ヤりたいことが見つからない 診断。 やりたい仕事がない30代〜40代が自分らしく生きる幸せな方法

やりたい仕事がない30代〜40代が自分らしく生きる幸せな方法

ヤりたいことが見つからない 診断

<INDEX>• キャリアコンサルタント 谷所健一郎氏 「やりたい仕事が分からない」と思っている人は、大きく3つのタイプに分かれると考えています。 「器用貧乏タイプ」、「変身願望タイプ」、「慎重タイプ」です。 自分の強みが分からず、やりたい仕事が分からない「器用貧乏タイプ」 今の仕事の面白さを実感できていない人や、価値を見いだせずにいる人が多いタイプです。 仕事では、何でもそれなりに上手にできてしまうため、自分の長所や強みがうまく把握できていない。 または、ある程度の段階までいくと満足し、仕事に飽きてしまって「もっとほかに自分に合う仕事があるはずだけど、それが何の仕事か分からない」と思っているのではないでしょうか。 器用貧乏タイプの人がやるべきことは、「自分の強み」を伸ばすことです。 今、自分ができることの中から、得意だと思うことや好きなことを「何か一つ極めてみる」という視点で仕事を探してみるのです。 なぜなら、どんな仕事もプロとして極めていかなければ、いずれ評価されなくなってしまいます。 総合的にスキルを磨いていくことは良いですが、その中でも「自分の強み」を明確に持っている人のほうが人材市場では評価されます。 特に、30代、40代…… と年齢を重ねていくほど、その傾向は高くなるものです。 まずは、やりたい仕事を探すために「自分の得意分野をもっと伸ばせる仕事」あるいは、「興味・関心を深めることができる仕事」にはどんなものがあるのか、と知ることからスタートを。 その際、希望する仕事の内容や待遇面など、転職することで変えたいこと、かなえたいことを書き出し、優先順位を付け、絶対に譲れない条件を決めておくと、転職活動を進めていくなかで気持ちのブレが起こりにくくなるのでおすすめです。 器用貧乏タイプにおすすめ【方法別】やりたい仕事の探し方 別の場所なら輝けると信じている「変身願望タイプ」 「今の仕事は向いていない、だから別の仕事だったら能力を発揮できる」と考えている人に多いタイプです。 もちろん、仕事を変えることで今よりもっと能力を発揮できることはあります。 でも、その「発揮したい能力」が分からず自信が持てないでいる。 あるいは「仕事を変えることへの不安」のほうが大きいから、なかなか「これが自分のやりたい仕事だ」と言い切れずにいるのではないでしょうか? 変身願望タイプの人におすすめしたいのは、「自信のなさ」を打ち消すことです。 そのために、まずは目の前の仕事に没頭してみましょう。 没頭して実績を積み、自信のなさを打ち消すのです。 没頭していくなかで、その仕事の意外な面白さを発見したり、適性があったことに気づくこともあります。 また「やっぱり向いていなかった」と納得できるまでやってみるというのも、仕事を変えることへの不安を取り除くためには良いかもしれません。 自信を付けるためにやりたい仕事に必要な資格取得に励んだり、勉強を始めてみるのも良いでしょう。 ただし、資格や知識があるからといって必ずしもその仕事に就けるとは限りません。 転職活動のための事前準備として、仕事をしながら勉強を進めましょう。 変身願望タイプにおすすめ【方法別】やりたい仕事の探し方 失敗したくない気持ちが強すぎて、やりたい仕事が決められない「慎重タイプ」 「失敗したくない」と慎重になりすぎて、やりたい仕事を決められない人に多いタイプ。 特に初めて転職を検討する人や、社会人経験の浅い20代に多いです。 初めての転職ですから身構えてしまうのは分かります。 しかし、慎重タイプの人は「失敗したくない」という気持ちを抑えて、まずはチャレンジすることが大切。 ダメだったら「また転職しても良い」くらいの気持ちで転職活動を始めてみましょう。 応募したからといって必ず入社しなければいけないわけではありません。 まずは転職情報サイトなどを見て、どんな仕事があるのか、仕事内容や応募資格にはどのようなことが書かれているのかを調べてみる。 履歴書を書いてみたり、面接で採用担当者の話を聞いてみるなど、行動を起こしてみましょう。 転職活動をするには、自分を客観的に見つめなければなりません。 その課程で自分に合う仕事ややりたかったことを発見できることも多いのです。 また、どんな会社に転職しても、必ず「良い面」と「悪い面」はあるものです。 自分の要望をすべて満たす仕事はないということを知り、転職に過度な期待を持たないようにしましょう。 慎重タイプにおすすめ【方法別】やりたい仕事の探し方 【方法別】5人の転職のプロに聞く「やりたい仕事」の探し方 【やりたい仕事の探し方. 1】 「転職したい理由」の深堀りから、自分が本当に求めているものを見つけ出す マイナビエージェント キャリアアドバイザー 「やりたい仕事が分からない」と悩む人は、「なぜ転職したいのか」を深堀りして考えてみてはいかがでしょうか。 