中国 産 マスク。 中国で続く日本メーカー製マスクの輸出ストップ!工場を警官が見張り接収: J

中国で続く日本メーカー製マスクの輸出ストップ!工場を警官が見張り接収: J

中国 産 マスク

中国で余っているマスクが日本で売れない理由 中国で余っているマスクが日本で売れない理由は 2つ あります。 それは• 販売ルートの確保が難しい。 価格設定の厳しさと、パッケージの作成。 ちょっとわけて解説したいと思います。 販売ルートの確保が難しい 日本で、マスクの転売が相次いだ問題でECサイト等でのプラットフォームでマスクを販売することが非常に厳しくなってしまいました。 3月15日 日曜 からは政府によってマスクの転売が全面的に規制されてしまいました。 こうなってきてしまっては、ドラッグストア等に卸すしかないのですが…そこでも問題が発生してしまいます。 価格設定の厳しさと、パッケージの作成 価格設定を厳しくしているのは、こういった メディアのせいだと私は思います。 それでも規制初日にチェックすると 「マスク50枚4980円」などの出品が確認できた。 仕入れ価格から1円でも高い転売は禁止だけに「中国工場から直接仕入れで転売品ではありません」や「海外直輸入の正規品」など、転売ではないことが強調されていた。 マスクが極端な品薄となる前には、 ドラッグストアなどで1箱50枚入りが実勢価格498円~598円で販売されており、約10倍のイメージだ。 ピーク時には「100枚8万円」や、中には同10万円を超える高額の転売もあっただけに価格下落の感はあるが、規制をすり抜けようとする新手の販売も浮上している。 出典元: マスクが品薄になる前にドラッグストアで売られていた 1箱50枚入りのマスクが安いのは、 国内産だからではないのか?そう思ってなりません。 中国のマスク工場から話を聞いたところ、 工場での製造価格がマスク1枚あたり 2. 5元 約37円 でありこれ を製造価格のまま 50枚セットで売ろうとした場合、125元 約1877円 となります。 それに加えて中国のマスクは元々日本で売るためのパッケージを作っていないため パッケージをそもそも作る必要があり… 中国からの配送費、パッケージの作成費、需要と供給のバランスをみた時に 「マスク50枚4980円」 高いと思った方もいるかと思いますが、 これが中国から日本に送られてきたマスクだとしたら納得の価格です。 工場での製造価格のまま売る企業なんていないでしょうし…実際楽天やAmazonで売ってるとしたら プラットフォーム代やお客様への配送費でかなり費用がかさみます。

次の

マスクが中国製だけど大丈夫か?安全性を確認できるマークがあった!

中国 産 マスク

配送方法は 郵便局営業部からのDHL配送「DHL緑色通道」。 上海の郵便局営業部の営業時間は午前9~11時、午後13~16時です。 並んでる人が2人、別場所で3組程が書類記入中。 私はすでに書類記入済なので、そのまま並ぶ。 3番目。 1番目のおばちゃんが受付のおじさんとやりとり…どんどん声が大きくなりエスカレート。 早口過ぎたのでなんとなーく聞き取れたことから想像すると、マスクの品質表示についてのやり取り。 その人のところへ行けと言われていた。 並んでいた私も、そのマスク確認担当者の手が空いた瞬間を見計らって声をかける。 マスクの合格証を見せると「合格がないよ」と言われシールの「合格証」を指すと「ああ!そうね!」と言いながらDHLの袋にマスクを詰めてくれた。 順番が来て、パスポート、記入済の書類を提出すればスムーズに発送手続をしてくれ、マスク200枚、兵庫県までの輸送料220元を支払し終了。 書類は前回のブログでも紹介したこちらの2種類です。 配送受付担当と共に、 マスクの状態確認のスタッフも新たに配置されています。 このスタッフが主に見るのがマスクの合格証です。 外パッケージは上記の書類を記入する際の情報に使えるのと、確認が入ることもありそうなので持参がおすすめです。 確認が住めばパッキングは向こうでしてくれ、あとは支払いを済まして終了です。 今回はとてもスムーズに行っています。 よかったよかった 意外!日本へ送れる品質のマスクはここで簡単に買える 友人はその後、マスクの合格証について郵便局営業部の人に尋ねてみると、 意外な話が出てきたのです。 発送手続完了後、そのマスク確認担当者に合格証の何が必要なのかと聞いてみる。 私が外国人だったこともあり、わかりやすく説明するのに 「彼女のあれを買えばいいよ!」 と私の後ろにいた客の荷物の袋に入っていたマスクを取り出し 「写真撮ってタオバオで買いなさい!」 と。 そして近くに座っていた別の客の持っていたビニール袋をさわり、その 袋に書いてある薬局の住所を指差し 「ここに住所あるから写真撮りなさい!」 と。 その客も 「一本後ろの通りに薬局あるよ」 と教えてくれた。 なんと、 薬局で購入したマスクは配送可能品質なのでそれを買えばいいという郵便局からのアドバイス(考えてみればよく出元が分からないネットで買うよりも、実店舗の正規の薬局で売られているマスクは品が確かです!)。 その薬局とは、上海市内各所にチェーン店があるこちらのお店。 こちらの薬局、聞いたことがあります。 上海市内に多くのお店がある薬局です。 郵便局営業部最寄りのこちらの薬局へ行くと、 個数制限もなくあっさりマスクを購入できたんだそうです! 教えてくれた薬局に行く。 入口に小さい机を出していて、推薦してくれたマスクが売っていた。 いくつ買えるかきくと、 買いたいだけどうぞと言われる。 10枚入りを10袋買った。 5元 wechatで支払い、終了。 これには阿信もびっくりです! 今上海では購入制限もなく、一枚2元を切って(ギリギリだけれど)実店舗の薬局でマスクが買えるんですね! 私が前に購入したマスクは1枚2. 9元だったので ネットよりも安い!この話を聞いて私も自分用に買いに行きたくなるくらいでした。 笑 この時に買ったマスクの写真も送ってくれました。 このマスクなら日本への配送も問題ないそうです。 また、上海では実店舗薬局でもマスクの商流が回復しており、 薬局で購入した非医用マスクは問題なく送れることも判明しました。 一部情報では4月末くらいをメドに、「DHL緑色通道」配送を本格的にオンラインでの受付や集荷をしていく流れもあるらしく、今後はもっと発送しやすくなっていくかもしれませんね。

