンかわからないほど。 どれどれ、スープの味は…あれ?よくわからない。 確かに焦がした香ばしさは感じるのですが、肝心の味噌スープの味が薄いというか、コクも旨味もあまり感じない。 うーむ。。。 味噌スープって例えば白味噌ならまろやかなコク、赤味噌ならシャープな味わいがグッとくるイメージなのですが、そのどっちもない。 味噌どこいった? 麺は味噌にしては珍しい細麺。 ですがスープが個人的にかなりイマイチなので、麺が合う合わない以前の問題ですねこれは。 店員さんが外国人アルバイトらしき人だったところから見ても、あまり力を入れていないのかな。 がっかりでした。 私はオススメしません。 あとがき 何よりも、福岡空港でおいしいラーメンが食べられるようになったことが嬉しい。 福岡でラーメンを食べ損なった観光客や出張族も、全国のラーメンを味わってみたい地元民も、それぞれ楽しめるスペースになっていると思います。 旅行や出張の行き帰りに、あるいはただラーメンを食べに、ラーメン滑走路へGO! 施設名 ラーメン滑走路 住所 福岡空港国内線ターミナルビル3F 営業時間 10:00〜21:45(オーダーストップ21:00) 定休日 無休.

次の

【福岡】福岡空港で買いたいおすすめのお土産23選

福岡空港 食事 おすすめ

福岡空港がリニューアル!! 全国各地にあるラーメンストリートやラーメン街道のような、ご当地有名ラーメン店を集めたラーメン通りが福岡空港に登場しました。 その名も・・・ 『 福岡空港 ラーメン滑走路』 そこには全国各地の人気ラーメン店9店舗が出店しています まだまだ出来て間もないラーメン滑走路! 興味深い店舗とメニューを 口コミなどを元に徹底解説 豚骨ラーメンの人気店はもちろん!せっかく福岡に来たのだからぜひ食べて欲しいおすすめラーメン店をご紹介! トマトラーメン?煮干しラーメン?濃厚つけ麺?バジルラーメン?等などちょっと変わったラーメンもここなら食べられます!! 福岡空港 ラーメン滑走路とは? 福岡空港に登場したラーメン滑走路!!! 福岡県と言えばもちろん「 とんこつラーメン」 県内で有名なとんこつラーメン店はもちろん! ラーメン滑走路の担当者が実際に訪問して選んだ 全国選りすぐりのラーメン店が軒を連ねます。 出店されているラーメン店の内、2店舗は期間限定店舗。 屋台ラーメン 玉龍• つじ田• 博多 一幸舎• ラーメン凪• まんかい• 弟子屈ラーメン• ラーメン海鳴• 博多 焦こがし味噌専門五行(閉店)• ワンタンメンの満月• トマトラーメン あうわ 上記店舗の中に期間限定店舗が2店ふくまれ、定期的に新しい店舗が出店されます。 博多の屋台をモチーフにした店内で、ベーシックなとんこつラーメンをとことん味わえる。 「ラーメン滑走路」以前から福岡空港にあったお店。 これぞとんこつラーメンというお店 店の中央には「屋台」の名前どおりに屋台のオブジェが! 雰囲気があります 「屋台ラーメン 玉龍」のメニュー 「屋台ラーメン 玉龍」メニューの一例• 玉龍ラーメン:700円• 味玉ラーメン:820円• 明太ラーメン:800円• 角煮ラーメン:950円• ねぎラーメン:760円• チャーシューメン:820円• ワンタンラーメン:760円• 半チャーハン:300円• 替玉:150円 「 ラーメン滑走路」最安値のラーメン屋さん 軽く一杯の時はここで決まりです。 辛子高菜を入れて高菜ラーメンに味変おススメです! 「屋台ラーメン 玉龍」口コミ 屋台ラーメン玉龍さん。 臭みがなく食べやすいとんこつラーメン。 kenji kadochansc 昔ながらの博多豚骨ラーメンをお求めならばコチラでしょう! これぞ福岡という味を堪能。 つじ田「東京で人気のつけ麺店」 常に行列が絶えない人気つけ麺店。 濃厚豚骨魚介つけ麺のパイオニアで、首都圏を中心に10店舗、海外2店舗を展開するなど、つけ麺文化を発信し続けている。 東京で常に行列が出来ているつけ麺専門店「つじ田」 スープのベースは国内厳選の豚骨や比内地鶏の鶏がら・魚介・野菜など他合計十数種類の食材を使用。 