社会保険 協会けんぽ。 協会けんぽとは?健康保険組合の違い、資格取得日と保険料の関係

同じ社保だけど、中身がちょっと違う「協会けんぽ」と「組合健保」

社会保険 協会けんぽ

協会けんぽ、船員保険、日雇い保険、3つの管轄はすべて「全国健康保険協会」 全国健康保険協会(通称「協会けんぽ」)中小規模の会社員さんなど。 全国健康保険協会は青いカード型の保険証をお持ちの方です。 「協会けんぽ」と呼ばれ、一番加入者数の多い健康保険です。 従業員5人以上の会社、1人以上の法人など、独自で健康保険を設立するほどではない、 中小企業がメインとなります。 平成20年9月30日までは社会保険庁が運営し政府管掌健康保険と呼ばれ各地域には社会保険事務所がありました。 10月1日からは全国健康保険協会と名称変更して都道府県単位で事務所を設置しています。 高額療養費や出産育児一時金の手続きなど、元の社会保険事務所で申請できます。 スポンサーリンク 船員保険。 船の持ち主、乗組員さんなどが対象。 船員保険は船舶の所有者さんと、雇われて海の上で働く方が加入します。 お仕事では「船長や機関長、機関士、航海士、船舶通信士、甲板員」などがです。 下船後3か月間の怪我や病気は船員保険にとって、労災保険と同じように自己負担額なしで診察を受けれます。 「船員保険療養補償証明書」という書類が必要になります。 船員保険は協会けんぽと別ですが、管轄としては「全国健康保険協会」になります。 日雇い保険。 日々雇い入れられる方の健康保険。 日雇いで働く場合、「使用される期間が決まってる」など、一定の条件はありますが健康保険に入れます。 現在ではあまり見かけなくなりました。 私は2度ほど日雇いの健康保険証の患者さんを受付したことがあります。 日雇い保険も協会けんぽと別ですが、「全国健康保険協会」の管轄です。 共済保険。 公務員、学校職員、警察官、自衛隊の家族など。 共済保険は細かくわけると、公務員や学校、警察などがあります。 特に公務員は国家公務員と地方公務員にわけられます。 学校職員は先生や事務など公立と私立の両方が対象です。 警視庁や警察庁で勤務されている方は警察保険に加入します。 職業別で4種類に分かれてますがすべて共済保険です。 また、 自衛隊の妻や子供など家族は、共済組合の国家公務員という扱いになります。 組合保険。 大企業で働く職員が対象。 組合保険は従業員が700人以上いる、大企業が独自で設立した健康保険です。 大企業がメインとなり、全国健康保険協会に加入するよりも、独立した方が保険料を折半しない分低くできます。 また、 ひとつの大きな会社に限らず中小企業が、集結して組合保険を設立することもできます。 私は以前、中小病院の職員だったときは組合保険に加入してました。 理由は本来なら協会けんぽにする病院が共同で作った組合保険でした。 自衛隊保険。 「陸海空の自衛官」本人が加入する健康保険。 自衛隊保険は陸上、海上、航空の種別なく「自衛官」が主に加入対象です。 訓練召集中の予備自衛官や、自衛隊病院職員、防衛大学の学生、各駐屯部隊の隊員など、自衛官のほかにも自衛隊関係者が加入しています。 本人だけ自衛隊保険で家族など、扶養者は防衛庁の共済組合に加入し、「国家公務員」扱いになります。 国民健康保険組合。 お仕事が建設、板金、三師会など。 国民健康保険は職業別組合があります。 社会保険とは全く別の健康保険です。 建設国保や板金国保、土木国保があり会社で働く方が加入する国民健康保険です。 また医師、歯科医師、薬剤師が加入する三師会という種類もあります。 お仕事によって健康保険の種類はたくさんあります。 あなたの参考になれば幸いです。 保険証や健康保険などについての記事は他にもあります。 参考にご覧ください。

