新サクラ大戦 失敗。 『新サクラ大戦』の全BGMを収録『新サクラ大戦 オリジナルサウンドトラック』6月24日(水)発売

新サクラ大戦

新サクラ大戦 失敗

新サクラ大戦の評価 初週14万本の売上とまずまずのスタートを切った【新サクラ大戦】。 ただその後伸び悩みましたね。 過去作の最低売上が【サクラ大戦V~さらば愛しき人よ~】の14万本だったのを考えると正直微妙なラインですね。 というか 旧作が基本初週で20万本以上超える作品ばかりだったのでそれと比較するのは少し無理がありますね。 ただ評価を見てみると正直低いです。 特に旧作ファンからは旧作キャラに対する批判が多く、新規の方からはボリューム不足が指摘されています。 更にウォーシュミレーションから思い切って無双タイプのアクションに変更したのが正直裏目にでてしまったのも大きいです。 明らかに調整不足ですね。 その為遣り込み要素の【いくさちゃん】を遣り込む人は殆ど居ないのではないのでしょうか? かく言ううちも遣り込んでいません。 まあ 世間一般的には厳しい評価と言わざるを得ないですね。 ここからはうち個人が感じた内容を述べていきます。 うち的に良かった所 うちは【セガサターン】からの古参ユーザーにあたります。 よって若干ひいき目な所もありますのでご了承下さい。 きちんとサクラ大戦していた やはり一番よかったのはサクラ大戦だった事です。 今回は広井さんがノータッチだったので凄く心配しましたが、サクラ大戦の世界観だったので安心しました。 やはりこの独特の世界観が崩れていなかったのがうち的には一番良かったところです。 架空世界の大正。 大正浪漫の名の通り、この時代背景は凄く良いです。 そういえば今大人気の【鬼滅の刃】の舞台も大正ですね。 やはり作品の雰囲気づくりは大切だと改めて感じます。 ストーリのテンポが良い ストーリーに関しましては賛否両論あるかと思います。 確かに内容的にはベタな感じが否めません。 更に物語のボリューム不足もあります。 ただ、 物語の流れが良いです。 テンポが良いのでベタな内容でもスッと入ってこれました。 確かにボリューム不足感は否めませんが、変にダラダラしてなくてうち的にはこの短さは正解だったと思います。 といっても定価がまあまあ高いのでそこを考えるともう少し遊ばせてほしいという気持ちもわかります。 この辺のバランスは難しいですね。 グラフィックが素晴らしい さすがSEGAさんですね。 グラフィックが素晴らしいです。 兎に角ヌルヌル動きます。 背景も素晴らしいですし、演出も問題無し。 映像といった観点から見ると、かなりの高評価ゲームだと思います。 それだけに、CGとアニメと一枚絵が混在しているのが勿体なかったですね。 ただフラフィックって大事だなと本当に思いました。 新作としての展開 こちらも賛否両論ありますが、うち的には 過去のサクラ大戦と上手い事切り離せてたと思います。 確かに旧華撃団メンバーの扱いはどうなってんねんと思うのもわかります。 ただ新しい物語として考えると、ちょうどこれぐらいのアクセントで良いのではないかと感じています。 あまり旧作のメンバーが出過ぎるとやはりバランス的には悪くなると思います。 だから 最後も殆ど触れない展開で正解だとうちは感じました。 最後に全メンバー出てきたらそれはそれでおかしかったと思います。 旧華撃団メンバーは幻都にてまだ戦っているのです。 彼女たちは強いのですから。 うち的に悪かった点 細かい点はかなりあると思いますので大きく3つにまとめます。 あくまで個人的に感じた事です。 フルボイスでは無い これデカイです。 今のご時世【エロゲー】でさえフルボイスなのに。 折角の流れが急にストップする感じが凄くイヤでした。 もっというとボイスが入るイベントとそうでないイベントの違いが判らないのも厳しいいです。 結構シリアスな場面でボイスが無かったと思えば、白秋さんのオムライス語りにボイスが入っていたりとなんか滅茶苦茶です。 これは納期の兼ね合いだったのでしょうか? 残念でした。 