立川 市 コロナ ウイルス。 新型コロナウイルス感染症の発生による休業や失業等により、収入が減少した世帯に対する緊急小口資金の特例貸付のご案内

東京都の病院で新型コロナウイルス(新型肺炎)治療診察の第1種第2種感染症指定医療機関はどこ?

立川 市 コロナ ウイルス

特例貸付の詳細・必要書類等については、東京都社会福祉協議会のホームページに掲載されます。 東京都社会福祉協議会ホームページ 東京都社会福祉協議会ホームページに掲載される特例貸付に関する要件をご確認いただき、お問い合わせください。 (立川市以外の方はお住まいの区市町村の社会福祉協議会にお問い合わせください) 〇申請について コロナウィルス感染症罹患者や濃厚接触者、あるいは感染予防のために郵送での申請をお願いしております。 郵送申請の詳細についてはをご覧ください。 なお、ご希望の方には、申請書類をお送りいたしますので、ご連絡下さい。 〇個人向け緊急小口資金・総合支援資金相談コールセンター 4月11日より、厚生労働省において「個人向け緊急小口資金・総合支援資金相談コールセンター」が開設されました。 立川市くらし・しごとサポートセンターの閉所時や特例貸付の基本的な内容の問い合わせ等については、下記コールセンターを利用していただくようお願いします。 <個人向け緊急小口資金・総合支援資金相談コールセンター> 0120-46-1999 受付時間9:00~21:00(土日・祝日含む) 〇ゆうちょ銀行 5月28日(木)から7月31日(金)まで 主に貯金または保険の窓口で取り扱います(ゆうちょ銀行の直営店では取り扱いません。 取扱いを行う郵便局とその取扱時間は以下をご確認ください。 〇労働金庫連合会「緊急小口資金受付担当」 4月30日より、でも受付を行います。 申請書類は上記からもダウンロードできます。 記入した申請書類は下記へ送付してください。 【 ご予約され、ご来所される皆さまへのお願い 】 来所前に熱の測定をお願いします。 5度を超える場合は、ご来所の日程変更をお願いします。 発熱、咳、下痢等、体調の悪い方の来所はご遠慮ください。 【問い合わせ】 〒190-0013 立川市富士見町2-36-47 立川市社会福祉協議会 総合相談支援課 自立生活支援係 立川市くらし・しごとサポートセンター 電話042-503-4308.

