岡村 隆史 の オールナイト ニッポン。 岡村隆史オールナイトニッポン炎上まとめ

岡村隆史のオールナイトニッポンの番組終了に関する感想、今後の番組への期待(藤田孝典)

岡村 隆史 の オールナイト ニッポン

岡村隆史さんがオールナイトニッポンで、コロナの影響で 「お金を稼がないと苦しい女性が風俗にくることは楽しみ」と発言し炎上してるようです。 私個人の意見だと、なぜ批判されてるのか、意味が分かりません。 そもそも強制売春ではないですよね?職業選択は本人の自由。 風俗はサービスをして、お金を貰う。 しっかりと職業として成立してるじゃないですか。 逆に、お金に困ってる女性はみんな風俗で働いてるんですか? これに対する批判でも構いません。 みなさんのご意見聞かせてください! 補足>つまり他人が嫌々働くけど、自分が得するからラッキーみたいな発言 ですよ。 その考え方のどこに共感が持てるのか、理解できません。 確かにこの意見には、なるほど、と思いました。 他の意見もぜひお待ちしています。 私も世間が騒ぎすぎな気がします。 確かにゲスな発言です。 でも発言者は政治家でもないし、権威のある人でもない。 公共の電波ではありますが、政治的な討論番組でもなければ、ワイドショーでもない。 芸人が深夜のラジオで言ったことと思えば『またこの人ゲスいこと言ってるわぁ』くらいで済ますことではないかと。 今までそりなりに稼いでいたサラリーマンがコロナの影響でブラック企業で過酷労働することを喜んでいるわけではないですよね。 お金のために風俗デビューする人にとっては、この発言者は大事な顧客なわけで、むしろウィンウィンの関係。 間違いなく下品な発言であり、不愉快に思う人がいることもわかります。 でも芸人の深夜ラジオでしょう? 岡村さんが発言したってところも、私個人的には『言いそう』っていう印象だし、大騒ぎするほどではないかと。 ラジオにはスポンサーがいて、NHKは国営放送だから岡村隆史の発言に対して苦言や謝罪を要求したんだろうけど、今のご時世コロナで亡くなる人も世界中に大勢いるのに、その世情を鑑みないで「コロナが終息すれば良い事がある」との発言が問題視されたのでは? 日本だけでも感染者やその家族以外にも苦しんでる人がいる中で、岡村隆史は金に困ってないからあーゆー発言しちゃうんだと思った。 批判する人の全てが正論とは思わないけど、少しは他人の痛みを分かる人でないと公共の場には出ないほうがいい。 岡村隆史は昔から風俗通いをネタにしてたから、今回もそれ程重く受け止められると思ってなかったと思うけど、さすがにこの時期に風俗楽しみ〜って言葉は人格を疑う 岡村の発言を批評するのは自由。 質問者へかわいそうな人と評価するのも自由。 私は質問者と同意見です。 日本は村社会。 人の悪口や批判を楽しむ文化なんです。 差別意識があるんです。 困ってる人がいるなら助ける。 頑張ってる人がいるなら応援する。 私は、自分の価値観に合わないからって非難するより、実際に風俗で働いてる人たちを労いたいな。 元カノの友達にこんな子が居ました。 「私、ソープランドで働いて、性技を磨くの。 顔は可愛い訳じゃないしスタイルも良くない。 だから、将来の旦那さんには、外見では支えられないから、美味しい料理や癒しで支えてあげたい」と言って、本当に働き出しました。 金銭的に困っていないにも関わらず。 特にブサイクでもなかったんですが。 いまは幸せに結婚しています。 旦那さんはプロスポーツ選手。 フェミニストには女性蔑視だ!とか言われそうですが、私は彼女の決断を否定しません。 扇動もしません。 決めたなら応援するだけ。 自分の人生ですから。 リターンが全ていいモノと限らないが、悪いモノとも限らない。 みんな、頑張ってるんだよ。 応援してあけよ!.