バトルパートが失敗 はっきり言います。 バトルパートは大失敗だと感じています。 グラフィックも綺麗ですし、操作性も悪くない。 爽快感もある。 でも面白くなかったです。 その最大の理由は難易度低すぎます。 むしろ逆にどうやったらゲームオーバーになるのか悩みました。 落下してもダメージなし。 ボタン連打でジャスト回避できる。 そのくせ空中の敵には攻撃当らないし。 絆システムもわかり難い。 これはダメでした。 もう少し難易度を上げないと。 更に アドベンチャーパートとのリンクも弱く感じました。 合体攻撃もほとんど使わないですし。 明らかな調整不足です。 辛辣ですが ゲームの特性を考えるとアドベンチャーパートとの結び付けが必須なので、バトルパートをアクションにしてしまったのは愚行でした。 やりこみ要素の不足 上記バトルパートの問題からやり込み要素が全く無いです。 恐らく【いくさちゃん】や【こいこい大戦】を遣り込み要素にする予定だったと思います。 残念ながら報酬がブロマイドで、尚且つゲーム自体が面白くないのでこれは無理でした。 そう考えると、本編とは別に寄り道してハマる部分が無いので余計にボリューム不足を感じてしまいます。 今のゲームはやはり本編とは別の遣り込み部分が不可欠です。 トロフィーなんかもその一環ですが、トロフィーの内容も正直ヒドイです。 ここは一番の猛省箇所だとうちは感じています。 アクセントがつけれませんでした。 まとめ 若干マイナス面が目立つ作品でしたが、うち的には 70点の出来だと感じました。 本当に残念だったのはバトルパートです。 その為、アドベンチャーパートも少しダルく感じてしまいました。 ストーリーが秀逸なだけにもったいなかったです。 そして続編ですが、ストーリー的にはあると思います。 ただ売上をSEGAがどう思っているのか? 大コケでは無いものの、予定を下回っていると感じます。 まだまだ修正は可能な作品なので、うち的には是非続編を出して頂きたいと感じています。

次の

『新サクラ大戦』の全BGMを収録『新サクラ大戦 オリジナルサウンドトラック』6月24日(水)発売

新サクラ大戦 失敗

新サクラ大戦の評価 初週14万本の売上とまずまずのスタートを切った【新サクラ大戦】。 ただその後伸び悩みましたね。 過去作の最低売上が【サクラ大戦V~さらば愛しき人よ~】の14万本だったのを考えると正直微妙なラインですね。 というか 旧作が基本初週で20万本以上超える作品ばかりだったのでそれと比較するのは少し無理がありますね。 ただ評価を見てみると正直低いです。 特に旧作ファンからは旧作キャラに対する批判が多く、新規の方からはボリューム不足が指摘されています。 更にウォーシュミレーションから思い切って無双タイプのアクションに変更したのが正直裏目にでてしまったのも大きいです。 明らかに調整不足ですね。 その為遣り込み要素の【いくさちゃん】を遣り込む人は殆ど居ないのではないのでしょうか? かく言ううちも遣り込んでいません。 まあ 世間一般的には厳しい評価と言わざるを得ないですね。 ここからはうち個人が感じた内容を述べていきます。 うち的に良かった所 うちは【セガサターン】からの古参ユーザーにあたります。 よって若干ひいき目な所もありますのでご了承下さい。 きちんとサクラ大戦していた やはり一番よかったのはサクラ大戦だった事です。 今回は広井さんがノータッチだったので凄く心配しましたが、サクラ大戦の世界観だったので安心しました。 やはりこの独特の世界観が崩れていなかったのがうち的には一番良かったところです。 架空世界の大正。 大正浪漫の名の通り、この時代背景は凄く良いです。 そういえば今大人気の【鬼滅の刃】の舞台も大正ですね。 やはり作品の雰囲気づくりは大切だと改めて感じます。 ストーリのテンポが良い ストーリーに関しましては賛否両論あるかと思います。 確かに内容的にはベタな感じが否めません。 更に物語のボリューム不足もあります。 ただ、 物語の流れが良いです。 テンポが良いのでベタな内容でもスッと入ってこれました。 