花田虎上 次女。 花田美恵子の子供の顔は父親似?息子と娘は元夫花田虎上と似ているのか

唐伯虎的人物简介_百度知道

花田虎上 次女

93年(22歳)3月場所で幕内初優勝。 7月場所後に大関に昇進。 98年(27歳)3月場所と5月場所で連続優勝。 5月場所後に第66代横綱に昇進。 00年(29歳)3月場所5日目で引退。 ・母親は女優の藤田憲子。 ・父親が19歳の時に産まれた。 ・生まれた時の体重は約3600グラム。 ・2歳年下の弟がいる。 ・1歳の時、ヤマハのガス給湯器のCMで父親と共演。 ・親が洋風好みで家に畳の部屋がなかった。 ・子供の頃、弟とよくケンカをした。 ・子供の頃、父親によくケイコ場に朝早く連れて行かれて正座で見学させられた。 その当時は将来相撲は絶対にやらないつもりだった。 ・幼稚園時代、将来暴走族になりたいと思っていた。 ・父親は巡業で家にいない事が多かった(いない方が嬉しかった)。 ・母親の躾が厳しかった。 ご飯つぶを残す、挨拶が出来ない、靴を脱ぎっぱなし、等でよく殴られた。 門限17:00(小学校時代)に1分でも遅れると正座させられた。 お仕置きで布団たたきで跡が残る程叩かれた。 ・食事は朝からすき焼きやうなぎだった。 ・母親が作ってくれるお弁当は超豪華でおかずは常に5品以上あった。 シャケフレークをはさんだごはんの上にイクラの醤油漬け、など。 ・家族で焼肉屋に行くと肉が出てくる前にタレでごはんを3杯食べた。 ・子供服のキングサイズのモデルをしていた。 ・食卓についてなかなか食事が出て来ないとティッシュペーパーを食べた。 ・小学校時代、近所で有名なワルガキだった。 中学生を相手にケンカした。 ・小学校時代、自転車で歌舞伎町に遊びに行っていた。 ・小5の時、運動会のリレーで転倒して股関節を脱臼した。 ・中学時代、不良だった。 ・中学時代、女の子にモテたくて100㎏から65㎏までダイエット。 ダイエット中に栄養不足で2回倒れた。 ・中2の時、幼馴染みの友人に紹介して貰った女の子と1回だけデートした。 歌舞伎町でボウリングを1ゲームやっただけで終了。 ・中学時代、将来美容師になりたいと思っていた。 ・高校時代、監督不在時に相撲部の練習場でゴルフ、テニス、バレーボール、アメフトをした。 ・高2の時、沖縄国体少年の部準優勝、全国高校選抜大会優勝。 パスタ。 ベーグル。 レバ刺し。 北京ダック。 イカメンチ。 うなぎ。 ふりかけ。 アイスクリーム。 牛乳生どら焼き。 チョコミントアイス。 ・嫌いな食べ物…らっきょう。 ピーマン。 玉ねぎ。 ・得意料理…カレーライス。 チャーハン。 パスタ。 ・夜は基本的に炭水化物を摂らない。 ・野菜を先に食べる。 ・酒が強い。 ブランデーやテキーラのボトルを一晩であける。 ・健康法…ウォーキング(自宅そばの海岸を歩く)。 ・蜂窩織炎を患った事がある。 ・朝にたくさん食べて夜はあまり食べずに約20㎏減量(=04年)。 ・現役引退後に身長が4㎝減った。 ・現役時代に比べて50㎏減った体重をキープしている(=13. 04現在)。 ・末端冷え性。 ・ウンコをする時に鼻水が出る。 ・子供の頃から洋式生活だったので畳に座るのが苦手。 ・ゴキブリが大の苦手。 自宅にゴキブリが出た時にソファを投げつけた事がある。 ・歯医者が大の苦手。 削る音を聞いて途中で帰った事がある。 ・好きな音楽…ロック。 ラップ。 ・好きなミュージシャン…ジャネット・ジャクソン。 ・映画のディスクを600〜700枚所有。 ・ケン・グリフィーJr. の本を読んで自分と考え方がとても似ていてびっくりした。 ・自宅に防犯グッズがたくさんある(木刀、警棒、さすまた、マグライトなど)。 ・モノ持ちが良い。 同じパジャマを15年着ている(=00. 04現在)。 ・ロレックスの腕時計を愛用。 妻から180万円のロレックスをプレゼントして貰った。 ・ペット…犬4匹(=06. 01現在)。 ・住んでいる所…千葉県富津市(建物の価格約6500万円、洋風の豪邸、3LDK、 リビング20畳、海がすぐ近所=19. 03現在)。 ・自宅のガレージの一角にトレーニングスペースがある(=12. 10現在)。 韓国家庭料理「松屋」(中野)。 「てっぽう」(中野新橋)。 「亜紀」(六本木、うなぎチャーハンがお気に入り)。 新宿伊勢丹(シーズン毎に衣装をまとめ買い=18. 04現在)。 ・出かける時にリビングで靴を履く。 ・クルマが大好き。 20年間で30台を乗り継いだ(総額2億円=10. 05現在)。 フェラーリのオープンカーに乗っていた(相撲界初のフェラーリ乗りだった)。 愛車は67年聖シボレー・カマロ(よくエンストする=11. 01現在)。 ・1800㏄の超大型バイクに乗っていた。 ・船が苦手(船酔いする)。 ・自家用車のベンツを運転中に信号待ちをしていたワンボックスカーに衝突(=01年)。 原因は自分のブレーキの踏み遅れ。 スピードが出ていなかったので怪我人はなし。 ・新幹線の中で15人を相手にケンカをして新幹線を止めた事がある。 ・心配性。 ・父親が口腔ていがんで他界(享年55=05年)。 ・父親の前では「座れ」と言われるまで直立不動だった。 ・母親と仲が良い。 ・引退後も母親を「おかみさん」と呼ぶ。 よく母親とケンカする。 ・弟と長期に渡って不仲状態が続いている(今後一生会わないつもり=14. 11現在)。 ・子供と一緒に川の字で寝ていて寝返りをうって子供を下敷きにした事が何度もあった。 ・子供を厳しく躾けた。 手を上げて叱った事がよくあった。 ・よく自宅に庭でバーベキューパーティーを開催。 ・ハーフの女性と交際した事がある。 ・前妻と夫婦喧嘩をして妻が非常ベルを押して自宅にパトカーが来た事があった。 ・前妻と別居を始めた時の全財産は10万円。 住む部屋を借りられなかったので知人宅を転々とした。 公園からテレビ局に行った事があった。 ・妻がフードコーディネーターの資格を持っている。 ・妻の実家は米屋。 ・妻と毎日キスをする。 ・妻と一緒に入浴して妻の頭を洗ってあげる。 ・妻は母親(藤田憲子)と仲が良い。 ・2ヵ月に1回妻公認で六本木で夜遊びする。 ・Apple WatchのGPSで妻に居場所をチェックされる。 子供が同じ病院で産まれた時に妻同士が仲良くなった。 ・曙太郎…友人。 飲み友達。 ふたりでボトルを24本空けた事がある。 同期入門のライバル。 現役時代はほとんど口をきかなかった。 初優勝を決めた一番の対戦相手。 ・一色紗英…友人。 一色の叔母が藤島部屋後援会だった。 お互い子供の頃からの知り合い。 ・唐沢唐明、真田広之、川合俊一、中野英雄、牧瀬里穂…友人。 飲み友達。 ・南雲吉則…友人。 南雲が提唱する健康法を実践している。 ・井上公造、飛鳥涼、川平滋英、三浦知良、浅香光代…友人。 ・輪島大士…父親の親友。 子供の頃に家によく遊びに来ていた。 ・大嶽親方(元関脇貴闘力)…小学生の時に藤島部屋(当時)に押し掛けてきて そのまま居候して兄弟優勝決定戦ように育った。 