菖蒲 ホームセンター。 あのビバホームを買収!ホームセンター下克上

あのビバホームを買収!ホームセンター下克上

菖蒲 ホームセンター

埼玉県久喜市から絞り込み• 青葉 0• 江面 0• 太田袋 0• 上清久 0• 上早見 0• 上町 0• 河原井町 0• 久喜北 0• 北青柳 0• 北中曽根 0• 清久町 0• 久喜新 0• 久喜本 0• 栗原 0• 古久喜 0• 下清久 0• 下早見 0• 久喜中央 0• 所久喜 0• 西 0• 野久喜 0• 原 0• 久喜東 0• 樋ノ口 0• 本町 0• 南 0• 除堀 0• 六万部 0• 青毛 0• 新井 0• 伊坂 0• 上内 0• 上川崎 0• 河原代 0• 北広島 0• 狐塚 0• 葛梅 0• 栗橋 0• 栗橋北 0• 栗橋中央 0• 栗橋東 0• 小右衛門 0• 栄 0• 佐間 0• 島川 0• 菖蒲町小林 0• 菖蒲町上大崎 0• 菖蒲町上栢間 0• 菖蒲町河原井 0• 菖蒲町三箇 0• 菖蒲町柴山枝郷 0• 菖蒲町下栢間 0• 菖蒲町昭和沼 0• 菖蒲町台 0• 菖蒲町新堀 0• 砂原 0• 外野 0• 高柳 0• 中里 0• 中妻 0• 西大輪 0• 八甫 0• 東大輪 0• 間鎌 0• 松永 0• 緑 0• 南栗橋 0• 鷲宮 0• 鷲宮中央 0.

次の

埼玉県久喜市のホームセンター一覧

菖蒲 ホームセンター

かねて売却が噂されてきたLIXILビバ。 親会社LIXILグループとの取引関係はほとんどなかった。 買収金額は1085億円にも達し、早ければ今年12月にも完了する見通しだ。 「総合スーパー、ドラッグストア、ディスカウントストア、100円ショップなど、他業種との競合が激しくなっている」(アークランドサカモトの坂本勝司会長)。 新潟県地盤でホームセンターの「ムサシ」(38店)を展開する同社は、独立系で超大型店という特徴を持つ。 大手チェーンとは一線を画す存在として、1970年の設立から外食や食品スーパー、卸売事業など幅広い事業を展開してきた。 ただ、頭打ちの続くホームセンター業態を尻目に成長を牽引してきたのは、アークランドサカモトの上場子会社でカツ丼専門店「かつや」などを運営するアークランドサービスホールディングスだ。 買収発表前の5月末時点でアークランドサービスの時価総額が約630億円なのに対し、親会社のアークランドサカモトは約490億円。 成長性に対する株式市場からの評価は厳しかっただけに、買収に1000億円以上も投じるインパクトは大きい。 アークランドサカモトはLIXILビバと比べ、事業規模も大きく見劣りする。 「ビバホーム」は102店と、「ムサシ」の2. 5倍の規模で展開する。 9日の記者会見ではLIXILビバの渡邉修社長が「足元のコロナ禍(による巣ごもり消費)で業界は活性化している。 新しいマーケットの変化を主導してゲームチェンジしたい」と、およそ買収される会社とは思えぬ意気込みをみせた。 女性支持高いカインズ、統合で拡大したDCM 身の丈以上の大型買収を決断した背景には、アークランドサカモトの強烈な危機感がある。 数年前から「人口の多い都心部へホームセンターを出店したい」(志田光明取締役)と出店地を探し、2019年8月には久喜菖蒲店(埼玉県)を開業して関東初進出を果たした。 が、自前で大型店を出店すると時間を要するため、事業のスピード感がネックとなっていた。 その間にも競合大手は着実にシェアを広げてきた。 2020年に非上場ながら業界トップに登り詰めたのが カインズだ。 群馬発祥のベイシアグループ傘下で、兄弟会社には作業着専門店のワークマンがある。 「カインズ」の場合、ホームセンターらしからぬおしゃれなPB(プライベートブランド)商品の開発に定評があり、若い女性客を取り込みながら快進撃を続ける。 僅差で2位に陥落した DCMホールディングスは、相次ぐM&Aで規模を拡大してきた。 傘下に「カーマ」「ダイキ」「ホーマック」「サンワ」「くろがねや」を擁し、2017年には「ケーヨーデイツー」を展開するケーヨーの株約20%を約70億円で取得、持ち分会社化している。