確かにボリューム不足感は否めませんが、変にダラダラしてなくてうち的にはこの短さは正解だったと思います。 といっても定価がまあまあ高いのでそこを考えるともう少し遊ばせてほしいという気持ちもわかります。 この辺のバランスは難しいですね。 グラフィックが素晴らしい さすがSEGAさんですね。 グラフィックが素晴らしいです。 兎に角ヌルヌル動きます。 背景も素晴らしいですし、演出も問題無し。 映像といった観点から見ると、かなりの高評価ゲームだと思います。 それだけに、CGとアニメと一枚絵が混在しているのが勿体なかったですね。 ただフラフィックって大事だなと本当に思いました。 新作としての展開 こちらも賛否両論ありますが、うち的には 過去のサクラ大戦と上手い事切り離せてたと思います。 確かに旧華撃団メンバーの扱いはどうなってんねんと思うのもわかります。 ただ新しい物語として考えると、ちょうどこれぐらいのアクセントで良いのではないかと感じています。 あまり旧作のメンバーが出過ぎるとやはりバランス的には悪くなると思います。 だから 最後も殆ど触れない展開で正解だとうちは感じました。 最後に全メンバー出てきたらそれはそれでおかしかったと思います。 旧華撃団メンバーは幻都にてまだ戦っているのです。 彼女たちは強いのですから。 うち的に悪かった点 細かい点はかなりあると思いますので大きく3つにまとめます。 あくまで個人的に感じた事です。 フルボイスでは無い これデカイです。 今のご時世【エロゲー】でさえフルボイスなのに。 折角の流れが急にストップする感じが凄くイヤでした。 もっというとボイスが入るイベントとそうでないイベントの違いが判らないのも厳しいいです。 結構シリアスな場面でボイスが無かったと思えば、白秋さんのオムライス語りにボイスが入っていたりとなんか滅茶苦茶です。 これは納期の兼ね合いだったのでしょうか? 残念でした。 バトルパートが失敗 はっきり言います。 バトルパートは大失敗だと感じています。 グラフィックも綺麗ですし、操作性も悪くない。 爽快感もある。 でも面白くなかったです。 その最大の理由は難易度低すぎます。 むしろ逆にどうやったらゲームオーバーになるのか悩みました。 落下してもダメージなし。 ボタン連打でジャスト回避できる。 そのくせ空中の敵には攻撃当らないし。 絆システムもわかり難い。 これはダメでした。 もう少し難易度を上げないと。 更に アドベンチャーパートとのリンクも弱く感じました。 合体攻撃もほとんど使わないですし。 明らかな調整不足です。 辛辣ですが ゲームの特性を考えるとアドベンチャーパートとの結び付けが必須なので、バトルパートをアクションにしてしまったのは愚行でした。 やりこみ要素の不足 上記バトルパートの問題からやり込み要素が全く無いです。 恐らく【いくさちゃん】や【こいこい大戦】を遣り込み要素にする予定だったと思います。 残念ながら報酬がブロマイドで、尚且つゲーム自体が面白くないのでこれは無理でした。 そう考えると、本編とは別に寄り道してハマる部分が無いので余計にボリューム不足を感じてしまいます。 今のゲームはやはり本編とは別の遣り込み部分が不可欠です。 トロフィーなんかもその一環ですが、トロフィーの内容も正直ヒドイです。 ここは一番の猛省箇所だとうちは感じています。 アクセントがつけれませんでした。 まとめ 若干マイナス面が目立つ作品でしたが、うち的には 70点の出来だと感じました。 本当に残念だったのはバトルパートです。 その為、アドベンチャーパートも少しダルく感じてしまいました。 ストーリーが秀逸なだけにもったいなかったです。 そして続編ですが、ストーリー的にはあると思います。 ただ売上をSEGAがどう思っているのか? 大コケでは無いものの、予定を下回っていると感じます。 まだまだ修正は可能な作品なので、うち的には是非続編を出して頂きたいと感じています。

次の

新サクラ大戦は成功?失敗?売れ行きやゲームの内容、次があるかどうかな...

