せ いく うち けい さん。 けいちゃん(ピアノ)がイケメン!wiki風プロフィールと経歴についても!彼女はいる?

ないおがうちいくtvをクビ!? ヤルヲ移籍の責任を取った真相とは。

せ いく うち けい さん

簡単にまとめてしまえば、 「ヤルヲさんはうちいくTVの運営会社の社員のため、十分なお金が貰えてないから独立します」という話です。 ヤルヲさんが社員扱いという事に驚きました。 どれだけの給料を貰っていたか知りませんが、 金で引き抜かれる時点でお察しです(動画の内容からヤルヲさんの給料が月50万に大きく届かないのは確定)。 ないおさんの言い分としては借金を立て替えたり、会社の経費で落とせるカードを渡していたりして優遇していたとの事。 書面 動画の最後の方ではヤルヲさんが書面を出して「サインしてくれ」とないおさんに迫ります。 内容は 「今後もヤルヲという名前を今後も僕を使って、ツイッターアカウントもそのまま使うのにも文句を言うな」 といった感じです。 ないおさんは署名を拒否します。 「退社後の事をどうこう言わないけど、そういう入れ知恵された書面が出てくるのは悲しい」 という事です。 今回の件、ヤルヲさん、ないおさんどちらが悪いか?というのは難しい話ですが、こういう書面が出てくるということは「うちいくはマーケティング戦略まで殆どないおさんがやっていた事なんだなあ」と感じました。 今後 ヤルヲさんは他の媒体に行くようですが、 編集で上手くやってもらっていたようにも見えるので大丈夫でしょうか。 一方で、うちいくTVは動画の最後に新演者の募集をしています。 ただ応募要件が「ヤルヲさんの後釜」を探している感じです。 同じような演者を探しても、絶対に「ヤルヲさんの方が良かった」という声が出るでしょう。 こういう内紛はスロマガと同じように見えます。 先日記事で書いた通り 記事とは余り関係無いコメントで申し訳ないけど、自分で選んだやりたい職種を選んだ以上は給料が安い待遇が悪いのは当たり前なんじゃないのかと…。 若手芸人とかライターは利益を生み出すのは特に大変でしょうからね。 確かに職業選択の自由はあるけど、自分で選んだ事に対しては理想と現実が違うなら早めに見切りを付けたりしないといけないし後で被害者ぶるのはおかしいのでは、少なくとも会社から育てて貰った恩はあるとは思いますよ。 若い人の仕事に対する価値観 仕事に対する報酬や権利 がまた変わって来てるのかもしれないけど、このままじゃ外国人労働者が大量に入って来たら行き場を無くす日本人も大量に増えてしまう様な危機感を最近感じます。

次の

[ カテゴリ未分類 ]

せ いく うち けい さん

・会社だから演者一人にギャラたくさんは難しかった ・社員をみんな食べさせてあげないといけない ・忙しくさせたのは申し訳ない。 改善したいと思っている ・借金の問題があるなら、ギャラの部分もちゃんと考える ・ノリ打ちできないのは、ボートなど新しい面白い動画企画をやっているから ・うちいくtvを面白くすることを考えていた ・動画の面白さで悩んでいるなら、それはどこへ行っても同じ壁にぶつかるから今ここで考えないといけないのでは? ・来店や取材のイベントをやらなかったのは、うちいくtvの理念「一般人が打つ面白動画」を大事にしたかったから ・来店や取材のイベントをやる=ビジネスになるし、ヤルヲが一般人でなくタレントになるからやめていた ・お金が欲しいなら、いっそ振り切ってビジネス、タレント化しても良いとは思っていた ・お金と演者のつらさが課題なら、これから譲歩して考えたい(ビジネス化、タレント化するなら、ギャラも増やせる) ・すべての関係を無にせずとも、うちいくとヤルヲでコラボできることもあるのでは? というように、問題を明らかにして、対処していこうと提案しました。 しかし、結果として、ヤルヲさんは、すべての関係を無にして、 自分一人が高待遇で同業他社へ転職する、という結論を出しました。 ないおさんの大人な対応 今回、ないおさんが良い人だと思ったことは、そんなわがままなヤルヲさんに対し、「辞めてもいいし、ヤルヲの名前やアカウントを使っても良い」と気前よく許していることです。 会社や社員さんのことを考えれば、本当に大変なことですが、それでも友達であるからこそ許す、ないおさん。 本当に良い人だなと思いました。 ヤルヲさんは面白さを捨てて、楽な金儲けに一人で走った それだけの大人な対応をしてくれたないおさんに対し、ヤルヲさんは、書面をつきつけます。 内容は、twitterのアカウントや、ヤルヲの名前などを完全に譲渡する、文句をいわせないといった誓約書です。 ないおさんは、これには相当ショックを受けていました。 なぜなら、本来は、ないおさん側がそれを規制しても良いだけの立場にあるところを温情かけて許しているのに、それをヤルヲさんは何の考えもなく「会社の人に言われたから」といって突きつけたのです。 この時のないおさんの心情を考えると、本当に悲しかったと思います。 今後のヤルヲさんは全く応援できない 確かに、うちいくtvは、少し厳しい待遇だったのかもしれません。 しかし、ないおさんやうちいくtvに育ててもらったキャラやブランドを、ごっそり全部よそに持っていって、自分だけのギャラを増やしたいから、また、演者一人じゃつらいから面白い人たちがいるところに行くでは、完全な不義理です。 今後はうちいくtvさんには本気で頑張ってほしいです。 ヤルヲさんの動画を観ても、BADしか押せそうにないですね。 twitterでも、すでに賛否両論あって、かなりの人がヤルヲさんに幻滅しています。 今回うちいくTVを辞めるにあたって3回に渡ってのないおさんとのやり取りを動画にしました。 面白要素は皆無で時間も長いですが気になる方は観てください。 もっと早い段階で、ヤルヲさんの固定給制度を見直して、出演を頑張った分、インセンティブのボーナスなどを与えていれば、こんな揉め方にはなっていなかったのかもしれません。 ヤルヲさんからすれば、自分の稼いだ分で、ないおさんたちがボートなどの好きな企画に打ち込んでいることも面白くなかったでしょう。 ただ、それにしても、話し合いの時間を持たず、みんなで育ててきた「ヤルヲ」というパッケージを、自分一人で決めて持ち逃げしてしまった、というのは、やっぱり大人のやることじゃないなと思います。

