妊娠 便秘 オリゴ 糖。 妊婦の便秘解消にオリゴ糖がおすすめのワケ

オリゴ糖は妊婦も大丈夫?妊娠中で便秘に悩む方の摂取量は少量に!

妊娠 便秘 オリゴ 糖

妊娠前はまったく便秘になったことがないという妊婦さんでも、妊娠してからは急に「一週間お通じが来ない・・・」「出そうで出ない!」ということも多いのです。 お腹の赤ちゃんのことを考えるとトイレで踏ん張るのさえ恐怖に思えますよね。 PickUp! 便秘が続くとガスもたまるしお腹も痛くなって、便秘でお腹が張っているのか、子宮とかの問題があるのかと不安になります。 いざ、便意がやってきてトイレにいっても 妊娠中の便秘ってかなり頑固です。 出そうで出ない、お尻も痛いし、力むのも怖い・・・無理に出すと切れ痔になりますし、まず相当痛いです。 私だけかも?と悩まないで!妊娠中はほとんどの妊婦さんが便秘気味になるものなんです。 妊娠中は下剤など便秘薬もできるだけ飲みたくないですから、便秘になった時、また予防にも頼れるものがあると安心ですね。 妊婦さんが安心して使える便秘解消、便秘予防に役立つものを紹介していきます。 はぐくみオリゴ???? 産後ラクしたいから!!! まじラクしたいから!!! ちょっきん?? したあと痛そうだから — さやぴ インコ 。??? 旦那に勧められても「こんなパウダーで効くわけない」と疑いつつでしたが、トイレを占拠されるのが辛いから飲んでと強制(笑)されてしぶしぶ3日飲んでみたら4日目に驚くような立派なのが出てきて驚愕しました。 あと1か月で出産ですがこの数か月、オリゴ糖のおかげで2日に1回というペースで出ています。 効き目はこれまでのオリゴ糖と同様バッチリです。 現在はコーヒーは控えているのでヨーグルトにかけて食べています。 子供のときから便秘がちでしたが出産まで便秘知らずで楽でした。 ただ、飲む量には注意が必要!初めての時に飲み過ぎてちょっと下痢になってしまったので一気に大量に摂取するのは危険ですw(ももすけLOVE) 一週間の便秘に、騙されることになってもいいとTVでCMやってる「善玉菌のチカラ」を注文しました。 4日ぐらいで届き、飲み始めて3日目で出始めました。 都合二週間糞詰まりで。 飲み始めて1ヶ月になる現在は、毎日か一日置きに適度な太さで長いものが具合よく排出されています。 便秘じゃねえしーヨーグルトなんぞ食ってても特に何も変わらないしーって思ってたけど、コイツ飲み始めたらそりゃーもう。 前は便秘になることはなかったのですが、妊娠3か月くらいから徐々に排便の回数が減ってきました。 仕事場でもパッと飲めるサプリを探していたのでこの乳酸菌サプリには助けられています。 妊娠が発覚してからヨーグルトの味、臭いが嫌いになってしまって食べれなくなったの乳酸菌配合のサプリメントで代用しました。 乳酸菌が私には合っているので善玉菌のチカラも人よりも効果的に効いているじゃないかと思います。 便秘だと思ったら1日飲んで次の日にはスルーっと来ますよ。 便秘でないときも、おならの匂いに悩んでいたんですが善玉菌のチカラを飲むと臭いがマシになります。 (ごるりま) 3つの商品を紹介しましたが、どの商品も便秘予防にもなり、便秘がどんどん悪化中・・・という場合でも便を柔らかくして排便しやすくしてくれます。 続けて飲むことで便秘が再発してしまうということを防いでくれますよ。 もちろん尿糖カロリー注意だけど。 気になる人は飲む分だけ少し水で薄めてもいいかもね— おうろら?? 13w Aurora3440 人生初の便秘でうんぴが全然出なくて辛いので お母さんからもらった酸化マグネシウムを飲んだ 妊婦も飲めるらしいけど、とりあえず普通の半分の量にした—?? misaki???? matamisababy キムチほど強くはないですが植物性の乳酸菌のドリンクなどございますので是非。 私も動物性乳酸菌が効かない体質ですのでこれは良いと思います。 カレーが食べたい— ももこ?? 31w?? 食べる量は少ないので体重はまだ戻ってないけど気をつけねば?? その代わり便秘に困った?? そして妊娠は関係ない指の損傷にまだ苦しんでる?? 連休明けたら妊婦でも治療できる病院を探し回る?? 不公平だ!理不尽だ!って早朝に泣いてしまった?? 働いてくれて感謝してるのに、、早朝メンタル、妊婦メンタルってこわいな?? — ごまさば32w妊娠糖尿病 onegaishikenkou 今日の朝は妊娠前+11キロだったの。。 