新サクラ大戦 失敗

紀元前 [ ]• がガリア地方へ遠征する。 900年代 [ ]• シャトーブリアン家の先祖が誕生する。 1300年代 [ ]• ジャンヌ・ダルクが「神の声」を聴く。 、ジャンヌ・ダルク処刑される。 都市「大和」が建設される。 、大和にて「降魔実験(通称:放神の儀)」を開始。 降魔実験が失敗、大和が汚染される。 北条氏綱、「河川浄化の法」により大和を現在のに封印、この後に失踪する。 、 が誕生。 、で誕生。 降魔実験の影響で誕生した「降魔」が初めて観測される。 これ以降、降魔が江戸にて度々確認されるようになる。 織田信長、によって自害する。 織田信長、第六天魔王として覚醒。 五輪の戦士、総力戦の末に「覇王の剣」に信長を封印する。 1600年代 [ ]• 天海、東軍(徳川方)として参陣、降魔を実戦導入する。 天海、上野に建設。 、勃発。 真宮寺さくらの祖先を含む「裏御三家」が島原の乱に参戦。 天海暗殺未遂事件発生。 この事件をきっかけに天海は行方不明になる。 、が発生。 火事により江戸の霊的防御が弱まり、降魔が大量発生する。 裏御三家、「魔神器」を使用し降魔を封印する。 1800年代 [ ]• 江戸で地下1万メートルに広がる巨大な空間、「大江戸大空洞」が発見される。 真宮寺龍馬(さくらの祖父、一馬の父)が誕生 (1834年生まれと記載されている場合もある )。 、神埼忠義(すみれの祖父)が神奈川で誕生。 、花小路頼恒が神奈川で誕生。 大江戸大空洞を利用し、全長1200メートルの空中戦艦「星龍」の建造を目的とした「星龍計画」が発令。 神崎忠義、横浜から密航しアメリカに渡る。 、が東京で誕生。 4月、勃発。 南北戦争にて、「ゲティスバーグの奇跡」が起こる。 、において、南軍の呪殺(マクンバ)部隊の攻撃を生き残った唯一の生存者が蒸気トラクターから発見される。 、北軍は呪殺の生存者が発見されたのと同種の蒸気トラクターをかき集め、南軍に対し突撃を敢行。 、南軍がゲティスバーグから退却。 ゲティスバーグの奇跡で使用された蒸気トラクターが解析され、妖力を防ぐ特殊鋼「シルスウス鋼」が発見される。 米モトロール社、シルスウス鋼を纏った世界初の「スタア」を開発。 4月、陥落、北軍が勝利し、南北戦争終結。 神崎忠義、アメリカより帰国。 神崎忠義、徳川幕府の重臣として2度目の渡米。 モトロール社と交渉し法外な値段でスタアを買い付ける。 1月、勃発。 、が誕生。 神崎忠義、アメリカよりスタアを輸入、国産人型蒸気の研究開発を開始。 、が日本で誕生。 3月、神崎忠義、神崎蒸気商会(後の神崎重工)を開設。 、神崎重樹が神奈川で誕生• 神崎忠義、スタアをベースに初の国産人型蒸気「富士」を開発するも実用化には至らず、のアトラクションとして払い下げられる。 、剣術師団「抜刀隊」設立。 米田一基入隊。 、緒方星也が日本で誕生する• 、が巴里で誕生。 、が栃木で誕生。 、ジム・エビヤンがフランスで誕生• 、真宮寺一馬が仙台で誕生。 米田一基、陸軍に少尉待遇で入隊。 米田一基、中尉に昇格。 、ジャン・レオがフランスで誕生• 神崎忠義、富士に続く国産人型蒸気「天神」を開発するも、性能不足や試験時の事故などの理由から軍への採用を見送られる。 、真宮寺若菜が仙台で誕生• 、神崎 冴木 雛子が浅草新富町で誕生• 、カリーノ・ソレッタがイタリアで誕生する• 、ロベール・シャトーブリアンがフランスで誕生する• 、が長野で誕生。 、マルグリット・シャトーブリアンがフランスで誕生する• 、が紐育で誕生。 米田一基、一個大隊で清国軍数万を相手に拠点防御の戦功を挙げるが負傷する。 その闘いぶりを認められに昇格。 3月、日清戦争終結。 、が千葉で誕生。 、山崎真之介(後の葵叉丹)が誕生。 、が東京で誕生。 星龍計画の内容が変更、全長8000メートルの空中戦艦「ミカサ」の建造が開始。 この変更が大江戸大空洞を中心とした地下の地脈の乱れを招き、後の「降魔戦争」の遠因となる。 1900年代 [ ]• 神崎重樹、神崎活動写真株式会社社長に就任。 第1回神映新顔ニューフェイスにて冴木雛子が女優デビュー する• 、が茨城で誕生。 