次の

岡村隆史さん「コロナと風俗嬢」発言、ニッポン放送謝罪 [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

岡村 隆史 の オールナイト ニッポン

岡村隆史オールナイトニッポン炎上まとめ 2020. 28 岡村隆史、ラジオ番組で不適切発言で炎上 4月23日に放送されたラジオ番組「オールナイトニッポン」での岡村隆史氏の発言が不適切であったとされ、炎上しました。 4月23日放送の『ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン』(ニッポン放送)で、岡村隆史が新型コロナウイルス感染拡大で風俗通いを自粛していることを語った。 リスナーからの「コロナの影響で、今後しばらくは風俗に行けない?」とのメールに、岡村は「今は辛抱。 『神様は人間が乗り越えられない試練は作らない』って言うてはりますから。 ここは絶対、乗り切れるはずなんです」とコメント。 さらに「 コロナが収束したら、もう絶対面白いことあるんです」と希望を持っていうという。 それは「収束したら、 なかなかのかわいい人が短期間ですけれども、お嬢(風俗嬢)やります」と、風俗店に美女が入店する可能性が高いと持論を披露。 岡村は「 短期間でお金を稼がないと苦しいですから。 3カ月の間、集中的にかわいい子がそういうところでパッと働いてパッとやめます」と予測。 そのため「『え? こんな子入ってた?』っていう子たちが絶対入ってきますから。 だから、今、我慢しましょう。 我慢して、風俗に行くお金を貯めておき、仕事ない人も切り詰めて切り詰めて、その3カ月のために頑張って、今、歯を食いしばって踏ん張りましょう」と呼びかけていた。 また、岡村は自身について「俺なんか、絶対気をつけとかんと。 もし僕が(新型コロナウイルスに)感染したら、『絶対、アイツ五反田(の風俗店)行きよった』ってなるやん。 そこは歯を食いしばってアレ(我慢)するしかないから」と語っていた。 岡村は4月9日の同番組では「とにかく仕事がもうないんですよ。 全部休止、延期で家にずっといる」と外出を自粛していることを告白。 食事も「ほぼUberEATSで松屋ばっかりです」と明かしていた。 「風俗野郎Aチーム」を自称する岡村も、現在は「STAY HOME」を自身に課しているのだ。 出典: こちらが実際に炎上したラジオでの発言 基本現場主義なんでラジオちゃんと聞いてみた でもアウト 岡村隆史 — ピケット glieeeee これを受けてネットで大炎上、吉本興業が謝罪 ラジオ番組内での岡村隆史さんの発言をうけてネットは大炎上し、岡村の所属事務所である「吉本興業」が公式サイトにて謝罪を行いました。 4月23日 木 放送の「ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポンにおける発言につきまして報告いたします。 当社としても、現下の新型コロナ禍で仕事に対する不安を覚えている方々に不快な思いをさせてしまう不適切な発言と考えており、本人と面談致しましたが、岡村自身発言を深く反省しております。 4月30日 木 の次回放送にて改めて本人より謝罪させていただく予定ですが、放送に先立ち本ウエブサイトにて以下のとおりコメントを掲載させていただきます。 この度は 4月23日 木 「ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン」の放送における私の発言により不快な思いをされた方々に 深くお詫び申し上げます。 大変申し訳ございませんでした。 世の中の状況を考えず、また苦しい立場におられる方に対して大変不適切な発言だったと深く反省しております。 ただでさえ、コロナで世の中がピリピリしている状況で女性蔑視とも受け取れる発言をしたことで、ストレスを吐き出す場として集中砲火を浴びる形となった。 