次の

立川市庁内・施設等のお問い合わせ先

立川 市 コロナ ウイルス

新型コロナウイルス(新型肺炎)国内病院でも 中国の湖北省武漢を中心に新型のコロナウイルス(新型肺炎)による肺炎が相次いでいる問題で、ついに日本でも武漢への渡航履歴がない日本人の感染が判明しました。 当初人から人への感染の恐れについては明言していなかった政府ですが、これで新型コロナウイルス(新型肺炎)の人から人への感染が明確に明らかになった形となります。 中国、武漢からのツアー客を乗せた男性運転手が発症したわけですが、武漢のツアー客との接触は1月8日から11日と、1月12日から16日の2回。 悪寒やせきなどの症状を受け、14日に症状が出て17日に奈良県の病院を受診しましたがその時点では、新型コロナウイルス(新型肺炎)とは診断されず、その後悪化。 25日に入院し、28日に新型コロナウイルス(新型肺炎)と診断されたながれとなります。 スポンサードリンク 新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)を「指定感染症」指定へ 新型コロナウイルス(新型肺炎)の震源地となった武漢市のある湖北省においては、当初数十名だった患者の数は激増。 1月28日時点で、新型コロナウイルス(新型肺炎)の数は2714人。 死亡者数は100人となり、中国全土では、感染者は4000人を超える規模となっています。 これらの被害の状況、感染力の強さ、日本での感染者の発覚などの状況を受け、1月27日に安倍総理大臣は、新型コロナウイルス感染症を「指定感染症」にするとのコメントを発表。 28日、「新型コロナウイルス感染症を指定感染症として定める政令」を閣議決定しました。 「指定感染症」とは何か では、この「指定感染症」とは一体何なのでしょうか。 日本では、感染力や重症度を考慮して「感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)」によって、様々な感染症を感染力など危険性に応じて1~5類に分類されています。 例えば、最も危険な1類感染症に指定されている感染症としては、エボラ出血熱、ペスト、ラッサ熱など。 一方で、指定感染症とは、感染症法にこのように定められています。 「指定感染症」とは、既に知られている感染性の疾病(1類感染症、2類感染症、3類感染症及び新型インフルエンザ等感染症を除く。 )であって、第三章から第七章までの規定の全部又は一部を準用しなければ、当該疾病のまん延により国民の生命及び健康に重大な影響を与えるおそれがあるものとして政令で定めるものをいう。 簡単に言うと、 これまで感染症法に指定されていない感染症のうち、緊急で患者の行動を制限することが必要な場合に、一定の期間に限って臨時的に入院措置などを強制的に行うための指定ということです。 今回の新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)については、国会審議等の状況を鑑みると2類感染症相当と考えられているようですね。 新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)と診断されれば管轄の保健所に届けられ、国が全体の発生数の把握し、対策の基礎資料となります。 感染力や重症度が高い1類感染症、2類感染症を発症した患者について、都道府県知事が必要と判断した場合、入院措置・隔離などの対応をとることとなっています。 感染力や重症度が高い1類感染症、2類感染症を診療する医療機関は国により指定されています。 全国の特定感染症指定医療機関、第1種感染症指定医療機関、第2種感染症指定医療機関の数は次の通りです。 2類感染症を診療する病院・・・第2種感染症指定医療機関(348施設)• 1類感染症と2類感染症を診療・・・第1種感染症指定医療機関(55施設)• 新感染症を含め1類・2類感染症を診療・・・特定感染症指定医療機関(4施設) よって、東京都で新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)の患者が診療するにあたっては、感染症専用の病床などの受け入れ体制があるそれら指定の病院が中心となって治療を行うこととなります。 では、いったい東京都ではどの病院がそれらの感染症指定医療機関に該当するのでしょうか。 新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)に罹患した場合に、東京都の場合どの病院が中心となり治療を行うかあらかじめ把握しておくと、冷静な判断ができるのではないでしょうか。 そこで、東京都の上記感染症指定医療機関をリストアップして調べてみました。 時期的にも通常の風邪やインフルエンザの可能性十二分にあります。 感染を疑われる全ての病状をこれら医療機関へ全て直接診療する必要があるというわけではないことをご理解の上、柔軟にご利用ください。 東京都の病院で新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)対応の「特定感染症指定医療機関」は 東京都で、新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)に対応が可能な、「特定感染症指定医療機関」はあるのでしょうか。 「特定感染症指定医療機関」は全国でも以下の四か所のみとなっており、東京都においては、国立研究開発法人 国立国際医療研究センター病院が「特定感染症指定医療機関」となります。 病院名 病床数 所在地 成田赤十字病院 2床 千葉県 国立研究開発法人 国立国際医療研究センター病院 4床 東京都 常滑市民病院 2床 愛知県 りんくう総合医療センター 2床 大阪府 東京都の病院で新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)対応の「第1種感染症指定医療機関」は では、次に東京都で、新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)に対応が可能な、「第1種感染症指定医療機関」はあるのでしょうか。 東京都で新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)対応の第1種感染症指定医療機関 調べてみたところ、東京都においては、次の4つの病院が新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)対応の「第1種感染症指定医療機関」に指定されています。 東京都の病院で新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)対応の第2種感染症指定医療機関リスト 「第2種感染症指定医療機関」のうち、「感染症病床を有する指定医療機関」全国348医療機関(1,712床)中、東京都にある病院のリストは次の通りです。 東京都で、新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)に罹患された際の参考にされてください。

次の

新型コロナウイルス感染症の市内発生状況(6月12日現在)