、が東京で誕生。 ブリューソフ=ワリー・ドミートリエビッチ(マリアの父)が日本人女学生橘須磨(マリアの母)をロシアに連れ帰り、結婚。 、が静岡で誕生。 、が和歌山で誕生。 、が栃木で誕生。 、がキエフで誕生。 、が沖縄で誕生。 、勃発。 橘須磨、ロシア政府によってにスパイ容疑を掛けられる。 マリア・タチバナ、両親と共にシベリアに流刑される。 米田一基、長春大会戦の退却戦を指揮して勲章を受け、中将に昇進する。 、が仙台で誕生。 、終結。 、がトランシルヴァニアで誕生。 神崎重樹と冴木雛子が結婚• 、が群馬で誕生。 、が北京で誕生。 、がリヨンで誕生。 、がワシントンで誕生。 、がカリフォルニアで誕生。 、が紐育で誕生。 、が神奈川で誕生。 、がイタリアで誕生。 、が東京で誕生。 、が日本で誕生。 、が栃木で誕生。 、がマサチューセッツで誕生。 、がレンヌで誕生。 、がフランスで誕生。 、がフランスで誕生。 、がドイツで誕生。 1910年代 [ ]• 北大路花火、一家と共にフランスへ移る。 、がワシントンで誕生。 、がテキサスで誕生。 、辛亥革命勃発。 1月、が軍事クーデターを起こす。 北京ので大規模な戦闘が勃発、李紅蘭の両親が死亡、二人の姉が行方不明になる。 李紅蘭、霊力によって生き残り、大連の趙家に引き取られる。 、明冶天皇崩御、年号が太正になる。 ブリューソフ=ワリー・ドミートリエビッチ、肺炎で死亡。 マリア・タチバナ、革命グループに加わる。 米田一基と真宮寺一馬、魔物による脅威を予見し、帝国陸軍対降魔部隊を結成。 (太正2年)• 橘須磨、肺炎で死亡。 山崎真之介、帝国陸軍対降魔部隊へ入隊。 、がシャンパーニュで誕生。 (太正3年)• 藤枝あやめ、帝国陸軍対降魔部隊へ入隊。 各国が多種多様な人型蒸気を戦線に投入。 技術革新が起こる。 9月、アイリスがシャンパーニュに進撃したドイツ軍を霊力で退ける。 この一件が引き金となり、アイリスは居城に隔離される。 、がベトナムで誕生。 (太正4年)• 桐島琢磨(カンナの父)、果し合いの末に死亡。 、日本橋の地下から1匹の降魔が出現。 降魔戦争へと発展する。 、竜胆カオルが神奈川で誕生。 (太正5年)• 、大葉こまちが大阪で誕生。 (太正6年)• 、がメキシコで誕生。 7月、ドイツの秘密結社「ブルーメンブラット」、「ヴァックストゥーム計画」を開始。 レニ・ミルヒシュトラーセ、ヴァックストゥーム計画の被験者となる。 マリア・タチバナ、革命軍として参加。 11月、マリア・タチバナの所属する部隊がモスクワで政府と交戦、部隊の隊長が死亡する。 マリアは隊長の死を悔い、紐育へ渡る。 山崎真之介、霊子甲冑「光武」及び「神武」、その輸送兵器となる「轟雷号」と「翔鯨丸」を設計する。 (太正7年)• 1月、帝都中の蒸気機械を暴走させ降魔を葬り去る、「帝都放棄」が御前会議で決定される。 、帝国陸軍対降魔部隊が日本橋地下への突入を決行。 真宮寺一馬が魔神器を使用し、降魔の封印に成功。 降魔戦争終結。 山崎真之介が行方不明となる。 3月、真宮寺一馬が魔神器使用に伴う体力低下によって死亡。 、本郷ひろみが新潟で誕生。 藤枝かえで、ブルーメンブラットからレニ・ミルヒシュトラーセを救出。 7月、星組計画が始動。 実験部隊「欧州星組」が発足 、人型蒸気「アイゼンクライトI」が試験運用される。 11月、欧州大戦終結。 12月、欧州星組が街1つを壊滅させ、発足から半年足らずで解散する。 (太正8年)• 降魔戦争の反省を受け、帝国華撃団構想が始まる。 神崎重工、最初の国産霊子甲冑「桜武」を完成させる。 神崎すみれ、桜武の起動実験に成功。 霊子甲冑の搭乗者は、霊力を持った若い女性が適任である事が判明する。 1月、藤枝あやめが花小路頼恒の護衛任務で紐育に赴き、賢人機関から霊能力者に関する報告書を受け取る。 藤枝あやめ、報告書に基づき帝国華撃団の隊員スカウトを開始。 紐育でマリア・タチバナと接触するも、拒否される。 3月3日、大連が馬賊に襲撃される。 藤枝あやめが李紅蘭と接触。 帝国華撃団にスカウトする。 