「今の仕事がつまらないから」であれば、「つまらないのはなぜか」を考えます。 その答えに対して、また「なぜか」という問いを繰り返し、転職したい理由の本質を探っていくのです。 もし、「つまらない」と感じている理由が、「評価されないから」なのであれば、仕事の内容を変えるのではなく、企業選びの基準を変えるべきであることも分かります。 仕事内容ではなく、給与や休日などの労働条件も含めて「転職によって何を変えたいのか、何を実現したいのか」を突き詰めて考えてみてください。 そして、自分の頭の中で考えるだけではなく、人と話すことをおすすめします。 「なぜか」という問いを投げかけてもらい、答えていく作業を繰り返してみるのです。 できれば複数の人で、それぞれ立場が違う人と話すと、一つの物事でも違った角度から考えるきっかけができるかもしれません。 ただし、とても身近な家族や友人からの意見は、客観的とは言えない可能性もあるので、客観的な立場で意見を言ってくれそうな人が望ましいですね。 心の中でなんとなく思っていたことも、言語化することで整理され、具体的に把握できるようになります。 そうすると、自分が本当に「仕事に求めているもの」が分かり、やりたい仕事のヒントが見つかるはずです。 【やりたい仕事の探し方. 2】 「自分ができること」「楽しかったこと」から考えてみる マイナビ転職 転職MYコーチ Y. 自分には何が向いているのか、何を仕事にすべきか分からないという人は、「やりたい仕事に就くべきだ」という思い込みを一度捨て、まずは「今できること」を仕事にすることです。 ささいなことでも構わないので、今までやった仕事の中で、「これなら自分でもできる」と感じることや「得意分野だ」と思うことを挙げてみてください。 それらにつながる仕事が見つかったら、積極的にチャレンジしてみましょう。 この方法の良いところは、まったく知らないことにゼロからチャレンジするのではなく、少しでも自分が経験したことや、興味・関心があることから徐々にキャリアを広げていける点にあります。 できること・得意なことを伸ばしながら、「こんなこともできるようになりたい」「あの分野もやってみたい」など、新たにチャレンジしたいことが増えるよう意識しながら仕事をすれば、働きながら更に「やりたい仕事」を模索していくことが可能です。 より明確な希望や目標が持てるようになったら、それらをかなえるために異動のチャンスをうかがったり、更に転職してキャリアアップを目指すのも悪いことではありません。 もし、「今の自分ができること」が分からない場合は、「上司や同僚から褒められたこと」から探ったり、友人に「自分が向いていること」を聞いてみるのも良いでしょう。 思ってもみなかった適性や長所に気づくことができるかもしれません。 「第三者から評価された」という点でも自信が持てるはずです。 【やりたい仕事の探し方. 3】 「職種を変えれば良い」と安易に判断せず、まずは仕事で「嫌だったこと」を書き出してみる マイナビ転職 転職MYコーチ H. 「今の仕事が嫌だ=今の職種が向いていない」とすぐに判断し、別の職種に就こうとするのは問題です。 職種を変えたからといって、自分が抱えている不満が解消できるとは限らないからです。 例えば「営業が向いていなかったから、次は事務職へ」と転職した場合。 営業が向いていないと感じた理由が、「人と話すことが苦手だから」なのであれば、事務職も向いていないかもしれません。 なぜなら事務職は、社内外問わず多くの人とコミュニケーションを取らなければいけない場合もあるからです。 このように、単に職種を変える転職では不満が解消されないこともあります。 ですから安易に職種を変えようとするのではなく、その仕事の「何が嫌だったのか」や「向いていないと感じたポイント」を書き出すことから始めてみましょう。 「自分が向いていない仕事」がどういうものか分かりやすくなります。 そのうえで未経験の仕事にチャレンジする場合は、仕事内容や特徴についてよく調べることが大切です。 イメージだけで判断してしまうと、先に挙げた例のように、同じことが原因でミスマッチを起こしてしまうかもしれません。 ただし、どんなに調べてみても実際に働いてみるまでは本当に自分に合う仕事なのかは分からないこともあります。 反対に「自分にできるか不安……」と思っていたことも、やってみると意外と自分に合うと気づくこともあります。 興味を持つ仕事があれば、まずはやってみること。 たとえ再び転職することになったとしても、仕事に対する視野が広がることで、別のやりたい仕事を見つけ出せるようになるでしょう。 【やりたい仕事の探し方. 4】 「会社・仕事」で探すのではなく、「身に付けたいスキル」で探す マイナビ転職 転職MYコーチ H. 転職を考えている人の中には、「一生働ける会社・仕事を探さなければ」と慎重になりすぎて、なかなか踏みだせない人がいます。 しかし、一生働ける会社・仕事なのかは誰にも分からないものではないでしょうか。 時と共に経済や雇用を取り巻く環境は変わるものです。 たとえ自分は「一生この会社、この仕事で働くんだ!」