兄弟子。 新弟子時代に付き人をやった。 ・栃東大祐…明大付属中野高校の後輩。 弟のようにかわいがって相談に乗ってあげた。 現役最後の対戦相手。 ・大嶽親方(元関脇貴闘力)、音羽山親方(元大関貴ノ浪)、千田川親方(元関脇安芸乃島) …同じ部屋(二子山部屋)で同時期に活躍。 ・貴乃花光司…実弟(第65代横綱)。 一緒に藤島部屋(現・二子山部屋)に入門。 95年九州場所の優勝決定戦で史上初の兄弟対決(若乃花が勝利)。 98年夏場所後に若乃花が第66代横綱横綱に昇進して史上初の兄弟横綱を務めた。 03年初場所で引退。 貴乃花に景子夫人を紹介した。 ・花田勝治(元横綱・初代若乃花)…伯父。 ・相馬学…力士時代に一番頼りにしていた付き人。 ・菅野美穂、YUKI(JUDY AND MARY)…憧れている芸能人。 ・茂森あゆみ、高岡早紀…交際を噂された。 ・和久井映見…花田が何度もアプローチしたがふられたと噂された。 ・栗尾美恵子…元日本航空のスチュワーデス。 02挙式、07. 02離婚。 2歳年上。 貴乃花がセッティングした合コンで知り会った(人生で初めて参加した合コンだった)。 離婚前に5年間別居していた。 ・倉実…元保育士。 12入籍。 交際10ヵ月で結婚。 10歳年下。 友人の紹介で知り合った。 「私が守ってあげる」と妻の方からプロポーズされた。 「まあちゃん」を呼ばれる。 ・子供: 長女…百華(わか)。 5歳(=15. 01現在)。 次女…桃果(もか)。 1歳(=15. 01現在)。 ・力士になりたいと思っていなかったが周囲の勧めで入門した。 ・弟子入りを決めて自宅の子供部屋を出る日に家族4人で泣いて別れた。 父親に「これから先は親が死んだ時以外絶対泣くな」と言われた。 ・新弟子時代、約50畳の大部屋で約50人が生活。 ・新弟子時代、親方の子という事でいじめられ、 親方から見せしめとしてよく殴られた。 ・新弟子時代、弟がいじめられないように常に気を配っていた。 ・付き人時代、お金がなかったのでひと皿の焼肉を弟とわけあって食べた。 ・取組で鼻を2回骨折、口の中を何度も切って何十針も縫った。 ・足の裏が割れた時は瞬間接着剤でくっつけた。 ・弟が先に十両に昇進をした時に妬みで殴り合いのケンカをした。 ・弟の付き人が休んだ時に代理で付き人をやった。 ・ベッドの横に置いていたマイ金庫に現金2000万円を貯金していた。 ・入門時98㎏の体重を138㎏まで増やした。 ・小錦との対戦で顔面から落ちて顔の半分を擦って傷口に小さな砂が入った。 ・新入幕の時に「三役を1場所出来れば上出来」新三役の時に「大関にはなれない」 新大関の時に「横綱にはなれない」と言われた。 その悔しさが頑張るエネルギーになった。 ・場所前に自分を興奮させる為に肉を食べて精神が興奮するような映画や音楽に接していた。 ・本場所の取組中にウンコを漏らした事が2回あった。 ・3月場所で小結として幕内初優勝(=93年)。 初優勝をして母親に挨拶をした時に「小さい体でよく頑張ったね」と言われて一緒に泣いた。 ・曙や貴乃花がリムジンに乗っていたので大関に昇進した時に自分も勝ったら師匠に 「お前は大統領か、返してこい」と言われて1週間で返した。 ・九州場所で史上初の兄弟優勝決定戦を制して優勝(=95年)。 ・3月場所の旭鷲山戦で右大腿二頭筋部分断裂の大怪我(=97年)。 ・横綱昇進を断わって引退を考えたが周囲に反対されて翻意。 ・横綱昇進伝達式の時に「堅忍不抜」を「けんしんふばつ」と読んでしまった。 ・土俵入りの型は「短命横綱の代名詞」と言われる不知火型。 ・130㎏前後が動きやすかったので体重が増え過ぎるとダイエットした。 ・花道をひきあげる時に頭を殴ってきた観客を引きずり倒して土下座して謝らせた。 ・髪の毛を洗う時に油を流す為にシャンプーを1本まるまる使っていた。 ・ぶつかり稽古の影響で視神経がおかしくなって クルマの運転中にいきなり目が見えなくなった事があった。 元々2. 0だった視力は引退時には0. 2まで落ちた。 ・毎年のようにアメリカやイギリスで海外巡業。 ・99年3月場所玉春日戦で左大腿二頭筋不全断裂。 ・99年9月場所で7勝8敗の負け越し。 ・00年3月場所5日目栃東戦を最後に引退。 ・現役時代の最高体重は138㎏。 ・現役時代の最高年収は約1億円。 ・自宅(二子山部屋)に侵入した泥棒を木刀で追い払った事がある。 ・ストーカーの女性が自宅(二子山部屋)に侵入していた事がある。 ・格闘技を観ていると無意識に技を出すタイミングをチェックしてしまう。 ・所得税の申告漏れを指摘された(=96年)。 ・相撲観の違いなどから弟と不和騒動(=98年)。 ・引退を発表した日は叔父・初代若乃花の72回目の誕生日だった。 ・引退した翌日から原因不明の異常な悪寒が2日間続いた。 ・相撲協会を退職(=00年)。 ・引退後仕事がなくお金に困って腕時計を質屋に入れた事があった。 ・BSフジ「ザ・ロングインタビュー」で「人気凋落の原因は協会の怠慢」と発言(=01年)。 ・相撲という競技自体は好きだが大相撲の古い体質は嫌い。 ・アメフトチーム・オンワードスカイラークスに入団(=01年)。 アメリカンフットボールは子供の頃から1番やりたかったスポーツだった。 相撲の摺り足からアメフトの踵をあげる走り方に変えるのに苦労した。 ・総理大臣から直接電話がかかってきて出馬を要請されたが断った。 ・父親の葬儀終了後に弟・貴乃花との様々な確執が取り沙汰された(=05年)。 ・自宅を「誰だって波瀾爆笑」で公開(=09年10月11日放送分)。 最盛期は国内28店舗、韓国1店舗の計29店を展開、年商30億円以上、従業員2000人以上。 焼肉「66亭」、うどんダイニング「若うどん」、どんぶり屋、スイーツ店も経営していた。 六本木の1号店は03年に開店。 ・副業が順調だった頃の年収は芸能界の仕事をあわせて約2億円以上。 ・自宅を「誰だって波瀾爆笑」で公開(=11年1月22日放送分)。 ・妻・倉実、長女・百華が「誰だって波瀾爆笑」に出演(=11年1月22日放送分)。 ・芸名を「花田虎上」に改名(=11年)。 ・自宅を「ナカイの窓」で公開(=14年3月19日放送分)。 ・マネージャーを付けずにひとりで仕事の現場に行く。 仕事で3回来た服はプライベート用にまわす。 ・テレビ「そんなコト考えた事なかったクイズ」で四股を踏んだ時に肉離れ(=19年4月9日放送分)。

次の

花开伊吕波(outage.smeco.coop制作的电视动画)_百度百科

花田虎上 次女