次の

マスクの中国製が大丈夫な理由は?全国マスク工業会マークとは?

中国 産 マスク

深刻なマスク不足が解消する気配は、まだ見えない。 首都圏のドラッグストアでは連日、開店前から長蛇の列ができている店舗も見かける。 筆者も手持ちのマスクの残数が少なくなり、開店数時間前から並んでみたのだが、並んでいる人の多くは老人か学校が休みになった学生たち。 平日の早朝から行列に並ぶことのできない独身の会社員などの状況は深刻だと容易に想像ができる。 マスクの品薄を満たすため増産は続き、4月には月間7億枚の供給が可能とされているが、必要とされる施設に優先的に供給されるため、品薄の解消にはまだ時間がかかりそうだ。 そうしたなかで始まっているのが、 中国からの輸入である。 3月末には政府が中国から輸入したマスク1000万枚が到着し、全国の医療機関への配布を開始。 政府では4月には週に3000万枚程度の輸入を目指している。 武漢市をはじめとした都市を封鎖するなど事態が深刻化した中国では、マスクの大規模な増産を実施。 3月初頭には中国国家発展改革委員会が、一日あたりの生産量が1億枚を突破したと発表している。 政府系メディアである「人民網」の日本語版でも3月13日にとの記事を掲載。 今や中国国内ではマスクの供給は安定し、海外に対しても十分な輸出量を確保できていると思われた。 ところが3月下旬になり、オランダで医療機関に配布された中国製マスクが品質基準に満たしていないとして回収される事案が発生。 回収されたマスクの数は数十万枚にも及んだ。 同様の問題は中国製マスクを輸入した ヨーロッパ諸国でも発生しており、中国製マスクへの信頼性は極めて低下している。 中国国内でも問題化 こうした劣悪な品質のマスクは中国国内でも多数流通し、問題になっている。 現在も封鎖が続く武漢市の男性は、次のように語る。 「マスクは容易に入手できるようになりました。 薬局だけでなくスーパーでも売られるようになったのですが、私は薬局で買うようにしています。 なぜなら、スーパーで売られているものには品質の極めて悪い製品が多いのです。 こちらの写真の右がスーパーで売られているものですが、明らかに材質が薄いのがわかるでしょう」 もともと中国では、「スーパーで売られている品物を信用してはいけない」といわれるほどに質の悪いものが混じっているというが、政府の指示で増産が続くマスクでもこんなことが起こっているとは驚くばかりだ。 この原因として挙げられるのが、供給量だけが重視されたことだ。 中国政府は、防疫製品の生産に参入した企業に対して補助金の支給を始めている。 そのため、まったく無関係な企業も参入し、供給量は増えたものの品質の管理が追いついていないのである。 「市民からの苦情で、質の悪いマスクを販売したスーパーには罰則が科せられました。 ただ、薬局であればそんなにひどいものはありません。 価格は、先日買った製品の場合、50枚入りで80元(約1200円)です」 供給量が増えたとはいえ、中国国内でも需要が多い地域では、まだプレミア価格で販売されているといえる。 現在、日本国内の大手通販サイトでは、転売品が追放された後に「4月中旬以降発送」として、多くのマスクが出品されるようになっている。 だが、いずれも50枚で3000円以上と、一時の転売品ほどではないが高価格だ。 「国内発送」と記述されているものが多いが、生産国を明記していない業者も多い。 ましてや、「中国産」を明記している例はほとんど見かけない。 なかには、コスプレ用品を販売している業者が突如、マスクの販売を告知しているようなケースもある。 インターネット上でマスクを購入した場合に、果たしてどんな品質の製品が届くのか。 覚悟して待っていたほうがよさそうだ。 (文=昼間たかし/ルポライター、著作家).

次の