明日最後の妊婦健診なのにオワタ— みー 1y9m???? 息子はさっきスッキリ出ていて羨ましい限りである。 — ナイス with Tiny Baby nice1022 その便秘、諦めないで!妊婦の便秘解消方法 食事改善、運動・・・いろいろあるけど、オリゴ糖だけで便秘解消できるよ! 妊娠中に便秘なりやすいというのは仕方がないと諦め気味な妊婦さんも多いのでは?いざという時は病院、産院でお薬をもらえばいいという安易な考えはやめましょう。 赤ちゃんの事を考えれば、便秘状態もよくありませんし、薬を飲むのも最低限にしておくべきです。 また、便秘薬ははじめの数回は効果があったけれど、徐々に効き目がなくなってしまったということもあります。 妊婦さんにもよるとは思いますが、私個人としてはとにかくずっと便秘だったんです。 長い時は朝から晩までトイレにいたという日もありました。 しかも、和式のトイレでかかとを付けて座る姿勢ができないという体の硬い人間だったため、本当に苦労したんですよ。 トイレのパイプに掴まって踏ん張ってました。。。 辛かった妊娠中の便秘 悪化する原因とは? 便秘は妊娠中でなくてもツライものですが、妊婦の場合は不安もあって余計にストレスが溜まります。 また、実際に子宮が大きくなり内臓、骨盤、筋肉が圧迫され血流が悪くむくみやすくなることも腹痛やおなかの張りを大きく感じさせる要因でもあるのです。 これまでにないほどの強烈な便秘に悩む妊婦さんは多いです。 どうして便秘が酷くなるのかなどを紹介しています。 お腹が大きくなってきて便秘の原因も変わってきます。 効果的な便秘予防方法とは? 出産前にも子宮が腸を圧迫する、自律神経の働き、腹直筋、腹斜筋、腹横筋など筋肉が少なくなる等で便秘が悪化しやすい要素があります。 便秘のせいで体重が一気に増えるのもこの時期です。 切れ痔にもなったけどオリゴ糖で治ったよ! 妊娠後期になって運動って言っても、かがむだけでもお腹が邪魔になるし・・・もう、どうすればいいんだ!って。 産科でもらったお薬も飲みましたが1回目は効いたのですが、その後飲んでもほとんど効果が見られなくていろんな情報を調べた結果、オリゴ糖やが良さそうというので試してみたんです。 私の場合はオリゴ糖が24時間以内で便意が来て体質に合っているようでした。 その時に一緒に妊婦生活をしていた友人も便秘気味ということでオリゴ糖を教えてあげたのですが、「旦那が乳酸菌がいい」とかの発言があって乳酸菌での便秘解消を試みているようでした。 関連記事: 人にもよるので何とも言えないのですが、オリゴ糖を飲んだ私の方が早く効果が出たのでこのサイトでもおすすめしています。 友人も前ほど酷くなくなったとは言っていたのですがそれ以上はあまり突っ込んで聞いてないんですよね。 あまりきれいな話ではないし子供が生まれてからはそっちでいろいろと大変ですし。 追記:乳酸菌で便秘解消を試みた友人は乳酸菌サプリではなく、ヨーグルト(1日50gくらい)だけで試していたようです。 ご想像のとおり便秘は治らなかったので、「あなたを信じたのに」と喧嘩になったとか。 (笑)9か月目からはオリゴ糖に変えてスッキリできたそうです。 ^o^ オリゴ糖の効果 定番の乳酸菌 忘れちゃいけない食物繊維 腸内環境を良くして便秘にも効果があるとは聞くけれど、どこがいいのか分からない? むかしから便秘解消にいいと言われ続ける乳酸菌の働きや効果を見えみましょう。 便秘解消のためのドリンクにもよく配合されている食物繊維をもっと効果的に食べましょう! 便秘予防になるおすすめな食べ物 便秘解消できるほど効果はないけど、便秘予防には食事内容って大事です! 便秘によい食べ物というと食物繊維の多いゴボウや乳酸菌が豊富なヨーグルトが一番に思い出される方も多いのでは?これ以外の食べ物でも便秘解消、予防に効果的に働いてくれるものがたくさんあります。 便秘にいいからという理由で1つだけをたくさん食べるのは栄養バランスを崩すのでおすすめできませんが、 毎日、毎食やおやつに「便秘にいい食べ物」を取り入れていけば頑固な便秘にも早くサヨナラできますね。 便秘にいい食べ物:、、、、、、、、 1つの食品を大量に食べるのは栄養バランスの面からもよくありませんが、海藻(わかめ、もずく、めかぶ)の場合はもありますから、そういった食品は注意が必要です。 水分不足も便秘が酷くなる原因に・・・ 水分不足も便秘が悪化してしまう原因です。 「私は大丈夫」と思っていても、 自分で感じているより1日の水分摂取量が少ないこともあります。 