立川 市 コロナ ウイルス

新型コロナウイルス感染症の市内発生状況 旭川市内においても新型コロナウイルス感染者が発生しています。 市民の皆さまへの感染拡大防止のため、• 手洗いと咳エチケットの徹底• 3密(密閉空間、密集場所、密接場面)を避ける• 不要不急の帰省や旅行など、札幌市や他都府県との往来の自粛 に、引き続き御協力お願いします。 (注)市内発生状況の更新については、感染者の発生が確認されたときのみ行っています。 新型コロナウイルス感染症の市内発生状況 NO. 北海道発表 NO. 判明日 年代 性別 居住地 周囲の患者の発生 濃厚接触者の状況 384 50代 男性 旭川市 なし 16名特定 健康観察終了 335 40代 女性 旭川市 なし 0名 313 20代 女性 旭川市 なし 13名特定 健康観察終了 290 20代 男性 東京都 5名特定 健康観察終了 226 20代 女性 東京都 5名特定 健康観察終了 172 70代 男性 旭川市 なし 1名特定 健康観察終了 157 50代 男性 旭川市 なし 105名特定 健康観察終了 118 60代 女性 旭川市 0名 101 70代 男性 旭川市 なし 9名特定 健康観察終了 82 60代 男性 旭川市 なし 4名特定 健康観察終了 81 60代 男性 旭川市 1名特定 健康観察終了 76 40代 女性 旭川市 なし 7名特定 健康観察終了 34 20代 女性 旭川市 なし 34名特定 健康観察終了 20 60代 女性 旭川市 13名特定 健康観察終了 19 30代 男性 旭川市 なし 39名特定 健康観察終了 11 70代 男性 旭川市 30名特定 健康観察終了 市内の新型コロナウイルス感染症患者の状況 陽性が確認され入院された方(累計) うち陰性が確認され退院された方 うち現在も入院中の方 16人 16人 0人 旭川市でこれまで取り扱った検査数 総検査数507人、うち旭川市発表分の陽性人数16人 実人数14人 発生者の状況 4月17日判明分 16例目(道発表384例目)の方の概要 年代 50代 性別 男性 国籍 日本 居住地 旭川市 職業 会社員 経過、症状• 4月13日 月曜日 咳出現、咳止め薬を服用しても症状改善せず。 4月15日 水曜日 発熱 37. 1度 、市内医療機関Aを受診。 胸部X線・心エコー検査にて心不全疑い所見あり、市内指定医療機関Bを紹介• 4月16日 木曜日 指定医療機関Bを受診、CTにて肺炎の所見あり• 4月17日 金曜日 新型コロナウイルス検査の結果、陽性と確認、指定医療機関Bに入院 現在の状況 体温は平熱、症状は咳のみ。 行動歴 海外渡航歴なし。 4月11日 土曜日 市内のスーパーAで買い物。 4月12日 日曜日 市内のスーパーBで買い物。 4月14日 火曜日 午前まで勤務。 現在、入院中。 勤務先の従業員、家族等の体調については、調査中。 4月14日判明分 次の患者は、先月3月2日(月曜日)に公表しました市内5例目(道内76例目)の方と同一の方です。 15例目(道発表335例目)の方の概要 年代 40代 性別 女性 国籍 日本 居住地 旭川市 職業 看護師 経過、症状• 3月2日 月曜日 市立旭川病院に入院• 3月10日 火曜日 症状消失• 3月12日 木曜日 保健所で新型コロナウイルス検査陰性• 3月13日 金曜日 保健所で新型コロナウイルス検査陰性• 3月14日 土曜日 退院し、自宅待機• 3月25日 水曜日 市立旭川病院で新型コロナウイルス検査陽性• 3月27日 金曜日 市立旭川病院で新型コロナウイルス検査陽性• 3月31日 火曜日 市立旭川病院で新型コロナウイルス検査陽性• 4月7日 火曜日 市立旭川病院で新型コロナウイルス検査陰性• 4月8日 水曜日 市立旭川病院で新型コロナウイルス検査陽性• 4月14日 火曜日 保健所で新型コロナウイルス検査陽性• 4月15日 水曜日 市立旭川病院に入院 現在の状況 体温は平熱、無症状 14例目(道発表313例目)の方の概要 年代 20代 性別 女性 国籍 日本 居住地 旭川市 職業 会社員 経過、症状• 4月5日 日曜日 嗅覚障害出現• 4月11日 土曜日 保健所から「札幌で発生した患者の濃厚接触者に当たる」との連絡• 4月13日 月曜日 嗅覚障害が持続したため、市内の指定医療機関A受診、新型コロナウイルス検査を実施• 4月14日 火曜日 検査の結果、陽性と確認• 4月15日 水曜日 市内の指定医療機関Bに入院 現在の状況 発熱なし、症状は嗅覚障害のみ。 