と決意して入社しても、経営環境の変化によって、数年後にはまったく違う事業を展開する会社になっていたり、異動によって別の業務に携わっていることもありえます。 もしかすると、合併や倒産により、転職せざるを得ない状況に陥ってしまうかもしれません。 そうなってしまった時に困らないよう、仕事や会社を軸に転職先を選ぶのではなく、「自分が身に付けるべきスキル、能力とは何か」という視点で考え、それらがかなう転職先を探してみるのはいかがでしょうか? 最近では、キャリアを考えるうえで 「ポータブルスキル」が重要視されています。 終身雇用が前提ではなくなった今、「社内で評価されるスキル」ではなく、「どんな仕事や会社でも通用する、普遍的なスキル」を高めることが大切なのです。 社内での昇進・異動に頼ったキャリアアップではなく、自分自身の力でキャリアの可能性を広げることができるようになるでしょう。 たとえ経済や雇用を取り巻く環境が大きく変わって、別の仕事や会社に移らざるを得なくなったとしても、転職で有利に働くのです。 ポータブルスキルには、「専門的な知識やテクニカルスキル」だけでなく、「仕事への取り組み方」や「人とのかかわり方」といったものも含まれます。 自分にとって必要なポータブルスキルを見極めるには、まず今の自分の強みと弱みを把握することが大切。 「伸ばしたい強み」と「克服したい弱み」に分けて考え、自らのポータブルスキルが磨ける仕事や会社、職場環境、社風を考えてみてください。 【やりたい仕事の探し方. 5】 「やりたい仕事」ではなく「自分が必要とされる仕事」を探す キャリアコンサルタント 谷所健一郎氏 「誰かに必要とされる」ということは、仕事をするうえでとても大切なことです。 「自分が必要とされる」と言うと、大げさに聞こえるかもしれませんが、身近なこと、ささいなことで構わないので、自分ができることを通じて「誰かのためになるだろう、喜ばれるだろう」と思える仕事を探すのです。 大前提として、転職を成功させるには企業に選ばれなければいけません。 自分ができることを通じて企業に貢献できる人、つまり企業の成長に必要とされる人、分かりやすく言えば、お客さんや一緒に働く仲間を喜ばせることができれば、あなたはきっと採用されるはずです。 また、あなた自身も人に喜ばれていると実感できれば、「もっと喜ばせたい」と、自然と仕事に打ち込むことができるようになるのではないでしょうか? 仕事への価値観も見いだせるはずです。 誰かのために何かしたい、喜ばれたいという気持ちは誰にでもあるもの。 その気持ちを仕事のモチベーションにできればとても幸せなことですし、長く続けることもできるはずです。 反対に、いくらやりたかった仕事でも誰にも喜ばれなかったり、評価されない仕事であれば、いずれ「やりたくない仕事」に変わってしまうかもしれません。 今までの仕事の中で、「自分の仕事が誰にどんな時に喜ばれていたのか」あるいは「どんな喜びを提供できた時に自分自身もうれしかったか」を振り返って、仕事を探す軸にしてみましょう。 思い浮かばない場合は、「自分ができること」をまずは仕事にし、働きながら「誰にどう喜ばれているのか」「どうすればもっと喜ばれるのか」と考えながら取り組むのも良いでしょう。 働きはじめは気が付かなかったとしても、やっているうちに実感が芽生えてくることも多々あります。 そもそも、どんな仕事も必ず誰かから「必要とされる仕事」であり、「喜ばれる仕事」です。 それは、お客さんから直接言われる「ありがとう」の言葉や、社内で褒められる・評価されることに限りません。 携わっている商品やサービスがエンドユーザーに支持されることや、その仕事のお陰で誰かが快適な毎日を送ることができている、といったことも当てはまります。 そう考えてみると、今の仕事もきっと、あなたが必要とされているはずです。 普段、何気なく仕事をしていると気づきにくいかもしれませんが、そういった視点で仕事をとらえてみましょう。 新たな発見がきっとあるはずです。 そのうえで、もう少し今の会社で頑張ってみようと思えるのであればそれも良いのではないでしょうか? 自分ができることや、目の前にある仕事をまずはやってみる。 それが「誰かのために役立ちたい、喜ばれたい」という気持ちに結びついた時、あなたの「やりたい仕事」になるのです。 さまざまな視点から、やりたい仕事を探してみよう いかがでしたか? 自分に合う仕事の探し方はさまざまありますが、いずれの方法も自分を見つめなおすことが必要です。 まずは自分に合うと思う方法でトライしてみたり、いくつか試してみると良いでしょう。 転職に不安はつきものですが、だからこそ焦らずに取り組んで、本当にやりたいと思える仕事を見つけてくださいね! 取材協力 あした転機になあれ。 豊富な転職・求人情報と転職ノウハウであなたの転職活動を支援する【マイナビ転職】。 毎週火・金更新であなたの希望の職種や勤務地、業種などの条件から検索することができます。

次の

向いている仕事診断!自分に合う仕事の見つけ方|ハタラクティブ

ヤりたいことが見つからない 診断