t 一、真实的唐伯虎:一生穷困潦倒哪儿有九个妻妾 唐寅 1470—1523年 ,字伯虎,又字子畏。 出身在小商世家的唐寅,自幼聪敏,熟读四书五经,16岁时,就在县试、府试、院试中屡占鳌头,赴南京乡试,又中第一名解元。 相传唐寅年轻时曾梦见九鲤神赠墨一担,从此茅塞顿开,画入逸品。 圆状的墓墩高约3米,花岗沿围砌,扶疏竹影,甚是肃穆恬静。 唐伯虎才如江海,命却纸薄,他的一生道路坎坷多舛,生活穷困潦倒,郁郁不得志,并非他死后被人传说的那样风流倜傥。 据《明史? 唐寅传》记载,唐伯虎29岁乡试中解元后,次年赴京会试,因科场试题泄漏,他无辜受牵连入狱,成了朝廷党争的牺牲品。 后又因入僚于南昌宁王朱宸濠,发现宁王有图谋作乱之意,就伪装癫狂,被遣还故里。 经历了两次致命打击后,他心灰意冷,看破红尘。 一边沉潜到诗画之中,一边以酒醉日消愁。 唐寅苦难的命运,使中国的历史上少了一个小官吏,却多了一个传世的大画家。 他的书画生涯,曾为他的苦难人生撑起了一方亮丽的天空。 据考证,秋香确有其人,是当时南京一名颇具名气的青楼妓女,至少比唐寅大十几岁,根本不可能与他发生一场风流瓜葛。 北宋时唐氏家族南迁,开始来到南京、苏州经商。 唐寅就出生在苏州府吴县吴趋里一个商人家庭。 唐寅一生共有三位妻子,十九岁时娶徐氏,是徐廷瑞的次女,但在她大约廿四岁的时候病逝。 后来可能又娶有一室,但碰到科场弊案的牵累而离去。 后娶沈氏,或名九娘,唐伯虎自幼天资聪敏,熟读四书、五经,并博览史籍,16岁秀才考试得第一名,轰动了整个苏州城,二十九岁到南京参加乡试,又中第一名解元。 正当他踌躇满志,第二年赴京会试时,因牵涉科场舞弊案而交恶运。 事情败露,唐寅也受牵连下狱。 是年京城会试主考官是程敏政和李东阳。 两人都是饱学之士,试题出得十分冷僻,使很多应试者答不上来。 唐寅和徐经到京城后多次拜访过程敏政,特别在他被钦定为主考官之后唐寅还请他为自己的一本诗集作序。 这已在别人心中产生怀疑。 这次又听程敏政在考场这样说,就给平时忌恨他的人抓到了把柄。 一帮人纷纷启奏皇上,均称程敏政受贿泄题,若不严加追查,将有失天下读书人之心。 孝宗皇帝信以为真,十分恼怒,立即下旨不准程敏政阅卷,凡由程敏政阅过的卷子均由李东阳复阅,将程敏政、唐寅和徐经押入大理寺狱,派专人审理。 徐经入狱后经不起严刑拷打,招认他用一块金子买通程敏政的亲随,窃取试题泄露给唐寅。 唐寅出狱后,被谪往浙江为小吏。 唐寅耻不就任。 关于这场会试泄题案,记载很多,说法不一。 实际上这是统治阶级内部斗争的结果。 《明史? 从此唐寅绝意仕途。 归家后纵酒浇愁,游历名山大川,决心以诗文书画终其一生。 明弘治十三年(1500),唐寅离开苏州,坐船到达镇江,从镇江到扬州,游览瘦西湖、平山堂等名胜。 然后又坐船沿长江过芜湖、九江,到庐山。 庐山雄伟壮观的景象,给唐寅留下深刻的印象。 在他以后的绘画作品中被充分地反映了出来。 他又乘船溯江而上到了黄州,看到赤壁之战遗址。 唐寅的《赤壁图》即依此所画。 后又南行入湖南,登岳阳楼,游洞庭湖。 又南行登南岳衡山。 再入福建,漫游武夷诸名山和仙游县九鲤湖。 唐寅由闽转浙,游雁荡山、天台山,又渡海去普陀,再沿富春江、新安江上溯,抵达安徽,上黄山与九华山。 此时唐寅囊中已罄,只得返回苏州。 唐寅千里壮游,历时9个多月,踏遍名山大川,为后来作画增添了不少素材。 返回苏州,家中非常清贫,妻子大吵大闹,终于离他而去。 他住在吴趋坊巷口临街的一座小楼中,以丹青自娱,靠卖文鬻画为生。 闲来写幅丹青卖,不使人间造孽钱。 唐寅三十六岁时选中城北桃花坞,建了一优雅清闲的家园,度其清狂生活。 桃花坞原是宋人章庄简的别墅,但经风雨沧桑,早成一片废墟。 不过这里景色宜人,环境十分幽静,一曲清溪婉蜒流过,溪边几株野桃衰柳,一丘土坡,很有几分山野之趣。 第二年唐寅用卖画的钱建成了桃花坞别墅。 