相方の矢部が公開説教を行う 問題となった23日のオールナイトニッポン放送から一週間後、30日の放送では今回の炎上を受けて岡村さんが何を発言するのかが注目されていた。 「こんばんは、岡村隆史です。 先週の岡村隆史のオールナイトニッポンで僕の発言によってたくさんの人たち、特に女性のみなさんに不快感を与えたことついて、まずは心から謝罪させていただきます。 本当に申し訳ございませんでした」 冒頭のあいさつで、謝罪を述べた岡村さんであったがその口調は重いもので「んー」や「えー」といった、普段の岡村さんのトークからは考えられないような拙いものとなっていた。 この調子で2時間もしゃべり続けることが出来るのかとスタッフや視聴者は不安になった。 するとそこにある一人の男がやってきた。 岡村さんの所属するお笑いコンビ「ナインティナイン」の矢部さんだ。 開口一番、「やったな。 やってもうたな。 」と登場し、岡村さんは突然の登場に戸惑いつつも矢部さんに「ごめんなさい」「申し訳ない」と謝罪を述べた。 矢部さんは今回の機会をいい機会だとし、今日は公開説教をしに来たと宣言し話し始めた。 かなり長い内容なので、ここでは矢部さんの公開説教の要約をまとめる。 矢部公開説教まとめ• 最近のナインティナインあんまりよくないよね• 自分(矢部)のことをサッカー部の後輩だといまだにどこかで思っていて、オフでは素直に謝れない• 身内に甘えてるのを見るが嫌になって楽屋を別にした• 岡村さんに飽きたのではなく、飽きる・嫌いになりそうで距離を取っていた• (注意したり指摘したり)言ってくれる人はどんどん減ってきてる• 風俗キャラだってリスナーは思ってるけど、これが岡村隆史の根本• 電波に乗せて言ったのが大問題やけど、(普段から)そういう人間やと思われても仕方ないよね• 根本にある女性蔑視や男尊女子が致命的やと思う• 俺(矢部)は結婚して女の人はすごいんだと思えた• (結婚がきっかけで)女性へのリスペクトは増している• (岡村も)景色を変えたほうがいい、結婚が偉いとかいうのとかじゃなくて• 逃げ癖があるのよね、オフの時の人と人(の関係性)、特に年下、身内、女性に対して• 仕事以外で自分に責任を課した方がいいのでは• 局で女性ADがコーヒー持ってきても「ありがとう」が出ない• 女性は敵じゃない• リスナーもスタッフも含めて、全員がそう(助長)した、芸歴も長くなって偉くなってもたから• 時代が違うとかいう問題ではない、岡村隆史はそういう考えを持っていると• 自分がまだ番組にいたら何かしらつっこんで終えてたかもしれないが、それでは問題は変わらなかった• 何かあったときに、自分が(岡村を吉本に)誘ったっていうのはある• 自分が面白いと思ったことないし、人間関係づくりも任せてた• 19歳で、ABCお笑いグランプリの前くらいに、タクシーで岡村に「性格変えろ」って言われたのが強烈に憶えてる• 10年前休んだけど、復帰したら周りがもっと優しくしてくれる• コンプレックスがあって(周りからは)可哀想さんやねん、他の人にはキツく言えることでも(岡村には)いけない• でも世の中にはもっと辛い人がおるってことやねんな、今回• 一般的に見たら可哀想さんちゃう• 結婚したら?• それでうまくいかないってなっても、面白いやん• 笑われたくないって言うけど、笑われてええやん、笑われてる率高いで 今回の炎上に思うこと 今回の炎上や矢部さんの説教をみて、思い当たる節がある男性は少なからずいるのではないでしょうか? 今回は、岡村さんが深夜ラジオで発言したことで、女性蔑視の一面が明るみにでて炎上していますが、男性の中にはこのラジオでの岡村さんの発言と変わらないことを思っている方がいるのではないでしょうか。 勿論、結婚や女性がすべてではないと筆者も思いますが、女性がいなければそもそも男性である我々は生まれてきません。 尊敬しろとまでは言いませんが、男尊女卑の時代は既に終わっています。 コロナで大変な世の中になっている昨今、男女ともに手を取り合い乗り越えることが一番ではないでしょうか?.