この記事でわかること• 必ずしも「適職=好きな仕事」ではないことがわかる• 自分に合った仕事の見つけ方が図解で簡単にわかる• 自分にできる仕事を判断する3つの方法がわかる 誰でも自分に合った仕事に就きたいと思いますよね。 でも自分の良さや能力を発揮できる 「適職」が何なのかを自分ではよく分からない人が多いのではないでしょうか? この記事では、 自分に合った仕事・適職を見つける方法を解説します。 手っ取り早くヤリたい仕事を見つけたい方は。 国内最大手の求人サイトであるdodaが提供している適職診断を利用しましょう。 上記から30秒ほどで完了する会員登録をすれば、完全無料で誰でも自分に合った仕事やヤリたい仕事を見つけることができます。 自分に合った仕事がわからない…いまの仕事自分に合ってるのかな?転職したほうがいいかも知れないけれど、うまく見つける自信がない…。 上記のようなお悩みが、当サイトに多数寄せられています。 適職がわからなくて悩んでいるのはあなただけじゃないんです。 自分は何に向いていて、自分の能力はどんな仕事で発揮されるのか?それを知ることができれば今後の人生が大きく変わるのではないでしょうか。 一般的に「適職」=「好きなことをする仕事」と思われがちですが、よく考えてください。 「好きなこと」と「適職」って同じとは限らないんです。 好きな仕事・やりたい仕事が今わからなくても、自分の適職を見つけることはできるんですよ。 「やりたいし、できる」からストレスもない。 好きなことに向かっていくエネルギーを持っているので、成功するまで走り続ける人が多いです。 (ブレイクするまで下積み時代を何年も過ごしているお笑い芸人さんなど、このポジションにあてはまるのではないでしょうか。 やりたくもない仕事に就いて、しかも全然できない。 できないから上司に怒られるばかり。 だから毎日毎日辛いだけ…。 とびきり好きでもないけど、そこそこできる。 なぜこのポジションを探すことが一番大事なのか?それは、人間のもつ「自己尊厳の欲求」に関係していると言われています。 人は、自分で自分を認める以上に、他者から認められることに喜びを感じると言われています。 そうすることで、やりたくなかった仕事が、だんだん楽しくなってくることがあるのです。 その結果、給料の昇給にもつながる。 稼げる。 これが「適職」です。 「やりたい仕事」を一生懸命探す前に、まずは 「これだったらできるかも」という仕事を探すことが、適職を見つける近道になるんですよ。 まとめると、自分に合った仕事 適職 とは 「自分の能力がもっとも発揮でき、成果を出せる仕事」を指します。 適職というと「 自分がやっていて楽しい仕事」だと考える人もいますが、楽しいことと向いているかは別の話なのです。 本人が楽しくても成果が出せないのであれば、それはその人がもつ能力と仕事の相性が悪いということです。 それに、成果が出せない仕事では、なかなか楽しいと感じにくいですよね。 適職・天職の基本としては「 やればやるほど成果が出る」からこそ楽しく感じ、周りからの評価も高くなっていくのが一般的です。 「できる仕事」を判断する2つの方法 自分になにか技術があれば、「できる仕事」になるのはわかるけど、技術を持っていない人はどのように探したらいいのかな? 自分に合った仕事を見つけるには、 技術面だけではなく内面的な部分も判断材料になるんです。 できることがわからない。 そんな方は、まずは自分の性格について、 客観的・主観的の両側面から理解を深めていくことにしましょう。 自分に合った仕事の見つけ方[主観的な方法] 性格診断・適職診断・適性診断のツールを使う もっとも手軽に向いている仕事を探すには、「 性格診断」や「 適職診断」ツールを利用するのがいいでしょう。 質問に答えていくだけで自分の性格傾向や適職傾向が分かるというシステムです。 中でもCMにもよく出ている『』の診断は世界的に有名なエコグラム診断を用いているだけあって正確性に優れており、50の質問に回答することでやりたい仕事や自分に合った適職をしっかりと見つけてくれます。 上記画像のような質問に答えていくだけで、簡単に自分の適職やヤリたい仕事を見つけることができます。 しかも大手求人サイトのdodaなので、診断で出た仕事の求人をそのまま探すことも可能です。 30秒で終了する会員登録をすれば。 誰でも無料で診断テストを受けることができるので、試してみてはいかがでしょうか。 当たると評判の適職診断はこちらの記事にもまとめてます。 良ければ合わせて見てみて下さいね 自分に合った仕事の見つけ方[客観的な方法] 周囲に自分の長所を聞き、客観的に見て「できる仕事」を探す 自分の強みや長所は、実は自分よりも周囲のほうがよく知っているものです。 それぞれの人間関係にもよりますが、自分で自分の強みがわからないときは、周囲に「わたしの長所ってどこだと思う?」と聞いてみてもいいかもしれませんね。 友達だと恥ずかしいかもしれませんが、ご家族だったら答えてくれるのではないでしょうか? 