ホルモンバランスや腹部の圧迫などで便秘になりやすい状態で、水分が少ないと、便が大腸と進んでいく間に水分がどんどん減っていきます。 便秘中なら長期間大腸に留まる時間も長くなりさらにカチカチ状態に。 水分がなく固くなってウサギのうんちのようにコロコロ状態では排便時にもすんなり出てきてくれないので腹圧が上がってしまい、妊娠中には特によくありません。 あまりに力を入れて踏ん張るのも怖くないですか? もともと、母体が健康であれば踏ん張っても大丈夫とは言われていますが、気持ちの問題も大きいですよね。 赤ちゃんが大事な分、無理はしたくないものです。 カチカチな固い便を柔らかくするには、腸内の善玉菌を増やして腸内環境を整えることは、もちろんなのですが同時に水分も必要になってきます。 妊婦さんはむくみも出やすいので、足のむくみ具合を確認しつつ、しっかりとお水を飲むようにしてください。 関連記事: ストレスが便秘悪化の原因に 妊娠中でなくてもストレスが原因で便秘になる、便秘が悪化するということは知られています。 痙攣性便秘はその代表で大腸が痙攣して起こるタイプです。 これが酷くなると過敏性腸症候群と呼ばれることとなります。 この場合、便秘の悪化、便秘と下痢を繰り返す症状、下痢症状と3つのタイプに分かれますが、妊娠中でもストレスが原因で便秘だけでなく下痢も直らないということもあります。 妊娠中は特に初めての妊婦生活だと体調の不安定さだけでなく分からないことや、 不安なこと、イライラなどがストレスになって溜まってしまいがちです。 ストレスや不安、緊張から交感神経が優位になり、このことに便秘の悪化につながります。 ストレスを溜めないように旦那さんや家族や友人に話を聞いてもらったり、発散できる楽しいイベントを行うなど対処していきましょう。 睡眠時間をしっかりとる、早寝早起きなど生活リズムを正しくするだけで、副交感神経が働き大腸の動きがよくなるので便秘予防にもなります。 妊娠中の便秘は頑固で生活の見直し程度では解消しないことがほとんどですが、少しでも便秘解消しやすい環境を整えておきましょう。 関連記事: 妊婦さんが市販便秘薬を飲むのは危険 病気じゃないから普通に過ごせという人もいますが、 妊娠中はなんでもないときに急に体調を崩すこともあっていろいろと大変なものです。 同じ妊婦さんでも元気ピンピン、悪阻以外は妊娠してないときと変わらなかったという経産婦さんもいます。 逆に出産までとても辛かったという場合も・・・。 そんな体調が安定しない時期にはちゃんと医師から処方された便秘薬以外は絶対に飲まないでください。 もちろん、体調のいい妊婦さんで飲んではいけません。 市販の便秘薬で妊娠中でも悪影響がない成分だけだと説明書にあったとしても、 医者からもらったもの以外は飲まないでくださいね。 妊娠前に飲んでいた常備薬、便秘薬であっても妊娠中には飲んではいけない成分のことがあります。 関連記事: 関連記事: 外部資料:厚生労働省 妊娠中の便秘。 症状と病気 妊娠していないときでもツライ便秘ですが、妊婦さんはお腹の張り、胎動などと勘違いしてしまったり、便秘からの吐き気も悪阻だと対処が遅れたりと、さらにデリケートな問題になってきます。 また、便秘だと思っていたらなどの病気だったということも稀にあるので、こういったことも防ぐために食べ物や運動などの便秘予防は出産までの間、習慣にしておくとよいでしょう。 関連記事: 関連記事: オリゴ糖は産後も役立ってくれました! 産後にまた悪化した便秘にも効きました! 妊娠中ほどではありませんでしたが、産後ももちろん便秘とそれに伴う腹痛が続きました。 というか子供の時からずっとなんですよね。 体調が悪いことも多くて便秘になっても忘れていて、結局「出る!」って時におおごとに毎回なってしまう始末。 なんといっても詰まってしまっているのでそれこそ切れ痔の危険が!!!痛くて出せない・・・。 ということもありました。 遺伝的な要素とか食べ物の好みというのもあるかもしれないですが、身内の女性陣は便秘が酷い人が穂どんとです。 1人だけ軟便、下痢体質なのですが、従姉妹や叔母さんまでみんな便秘症です。 妊婦時代のオリゴ糖が残っていたのでそのまままたすぐに飲み始めました。 は食品なので授乳中でも大丈夫なんですよ!全部飲みきってなくてよかったです。 出産時の入院中は、実は産後の腫れ(お察しください)があって便秘とか言っていられないくらいだったので覚えてないのですが、退院後に数日してから出てないことに気づいて。。。 