七夕 折り紙 折り 方 織姫。 七夕飾りの折り紙!織姫・彦星・星・網飾り・ちょうちんなどの折り方 [工作・自由研究] All About

七夕飾りの作り方 折り紙でくす玉を作りたい!織姫 彦星とちょうちんも

七夕 折り紙 折り 方 織姫

七夕折り紙の折り方、織姫は簡単かわいく出来る! よく、施設などでは、このような手作りの七夕飾りで、きれいに飾られています。 さあ、まず 準備するものですが、折り紙のほかに糊くらいです。 まずは、織姫さんですから、 きれいな明るい色の折り紙を一枚ご用意ください。 これは「服」になります。 それから、 四分の一の大きさの黒い折り紙は、「顔」を作る用です。 半分に折ります。 それをまた半分に折って、四分の一の大きさの四角形にします。 折り目をキチンとつけます。 重なっている、一角を開いて、図のように広げて折ります。 もう一角も折りますと、このようになります。 反対側から見ると、こんな感じになっています。 その一角を、このように折ります。 左右の、折ってあった部分を広げます。 ひっくり返して、少し折り返します。 その部分を、裏側に折り返します。 片方を、 服の袖にするため、このように折ります。 両方を折ると、このようになります。 両方の袖を折ると、このようになります。 首になる部分の形を整えます。 首の片側を少し折り返します。 両方の首の部分を折り返すと、このようになります。 これで、織姫さんの服は完成です。 七夕折り紙の折り方、織姫の頭の作り方は簡単! 用意した四分の一の大きさの黒の折り紙を半分におります。 もう一回、半分に折ると、こうなります。 こう折ります。 一回開いて、折り目に合わせて、小さく折ります。 巻き上げる感じで、上方に折ります。 ひっくり返して、髪の毛になるように片側を折ります。 残った片方も、折ります。 立派な髪の毛になりますね。 もう少し、形を整えます。 下の方から折り上げます。 おかっぱ頭になるように、このように折りを調整します。 残った片方も、同様に折ります。 顔の下の部分を裏側に折って、このような髪型にします。 きれいに見えるように、髪型は適当に調整します。 頭部は、これで完成です。 あとは、 出来上がっていた胴体に頭部を糊で接着して、このように固定して数分待ちます。