次の

ヤルヲさんがうちいくtvを辞めて同業他社へ裏切り転職する理由まとめ

せ いく うち けい さん

いつも行くところは担当が行ったときの運で決まる。 今回の担当さんは中国語なまりのベテランさん。 指圧の方はデレデレにはならない。 しかし。 チャララララ~~リン。 彼の鍼。 三田村邦彦ばりにツボに入るのだ。 それもためらいなく。 すっと。 人によってはツボを何度も小刻みに刺激する方法もあるが、彼は一発だ。 そして暫く刺しっぱなし。 今回1発目は首と肩の境目の三角形の筋肉。 うぎゃああ!!!!!!!! 電流全身ばりばり。 こってる深部直撃。 「アッダイジョウブ?イタカッタ?」 ……暫く死んでいるけど、ある部分を過ぎると喉元過ぎると忘れるごとく、 「大丈夫かもぉ」復活。 『セルフのガソリンになれた。 』 ファミリーカーのシャンパンゴールドムーブにガソリンを入れる。 静電気体質なので、ちゃんと放電してから入れます。 1度満タンじゃないのに、ガチャン!といわれて、パニックたことがあったけど、 今では周りを見る余裕ができました。 割引券だけはちゃんとかなりの数ストックしてます。 『コインランドリー初体験。 』 ボアシーツなど冬の大物の洗濯。 初めてなので、ロックを何度も確かめスタート。 暫く洗剤と汚い水がぐるぐる回っているのを見ていたら 案の定、酔いました。 他の人を観察していたら乾燥機はみんな余計目にセットするのね。 一つお利口) ここでもちゃんとお得なカードを購入。 『古紙の回収。 』 全体重をかけて意外にきっちり十文字に縛った。 おとんがのりうつっているんじゃないか?とみがまうくらいな出来。 (うつくしい) 『カメムシを採る。 』 この小春日和な時期にやってくる、つぶすとくさあ~いカメムシ。 夜中に電気のかさの内側にブーンブーン。 ガムテープで餃子みたいに包むのがおすすめで、経験済み。 だけど…。 今回のはいきがいい!(げげっ) ガムテープにくっつきながらも足をぶらぶらさせて逃れようとしている。 こわい……。 このまま電気のかさの内側にガムテープで貼付けておくのもなんだし…。 なんの解決にもならんし。 キンチョール!!!! しかも至近距離からシュッ!!!!! 勝った…。 これが1番うれしい。 1度着陸して再びミステリーツアーは動きだした。 葬儀は故人の体がいつのもの場所から無くなることを知らされ。 そして休む間もなく再びツアーは 遺族というメンバーに招集をかけ、出発する。 今度は故人がいたことを遺族の手によって、 一つ一つ記録を消していくこと。 区役所に行ったり、法務局に行ったり、 税務署に行ったり、年金機構に行ったり、 各種金融機関に行ったり。 こんなに時代が進んだのだから、区役所に1つ「喪中窓口」があればいいのに。 お役所関係の届け出を一発でやってくれるところ。 金融関係の人も揃っていたらかなりいい。 今度は四十九日のための準備。 慣例に従ってまだまだ進むツアー。 本当に良くわからんことばかり。 1つだけわかること。 お金が飛ぶように出て行きます。 葬儀委員長であり、喪主代理であり、連絡係であり、のミステリーツアーはまだまだ続く。 」 と、言われたり。 ミステリーツアーに正しい答えはない。 (後になってわかった。 こざかしい (不謹慎だが) 諸々な人たちに、 最後は殿下の宝刀をふりそそごうとして、 セレモニーホールのおにいさんに、 「まあまあ」とたしなめられ、 「もう少しです。 」と励まされた。 心の中でグーも出ていた。 通説通りのいろいろなプロセスも そんなことを知らなかったからと言って、 お礼参りの席順がどうのこうのって、 お布施がどうのこうのって、 そんなことは取るに足らないこと。 騒ぎごとには喧噪がつきもの。 それに流されない、強い意志を持つこと。 そして、自分はおとんの子供だということ。 おとんが亡くなった。 ああ、生きているじゃん。 だけどおとんは息をしていなかった。 本当はただ泣いていていいはずなのに、 どうして祭壇に飾る親戚たちの花輪のオーダーを取らなきゃいけないんだろう。 おとんがあっけなく死んでしまったのに、 どうしてこんなに慌ただしく物事を進めなきゃいけないのだろう。 あっけなく死んでしまったから、あっけなくお別れしていいのだろうか。 こんな分刻みのスケジュールが必要なんだろうか? 10年ぶりにあったおばさんが 「昔見たTVでお通夜の席で生き返った人がいる。 どうか、最後の最後にその蓋をあけて起き上がりますように。 おとんが居なくなる儀式に お経や百合の花や果物のもりかごやそんなもろもろなことは 本当は、本当は必要なくて、不謹慎と言われても、 ずっとずっとここに留まってほしいと、願った。 ずっとずっとドライアイスを入れて、 昼寝をしているみたいに置いておきたかった。 おとんにとって自分はいい子供でしたか?.

次の