他人の意見を絶対的な判断基準にする必要はありませんが、1つの自己分析材料となります。 自分では強みと思っていない部分が、 他人から見れば真似できないポイントの可能性もあるからです。 たとえば、周りから「気配りができる」と思われている人は、 アシスタントやマネージャーのような人のサポートをする仕事が向いているかもしれません。 自分に合った仕事の見つけ方[今までの経験から] 成功体験があるかどうかも視野に入れて考える 自分が就こうと思っている仕事で成果を出した実績があるかも、1つの判断基準となります。 未経験で自信がないけど、やってみたら成果を出せた!というケースも少なくありません。 逆に自信はあったけど、実際に働いてみると全然だめだったということもあるでしょう。 過去に同じような仕事で実績を出せていたかどうかを思い出してみてください。 他のポイントと合わせて実績もあるのなら、それはあなたの適職である可能性が高いです。 たとえば、単純作業が得意で、学園祭などの学校行事で誰よりもたくさん飾りつけをつくっていたのなら、 コツコツと物を作るような仕事が向いているかもしれません。 迷ったときは適職の範囲で比較検討 自分にあった仕事がわからないときは、条件や環境などを考慮し比較検討することも大切 自分に合った仕事は人それぞれですが、その条件範囲内で比較することも忘れてはいけません。 職種・業種・業界・会社など、適職で働ける環境は山のようにあるでしょう。 その中で 待遇・業務内容・福利厚生・会社規模などを比較し、より自分が求める条件を多く満たすところを探してみてくださいね。 適職診断の結果を踏まえて更に研究や分析を重ねる努力こそが、向いている仕事と出会える近道となるでしょう。 ただ適職診断の結果を眺めてぼんやり考えていても何も始まりません。 自分が関心が持てそうな職種についてとことん調べ、研究してみることはとても大事ですよ。 ヤリたい仕事が見つからない人向け診断! dodaの適職診断だけでなく、当サイトでも貴方に向いている、ヤリたい仕事が見つかる簡易適職診断を用意しました。 YESかNOか答えていくだけで、その数に応じてあなたの適職がわかります。 ここまで読んだものの、自分の適職が見つからないという方はぜひチェックしてみて下さい。 体を動かす仕事が好き• 立ち仕事が好き• コミュニケーションが得意• リーダーシップがある• 周りから頼られる人間になりたい• 意見を主張するのが得意• 友人関係は豊富な方だ• 同時に複数のタスクをこなせる• 規則は守る方だ• 過程よりも結果だ• 倫理的でなく感情的な思考をする• 考えている方が顔に出やすい• よくせっかちと言われる• 無人島でも生きていけると思う• 遊ぶのは少数よりも大勢の方が好き• インドアよりもアウトドアが好き• 笑顔を褒められることが多い• 人を喜ばせるのが得意• 高いお金が貰えるならきつい仕事もできる• 考えるよりも先に行動してしまう YESが多い人 YESが多い方はIT系、事務系の仕事よりも営業や企画・管理、コンサルタントといった決断や能力、チームワークが重視される仕事が適職であるケースが多いです。 行動やタスクの処理が早いので、それらの仕事であれば結果を出しつつストレスなく仕事を進めていくことができるでしょう。 また、金融系のような仕事も好相性の可能性があります。 NOが多い人 NOが多かった方は営業のような仕事よりも事務やSE、インフラエンジニアなどのIT系の仕事が向いている可能性が高いです。 一つの仕事やスキルを極めるプロフェッショナルな方が多いタイプですので、どんどん仕事が変化する業種よりも一つのタスクに打ち込める業種の方が向いています。 YESのタイプと違い決断もデータや情報を収集した上で時間をかけて行いますので、マーケティングやクリエイティブな仕事への適性も高いでしょう。 NOが多い人におすすめしたいサイト: より本格的な適職診断を利用したい方は、合わせて以下の無料診断も利用してみることをおすすめします。 会員登録後、TOPページから完全無料で診断を利用できます。 やりたい仕事が見つからない人のまとめ 記事の要点まとめ• 「適職=好きな仕事」とは限らない• 「とびきり好きでもないが結果は出せる得意な仕事」が適職• 自分に合った仕事は適職診断テストで診断するという方法もある• 自分でも気づいていない長所を他人から客観的に見てもらうのもあり• 迷ったら最後は条件や待遇で比較する 自分に合った仕事や、ヤリたい仕事を見つけるのは簡単ではありません。 しかし、客観的・主観的な視点で自分の性格を理解できたら、「できる仕事」=「適職」に出会える可能性がグンと上がるでしょう。 現代はネットも普及して転職回数もあまり気にならない時代です。 今の仕事で本当にいいのかな?と迷っているのであれば、ぜひこの記事にかかれていたことや、専用の診断ツールを実践してみてください。 中でもエゴグラムを用いた診断を行っているDODAの診断は口コミの評価も高く、恐らくどんな人でも適職を見つける事ができます。 利用すればなにか新しい世界が見えてくるはずですので、無料登録をして診断をしてみても良いのではないでしょうか。 自分に合った仕事はこちらでも探せます 転職活動や働き方のハウツーなどの様々なコンテンツはトップページで詳しく探すことが可能です。