次の

七夕の織姫彦星を折り紙で!簡単かわいい折り方は?幼稚園の子どもでも簡単に作る方法

七夕 折り紙 折り 方 織姫

最初に紹介する折り紙「七夕飾り」簡単な折り方レシピは、「吹き流し」です。 吹き流しは五色の糸をかたどったもので、織姫のように「機織りが上達できるように」と願いが込められています。 今回は仙台七夕祭りで有名な、くす玉のついた魔よけの吹き流しの作り方を紹介します。 吹き流しはグラデーションの折り紙や透明な折り紙を使うと、風に揺れた時にとても優雅に見えますよ。 作るときは折り紙の他に、ポンポンを作るためのフラワーペーパー、そして吊るすための糸も用意して下さいね。 今回はポンポンですが、折り紙で作った風船等でも大丈夫ですよ。 吹き流しの折り方• 折り紙の色のついた面を上にして、辺を1. 5cm折り下げます• 裏返して、折り下げているふちは避けて、縦に半分に折り筋を付けます• 1回開いて、中心の折り筋に沿って切れ目を入れます• ひらひらする部分ができました• フラワーペーパーを5枚重ねて、半分に切ります• 5枚ずつ細く蛇腹折りをしたものを二つ作り、端を斜めに切ります• 糸で中心をくくり、1枚ずつ丁寧に開いていきます• 丸くきれいに形を整えます• 吹き流しを吊り下げて完成です 3つ目に紹介する折り紙「七夕飾り」簡単な折り方レシピは、「くずかご」です。 画像の一番右に飾られているものがくずかごです。 整理整頓などの「清潔」、「物を粗末にしないように」という心を表しています。 一番最初に作っておくと、飾りを作っているときにゴミが出ても、散らかさずにいられますよ。 くずかごの折り方• 折り紙を三角に折り、さらに半分に2回ずつ折ります• もう一度半分に折り、頂角から垂直にはみ出ている部分を切り落とします• 両側の「わ」の部分を、互い違いになるように左右からはさみで切り込みを入れます。 細く尖った角の方は、切らずに2㎝ほど残します• 切り込みを離しながら、破れないようにゆっくり広げます。 八角形ができていると思います• 中心の部分をつまみ、切り込みを広げるように引っ張ります• 折り紙の中心を下にして、くずかごの完成です。 辺にひもなどを通して縛り、飾り付けます 7つ目に紹介する折り紙「七夕飾り」簡単な折り方レシピは、「織姫と彦星」で、「永遠の愛」を意味しています。 今回紹介する折り方はとても簡単なので、小さなお子さんでも作ることができますよ。 織姫と彦星の折り方:顔編• 黒い紙を半分に切ります• 正方形になるように半分に折り筋を付けます• 上辺の左右の角を、底辺の中心に向けて三角に折り筋を付けます• 裏返して、頂角を内側へ三角に折り、左右の底角を中心の線に向けて斜め上に折り上げます• 裏返して、顔を描いて完成です 織姫と彦星の折り方:着物編• 白い面を上にして折り紙を置きます• 底辺を上辺から少し隙間を空けて、平行に折ります• 裏返して、着物の襟になるように左右の辺を斜めに折って完成です• 着物と顔をのりなどで貼り付けて完成です 最初に紹介する折り紙「七夕飾り」難しい折り方レシピは、「紙衣」です。 「裁縫の上達」、「着るものに困らなくなる」という意味があります。 また、紙の着物は「病気や災難などの厄除け」の意味もあります。 和柄の折り紙で折ると、着物らしく見えて素敵ですよ。 紙衣の折り方• 折り紙を半分に切って、短い辺をのりなどで少し貼り付け、細長い紙を用意します。 白い面を上にして、短い辺が上下になるように折り紙を置いてください。 底辺を細く、平行に2回巻き折りします• 裏返して、巻き折りした辺の中心から左右の角を三角に折り上げます• 三角の頂角から、少し離れた位置から上辺を後ろ側へ折ります• 左右の辺を、巻き折りした部分が出るように観音折りします• 上辺の角の「わ」を、左右それぞれ三角に開いてたたみます• 画像の右側が巾着です。 昔のお財布をかたどっていて、「金運向上」や「商売繁盛」など、「倹約と貯金の心を願うもの」です。 夏らしい涼しげな柄の折り紙で作ると、七夕にピッタリですね。 巾着の折り方• 白い面を上にして、三角に折り筋を付けます• 底辺の左右の角を、内側に少し三角に折り筋を付けます• 頂角の上1枚を左の辺に半分に折り、「わ」の方に折り返して折ります。 裏側も同じように折ります•

次の

折り紙の七夕飾りの簡単な折り方レシピ|おしゃれな笹飾りの作り方は?

七夕 折り紙 折り 方 織姫

[スポンサードリンク] 織姫から作りましょう 折り紙を1枚使ってつくりましょう。 1)先ずは折り紙を三角半分に折り、折り目をつけます。 2)下の角をすこしだけ折ります。 3)そのまま1の折り目で折ります。 4)裏返して縦3分の1ほどを頂点を中心に右から左へ折ります。 5)反対側からもおなじように折ります。 6)上側の1枚を半分ぐらい反対側に開いております。 7)表にもどして、顔を書いたら出来上がり。 複雑に思えますが、かなり簡単なので 小さなお子さんでも作れます。 綺麗な千代紙などを使うと衣が美しくなって織姫らしいですね。 彦星を作りましょう 次は、折り紙1枚を準備して彦星を作りましょう。 1)折り紙を三角半分に折り、折り目をつけます。 2)下の角をすこしだけ折ります。 3)そのまま1の折り目に折ります。 4)裏返して半分におります。 開いて右側をその線に向かって折ります。 5)左側もおなじように折ります。 6)白い部分を上にして顔を書いたら出来上がり。 こちらも綺麗な千代紙等を使うと華やかな彦星になります。 これで、織姫と彦星が出来上がりです。 両方を並べて飾るとキレイですね。 web. fc2. そして、三角にカットします。 それを2枚作ります。 顔の部分として、折り紙を丸くカットして2枚作ります。 衣の部分は頂点を下にして上に顔をつけると彦星、 頂点を上にして顔を上に付けると彦星になりますので、 子どもに顔を書いてもらいましょう。 大人が紙をカットしておいて、子どもに絵を書いてもらうだけなので 親子で楽しく作ることが出来るでしょう。 折り紙選びから、イラスト書きなので子どもも喜ぶでしょう。 からどうぞ。 まとめ いかがでしたか? 織姫と彦星は、七夕の主役!! 折り紙で簡単に作ることができるので、ぜひ親子で挑戦したいですね。 上手にできたら、リボンなどをつけて笹の葉に飾り付けましょう。 もちろん、折り紙で天の川やぼんぼり、星などを作って 華やかに飾り付けるのがおすすめです。 [スポンサードリンク].

次の