次の

健康保険の二重加入は保険料を重複支払いになる?国保は返金されます。

社会保険 協会けんぽ

(給与所得等の収入がある場合、月額108,333円以下。 雇用保険等の受給者の場合、日額3,611円以下であること。 ) また、被扶養者の収入には、雇用保険の失業等給付、公的年金、健康保険の傷病手当金や出産手当金も含まれますので、ご注意願います。 届書等名称・記入例 添付書類 1.と2.は全員、添付が必要です。 3.と4.は、該当する場合のみ、添付が必要です。 ・被保険者と扶養認定を受ける方双方のマイナンバーが届書に記載されていること。 ・上記の書類により、扶養認定を受ける方の続柄が届書の記載と相違ないことを確認した旨を、事業主が届書に記載していること。 )が130万円未満になります。 ただし、60歳以上である場合または障害厚生年金を受けられる程度の障害を有する者である場合は、年間収入が180万円未満です。 また、被扶養者の年間収入が増えて、収入要件を満たさなくなった場合には、被扶養者から外れることになります。 その際は、「被扶養者(異動)届(削除)」の手続きが必要になります。 (1)所得税法の規定による控除対象配偶者または扶養親族となっている者 事業主の証明があれば添付書類は不要。 (2)(1)以外の者 (ア)退職したことにより収入要件を満たす場合 「退職証明書または雇用保険被保険者離職票の写し」 (イ)雇用保険失業給付受給中の場合または雇用保険失業給付の受給終了により収入要件を満たす場合 「雇用保険受給資格者証の写し」 (ウ)年金受給中の場合 現在の年金受取額がわかる「年金額の改定通知書などの写し」 (エ)自営(農業等含む)による収入、不動産収入等がある場合 直近の確定申告書の写し (オ)上記イ~エ以外に他の収入がある場合 上記「イ~エに応じた書類」及び「課税(非課税)証明書」 (カ)上記ア~オ以外 「課税(非課税)証明書」 (3)(1)および(2)の方に共通する事項 障害年金、遺族年金、傷病手当金、出産手当金、失業給付等の非課税対象となる収入がある場合は、別途「受取金額のわかる通知書等のコピー」が必要になります。 4.内縁関係を確認するための書類 「内縁関係にある両人の戸籍謄(抄)本」 「被保険者の世帯全員の住民票(コピー不可・個人番号の記載がないもの)」 など (1)国民年金第3号被保険者該当届を提出する場合で、同時に氏名変更を届出される場合は、年金手帳(第3号被保険者となる方のもの)を添付してください。 (2)住民票や戸籍謄(抄)本は、提出日から遡って90日以内に発行されたものを提出してください。 (3) 被扶養者になった日が、事務センター(年金事務所)の受付日より60日以上遡及する場合は、被扶養者の氏名、生年月日、続柄、被扶養者になった日、収入要件確認のための書類など、事実を確認できる書類を添付してください。 (4)後期高齢者医療制度の被保険者は、協会けんぽの被扶養者にはなれませんので、ご注意ください。

次の

国民健康保険から社会保険への切り替え手続き【加入・脱退】

社会保険 協会けんぽ

複数の健康保険に加入して重複したら手続きが厄介になる? 同じ時期に2か所の健康保険に加入しても、手続きなどで面倒になることはありません。 国保加入中に仕事が決まって、社保に入ったら、仕事が始まる前日まで国民健康保険に加入していられます。 国民健康保険は月末締めなどという決まりはないので、好きな日付で終了にできます。 社会保険は会社に在籍している限りなので、調整しにくいでしょう。 会社の社保に書類を提出する前なら、記入する日付の変更が間に合うかもしれないので、念のため、担当部署に確認してみるといいです。 国民健康保険と社会保険、社会保険同士などで、健康保険の二重になっても、心配することはないので、安心してください。 スポンサーリンク 二重になった健保。 国民健康保険は保険料を返金してくれます。 健康保険が重複していたら、保険料も2か所に支払っていることになります。 国保と社保の場合は、重複期間の保険料を国民健康保険から、返してもらえます。 手続きには印鑑と身分証明書が必要です。 市役所に電話して確認したところ、状況によって「返金できるのか?いくらになるのか?」が変わると言っていました。 なので、詳しくは印鑑と身分証明書を持って、市役所・役場でご確認ください。 現在、国民健康保険に加入しているのなら、国保の保険証が必要です。 印鑑と身分証明書以外の持ち物が他にもあるかもしれないので、電話してから区役所や役場に行くのも良いですね。 社会保険同士だと返金なし。 期間が重ならないように調整。 社会保険から社会保険の切り替えであれば、社保の保険料は返金されません。 社会保険の保険料は、月末に支払われます。 なので、A社を5月15日に退職、B社を5月16日から勤務、となったなら、B社で社会保険料が引かれます。 A社を有給休暇消化中に、転職してB社の仕事が始まることもあります。 A社を5月31日退職、B社を5月16日から勤務としたら、5月31日にA社でまだ在籍しているので、A社とB社から社会保険料がひかれます。 また、A社とB社で社会保険の二重加入になっていても、保険料の返金はないです。 A社の退社日を月末より前に早めてもらうか、B社の就業開始日を遅くしてもらうと良いでしょう。 ちなみに、私なら、A社の退職日をそのまま5月31日にします。 B社は5月16日~5月31日までアルバイトなど社会保険なし、6月1日から社会保険をつけて正社員として働きます。 「書類上のことで、仕事をすればいい。 」と融通をきかせてくれるかもしれないので、会社にお願いしてみてはいかがでしょうか。 更に詳しく知りたいときは、役所・役場の国保係か、会社の健康保険担当者に、ご確認ください。 当記事があなたの参考になれば幸いです。

次の