あんなに妊娠中に便秘で辛い思いをしたのにちょっと経つとすぐに忘れてしまうなんて、大失敗でした。 妊娠中と違い、出産後の便秘でこれまでにはなかった「気になること」ができました。 それは トイレに籠っていたら赤ちゃんが気になる!ということ。 私もそうでしたが赤ちゃん、幼児をお持ちのお母さんは便秘でトイレに籠るのも子供から目を離すことになるのでかなり不安になるものですよね。 ちゃんと忘れずに飲んでおくべきだと思いましたけど、オリゴ糖を飲むのを再開してからは、トイレに入って1分もしないでスッキリして出てこられるということが多くて、とっても楽になりました。 便秘をなおしただけで毎日が明るく楽しくなるといっても過言ではないくらいです。 そんな便秘に悩む私の体験談や憎き便秘をやっつける方法などをまとめて掲載していきます。 便秘解消、体重管理に集中したくなりますが、妊娠を継続するため必須の黄体ホルモン(プロゲステロン)が不足しないように栄養バランスは考えておかなければいけません。 栄養不足やストレスは交感神経と副交感神経のバランスを崩ししてしまい、自律神経が乱れることで余計に便秘も悪化してしまいます。 便秘解消はオリゴ糖や乳酸菌で・・・、体重管理は拭き掃除をするなど面倒でも運動量をアップするように心がけましょう。 妊婦の便秘解消に向かないもの 即効性があるという便秘薬や便秘茶もありますが、妊娠中には使用してはいけないものもあるので注意が必要です。 妊娠中に使用できないものはコーラックやスルーラック、漢方便秘薬などで、医師からの処方のない便秘薬はすべて使えないと思ったほうが安全です。 また、便秘茶として知られるセンノシドが含まれるセンナ茶や、キャンドルブッシュを含むお茶も妊婦さんは禁忌で飲んではいけません。 こういった激しい腹痛を起こすものは子宮の収縮運動を起こし危険です。 市販の便秘解消アイテム ドラッグストアーやスーパーなどで手軽に購入できる妊婦さんが使える便秘解消アイテムを紹介します。 ただ、以下の商品は添加物が含まれている等があるので、妊婦さんも使えますが妊婦さん用ではことをご承知おきください。 この点を踏まえて参考までに。。。 内容::30パック(1パック5. 2g) 食物繊維として難消化性デキストリンが4. 2g含まれています。 無味・無臭で使いやすいですが、効果ができにくい人もいますので様子を見ながら飲みましょう。 すべてのものに言えますが、たくさん摂りすぎるとお腹が緩くなったり、下痢になったりしますから推奨されている1日の摂取量を守るようにしてください。 とくに飲み始めは腸内環境が変わますから注意が必要です。 便秘解消で風邪予防にも! 妊娠中でない人にも言えることですが、便秘解消して健康度アップすることは幸せな充実した生活を送る中で大きなメリットになりますよね。 特に妊婦さんは非妊娠時の治療と同じことができない場合もありますから病気の予防にも力を入れたいものです。 免疫力が高まり風邪の予防できることも便秘解消、腸内環境を整えることで得られるメリットの1つです。 一般の風邪薬は妊娠中には飲めませんし、発熱があった場合も胎児への影響も心配ですよね。 腸内の善玉菌を増やして便秘解消できる体制をとっていれば、自然と腸内フローラも改善されて風邪のウイルスに感染することを予防する可能性が高まります。

次の

オリゴ糖

妊娠 便秘 オリゴ 糖

期待できる効果 便秘解消効果 腸内環境改善による体臭改善 費用 1か月当たり 2838円(税抜き) (1日当たり99円)定期コースだともうすこし安くなります 配合成分 純度ほぼ100%の高品質なオリゴ糖 オリゴ糖は妊婦さんの便秘対策としても、飲まれている成分ということでとりあえず試そうということで購入してみました。 食品なので、安心して飲めることができるのがいいですね。 1ヶ月から2か月ほど飲んでいると、以前のように、1週間も出ないということはなくなりました。 まだまだ、完治というわけにはいきませんが、私の場合は3日以上溜まることはなくなりました。 (汚なくてすみません ・・。 ゞ) あとうちの子供も3日ぐらい出なかったこともあったので、赤ちゃんにもいいということで離乳食にまぜてみました。 回数というよりも毎日同じ時間に排便をしてくれるようになりました。 口コミでもよさそうです。 私の場合は毎朝コーヒーに混ぜて飲みました。 そのほかにも紅茶や豆乳にも合いますね。 