酒醒只在花前坐,酒醉还来花下眠。 半醉半醒日复日,花落花开年复年。 从南昌回家后因常年多病,不能经常作画,加上又不会持家,生活艰难,甚至常靠向好友祝枝山、文征明俩人借钱度日。 其间有著名书法家王宠常来接济,并娶了唐寅唯一的女儿为儿媳,成了唐寅晚年最快乐的一件事。 死后葬在桃花坞北。 嘉靖26年迁葬到横塘镇王家村。 他逝世后由其亲友王宠、祝允明、文徵明等凑钱安排后事,祝允明写了千余字的墓志铭,由王宠手书,刻在石碑上。 后世有关唐寅的生平事迹大多是从这墓志铭中得到的。 唐寅仕途坎坷,晚境凄凉,以致身后诗文几近散轶。 明万历年间,常熟书商何君立仰慕唐伯虎的诗文和为人,不惜重金,征求片纸只字,为他搜集整理诗赋词章。 将唐寅生前散轶的近百首(篇)诗文核阅后付梓,这就使唐寅有了第一个较完善的诗 文集传世,一时洛阳纸贵。 后来,江南著名的出版藏书家。 常熟书商毛晋也十分敬重唐寅才情为人,他在编录《明诗纪事》及《海虞古今文苑》时,又特地详细收录了唐寅生前诗文和轶事,丰富和完善了唐伯虎诗文内容,为后代积累了生动的文化资料。 毛晋,后来还独立承担了重修唐寅墓的重任。 据《苏州府志》,崇祯甲申三月十六,毛晋与同郡士人游春至姑苏横塘王家村,因见一代才子唐寅之墓荆棘荒芜,牛羊放逐墓园,顿生哀悯之心。 他询问附近田夫,方知唐寅亡后,后嗣中唯剩一侄孙孀妇,经济拮据,困顿城内,以致唐寅四时之祭匮乏。 但历史上真实的唐伯虎却是一生坎坷,并非《三笑》中塑造的那种喜剧角色。 出身寒门考中解元 唐伯虎 1470—1523 ,名寅,字伯虎,后字子畏,别号六如居士、桃花庵主等,我国绘画史上杰出的画家、文学家。 明成化六年 公元1470年 ,唐伯虎生于苏州,其父唐广德是普通的苏州市民,在苏州皋桥开设酒肆做小生意,其母丘氏也是当地的小家碧玉。 因他出生那年是庚寅年,故取名唐寅,因在家中排行老大,故又称唐伯虎。 据苏州有关文史专家介绍,唐伯虎自幼天资聪敏,过目成诵,熟读四书五经,博览《史记》、《昭明文选》等史籍,闲暇时也学画山水花鸟。 当时文徵明的父亲文林常去唐家的酒肆喝酒,见唐伯虎禀赋和才学过人,决定让唐寅与文徵明一起拜吴门画派创始人沈周为师。 唐伯虎16岁时秀才考试得第一名,轰动了整个苏州城。 唐伯虎19岁时娶当地女子徐氏为妻,两人感情甚洽。 唐伯虎25岁那年家中遭遇不幸变故,父、母、妻、妹在一年之内相继去世,这对他打击很大,悲痛之余,唐伯虎更加努力读书治学。 进京会试遭牢狱灾 考中解元后的第二年,30岁的唐伯虎踌躇满志地进京参加会试,路遇同去赶考的江阴巨富家的公子徐经,两人相谈甚恰,遂结成莫逆之交。 这位徐经,就是后来著名的旅行家徐霞客的曾祖父。 徐经文才不行,开考前请唐伯虎帮他写好了文章,而唐伯虎事先并不知情。 毕竟纸里包不住火,此事不久就被人告发,两人都锒铛入狱。 唐伯虎虽被释放出狱,但经过这番折腾已经声名扫地,科举仕途已无望。 耻于去浙江当小吏,又感到没有脸面回家,31岁的唐伯虎开始游山玩水排遣苦闷,足迹遍布浙、皖、湘、鄂、闽、赣等省。 史载,唐伯虎曾和祝枝山等扮为乞丐,沿街唱莲花落讨钱,钱讨来了,就上酒楼喝酒。 明弘治十八年 公元1505年 ,已经36岁的唐寅续娶患难中的红颜知己沈九娘为妻,随后在苏州金阊门外桃花坞筑屋,取名桃花庵 遗址在今桃花坞大街。 说实在,感觉蒲松龄,曹雪芹都比他命运好。 四、唐伯虎点秋香 历史上虽有秋香其人,且和唐伯虎同是生活在明代中叶;不过她至少要比唐伯虎大二十岁。 秋香虽在金陵高张艳帜,但她二人之间实难发生风流韵事。 