次の

「不道徳だ」の大合唱は本当に正義か

岡村 隆史 の オールナイト ニッポン

岡村隆史のオールナイトニッポンの番組終了に関して 5月15日ニッポン放送「岡村隆史のオールナイトニッポン」のラジオ番組が終了すると同番組内で発表された。 そして、今後は矢部浩之氏も加わり「ナインティナインのオールナイトニッポン」に再編されて、番組内容も変更があるという。 私は以下の記事にもある通り、当初より岡村氏のラジオ番組内での発言を問題視してきた。 「岡村氏は楽しみとは言っていない」などと、私の記事タイトルへの反発や抗議、捏造だという指摘も多数いただいた。 しかし、発言主旨は本人もニッポン放送も謝罪して認めている通り、不適切であり、深刻な問題を含むものである。 改めて擁護の仕様が無い発言であったことは、事実として強調しておく。 昼夜にかかわらず、いかなるラジオ番組の環境であれ、 二度と同じような女性差別発言を繰り返さないでいただきたい。 この問題提起を受けて「女性軽視発言をした岡村隆史氏に対しNHK『チコちゃんに叱られる』の降板及び謝罪を求める署名活動」も始まり、インターネット上で大きな反響を得ている。 この署名活動にも当然、賛否両論はある。 社会はそう簡単に 異論を受け入れない。 今まで普通にやってきたのに何が問題なのか、と。 案の定、いろいろな理由で 擁護できないものを擁護しようとする論調が現れてくるものだ。 しかし、希望はのように、声を上げる若者たちが増え始めていることである。 日本では何十年にも渡り「女性差別・蔑視発言」が横行してきた。 そして自分自身物心がつく時からテレビやラジオ、雑誌や漫画を見て疑問を抱いてきた。 私の考えや活動を応援してくださる、私より10年、20年、30年歳上の方(ジェンダー関係なく)からこんな風に言われることが時々ある。 「この状況は何十年も続いてきた。 そして私たちは何もしなかった。 その代償を背負わせてごめんなさい。 だから、私たちはあなたたちを応援します」 上の世代を責めるつもりは全くない。 だけど、同時に 女性差別や蔑視に溢れる社会をかえることができなかったという点においては、ある程度の「責任」はあるのではないか、と思う。 政治家が女性やセクシュアルマイノリティ、外国人や障害者に対して発する差別発言を何度聞いてきたか。 著名人が女性やセクシュアルマイノリティ、外国人や障害者に対して発する差別発言を何度聞いてきたか。 岡村氏のような日常に溢れる女性差別や蔑視発言を批判、抗議せず、問題がないかのように、やり過ごしてきた私自身にも大きな「責任」がある。 私も含む 全ての人が当事者である。 この差別に溢れた社会に慣れてしまえば、その中で何が正しいのか、無意識で誰を傷付けているのか、認識することも薄くなる。 だからこそ、次はどのような社会にしていくべきなのか考える際に、女性蔑視だと受け取った人たちからの「もうやめてほしい」という発言、声を最大限尊重していくべきだと改めて思う。 根本的に私たちは認識を変えなければならない。 コラムニストの勝部元気氏もという記事を配信している。 2時間の番組を聞いても、「理解や想像力を欠く発言」と言い表してはいたものの、それらの「罪」については明確な言及がありませんでした。 番組に飛び入りしたナイナイの相方である矢部浩之氏が「男尊女卑」「女性軽視」というワードを発した場面はありましたが、岡村氏の口から、 自分の発言がそれにあたると認めた言葉はなかったのです。 「甘えだ」「情けないです」「自分の至らなさ」等の自責の言葉が多く、自分のした罪が何だったのかをしっかりと認識できていないという印象です。 勝部氏も形式的な謝罪にとどまらず、より踏み込んだ再発防止策の徹底、差別に溢れる社会構造を変えるための行動を岡村氏らに求めている。 私も概ね同感である。 ラジオのような 公共の電波で発せられた女性蔑視、差別発言は大きなダメージを社会に残す。 著名人の場合、その 影響は甚大である。 いくら形式的に謝罪、自責をしても「もういいではないか」「許してやればいい」と時間の経過とともに、問題が風化していく。 本人自身もゆっくり何事もなかったかのように忘れていく作業、封印する作業に入ることだろう。 社会全体もこの構造で問題がない、これでいいのだ、と忘れ去っていく繰り返しだ。 そして、また別の誰かが似たような女性差別、女性蔑視発言をするのだろう。 だからこそ、私は当初からこの発言を重く捉えていると指摘してきた。 また繰り返されて、傷つく当事者が現れることがないようにしてほしいと願っているからだ。 大きな問題ではない、と思っている方はもう一度、様々な論稿も振り返りながら考えてみてほしい。 今回も早速、周囲が多分にフォローをして、本人が問題に十分向き合うことができないまま、時間が経過している。 その後のラジオ番組でも「本当にすみません」「申し訳ありません」という定型文は聞かれるが、それ以上の具体性がある改善策、再発防止策は一向に聞かれない。 期待していた5月15日のラジオ番組でも同じである。 番組が終了して再編されることは評価するが、根本的な課題解決には程遠いと言えるだろう。 ましてや現状を容認するリスナー、支持者に守られてきた深夜ラジオの伝統や慣習は、すぐに修正できるようなものでもない。 以前の面白さ、楽しさを求める声も高まっていくに違いない。 問題に向き合うことは難しいし、漫然と続いてきたことをすぐに意識転換することは誰でも難しい。 私自身も同じだ。 だからこそ、時間が必要ではあるし、周囲が繰り返し、自覚や真の反省を促していただきたいと強く思っている。 いずれにしても、岡村氏、ニッポン放送、リスナーの皆さんの今後の言動に注目と期待をしている。 わーわー言うとります。 お時間です。 さようなら。

次の