ほとんど味がしないので料理にもまぜて使えます。 カイテキオリゴは独自の研究で考えられた商品 カイテキオリゴは腸内にいる10種類以上のビフィズス菌にまんべんなくアプローチすることができるように考えられた理論、EOS理論に基づいて作られています。 EOS理論ってなあに?って思われると思いますが 簡単に言えば、善玉菌を効率よく増やせることができるようにブレンドされたオリゴ糖のことだそうです。 ビフィズス菌の中にもオリゴ糖の好き嫌いがあり、どのビフィズス菌がオリゴ糖が好きなのか考えられて作られたんですね。 またオリゴ糖は、便秘で悩んでいる妊婦さんだけなく、アレルギー症状、口臭や体臭にも効果が期待できます。 腸内環境は、改善されることにより便が臭くなくなるのです。 また出産後の授乳中は体が普段よりも、沢山の栄養素を必要とします。 オリゴ糖はその助けをしてくれます。 お母さんがしっかり栄養を得て授乳をスムーズにするためにもオリゴ糖は大切な成分です。 妊娠中はとても気を使う時期であり、赤ちゃんのためにも精神的に安定したい時期でもあります。 オリゴ糖で便秘解消して、ストレスなく元気な赤ちゃんを産んで欲しいと思います。 赤ちゃんのためにも出産頑張られてくださいね。 カイテキオリゴの感想 自然にスッキリできるところに、【カイテキオリゴ】の価値があると思います。 私は妊娠中に自然にスッキリできなくなる傾向があり、市販のお薬には抵抗がありました。 だからできるだけ自然なもので・・・と思って、過去にもお茶とか、いろいろ試してみたことがあったのですけども、どうも無理やり感があって。。。 それでインターネットで妊娠中や産後にでも飲めるようなものを探していた時に、【カイテキオリゴ】を見つけて、 「オリゴ糖かぁ、おなかにやさしそう!」と思って試しに買ってみることにしたんですよ。 早速届いてから試してみると、すぐにスッキリできて、驚きましたね。 「私の体に合っているんだなぁ」と思って、すぐに定期コースで申し込んで続けています。 頑固な悩みの場合、薬で一時的にどうにかするっていう手もありますけど、 私は自然にスッキリできるってところに、【カイテキオリゴ】の価値があると思いますね。 私のお勧めの食べ方は、リンゴ酢に溶かして牛乳で割るという方法です。 よく溶けるので、夏場は冷やして美味しく飲んでいます。 それとヨーグルトと牛乳と【カイテキオリゴ】をミキサーでシェイク!これは子供も喜んで飲んでくれますよ。 子供も離乳食を始めたくらいから悩まされることもあったので、その時は、湯ざましに少しずつ上げると、スッキリできています。 これからも長く続けて、ずっと気持ちよく過ごしたいですね。

次の

オリゴ糖とは?種類や便秘への効果、おすすめ食品を紹介

妊娠 便秘 オリゴ 糖

妊婦の便秘解消にオリゴ糖が効果的な理由とは 腸内でのオリゴ糖の役割 大腸には腸内細菌が約100兆個もいると言われています。 腸内細菌は大きく分けて善玉菌・日和見(ひよりみ)菌・悪玉菌の3つ。 善玉菌は腸内で消化吸収やビタミンの生成など健康維持をしてくれています。 また、腸のぜん動運動を活発にして排便を促してくれるので、便秘になりづらい環境を作ってくれます。 一方悪玉菌は腸内の食べカスを腐敗させて有害物質を作り、免疫力を下げたり、腸内に炎症を起こしたりして体調不良を招きます。 さらに、ぜん動運動を鈍らせてしまうので便秘の原因になってしまうのです。 善玉菌と逆の動きですね。 日和見菌は善玉菌と悪玉菌のより勢力が強い方の味方をしています。 ですから、善玉菌を元気にして日和見菌を味方につけることが便秘解消への近道なんです。 人間は食事を摂ることでエネルギーを得て元気に活動できますよね。 それと同じように、善玉菌のエサとなって元気を与えてくれるのが「オリゴ糖」。 オリゴ糖は善玉菌を元気にして腸内の勢力を増やし、日和見菌を味方にして腸内環境を整えてくれる、サポート役をしてくれます。 善玉菌が増えて腸内環境が良くなれば妊婦さんの便秘も改善していきますよ。 ヨーグルトを食べて直接善玉菌をとれば良いのでは? 「それなら、わざわざオリゴ糖で増やさなくても、直接善玉菌を食べた方が早く効果がでるのでは?」 そんな疑問が湧いてきますよね。 しかし残念ながら、食品に含まれているビフィズス菌や乳酸菌などの善玉菌は直接摂っても胃などで消化されてしまうのです。 せっかく取った善玉菌も、腸に生きた状態で届かなければ整腸効果を得るには時間がかかってしまいます。 