行動歴 海外渡航歴なし。 4月7日 火曜日 まで勤務(人と接する際は常にマスクを着用)。 現在、市内の指定医療機関Bに入院中。 勤務先の職員、家族等の体調については、調査中。 4月13日判明分 13例目(道発表290例目)の方の概要 年代 20代 性別 男性 国籍 日本 居住地 東京都 職業 歯科医師 経過、症状• 4月5日 日曜日 発熱(38. 2度)、たまに咳出現• 4月6日 月曜日 発熱(38. 0度)持続、東京都から旭川市(実家)へ移動• 4月7日 火曜日 発熱(38. 0度)持続、市内指定医療機関Aを受診、肺炎像あり、新型コロナウイルス検査陰性(味覚・嗅覚障害なし)• 4月13日 月曜日 発熱(38度台)持続、新型コロナウイルス検査陽性 現在の状況 発熱(38度台)持続、ときどき咳嗽あり 行動歴 海外渡航歴なし。 3月19日 木曜日 まで東京都内の歯科医院に勤務(マスク、手袋着用)。 3月27日 金曜日 10人程度で会食(配偶者も同席)。 4月6日 月曜日 東京都から旭川市(実家)へ移動(マスク着用)。 現在、市内指定医療機関Aに入院中。 4月7日判明分 12例目(道発表226例目)の方の概要 年代 20代 性別 女性 国籍 日本 居住地 東京都 職業 歯科医師 経過、症状• 4月2日 木曜日 発熱(37. 5度)が出現、市販薬を服用。 4月4日 土曜日 倦怠感出現。 4月6日 月曜日 味覚、嗅覚障害出現、東京都から旭川市(実家)へ移動。 4月7日 火曜日 市内指定医療機関Aを受診、新型コロナウイルス検査を実施。 検査の結果、陽性と確認。 現在の状況 体温は平熱、症状は味覚、嗅覚障害のみ 行動歴 海外渡航歴なし。 3月25日 水曜日 までに東京都内の歯科医院に勤務(マスク、手袋着用)。 3月27日 金曜日 10人程度で会食。 4月6日 月曜日 東京都から旭川市(実家)へ移動(マスク着用)。 現在、市内指定医療機関Aに入院中。 濃厚接触者の体調については、調査中。 3月27日判明分 次の患者は、先月2月22日(土曜日)に公表しました市内1例目(道内11例目)の方と同一の方で、退院後の経過観察中に症状が出現したものであります。 11例目(道発表172例目)の方の概要 年代 70代 性別 男性 国籍 日本 居住地 旭川市 職業 飲食店オーナー 経過、症状• 3月18日 水曜日 咳が出現• 3月23日 月曜日 市内の医療機関Aを受診• 3月26日 木曜日 再度、医療機関Aを受診し、胸部X線及びCTにて肺炎を確認• 3月27日 金曜日 新型コロナウイルス検査を実施し、陽性と確認 現在の状況 体温は平熱、症状は時々咳がある。 行動歴 海外渡航歴なし。 退院後は、外出を控え、自宅にて健康観察をしていた。 現在、入院中。 同居家族等の体調については、現在調査中。 3月18日判明分 10例目(道発表157例目)の方の概要 年代 50代 性別 男性 国籍 日本 居住地 旭川市 職業 医師 経過、症状• 2月26日 水曜日 倦怠感、頭重感、咽頭の違和感が出現(咳、発熱なし)• 3月4日 水曜日 市内の医療機関A(勤務先病院)を受診、インフルエンザ検査陰性、胸部CT検査で肺炎像は認められず、以降、自宅療養していた。 3月16日 月曜日 本人から旭川市保健所に相談• 3月17日 火曜日 新型コロナウイルス検査を実施• 3月18日 水曜日 検査の結果、陽性と確認、保健所の調整のもと、市内の医療機関Bに入院 現在の状況 発熱はなく、頭痛がある。 行動歴 海外渡航歴なし。 