次の

向いている仕事診断!自分に合う仕事の見つけ方|ハタラクティブ

ヤりたいことが見つからない 診断

<INDEX>• キャリアコンサルタント 谷所健一郎氏 「やりたい仕事が分からない」と思っている人は、大きく3つのタイプに分かれると考えています。 「器用貧乏タイプ」、「変身願望タイプ」、「慎重タイプ」です。 自分の強みが分からず、やりたい仕事が分からない「器用貧乏タイプ」 今の仕事の面白さを実感できていない人や、価値を見いだせずにいる人が多いタイプです。 仕事では、何でもそれなりに上手にできてしまうため、自分の長所や強みがうまく把握できていない。 または、ある程度の段階までいくと満足し、仕事に飽きてしまって「もっとほかに自分に合う仕事があるはずだけど、それが何の仕事か分からない」と思っているのではないでしょうか。 器用貧乏タイプの人がやるべきことは、「自分の強み」を伸ばすことです。 今、自分ができることの中から、得意だと思うことや好きなことを「何か一つ極めてみる」という視点で仕事を探してみるのです。 なぜなら、どんな仕事もプロとして極めていかなければ、いずれ評価されなくなってしまいます。 総合的にスキルを磨いていくことは良いですが、その中でも「自分の強み」を明確に持っている人のほうが人材市場では評価されます。 特に、30代、40代…… と年齢を重ねていくほど、その傾向は高くなるものです。 まずは、やりたい仕事を探すために「自分の得意分野をもっと伸ばせる仕事」あるいは、「興味・関心を深めることができる仕事」にはどんなものがあるのか、と知ることからスタートを。 その際、希望する仕事の内容や待遇面など、転職することで変えたいこと、かなえたいことを書き出し、優先順位を付け、絶対に譲れない条件を決めておくと、転職活動を進めていくなかで気持ちのブレが起こりにくくなるのでおすすめです。 器用貧乏タイプにおすすめ【方法別】やりたい仕事の探し方 別の場所なら輝けると信じている「変身願望タイプ」 「今の仕事は向いていない、だから別の仕事だったら能力を発揮できる」と考えている人に多いタイプです。 もちろん、仕事を変えることで今よりもっと能力を発揮できることはあります。 でも、その「発揮したい能力」が分からず自信が持てないでいる。 あるいは「仕事を変えることへの不安」のほうが大きいから、なかなか「これが自分のやりたい仕事だ」と言い切れずにいるのではないでしょうか? 変身願望タイプの人におすすめしたいのは、「自信のなさ」を打ち消すことです。 そのために、まずは目の前の仕事に没頭してみましょう。 没頭して実績を積み、自信のなさを打ち消すのです。 没頭していくなかで、その仕事の意外な面白さを発見したり、適性があったことに気づくこともあります。 また「やっぱり向いていなかった」と納得できるまでやってみるというのも、仕事を変えることへの不安を取り除くためには良いかもしれません。 自信を付けるためにやりたい仕事に必要な資格取得に励んだり、勉強を始めてみるのも良いでしょう。 ただし、資格や知識があるからといって必ずしもその仕事に就けるとは限りません。 転職活動のための事前準備として、仕事をしながら勉強を進めましょう。 変身願望タイプにおすすめ【方法別】やりたい仕事の探し方 失敗したくない気持ちが強すぎて、やりたい仕事が決められない「慎重タイプ」 「失敗したくない」と慎重になりすぎて、やりたい仕事を決められない人に多いタイプ。 特に初めて転職を検討する人や、社会人経験の浅い20代に多いです。 初めての転職ですから身構えてしまうのは分かります。 しかし、慎重タイプの人は「失敗したくない」という気持ちを抑えて、まずはチャレンジすることが大切。 ダメだったら「また転職しても良い」くらいの気持ちで転職活動を始めてみましょう。 応募したからといって必ず入社しなければいけないわけではありません。 まずは転職情報サイトなどを見て、どんな仕事があるのか、仕事内容や応募資格にはどのようなことが書かれているのかを調べてみる。 履歴書を書いてみたり、面接で採用担当者の話を聞いてみるなど、行動を起こしてみましょう。 転職活動をするには、自分を客観的に見つめなければなりません。 その課程で自分に合う仕事ややりたかったことを発見できることも多いのです。 また、どんな会社に転職しても、必ず「良い面」と「悪い面」はあるものです。 自分の要望をすべて満たす仕事はないということを知り、転職に過度な期待を持たないようにしましょう。 慎重タイプにおすすめ【方法別】やりたい仕事の探し方 【方法別】5人の転職のプロに聞く「やりたい仕事」の探し方 【やりたい仕事の探し方. 1】 「転職したい理由」の深堀りから、自分が本当に求めているものを見つけ出す マイナビエージェント キャリアアドバイザー 「やりたい仕事が分からない」と悩む人は、「なぜ転職したいのか」を深堀りして考えてみてはいかがでしょうか。 