一方、オリゴ糖は消化酵素の影響を受けにくく、消化されずに腸に届くという特徴を持っています。 数時間で腸内に届き、善玉菌を元気にして、増えるようサポートするので即効性が期待できるというわけです。 便秘対策だけじゃない!妊婦にうれしいオリゴ糖4つの効果 身体の中からキレイ&元気 オリゴ糖を摂ることで腸内のビフィズス菌が活発になると、 「腸内環境を整える」「ビタミンを作る」「酢酸や乳酸が増えて殺菌効果が高くなる」「ぜん動運動が活発になる」という効果が期待できます。 腸内環境が整うことで便秘や下痢を元から解消することにつながり、更に肌荒れ改善や体調維持がしやすくなるなどのメリットがあります。 体重キープ・生活習慣予防効果 オリゴ糖はダイエットにも効果的です。 オリゴ糖を摂ると、腸のぜん動運動が活発になって腸内の食べ物の通過時間が短くなります。 それによりコレステロールやブドウ糖などの吸収が抑えられるので、妊婦さんに大切な体重のコントロールや生活習慣の予防にもなります。 風邪やウイルス予防にも効果的 オリゴ糖を摂ることで元気になるビフィズス菌には、免疫力を高める効果があることが知られています。 免疫力が低下すると風邪やインフルエンザ、ノロウイルスなどにかかりやすくなってしまうので妊婦さんは注意が必要です。 これらを予防するためにも、普段からオリゴ糖摂って腸内環境を整えると良いでしょう。 妊婦の場合は薬の服用が特に限られてしまうので、感染力の強いウイルスから身を守ることが大切です。 食事の糖の悩みにも オリゴ糖の中でも、特に難消化性のオリゴ糖は消化・吸収されにくいという特徴を持っています。 そのため血糖値やインスリン濃度に変化を起こしません。 白砂糖に比べるとさっぱりした甘味ですが、砂糖の代わりに難消化性のオリゴ糖を摂ることで食事における糖の悩み対策に使うことが出来ます。 妊婦さんは普段よりも血糖値が高くなりやいので、食事による糖の摂り過ぎを防ぐことが出来ます。 妊婦の便秘解消におすすめのオリゴ糖の種類 オリゴ糖の種類と特徴 オリゴ糖には大きく分けて「難消化性オリゴ糖」と「消化性オリゴ糖」の2つのグループがあります。 妊婦の便秘には難消化性オリゴ糖がおすすめ 便秘に悩んでいる妊婦さんにおすすめなのが、「難消化性オリゴ糖」です。 難消化性オリゴ糖は文字通り、消化吸収されにくく、しっかり腸まで届いて整腸作用が期待できるオリゴ糖です。 身体に吸収されないので、低カロリーで血糖値が上がりにくいのも妊婦さんにとって嬉しいポイントです。 難消化性オリゴ糖にはいくつか種類があります。 どれが一番便秘に効果的なのか気になりますよね。 答えは、全部です。 腸内にいる善玉菌は10種類以上と多様性に富んでいます。 人にも食べ物の好き嫌いがあるように、善玉菌もそれぞれ好むオリゴ糖の種類が異なるので、複数の難消化性オリゴ糖を同時摂る方が便秘にも効果的なんですよ。 その中でもあえて絞るなら、ビートオリゴ糖(ラフィノース)やガラクトオリゴ糖は腸内の善玉菌を増やしてくれる効果が高く、便秘解消が期待できるので、これらのオリゴ糖が含まれているものを選ぶと良いでしょう。 妊婦の便秘解消に効果的なオリゴ糖の食べ方 ヨーグルトなどの発酵食品と一緒に摂る 妊婦の便秘解消におすすめのオリゴ糖の摂り方はヨーグルトと一緒に食べること。 さらにリンゴヨーグルトにすれば、リンゴに含まれる食物繊維も善玉菌のエサになるのでよりお腹の調子を整えてくれます。 ヨーグルト以外でも納豆、漬物などの発酵食品は善玉菌を増やす成分が豊富に含まれています。 オリゴ糖と一緒に摂ると相乗的に善玉菌が増えて腸内環境を整えてくれるので オリゴ糖を使った料理に、これらの発酵食品をもう1品というような食事を意識しましょう。 食事を摂ると胃酸が薄まるので発酵食品に含まれる善玉菌が生き残りやすくなります。 食後のデザートとしてオリゴ糖入りヨーグルトを食べるとより効果が期待できそうですね。 食べる時間や摂り方をこまめに変える 毎日オリゴ糖を同じタイミングで摂っていると、腸内の悪玉菌が善玉菌の働きに負けるまいと抵抗して増殖することがあります。 「この時間になるとオリゴ糖が体内に来て、善玉菌が元気になるぞ」と悪玉菌が学習してしまうんです。 このように悪玉菌が学習しないよう、摂取する時間を変える・いつもと違う食べ方飲み方にしてみるなど、オリゴ糖を摂る習慣をこまめに変えるようにしましょう。 妊婦の便秘解消の為のオリゴ糖の目安量と摂取方法 1日に摂りたいオリゴ糖の量は? 