2月26日 水曜日 の症状出現後、3月4日 水曜日 午前9時まで、土日を除き通常勤務。 3月4日 水曜日 以降は自宅療養とし、外出はしていない。 3月18日 水曜日 保健所の調整のもと、市内の医療機関Bに入院。 勤務先の職員に体調不良者はいない。 接触患者等の体調については、調査中。 3月11日判明分 9例目(道発表118例目)の方の概要 年代 60代 性別 女性 国籍 日本 居住地 旭川市 職業 無職 経過、症状• 3月5日 木曜日 咳と喉の痛み、倦怠感が出現• 3月6日 金曜日 下痢、鼻汁が出現• 3月7日 土曜日 発熱 37. 7度 が出現し、その後発熱と解熱を繰り返す• 3月9日 月曜日 市内の医療機関A受診• 3月10日 火曜日 新型コロナウイルス検査を実施• 3月11日 水曜日 検査の結果、陽性と確認 現在の状況 熱は下がり、咳や喉の痛みなどの症状も消失。 行動歴 海外渡航歴なし。 症状出現後は、自宅で安静にしていた。 現在、入院中。 3月8日判明分 8例目(道発表101例目)の方の概要 年代 70代 性別 男性 国籍 日本 居住地 旭川市 職業 会社経営 経過、症状• 3月2日 月曜日 強い倦怠感が出現• 3月5日 木曜日 37. 5度の発熱• 3月6日 金曜日 市内の医療機関Aを受診、呼吸不全のため入院となる• 3月7日 土曜日 新型コロナウイルス検査を実施• 3月8日 日曜日 検査結果が判明し、陽性であることを確認 現在の状況 発熱、咳はなく、酸素を使用し、呼吸状態は安定している。 行動歴 海外渡航歴不明。 2月28日 金曜日 から3月2日 月曜日 まで関東・東北地方へ出張。 現在、入院中。 勤務先の職員等の体調については、調査中。 3月4日判明分 7例目(道発表82例目)の方の概要 年代 60代 性別 男性 国籍 日本 居住地 旭川市 職業 会社経営 経過、症状• 2月28日 金曜日 発熱が出現し、市販薬で様子を見ながら自宅にて療養• 3月2日 月曜日 医療機関Aを受診し、胸部CTにて陰影あり、医療機関Bを紹介され受診。 新型コロナウイルス検査を依頼。 3月4日 水曜日 検査結果が判明し、陽性であることを確認 現在の状況 体温37. 3度、症状は軽い咳がある程度。 行動歴 海外渡航歴なし。 症状出現後、3月2日 月曜日 に職場に行くが、従業員との接触はなし。 3月4日から入院。 勤務先の従業員等の体調については、調査中。 6例目(道発表81例目)の方の概要 年代 60代 性別 男性 国籍 日本 居住地 旭川市 職業 無職 経過、症状• 2月22日 土曜日 喉の違和感が出現し、医療機関Aを受診• 2月23日 日曜日 発熱、食欲低下が出現• 2月26日 水曜日 医療機関Aを再診し、解熱剤を処方され帰宅。 一時的に解熱するが、その後も発熱と解熱を繰り返す。 2月28日 金曜日 倦怠感が増強• 3月2日(月曜日)医療機関Aを再診し、胸部X線及びCTにて肺炎が確認され、医療機関Bに転院、入院となり、新型コロナウイルス検査を依頼。 3月4日(水曜日)検査の結果が判明し、陽性であることを確認。 現在の状況 症状は、軽い咳と痰が見られる。 行動歴 海外渡航歴なし。 症状出現以降は、自宅で療養。 現在、入院中。 同居家族等の体調については、調査中。 3月2日判明分 5例目(道発表76例目)の方の概要 年代 40代 性別 女性 国籍 日本 居住地 旭川市 職業 看護師 経過、症状• 2月24日 月曜日 倦怠感が出現• 2月25日 火曜日 発熱、関節痛が出現• 2月26日 水曜日 市内の医療機関A受診、解熱剤、咳止め等を処方され、自宅療養していたが、症状が改善されず。 2月28日 金曜日 再度、医療機関Aを受診し、胸部X線及びCTにて肺炎が確認されたため、医療機関Bを紹介され受診、新型コロナウイルス検査を依頼• 3月2日(月曜日)検査結果が判明し、陽性であることを確認 現在の状況 体温36. 1度、咳と倦怠感がある。 行動歴 海外渡航歴なし。 2月22日に札幌に行った以外は、市内で過ごしていた。 