「今の仕事がつまらないから」であれば、「つまらないのはなぜか」を考えます。 その答えに対して、また「なぜか」という問いを繰り返し、転職したい理由の本質を探っていくのです。 もし、「つまらない」と感じている理由が、「評価されないから」なのであれば、仕事の内容を変えるのではなく、企業選びの基準を変えるべきであることも分かります。 仕事内容ではなく、給与や休日などの労働条件も含めて「転職によって何を変えたいのか、何を実現したいのか」を突き詰めて考えてみてください。 そして、自分の頭の中で考えるだけではなく、人と話すことをおすすめします。 「なぜか」という問いを投げかけてもらい、答えていく作業を繰り返してみるのです。 できれば複数の人で、それぞれ立場が違う人と話すと、一つの物事でも違った角度から考えるきっかけができるかもしれません。 ただし、とても身近な家族や友人からの意見は、客観的とは言えない可能性もあるので、客観的な立場で意見を言ってくれそうな人が望ましいですね。 心の中でなんとなく思っていたことも、言語化することで整理され、具体的に把握できるようになります。 そうすると、自分が本当に「仕事に求めているもの」が分かり、やりたい仕事のヒントが見つかるはずです。 【やりたい仕事の探し方. 2】 「自分ができること」「楽しかったこと」から考えてみる マイナビ転職 転職MYコーチ Y. 自分には何が向いているのか、何を仕事にすべきか分からないという人は、「やりたい仕事に就くべきだ」という思い込みを一度捨て、まずは「今できること」を仕事にすることです。 ささいなことでも構わないので、今までやった仕事の中で、「これなら自分でもできる」と感じることや「得意分野だ」と思うことを挙げてみてください。 それらにつながる仕事が見つかったら、積極的にチャレンジしてみましょう。 この方法の良いところは、まったく知らないことにゼロからチャレンジするのではなく、少しでも自分が経験したことや、興味・関心があることから徐々にキャリアを広げていける点にあります。 できること・得意なことを伸ばしながら、「こんなこともできるようになりたい」「あの分野もやってみたい」など、新たにチャレンジしたいことが増えるよう意識しながら仕事をすれば、働きながら更に「やりたい仕事」を模索していくことが可能です。 より明確な希望や目標が持てるようになったら、それらをかなえるために異動のチャンスをうかがったり、更に転職してキャリアアップを目指すのも悪いことではありません。 もし、「今の自分ができること」が分からない場合は、「上司や同僚から褒められたこと」から探ったり、友人に「自分が向いていること」を聞いてみるのも良いでしょう。 思ってもみなかった適性や長所に気づくことができるかもしれません。 「第三者から評価された」という点でも自信が持てるはずです。 【やりたい仕事の探し方. 3】 「職種を変えれば良い」と安易に判断せず、まずは仕事で「嫌だったこと」を書き出してみる マイナビ転職 転職MYコーチ H. 「今の仕事が嫌だ=今の職種が向いていない」とすぐに判断し、別の職種に就こうとするのは問題です。 職種を変えたからといって、自分が抱えている不満が解消できるとは限らないからです。 例えば「営業が向いていなかったから、次は事務職へ」と転職した場合。 営業が向いていないと感じた理由が、「人と話すことが苦手だから」なのであれば、事務職も向いていないかもしれません。 なぜなら事務職は、社内外問わず多くの人とコミュニケーションを取らなければいけない場合もあるからです。 このように、単に職種を変える転職では不満が解消されないこともあります。 ですから安易に職種を変えようとするのではなく、その仕事の「何が嫌だったのか」や「向いていないと感じたポイント」を書き出すことから始めてみましょう。 「自分が向いていない仕事」がどういうものか分かりやすくなります。 そのうえで未経験の仕事にチャレンジする場合は、仕事内容や特徴についてよく調べることが大切です。 イメージだけで判断してしまうと、先に挙げた例のように、同じことが原因でミスマッチを起こしてしまうかもしれません。 ただし、どんなに調べてみても実際に働いてみるまでは本当に自分に合う仕事なのかは分からないこともあります。 反対に「自分にできるか不安……」と思っていたことも、やってみると意外と自分に合うと気づくこともあります。 興味を持つ仕事があれば、まずはやってみること。 たとえ再び転職することになったとしても、仕事に対する視野が広がることで、別のやりたい仕事を見つけ出せるようになるでしょう。 【やりたい仕事の探し方. 4】 「会社・仕事」で探すのではなく、「身に付けたいスキル」で探す マイナビ転職 転職MYコーチ H. 転職を考えている人の中には、「一生働ける会社・仕事を探さなければ」と慎重になりすぎて、なかなか踏みだせない人がいます。 しかし、一生働ける会社・仕事なのかは誰にも分からないものではないでしょうか。 