4月、李紅蘭がに来日、人型蒸気について学び始める。 、神山誠十郎が山梨で誕生。 秋、大帝国劇場、着工。 1920年代 [ ] (太正9年)• 霊子甲冑の試作機「三色スミレ」が完成。 、司馬令士が茨城で誕生。 、アナスタシア・パルマがギリシャで誕生。 (太正10年)• 李紅蘭、藤枝あやめと共に日本へ渡る。 1月、真宮寺さくら、荒鷹継承のために修行を開始する。 、ヤン・シャオロンが中国で誕生。 、エリスがドイツで誕生。 (太正11年)• 、アーサーがイギリスで誕生。 春、大帝国劇場 完成• 帝国華撃団結成。 同時にマリア・タチバナが帝国華撃団花組初代隊長になる。 、ランスロットがイギリスで誕生。 、東雲初穂が東京で誕生。 (太正12年)• 黒之巣会による襲撃事件発生(『』)。 春、真宮寺さくらが帝国華撃団入隊。 、天宮さくらが東京で誕生。 大神一郎、帝国華撃団への赴任を命じられ、二代目花組隊長に就任。 、ホワン・ユイが中国で誕生。 (太正13年)• 、クラリッサ・スノーフレイクがルクセンブルクで誕生。 春、巴里市内の教会にある聖母像が次々に血を流す怪奇現象が発生。 、西城いつきが埼玉で誕生。 巴里華撃団設立。 エリカ・フォンティーヌとグラン・マが出会う(『』)。 (太正14年)• 、マルガレーテがドイツで誕生。 、北大路花火の婚約者であるフィリップ・ディ・マールブランシュが海難事故で死亡する。 、黒鬼会による太正維新作戦開始(『』)。 (太正15年)• シルスウス合金が開発。 、望月あざみが長野で誕生。 パリシィ怪人による襲撃事件発生(『』)。 12月、ラチェット・アルタイル、紐育華撃団設立に伴う研修入隊として、帝国華撃団に配属される(『』)。 (太正16年)• 紐育華撃団設立。 ラチェット・アルタイルが紐育華撃団星組初代隊長に就任。 による帝都襲撃事件発生(『』)。 ジェミニ・サンライズ、へ旅立つ。 途中、道を間違えたり野良蒸気の妨害などに会うも何とか紐育にたどり着く(『』)。 3月、神崎すみれ、帝劇を引退し、神崎重工取締役に就任()。 (太正17年)• 春、大河新次郎、紐育華撃団・星組への配属を命じられる(『』)。 ラチェット・アルタイル、紐育華撃団・星組隊長及び紐育歌劇団を引退し、紐育華撃団副指令及び紐育歌劇団支配人に就任。 大河新次郎、ラチェット・アルタイルの後任として紐育華撃団・星組隊長に就任。 織田信長が紐育で復活、紐育華撃団に倒される。 (『』)。 (太正18年)• ジャンヌ・ダルク復活(『]』)。 ラチェット・アルタイルが伯林華撃団結成のためドイツへ。 1930年代 [ ] (太正19年)• 神崎重工、次世代の霊子兵装として「試製桜武」「天神」を開発。 しかし、適任の搭乗者を得られず両機とも封印される。 「降魔大戦」が勃発。 当時7歳の天宮さくら、帝国華撃団・花組の活躍で降魔の襲撃から助けられる。 「二都作戦」により、降魔大戦終結。 この戦いにより、帝国華撃団、巴里華撃団、紐育華撃団が消滅。 (太正20年)• 降魔大戦における華撃団の功績が認められ、世界各地で華撃団結成の声が高まる。 賢人機関が解体、華撃団を運営・統括する新たな国際組織としてWLOF(世界華撃団連盟)が創設。 WLOFにより、世界華撃団構想が発案。 伯林華撃団が結成。 (太正21年)• アンシャール鋼が開発。 (太正23年)• WLOFが次期霊子兵装として「霊子戦闘機」の基礎フレームワーク規格を策定・仕様提示。 世界各国の華撃団が採用する。 ノイギーア社が霊子戦闘機の開発を始める。 倫敦華撃団が結成。 (太正25年)• 第1回華撃団競技会(世界華撃団大戦)が開催。 伯林華撃団が優勝。 ノイギーア社が世界で初めて量産型霊子戦闘機を正式配備。 (太正26年)• 上海華撃団が結成。 (太正27年)• 第2回世界華撃団大戦開催。 伯林華撃団が連覇。 神崎すみれ、帝国華撃団再結成のため隊員スカウトを開始。 (太正28年)• 新生帝国華撃団が結成 初期隊員は東雲初穂、クラリスの2名。 時期不明• 神山誠十郎、軍学校を卒業し、海軍少尉に任官。 特務艦「摩利支天」艦長に就任。 