「つけ麺 つじ田」メニュー 「つじ田」メニューの一例• 濃厚特製つけ麺:1,000円• 濃厚味玉つけ麺:907円• 濃厚特製ラーメン:907円• つじ田ラーメンセット:1,102円• 濃厚豚崩しつけ麺:1,074円• 濃厚つけ麺:815円• 濃厚味玉ラーメン:815円• 濃厚ラーメン722円 とにかく濃厚の文字が目立つメニュー構成。 ラーメンは飽きるほど食べた!!! という方にはおススメの店舗。 つじ田の濃厚豚骨つけ麺。 ボリュームがあるし、美味い。 食べ方の後半にある黒七味が結構辛くていいです。 300g食べきれるか心配だったけど食べやすかったのでスルスルいけた — 社会不適彦 yasumtgt 「お腹すいたぁ~」濃厚なつけ麺をガッツリ気分の時に! 口コミでもスパイスを使った後半の味変が楽しいとのコメントが多数。 ボリュームもかなりあるようですね! 味の変化を楽しみながら食すつけ麺。 つじ田のつけ麺はお取り寄せできる!? 福岡空港にはたくさんのラーメン屋さんがります!! しかし全部食べきれるわけも無く…。 つじ田では、店舗の味に近い状態のつけ麺がお取り寄せ可能!!! 今までもカップ麺や生麺などで有名ラーメン店の味を再現したものが作られてきました。 美味しい物もたくさんあるのですが、その味が本当に再現されているとはとても思えないものも…。 しかしこちらの「」の凄いところは・・・• スープは濃縮や粉末ではなく、店舗と同じ「ストレートスープ」• 麺は店舗で使用しているものと同じ生麺• 具材も勿論店舗で使用しているものと同じもの ここまで来るとラーメン店で食べているものとほぼ同じではないでしょうか。 麺はもちろん! こだわりの自家製麺 人気ランキングでも常連のラーメン店。 「博多 一幸舎」のメニュー 「博多 一幸舎」メニューの一例• 豚骨ラーメン:750円• 味玉ラーメン:900円• 味玉チャーシューメン:1,200円• スペシャルラーメン:1,400円• 黒ラーメン:850円• 赤ラーメン:850円• チャーマヨ丼:350円• 明太丼:350円 昔ながらの博多豚骨ラーメンはもちろん、自家製海鮮油と豚骨をブレンドした ピリ辛スープの赤ラーメン、自家製マー油で豚骨の持つ素材本来のコクと旨味を最大限に引き出した焦がしニンニク油で深みのある味の黒ラーメンなど福岡で珍しいラーメンも食せます。 もひとつ味の深みみたいのが欲しかった気がする。 日本全国に15店舗、世界進出も果たしている日本を代表する豚骨ラーメン。 看板メニューは20種類の煮干しをブレンドした「すごい煮干ラーメン」 日本一煮干を追求したラーメン。 瀬戸内の伊吹島をはじめ、全国各地から毎月5トン以上の仕入れ! 20種類以上の煮干を、5味(甘味・旨味・塩味・苦味・酸味)の絶妙なバランスで独自ブレンド 麺は小麦の風味を楽しむ中太麺。 「いったん麺」と呼ばれる凪オリジナルの幅広麺でシルキーな食感も! ラーメン凪のメニュー 「ラーメン凪」メニューの一例• すごい煮干ラーメン:890円• すごい煮干ラーメン味玉入:990円• すごい煮干ラーメン特製:1,200円• すごい煮干つけ麺:900円• すごい煮干つけ麺味玉入:1,000円• すごい煮干つけ麺特製:1,200円• 煮干そば:750円• 凪豚:750円• 白飯:150円• 漁師飯:280円• 炙り肉飯:350円• しらす丼:400円• 餃子:400円 「普通に煮干ラーメン」もあります。 せっかくの福岡、焼きあご出汁の豚骨ラーメン「凪豚」もいいですね! サイドメニューのご飯ものも種類が豊富で食欲を満たしてくれます。 「ラーメン凪」の口コミ すごい煮干ラーメン凪 五反田西口で、こってりラーメンを頂く。 かなり久しぶりなので一番スタンダードなこれを。 かなり濃厚な煮干出汁だが甘めの醤油がなんともくせになる味わいで箸が進む。 幅広の麺も健在。 辛いやつをもうちょっと入れればよかったかな?😅 ご馳走様でした。 ラーメンが無性に食べたくなるとここに来てしまう。 ここまで煮干しにこだわった「ラーメン凪」一度は食べてみたいラーメンですね! 口コミでもスープの濃厚さや、ボリュームのある麺の食感を取りあげられたものが多く、食べごたえありのラーメン店、がっつり煮干し体験を福岡で! 「ラーメン凪」がカップ麺に! スーパーやコンビニではあまり見かけた事が無いような気がします…。 