便秘解消を目的にする場合、オリゴ糖の摂取量は1日5~10gを目安にすると良いと言われています。 (ただし、人口甘味料などを含まない純粋なオリゴ糖の量です) オリゴ糖の種類や個人差はありますが、ティースプーン1~5杯程度なので飲み物に混ぜて飲んだり、料理の砂糖の代わりに使用したりすると無理なく続けられますよ。 保存時は冷蔵庫に入れた方がいい? オリゴ糖の保存は常温で大丈夫です。 直射日光に当たると変質する場合があるので避けるようにしてください。 商品にもよりますが、顆粒タイプの場合は空気に触れると水分で固まってしまうものがあります。 気になる場合は冷蔵庫に入れると長持ちします。 オリゴ糖を加熱しても効果は変わらない? オリゴ糖はビフィズス菌のように生きているわけでは無いので、多少加熱をしても効果は変わりません。 砂糖の代わりとして料理に使うと良いでしょう。 ただし2~3時間煮込んだりすると変質してしまい、オリゴ糖の効果が減少してしまうことがあるので注意が必要です。 長時間加熱する場合はお砂糖の方が良いかもしれませんね! オリゴ糖は砂糖よりもカロリーが高いの? 商品にもよりますが、基本的には白糖よりも低カロリーです。 特に妊婦の便秘解消におすすめな難消化性オリゴ糖は体内に吸収されにくいのでより低カロリーですよ。 体重管理もしやすくなります。 妊婦の便秘にオリゴ糖は危険?副作用は? オリゴ糖は野菜などの自然由来食品から抽出したもので安心 オリゴ糖の原料の多くは自然由来の野菜から抽出したものなので、妊婦さんでも摂取することが出来ます。 食品なので副作用の心配も少なく、また10カ月間、常に便秘と隣り合わせになる妊婦さんにとって、長期間続けられるということも魅力のひとつです。 ただし、オリゴ糖を一日に20g以上摂ると副作用が出やすくなると言われています。 副作用は、お腹がゆるくなる・腹痛・ガスが溜まりやすくなる・胃部不快感・むくみなどです。 便秘解消に効果があるとはいえ、食べ過ぎは良くないので目安を守るようにしましょう。 またオリゴ糖製品によく含まれる乳糖や食物繊維のイヌリンなどはアレルゲンになりやすい成分です。 食品アレルギーがある場合はアレルゲンになる原料が使われていないかをしっかり確認してから食べるようにしてくださいね。 オリゴ糖が急に効果が無くなることがあるって本当? 始めはお腹の調子が良かったのに、最近はスッキリしない・・・もう効果が無くなっちゃったの? その原因はオリゴ糖の摂り方にあるかもしれません。 先ほどの、【妊婦の便秘解消に効果的なオリゴ糖の食べ方 食べる時間や摂り方をこまめに変える】でお伝えしたように、オリゴ糖のおかげで元気になった善玉菌に対抗しようと、学習した悪玉菌が増えている可能性があります。 これを「腸内環境停滞期」といいます。 解消するためには、悪玉菌が油断している隙をつく為に時間をずらしたり毎回違う食べ方をしたりなど、こまめに摂取方法を変えることが大切です。 腸内環境停滞期にならない為にも、初めから摂り方を意識して予防しましょう。 妊婦の便秘に効果が得られにくいオリゴ糖の種類 実は便秘解消にあまり期待できないオリゴ糖があります。 毎日オリゴ糖を食べているのに一向にお腹がスッキリしない・・・もしかしたら原因はオリゴ糖の種類にあるかもしれません。 イソマルオリゴ糖や大豆オリゴ糖などの消化性オリゴ糖は、文字通り胃腸で消化吸収されやすいという特徴があります。 善玉菌を元気にする効果は一緒なのですが、大腸に届きにくいため整腸作用が難消化性オリゴ糖と比べると劣ってしまいます。 消化性オリゴ糖を単体で摂るよりも、難消化性オリゴ糖と組み合わせて複数種のオリゴ糖を同時に摂る方が便秘解消には効果的ですよ。 便秘に悩む妊婦さん必見!?オリゴ糖を含む食品はこちら オリゴ糖の原材料として使われている食品はこちらです。 オリゴ糖を含む食品は身近なものが多く、手に入れやすいのですが、これらの食品に含まれているオリゴ糖の量はごくわずかというのが現実です。 整腸作用を得る為にはそれなりの量が必要であり、複数種類のオリゴ糖をバランスよく摂るとなると食品から毎日摂取し続けるのは非常に難しいのです。 便秘解消を目的にオリゴ糖をとる場合はサプリメントや健康食品から摂取することをおすすめします。 妊婦が便秘対策にオリゴ糖をとるならサプリ・健康食品が効率的 市販のドラッグストアでオリゴ糖を選ぶ時に注意するポイント いざ「オリゴ糖を選ぶぞ!」