1940年代 [ ] (太正29年)• 特務艦「摩利支天」、降魔に襲撃された民間客船の救援に向かうも撃沈。 降魔は上海華撃団が撃退。 神山誠十郎、海軍より辞令を受け、帝国華撃団・花組隊長に就任。 第3回世界華撃団大戦が開催 『』。 (太正30年)• 莫斯科華撃団が爆発事故に巻き込まれ壊滅。 神山誠十郎、WLOFからの「莫斯科華撃団の生存隊員保護」の極秘指令を受け、欧州へ赴任。 天宮さくらが帝国華撃団隊長代理となる。 莫斯科華撃団の生き残りであるクラーラが神山らによって保護される。 後に帝都に来訪、帝国華撃団・花組の見習い隊員となる。 莫斯科華撃団が再結成され、ヴァレリー・カミンスキーが隊長に就任。 脚注 [ ] 注釈 [ ]• , p. 145. 112. 147. 142. 説『』より• , p. 196. 『セガサターンマガジン』1997年10月24日Vol. 36号、ソフトバンク出版事業部、1997年10月3日、24頁。 146. , p. サクラ大戦活動写真劇場パンフレット• , p. , p. , p. 144. サクラ大戦. com. 2019年4月6日閲覧。 , pp. 42-43. , p. , p. , p. , pp. 46-47. , p. 143. サクラ大戦2徹底攻略ガイド50p• 150. , p. , p. , p. 148. , p. , p. , p. , p. , p. , p. , p. , p. , p. , p. , p. , p. , p. , p. , p. , p. , p. , p. , p. , p. , p. , p. , pp. 147-154. , p. , p. 082. , p. 084. , p. 222. , p. , p. 092. , p. 150. , p. 223. , p. 131. , p. , p. 044. , p. 086. , p. 052. , p. , p. 028. , p. 072. , p. 064. , p. , p. , p. 068. , p. 012. , p. 004. , p. 058. , p. 036. , p. 088. , p. 256. , p. 076. , p. 257. , p. 020. Production I. 2019年4月9日閲覧。 サクラ大戦. com. 2019年4月6日閲覧。 , p. サクラ大戦. com. 2019年4月6日閲覧。 221. となりのヤングジャンプ 2019年9月12日. 2019年10月14日閲覧。 ファミ通. com 2019年3月30日. 2019年4月9日閲覧。 220. となりのヤングジャンプ 2019年9月19日. 2019年10月14日閲覧。 ファミ通. com 2019年3月30日. 2019年3月30日閲覧。 参考文献 [ ]• 『サクラ大戦 原画&設定資料集』、1996年12月。 『サクラ大戦 桜華絢爛 OVAファンブック 下巻』ソフトバンククリエイティブ、1998年12月。 『サクラ大戦 前夜』1巻、、1997年5月。 あかほりさとる『サクラ大戦 前夜』2巻、電撃文庫、1998年4月。 あかほりさとる『サクラ大戦 前夜』3巻、電撃文庫、1998年8月。 あかほりさとる『サクラ大戦』1巻、、1999年12月25日。 あかほりさとる『サクラ大戦』3巻、富士見ファンタジア文庫、2000年6月30日。 あかほりさとる『サクラ大戦』4巻、富士見ファンタジア文庫、2000年9月30日。 あかほりさとる『サクラ大戦 巴里前夜』1巻、富士見ファンタジア文庫、2004年10月25日。 あかほりさとる『サクラ大戦 巴里前夜』2巻、富士見ファンタジア文庫、2005年11月25日。 『サクラ大戦クロニクル』、2003年7月28日。 『サクラ大戦V 〜さらば愛しき人よ〜 ファイナルガイド』、2005年9月30日。 『サクラ大戦 15th Anniversary 太正浪漫グラフ』エンターブレイン、2011年9月30日。 「」著• 「桜辞苑」• 『新サクラ大戦 設定資料集』、2020年3月30日。

次の