まんかい「大阪のラーメン店」 大阪の知る人ぞ知る行列店。 味は純粋なとんこつ、磯の香りをプラスした潮とんこつ、トマトを加えたトマとんこつの3種類。 風味豊かな「潮とんこつ」は他では類を見ない味です。 豚骨ラーメンと言っても「まんかい」は博多の豚骨とはひと味違います! 3種類のバラエティーに富んだ「豚骨ラーメン」• 純とん 国産の「和豚もち豚」から約16時間かけて丁寧に煮出したスープ。 昆布やニンニク等、数種類の香味野菜と、博多の老舗「上久醤油」の濃口と薄口をブレンドしたタレを使用• 潮とん ホタテ貝柱・椎茸・昆布を水だしでとった風味豊かな基ダレに純とんのスープをブレンド。 香味油にもホタテ貝柱を使用し、ホタテの旨味が凝縮• トマトとん トマトを使った、スパイシーで刺激的なラーメン。 特性スパイスでトマトを炒め、コーン・オリーブ・白髪葱・豆苗を加えた一杯。 生パスタのような仕上がり。 「まんかい」のメニュー• 純とん:790円• 純とんスペシャル:1,100円• 潮とん:860円• 潮とんスペシャル:1,170円• トマトとん:890円• トマトとんスペシャル:1,200円• トマトとんリゾットセット:1,050円• 淡路豚そば:860円• 淡路豚そばスペシャル:1,170円• 替玉:150円• 博多明太ご飯:280円• チャーシューご飯:380円• 明太じゃこご飯:380円• 臭みのないとんこつだけど、とても香りが良い。 麺はオーソドックスな細麺。 との口コミが女性客を中心に大変多く寄せられています。 昔ながらの薪ストーブのような弱い火力で長時間煮込まれたスープが魅力 豚骨を平均的なラーメン店の3倍以上を使いスープを仕込み、コラーゲン質を多く含む油分の旨味を表現。 この基本のスープに香りの醤油、コクの味噌を加えてスープを完成。 「弟子屈ラーメン」は新千歳空港の「北海道ラーメン道場」にも出店している有名店 ラーメン「弟子屈」のメニュー• むかし醤油:800円• 魚介しぼり醤油:850円• チャーシュー味噌:950円• 鮭冬葉塩:900円• 行者にんにく餃子:5個300円・10個500円• ミニ豚丼:450円• 山わさび巻:300円• チャーマヨのり巻き:210円 「弟子屈ラーメン」では豚骨ではなく北海道らしい醤油や塩・味噌ラーメンが食せます。 何度か食べた事があるのですが、北海道ラーメンに興味がある方には是非一度食べて欲しいラーメン店。 北海道のB級グルメ「ミニ豚丼」があるのも、らしくて嬉しいポイントです。 スープ一口 香ばしく深みある醤油 美味い!嬉しい縮れ麺 硬めで美味い!スープと絡みますね。 磯海苔がスープの風味を引き立てて美味しいな。 具材それぞれにこだわりを感じます。 味噌 辛味噌系など気になるけど満腹です。 ごちそうさま。 — ひろし xvlmo 口コミでは「むかし醤油ラーメン」の評判がもちろん良いのですが、やはり大きなお肉がのった「チャーシュー味噌」にコメントが集中しています。 良質なお肉の味が評判を呼んでいますね! 北海道といえばの「ミニ豚丼」と合わせて食べておきたい所。 「弟子屈ラーメン」はお取り寄せも可能。 ラーメン海鳴(うなり)「博多の変わり豚骨」 「うならせる一杯」をコンセプトに2009年開業。 ラーメン専門誌のランキングで3年連続1位。 博多ラーメン界のミドルエイジが路面店で研鑽を重ね、ついに集積へ初登場。 「お客様をうならせる一杯を」という想いと、魚介の海から命名。 「ラーメン海鳴」の看板メニューは魚介豚骨。 手間ヒマをかけて丁寧に作られた豚骨スープに、手作業で処理された煮干し・羅臼こんぶ・かつお節をはじめとした3種類の節類を合わせて、和食の出汁引きのようにしてスープが生まれます。 福岡県産の薄口・濃口の醤油をブレンドし、秘伝のダシを混ぜ合わせて旨味が凝縮された海鳴特製のラーメンかえしが作られます 「ラーメン海鳴」のメニュー• とんこつラーメン:690円• 魚介とんこつラーメン:760円• ラーメンジェノバ:820円• ラーメン辛子明太子:920円• ラーメンDX辛子明太子:1,150円• 替玉:150円• — 🍜 KEI 🍜 KEI04337091 ラーメン海鳴 博多駅 ラーメンジェノバ 泡立つクリーミー豚骨にバジルの風味。 