時と共に経済や雇用を取り巻く環境は変わるものです。 たとえ自分は「一生この会社、この仕事で働くんだ!」と決意して入社しても、経営環境の変化によって、数年後にはまったく違う事業を展開する会社になっていたり、異動によって別の業務に携わっていることもありえます。 もしかすると、合併や倒産により、転職せざるを得ない状況に陥ってしまうかもしれません。 そうなってしまった時に困らないよう、仕事や会社を軸に転職先を選ぶのではなく、「自分が身に付けるべきスキル、能力とは何か」という視点で考え、それらがかなう転職先を探してみるのはいかがでしょうか? 最近では、キャリアを考えるうえで 「ポータブルスキル」が重要視されています。 終身雇用が前提ではなくなった今、「社内で評価されるスキル」ではなく、「どんな仕事や会社でも通用する、普遍的なスキル」を高めることが大切なのです。 社内での昇進・異動に頼ったキャリアアップではなく、自分自身の力でキャリアの可能性を広げることができるようになるでしょう。 たとえ経済や雇用を取り巻く環境が大きく変わって、別の仕事や会社に移らざるを得なくなったとしても、転職で有利に働くのです。 ポータブルスキルには、「専門的な知識やテクニカルスキル」だけでなく、「仕事への取り組み方」や「人とのかかわり方」といったものも含まれます。 自分にとって必要なポータブルスキルを見極めるには、まず今の自分の強みと弱みを把握することが大切。 「伸ばしたい強み」と「克服したい弱み」に分けて考え、自らのポータブルスキルが磨ける仕事や会社、職場環境、社風を考えてみてください。 【やりたい仕事の探し方. 5】 「やりたい仕事」ではなく「自分が必要とされる仕事」を探す キャリアコンサルタント 谷所健一郎氏 「誰かに必要とされる」ということは、仕事をするうえでとても大切なことです。 「自分が必要とされる」と言うと、大げさに聞こえるかもしれませんが、身近なこと、ささいなことで構わないので、自分ができることを通じて「誰かのためになるだろう、喜ばれるだろう」と思える仕事を探すのです。 大前提として、転職を成功させるには企業に選ばれなければいけません。 自分ができることを通じて企業に貢献できる人、つまり企業の成長に必要とされる人、分かりやすく言えば、お客さんや一緒に働く仲間を喜ばせることができれば、あなたはきっと採用されるはずです。 また、あなた自身も人に喜ばれていると実感できれば、「もっと喜ばせたい」と、自然と仕事に打ち込むことができるようになるのではないでしょうか? 仕事への価値観も見いだせるはずです。 誰かのために何かしたい、喜ばれたいという気持ちは誰にでもあるもの。 その気持ちを仕事のモチベーションにできればとても幸せなことですし、長く続けることもできるはずです。 反対に、いくらやりたかった仕事でも誰にも喜ばれなかったり、評価されない仕事であれば、いずれ「やりたくない仕事」に変わってしまうかもしれません。 今までの仕事の中で、「自分の仕事が誰にどんな時に喜ばれていたのか」あるいは「どんな喜びを提供できた時に自分自身もうれしかったか」を振り返って、仕事を探す軸にしてみましょう。 思い浮かばない場合は、「自分ができること」をまずは仕事にし、働きながら「誰にどう喜ばれているのか」「どうすればもっと喜ばれるのか」と考えながら取り組むのも良いでしょう。 働きはじめは気が付かなかったとしても、やっているうちに実感が芽生えてくることも多々あります。 そもそも、どんな仕事も必ず誰かから「必要とされる仕事」であり、「喜ばれる仕事」です。 それは、お客さんから直接言われる「ありがとう」の言葉や、社内で褒められる・評価されることに限りません。 携わっている商品やサービスがエンドユーザーに支持されることや、その仕事のお陰で誰かが快適な毎日を送ることができている、といったことも当てはまります。 そう考えてみると、今の仕事もきっと、あなたが必要とされているはずです。 普段、何気なく仕事をしていると気づきにくいかもしれませんが、そういった視点で仕事をとらえてみましょう。 新たな発見がきっとあるはずです。 そのうえで、もう少し今の会社で頑張ってみようと思えるのであればそれも良いのではないでしょうか? 自分ができることや、目の前にある仕事をまずはやってみる。 それが「誰かのために役立ちたい、喜ばれたい」という気持ちに結びついた時、あなたの「やりたい仕事」になるのです。 さまざまな視点から、やりたい仕事を探してみよう いかがでしたか? 自分に合う仕事の探し方はさまざまありますが、いずれの方法も自分を見つめなおすことが必要です。 まずは自分に合うと思う方法でトライしてみたり、いくつか試してみると良いでしょう。 転職に不安はつきものですが、だからこそ焦らずに取り組んで、本当にやりたいと思える仕事を見つけてくださいね! 取材協力 あした転機になあれ。 豊富な転職・求人情報と転職ノウハウであなたの転職活動を支援する【マイナビ転職】。 毎週火・金更新であなたの希望の職種や勤務地、業種などの条件から検索することができます。

次の