3月2日から入院。 勤務先の職員、患者等の体調については、調査中。 2月25日判明分 4例目(道発表34例目)の方の概要 年代 20代 性別 女性 国籍 日本 居住地 旭川市在住 職業 保育士 経過、症状• 2月19日 水曜日 咽頭痛出現• 2月21日 金曜日 発熱、痰、鼻汁出現• 2月24日 月曜日 市内の医療機関A受診、胸部X線及びCTにて明らかな異常陰影なし、インフルエンザ陰性、抗生剤、解熱剤等を処方するとともに、新型コロナウイルス検査を依頼• 2月25日 火曜日 検査結果が判明し、陽性であることを確認 現在の状況 体温37. 0度、ときどき咳が出る程度。 行動歴 海外渡航歴不明。 2月上旬に大阪へ旅行している。 その後、2月22日まで勤務(保育園)。 症状が出て以降、勤務した2月20日 木曜日 から22日 土曜日 までは、マスクを着用。 2月26日 水曜日 現在、体温37. 0度、ときどき咳が出る程度であり、入院調整中。 勤務先の職員、保育園を利用するお子様等の体調については、調査中。 2月23日判明分 3例目(道発表20例目)の方の概要 年代 60代 性別 女性 国籍 日本 居住地 旭川市在住 職業 無職 経過、症状• 2月14日 金曜日 から鼻汁• 2月22日 土曜日 同居の家族(70代男性)が新型コロナウイルス検査で陽性判明、濃厚接触者として市内の医療機関A受診、検体採取、全身状態良好のため自宅待機• 2月23日 日曜日 検査結果が判明し、陽性であることを確認。 医療機関Aに入院 現在の状況 2月14日 金曜日 から現在まで、鼻汁以外の症状はない。 行動歴 海外渡航歴なし。 2月18日 火曜日 と20日 木曜日 に病院の送迎車で通院。 2月22日 土曜日 に市内で判明した患者(70代男性、道発表11例目)の同居家族。 2例目(道発表19例目)の方の概要 年代 30代 性別 男性 国籍 日本 居住地 旭川市在住 職業 会社員 経過、症状• 2月18日 火曜日 夜40. 0度の発熱、悪寒• 2月19日 水曜日 咳発現、市内の医療機関A受診、インフルエンザ検査陰性• 2月20日 木曜日 市内の医療機関B受診、胸部X線にて肺炎像あり、抗生剤投与• 2月22日 土曜日 熱下がらず、医療機関B再診、CTにて肺炎悪化、市内医療機関Cに入院• 2月23日 日曜日 検査結果が判明し、陽性であることを確認 現在の状況 熱は下がり、咳は時々出る程度。 行動歴 海外渡航歴なし。 札幌雪まつり初日(2月4日)に大通り会場を見て回り、途中、プレハブに入る(マスク着用)、移動は主に自家用車。 2月18日 火曜日 まで職場に出勤し、帰宅後に発熱を確認。 以降出勤していない。 2月24日 月曜日 現在、熱は下がり、咳は時々出る程度。 同居家族、勤務先の職員等の体調については、調査中。 2月22日判明分 1例目(道発表11例目)の方の概要 年代 70代 性別 男性 国籍 日本 居住地 旭川市在住 職業 飲食店オーナー(有限会社 北海道井泉) 経過• 2月16日(日曜日)37. 5度、せき、倦怠感• 2月17日(月曜日)38. 0度、感冒薬服用• 2月19日(水曜日)37. 0度~37. 2月20日(木曜日)市内の医療機関A受診、胸部X線にて陰影あり。 全身状態は良好で、入院を要さず自宅療養中• 2月22日(土曜日)検査結果が判明し、陽性であることを確認。 市内の医療機関Bに入院となる。 現在の症状 せき症状等は続いているが、現在、症状は落ち着いている。 行動歴 渡航歴なし。 2月上旬から旭川市内をはじめ釧路市、札幌市、千歳市で開催された研修会等に複数回出席しており、旭川市外についてはJR等で移動することがあった。 症状が出てからは、マスク着用。 職場である飲食店(井泉5条店)を訪れたのは、症状のない2月4日が最後。 その後、2週間を経過しているが、職員に体調不良を訴えているものはない。 当該店舗については、早急に消毒対応を行い、2月22日から24日までは、万全を期すために臨時休業とする。

次の