予想以上にバジルが強いが豚骨の旨味を消すことなく両雄並び立つ見事なバランス。 若干強めの塩梅が良い。 自家製とのストレート平細麺。 豚骨では珍しく加水率高めプリシコ食感で旨い。 スープ一口 豚骨に煮干がマッチして美味い!細麺でもモチ感があり美味い!こういう博多ラーメンもあるんですね。 焼豚は味控えめでスープと合っていいですね。 ごちそうさま。 — ひろし xvlmo 福岡でも少々変わったラーメン店だけに口コミも賛否両論 ラーメンジェノバはかなりバジルが強く香るというう口コミが多数。 」 福岡初上陸、真っ白な豚骨スープベースのクリーミートマトラーメンが人気。 自家製の麺は、バジルを練りこんだ完全オリジナルブランド麺になります。 この記事執筆のため、福岡空港へ行った時にはまだ出店されていなかった新しい店舗。 クリーミー豚骨スープが特徴の「トマトラーメン あうわ」 店名どおり注目すべきは「トマトラーメン」 ホールトマト・刻みウインナー・オリーブオイルを加えてじっくり煮込まれたスープ。 豚骨スープとトマトのマリアージュが楽しめます。 綿も自家製麺というこだわり。 トマトラーメン:730円• ガーリックトマトラーメン:700円• 赤トマトラーメン:760円 宮崎県のトマトラーメンを福岡で。 トマト炊き込みご飯など興味深いサイドメニューも魅力です。 チーズやバジルなどアレンジして好みのラーメンを作っていけるのもポイント。 自家製麺と極薄ふわとろワンタンにこだわった正統派中華そば。 日本中からファンが集う有名店。 「ワンタンメンの満月」のスープは、たっぷりの豚や鶏の旨みの中に数種の煮干しの旨味と香りを強調したあっさり味。 麺はシルク麺。 4種の小麦をブレンドして作られる中細のプリプリ麺 そして一番の売りが、口の中でとろけるような食感のツルトロのワンタン。 豚肉をスパイスで味つけしたものと、チューシューの細切れをミックスした具材を透けるほど薄い生地で包み込み「満月のワンタン」は作られます。 「ワンタンメンの満月」のメニュー• ワンタンメン:880円• 極薄ふわとろ ワンタンメン:980円• 極薄ふわとろ チャーシューワンタンメン:1,050円• 極薄ふわツルスタミナワンタンメン:980円• 極薄ふわツル塩ワンタンメン:930円• 極薄ふわとろ冷やしワンタンメン:1,080円• 小ワンタンメン:650円• 追加ワンタン(4個):200円• 極薄ふわかり揚げワンタン:200円• 豚丼:650円• コロコロチャーシュー:300円 極薄ふわとろ冷やしワンタンメンは期間限定のようです。 福岡県ではワンタン麺の店舗はほとんど見ることが無いので貴重。 とにかくメニュー全てがワンタンづくし! 「ワンタンメンの満月」の口コミ 福岡の昼は、福岡空港内のラーメン滑走路内にある、 ワンタンメンの満月に訪問 極薄ワンタンスタミナラーメンを注文。 ラーメン消費量日本一の山形で創業。 自家製麺と極薄ふわとろワンタンに煮干しと昆布にこだわった正統派中華そばです。 流石名店ですね。 — きいぼう 5HC6VXFDDmtk5ob 福岡空港「ワンタンメンの満月」ワンタンメン、850円。 朝飯兼昼飯。 10時から営業。 ワンタンは肉厚さは無いけどツルツル。 スープはあっさりと煮干の香り。 美味しかった。 通いたい位。 何故福岡?FC?東京に欲しい。 」とのコメントが集中。 福岡のラーメンと違い、替玉が無い分かなり一杯の量も多いようです。 女性の方やあまり空腹でない方は小ワンタンメンの方が良さそうですね。 「福岡空港 ラーメン滑走路」感想&まとめ 最初に「 福岡空港 ラーメン滑走路」を訪れた時、せっかく福岡に来たのに豚骨ラーメン以外の店舗が多すぎるのでは? と思ってしまいましたが・・・よくよく調べてみると他ではめったに食べられない名店揃い。 期間限定ラーメン店があり、定期的に新しい味に出会うチャンスが多いのも魅力の一つ。 口コミなどで評価の高いラーメン店も多数! 福岡旅行に訪れた方は、恐らく滞在中に豚骨ラーメンを食す機会はおおいに有るかと思います。 ラーメン滑走路ではあえてご当地ラーメンを食べてみるのも良いかもしれません。