次の

巨大ペット店と普通の倍大きい敷地!?久喜市のホームセンタームサシ

菖蒲 ホームセンター

『ダイヤモンド・ホームセンター』誌の恒例人気企画で、2019年1月~12月にオープンした店舗(改装含む)の中から、ホームセンター(HC)業界関係者から最も注目された店舗を選出するストア・オブ・ザ・イヤー。 選考方法:ダイヤモンド・ホームセンター読者の方々からの投票を FAX、インターネットにて受付。 順位決定:獲得票数と本誌編集部により、総合順位を決定) 第5位 ジュンテンドー西舞鶴モール店 第 5位となったのは、ジュンテンドー(島根県/飯塚正社長)の「ジュンテンドー西舞鶴モール店」。 売場面積は 6158㎡で、同社最大規模の旗艦店だ。 品揃えや利便性の高いサービスを充実させているのが特徴である。 自社開発した大規模商業施設「西舞鶴モール」(総店舗面積1万604㎡)の核店舗として出店した。 資材と園芸といった「HCならでは」の商材の売上高構成比を高めることで差別化を図っている。 その第 4弾の最新店舗である「ホームズ所沢店」が 4位に入賞した。 所沢店の特徴は、新たに 30~ 40代のファミリー層を呼び込むためにさまざまな仕掛けを施した点だ。 その 1つが、テナントの導入による「モール化」である。 売場は 2層構造で、もともと 1階にホームセンター( HC)、 2階に家具を展開していた。 増床リニューアル後は、 1階に食品スーパーの「ロピア」や農産直売所の「わくわく広場」、フードコート、その他 9つのテナント、 2階には 11の専門店を導入した。 また、 2階では新規事業である SPA(製造小売)型のアパレルショップ「 CARABINER(カラビナ)」を初出店した。 「超大型」を特徴とする同社の中でも、久喜菖蒲店は最大級の大きさで、 2フロアの本館と平屋の別棟の合計売場面積は約 7500坪。 投資金額は 45億円で、同社の旗艦店舗という位置づけだ。 久喜菖蒲店の特徴は、広い売場面積を生かした圧倒的な品揃えとファミリー層の取り込みをねらったおしゃれな空間づくりだ。 とくに力を入れたカテゴリーがガーデニングとペット売場である。 ガーデニング売場は、別棟にあるガラス張りの温室で展開。 入ってすぐの場所には飲食事業を展開するグループ会社アークランドサービスホールディングス(東京都/臼井健一郎社長)が運営するカフェを初導入した。 店内で焼き上げるマフィンとフルーツティーを販売する。 飲食スペースは木目調のデザインにグリーンを加えることで、くつろぎの空間を演出している。 ミストを定期的に噴出するコーナーや、グリーンとテーブル・チェアのクロス MDに取り組むなど、見せ方も工夫している。 <店舗概要> オープン日 2019年 8月 7日 所在地 埼玉県久喜市菖蒲町菖蒲7004番 電話番号 0480-87-1634 アクセス JR東北本線・東武伊勢崎線「久喜」駅からクルマで約 18分 売場面積 約 7500坪(本館 2階建て+別棟) 営業時間 9: 00~ 19: 30 資材館は 7:00開店(日曜除く) 駐車場 1400台 第2位 カインズ幕張店 僅差で 2位となったのが「カインズ幕張店」だ。 若年層、女性を取り込む店づくりの「見本」として読者からたくさんの称賛の声があった。 幕張店は売場面積1万1539㎡(約3500坪)で、カインズ(埼玉県/高家正行社長)の「スーパーホームセンター」フォーマットの店舗である。 「ミスターマックス新習志野店」「東京インテリア家具幕張店」「ホームズ幕張店」「コストコホールセール幕張倉庫店」「イオンモール幕張新都心」といった大型商業施設がひしめくエリアに出店した。 幕張店の最大の特徴は、正面入口そばに配置した、暮らしをよくするインスピレーションを喚起する「インスパイアゾーン」。 カインズらしさが最も感じられるエリアの1つである。 タッチポイントは、カインズの代表的商品や旬の商品、サービスを体感できる。 スタッフによる実演や生活シーンをイメージできるディスプレーや動画、書籍を通じて顧客との接点を生み出すコーナーである。 カフェ&ガーデンは、直営カフェ「CAFE BRICCO(カフェブリッコ)」と、多肉植物を中心に育てやすいインテリアグリーンを組み合わせ、緑のある暮らしを体感できる。 CAINZ工房はものづくりの 楽しさを体験できるスペース。 工具やレーザー加工機 の貸し出し、ワークショップの開催などを行っている。 <店舗概要> オープン日:2019年3月1日 所在地:千葉県習志野市芝園1 —2 —1 アクセス:JR京葉線「新習志野」駅から徒歩 10 分 営業時間: 9: 00~ 20: 00 売場面積 : 1万 2601㎡(カインズ 1万 1539㎡、 WILD-1 1062㎡) 駐車場台数 : 543台( WILD-1含む) 電話番号:047 —408 —2500.

次の