秋月融融照佛寺,香烟袅袅绕经楼。 大意是说,苏州才子陈. 元超,性格放. 荡不羁。 一次,他和朋友游览虎丘,与秋香不期而遇,秋香对陈公子灿然一笑。 其实就笑了一下,陈公子便招架不住,于是暗访秋香踪迹。 于是,陈公子乔装打扮,到官宦人家 里做了公子的伴读书童。 不久,陈. 元超觉得时机已到,因为他发现俩公子已经离不开他,便谎称要回家娶亲。 俩公子说,府上有这么多婢女,你随便挑。 陈公子说,既然这样,恭敬不如从命,我就点秋香吧。 陈公子遂心如愿,结成姻缘。 这就是《耳谈》中因笑传情,因情结缘的一个爱情故事。 到了明朝末年小说家冯梦龙的手中,就变成了《唐解元一笑姻缘》。 我们知道,唐伯虎所生活的年代,正是明代经济十分发达的时期,苏州是当时经济文化发展的中心城市。 经济上的繁荣必然带来思想上的活跃。 特别是当时的中下层知识分子,他们的思想就十分活跃。 他们急需思想解放,急需实现个人的理想。 在这种情况下,中下层知识分子急需找到一个他们精神、理想、情感、意志的代言人。 急需找到一个生活上放浪不羁、敢于带头冲锋、挑战的叛逆形象。 这就找到了唐伯虎身上,因为唐伯虎自身就有不拘礼法的性格特征。 在各种形式的文艺作品中,文人墨客们故意让唐伯虎不拘礼法,让他放浪形骸。 故意让唐伯虎闯朱门豪宅,让他和达官贵人插科打诨。 故意让唐娶自己心爱的女人为妻,让他为争取自己的理想自由奋斗。 这就是为什么要把点秋香的重任放在唐伯虎身上的原因。 那么,在历史上到底有没有秋香这个人呢?有。 秋香,本名林奴儿,字金兰,号秋香。 她是金陵妓院中的名妓,琴、棋、书、画样样精通,在历史上确实被人点过。 是不是唐伯虎点的呢?肯定不是。 因为据考证,秋香比唐伯虎大20岁。 她有不幸的家庭遭遇,没有办法才堕入青楼。 因为人品好,后来转业从良。 沈周是明代相当著名的大画家,曾为秋香画过一幅丹青画,写过一首词。

次の

花田美恵子

花田虎上 次女

略歴 [ ] で生まれ、その後、に転居する。 在籍時より『』のとして活動し人気を博す。 後にオリーブ初の専属モデルとなった。 在学中、専属から外れた後も『』などのファッション雑誌に登場していた。 に入社、として勤務する。 在職中、ステイ先でのでの若花田(花田勝、現・)と知り合い、6月に結婚。 に長男、に長女、に次女、に三女と4人(1男3女)の子どもをもうけるも、より別居、10月2日に離婚届を提出。 離婚は翌3日明らかになった。 『』(2007年10月18日号)で「夫の度重なる浮気が主原因」と離婚に至る経過を語っている。 4人の子供のは美恵子が持つこととなり、同時に改姓の上、花田姓を維持することになった。 『』 2007年10月22日発売 で勝と別居時、11歳年下の若手俳優・と不倫関係にあったと報じられた。 『女性セブン』(2009年3月26日号 にて、2009年4月から4人の子供とに移住することを、インタビューで語っている。 離婚後は、家族内で何かあるたびに自宅の前に記者が張り込んでいる生活にストレスを感じ、4人の子供を伴って・に移住。 『女性セブン』(2009年5月14. 21日GW合併特大号 で隔週連載「シングルマザー日記 美恵子さん from Hawaii」をスタートした。 2012年よりタレント活動を開始した。 子育てが落ち着いた11月にのインストラクター資格を取得、2016年よりカハラ地区にあるで講師としてレッスンを行っている。 12月、13歳年下の会社経営者との再婚を公表。 出演 [ ].

次の