と決意しても、市販のオリゴ糖は多すぎてどれが便秘解消に効果的かわからず悩んでしまいますよね。 お腹の赤ちゃんへの影響も気になる部分だと思います。 そこでスーパーやドラッグストアなど、市販でオリゴ糖を選ぶ時に気を付けたいポイントをまとめてみました。 イソマルトオリゴ糖は消化性なので、単体では便秘解消効果があまり期待できません。 選ばないようにしましょう。 次に、難消化性オリゴ糖かどうかをチェックするのはもちろんなのですが、純度や添加物までしっかり見極めることが大切です。 特定保健用食品であるかなども目安の一つにすると良いでしょう。 というのも、商品の中には「オリゴ糖」と謳いながら オリゴ糖よりもショ糖やブドウ糖の方が多く含まれている商品が数多く存在しています。 ショ糖やブドウ糖はただの糖類なので、整腸効果は期待できません。 必然的にカロリーも純粋なオリゴ糖よりも高くなる傾向があります。 液体タイプよりも粉末タイプの方がオリゴ糖含有量が高いものが多いですよ。 そして、妊婦さんご自身やお腹の赤ちゃんの為にもメーカーの品質保証がしっかりしていて、相談窓口がある誠実な販売元の商品を選ぶことをおすすめします。 便秘に悩む妊婦さんにおすすめのオリゴ糖サプリ4選 これらの注意するポイントから、妊婦さんにおすすめのオリゴ糖を厳選してみました。 腸内の30種類以上のビフィズス菌をまんべんなく活性化させる独自技術で10万人以上の人が愛用し、口コミも3000件以上寄せられているオリゴ糖です。 愛飲歴が長い人も多くいます。 独自の黄金バランスが腸内の善玉菌を強く、元気にしてくれます。 成分は難消化性オリゴ糖だけ。 カロリーは砂糖の4分の1と少なく、甘さ控えめなので妊婦さんでも続けやすいのが特徴です。 無香料・無着色で、こちらも赤ちゃんからお年寄りまで食べられる安心品質です。 難消化性オリゴ糖は1種類ですが、イヌリンという水溶性食物繊維がお腹の中でネバネバになって、オリゴ糖を大腸までしっかり届ける工夫がされています。 さらに、妊婦さんに必要な栄養素も一緒に摂ることができるのも特徴のひとつです。 つわりなどで食事が思うように食べられない時にも栄養をサポートしてくれます。 妊婦の便秘対策おすすめオリゴ糖サプリまとめ 口コミや実績からの信頼感や品質や保証、続けやすさなどの総合力ではカイテキオリゴがおすすめです。 便秘解消のために難消化性オリゴ糖だけを徹底して摂りたい場合ははぐくみオリゴが最も効率が良いでしょう。 生活スタイルに合わせてオリゴ糖を持ち歩きしたい、食事で足りない食物繊維もバランスよく補いたい場合はプレファイバー。 つわりで栄養バランスが心配、普段から妊婦に必要な栄養素を摂りつつ、便秘も解消したいという方は快適スルンがおすすめです。 妊婦さんの環境に合わせてチョイスできるのがこの2つの強みですね。 食物繊維も大腸では善玉菌のエサになるので便秘解消の効果が期待できますよ。 自分の体に合うオリゴ糖を選ぶことが便秘解消への近道です。 この4つはどれも妊娠中でも取れるオリゴ糖なので、今のお腹の状態や目的に合わせてオリゴ糖を選びましょう。 オリゴ糖でも効かない・・・妊婦の便秘は1人で悩まずに病院で相談を オリゴ糖を摂って腸内環境を整えても、妊娠中の女性の体は常に変化をするものです。 ホルモンバランスの変化などの内的要因から、お腹の中の赤ちゃんの成長による圧迫などの物理的な原因まで、妊娠と便秘は常に隣り合わせ。 どんなにオリゴ糖などでお腹の調子を整えても、便秘が続いてしまうこともあります。 そんな時はかかりつけの産婦人科の医師に相談をしましょう。 マグミット錠など妊婦でも飲むことが出来る便秘薬を処方をしてくれる場合もあります。 マグミット錠は酸化マグネシウムを主体にしたお薬で、腸内に水分を集めて便を柔らかくして出しやすくする作用がある医薬品です。 オリゴ糖で日常の便秘対策をしながら、時には医薬品に頼ることも大切です。 体調を見ながらうまく付き合っていきましょう。 さいごに 妊娠期間中の便秘は本当に頑固で辛いものです。 ですが、うまく食事にオリゴ糖を取り入れることでスッキリ快適な生活を目指すことができます。 まずは腸内環境を見直すことから始めてみましょう。 ただしオリゴ糖だけに頼るのではなく、バランスの良い食事・散歩や軽い運動・水分を多めに摂るなどの基本も忘れずに行う必要がある事を忘れないでくださいね。 お腹の中から元気にして、もっともっと妊婦ライフを楽しみましょう!•

次の