次の

フードライターが選ぶ「関空(関西国際空港)」で必ず食べたいおすすめグルメBEST5!|関西グルメスクープ|eoグルメ

福岡空港 食事 おすすめ

こんにちは。 ライターの aki です。 毎年2,300万人以上が利用するアジアの玄関口・福岡空港。 飛行機の発着数は羽田・成田についで国内第3位の規模を誇ります。 福岡の中心街まで約10分ほどでアクセスできる利便性の良さも魅力のひとつです。 現在「greenblue」プロジェクトでリニューアル工事真最中で、2020年の全館完成に向けて新しく生まれ変わりつつあります。 今回はそんな福岡空港で、お土産選びに活用したいショップから福岡の名店の味が楽しめるレストランまで、おすすめスポットを紹介します。 柔らかくてモチモチした自家製麺と、こだわりの昆布と煮干しいりこで作る優しいだしが特徴で、博多っ子にとっては定番グルメ!「ごぼう天うどん」や「丸天うどん」など人気メニューが揃っています。 福岡空港店限定メニューの「博多鶏うどん」は、基本の天然だしと鶏白湯がコラボしたトロミのあるスープが絶妙で、ここでしか味わえないのでぜひ食してみてください! 店舗名: 因幡うどん 福岡空港店 エリア:国内線旅客ターミナル 2階 電話番号:092-611-1011 価格:500円~ 営業時間:8:00~21:30(オーダーストップ21:00) コンセント::あり(一部の席) wi-fi:あり 喫煙:不可 公式・参考サイト: : 出典: 福岡のお土産として定番の辛子明太子。 明太子専門店はたくさんありますが、中でもおすすめしたいのが最初に明太子を作り出した「 味の明太子ふくや」です。 国内線ターミナル2階にある福岡空港店では、定番の明太子のほか、ここでしか買えない限定商品も販売しています。 辛子明太子にクリームチーズをかけ合わせた「明太キッシュ」は、焼きたてをその場で購入することができ、お土産にも人気です。 明太子をオリーブオイルやごま油に漬け込んだオイル漬けは、パスタの具材にもおすすめですよ! 店舗名: ふくや 福岡空港店 エリア:国内線旅客ターミナル 2階 電話番号:092-260-7333 価格:明太キッシュ1個300円、3種のオイル漬け明太子1,500円 営業時間:6:30〜21:00 コンセント:なし wi-fi:あり 喫煙:不可 公式・参考サイト: : 稚加榮(ちかえ):料亭の味を楽しめるお土産 Provided by 「 稚加榮(ちかえ)」は昭和36年創業の老舗料亭で、新鮮な海鮮料理や会席料理に定評のある名店です。 国産素材を使用した辛子明太子や国産和牛を使ったオリジナル肉まんなど、料理人が料亭と同じようにこだわって作った商品も販売しています。 国内線ターミナル2階にある販売店でも購入することができるので、お土産を買い忘れたときでも安心です。 「いわしめんたいこ」や「いか明太子」など、辛子明太子と海の幸を一緒に味わえる商品もおすすめですよ! 店舗名: 稚加榮(ちかえ)福岡空港店 エリア:国内線旅客ターミナル 2階 電話番号:092-623-3082 価格:お徳用辛子明太子切子(100g)1,080円、和牛肉まん(5個)1,620円 営業時間:6:30〜21:00 コンセント:なし wi-fi:あり 喫煙:不可 公式・参考サイト: : 博多しゅん家:九州の海産品・畜産品が揃うお土産屋 Provided by 国内線ターミナル2階にある「 博多しゅん家」は九州の海産品・畜産品専門店で、辛子明太子はもちろん、オリジナル商品も揃うお土産屋さんです。 かれいのエンガワと辛子明太子を合わせた珍味「えんがわ明太」は、博多しゅん家オリジナルでお土産におすすめです。 この他にも、新鮮なサバの刺身を炒りゴマやしょうゆダレに漬け込んだ福岡の郷土料理「胡麻サバ」も販売されています。 熊本直送の最高級馬刺しも赤身から霜降まで揃っているので、旅行帰りに立ち寄るのにおすすめのお店です。 店舗名: 博多しゅん家 エリア:国内線旅客ターミナル 2階 電話番号:092-624-0340 価格:えんがわ明太(200g)1,080円 営業時間:6:30〜21:00 コンセント:なし wi-fi:あり 喫煙:不可 公式・参考サイト:).

次の