マイクロファイバー タオル。 MF4039

コストコのマイクロファイバータオルが超おすすめ!抜群の耐久性と使いやすさが魅力で手放せない

マイクロファイバー タオル

高い吸水性や柔らかい肌触りで人気のマイクロファイバー。 何かしらの製品を持っている方も多いでしょう。 しかし、マイクロファイバーには、まだ知られていないことが多いのです。 そこで今回は、マイクロファイバーの特徴や取り扱いの注意点をご紹介します。 マイクロファイバーのデメリットとして、耐久性のなさを挙げる方も多いでしょう。 しかし、洗濯の仕方を工夫すれば、耐久性は高くなるのです。 マイクロファイバー製の衣類などをたくさん持っているという方は、ぜひこの記事を読んで扱い方の参考にしてください。 マイクロファイバーとはどんな繊維?• マイクロファイバーを使った製品にはどんなものがある?• マイクロファイバーのメリット・デメリットは?• マイクロファイバーを長持ちさせるためには? 1.マイクロファイバーとはどんな繊維? マイクロファイバーとは、ナイロンやポリエステルを原料とする合成繊維の一種です。 最大の特徴は、その細さ。 8マイクロナノメートルという髪の毛の100分の1以下しかありません。 一般的に繊維は細いほど柔らかく、吸水性も高くなります。 天然繊維の木綿と絹を比べた場合、絹の方が柔らかいのは繊維が細いからです。 マイクロファイバーは、この極細繊維にさらに加工をほどこして吸水性と保湿性を高めています。 ですから、よく水を吸い、しかも軽くて温かいです。 そのため、メガネ拭きのような固くてつるつるしたものをきれいにするためのものや、雑巾。 さらにタオルや毛布、ヒートテックの下着などいろいろなものに利用されています。 特に、タオルなどに加工されています。 2.マイクロファイバーを使った製品にはどんなものがある? では、マイクロファイバーを使った製品には、どのようなものがあるのでしょうか? この項で、その一例をご紹介します。 2-1.タオル マイクロファイバーといえば、タオルのイメージがある方も多いでしょう。 高い吸水性と速乾性が特徴ですから、タオルにはもってこいの素材です。 フェイスタオルからバスマット、さらにバスタオルまでいろいろな製品に使われています。 2-2.掃除用具 雑巾や、液晶画面やメガネを掃除する布にも、マイクロファイバーが使われています。 また、ほこり取りのモップもマイクロファイバー製のものが多いでしょう。 マイクロファイバーの原料はポリエステルやナイロンです。 ですから、静電気が発生しやすくほこりをよく吸着します。 また、液晶画面やメガネを傷つけずにきれいにできたりもするでしょう。 2-3.寝具 柔らかい肌触りと保温性を持つマイクロファイバーは、寝具に最適です。 また、ラグのような敷物としても使われています。 特に、数年前の冬から大ヒットしている「着る毛布」はほとんどがマイクロファイバー製です。 ウールや綿の毛布のように重くないので、はおって移動しても軽くて動きやすいでしょう。 さらに、吸水性も高いので汗などの水分もよく吸ってくれます。 2-4.洋服 マイクロファイバーの衣類といえば、真っ先にフリースが思い浮かぶという方も多いでしょう。 マイクロファイバーのフリースは軽くて温かいので、冬の防寒着の定番になっています。 また、速乾性と吸収性が高いので、肌着にも最適です。 冬のヒートテック下着はほとんどがマイクロファイバー製になっています。 軽くて暖かいので防寒具としては最適です。 3.マイクロファイバーのメリット・デメリットは? マイクロファイバーにはどのようなメリット、デメリットがあるのでしょうか? この項で詳しくご紹介していきます。 3-1.マイクロファイバーのメリット 前述したように、マイクロファイバーは高い吸水性と速乾性があります。 天然繊維で吸水性が高いもの、といえば木綿の繊維です。 しかし、木綿の繊維は厚くなるほど乾きにくいでしょう。 特に、冬はなかなか湿り気が取れない、というケースも少なくありません。 一方、マイクロファイバーは軽く絞って乾かしておくだけで、数時間後にはからからになっています。 ですから、冬の洗濯も問題ありません。 さらに、木綿と同じくらいの吸水性があるので、肌着や掃除用具など幅広い用途があります。 また、軽くて温かいので防寒着や冬の寝具にも大活躍しているのです。 3-2.マイクロファイバーのデメリット しかし、マイクロファイバーにも弱点はあります。 マイクロファイバーは非常に細かい繊維でできているうえ、繊維の一本一本がとがっているのです。 ですから、柔らかいものを拭くとかえって傷つけてしまいます。 メガネなどの固いものを拭くには適しているのですが、肌のような柔らかいものを拭くには注意が必要です。 特に、赤ちゃんや子どもの皮膚は、大人の半分の薄さしかありません。 フワフワしているから、とマイクロファイバー製のバスタオルでごしごしとこすると、肌が真っ赤になってしまうこともあります。 また、マイクロファイバーは、その繊維の細さもデメリットになるのです。 繊維は、細いほど弱いため、何度も洗濯をするとすぐにダメになってしまいます。 ですから、肌着など毎日洗濯するものは、どうしてもいたんでしまうでしょう。 また、マイクロファイバーの製品の中には、すぐに繊維が抜けるものがあります。 細い繊維ですから、床に落ちずに空中を漂っていることも多く、気になるという方もいるでしょう。 さらに、マイクロファイバーの原料はナイロンやポリエステルです。 ですから、熱に弱く乾燥機にかけたら縮んだり穴があいたりしてしまった、という例も報告されています。 さらに、マイクロファイバー製の衣類を着て火のそばにたっていたところ、繊維に火が燃え移ってやけどをしたという事例もあるのです。 肌に直接触れるものには適していません。 4.マイクロファイバーを長持ちさせるためには? マイクロファイバーを使った製品は手ごろな値段ですが、木綿製品のようにガンガン洗濯すれば、すぐにいたんでしまいます。 ですから、マイクロファイバー製の製品だけネットに入れて、洗濯機のソフトモードで洗いましょう。 タオルなどは手洗いでも大丈夫ですが、力をこめて洗濯するのではなく、優しくもむように洗ってください。 そうすれば、長持ちしやすいです。 また、冬場でも乾燥機の使用は控えましょう。 速乾性がありますから、風通しのよいところに干しておけばすぐに乾きます。 アイロンかけもやめておきましょう。 毛布などの大物も、家で洗って陰干しにするとよいですね。 コインランドリーを利用する場合は洗濯だけを行い、家で干しておいてください。 また、掃除用具はほこりが絡みやすいですから、使うたびにこまめな掃除用具の掃除が必要です。 それに加えてソフトモードで洗いましょう。 おわりに 今回はマイクロファイバーの特徴や、メリット・デメリットをご紹介しました。 バスタオルに使われることも多いですが、子どもや赤ちゃんの肌を拭くならば、木綿のバスタオルの方がよいでしょう。 また、マイクロファイバーは繊維が細い分、雑菌などが絡まって取れにくくもあります。 ですから、「洗うと生地がいたむから」という理由で洗わないでおくと、臭いが発生することもあるでしょう。 それを防ぐためには、衣類用の消臭、滅菌スプレーを利用してください。 マイクロファイバーを使った製品は手ごろな値段です。 ですから、ある程度使ったら捨てるもの、という感覚で使ってもよいでしょう。 特に、掃除用具に雑菌が繁殖してしまえば、掃除用具としての意味をなさなくなります。 臭いが出たり洗ってもぬめりが取れなかったりするようでしたら寿命だと思いましょう。

次の

マイクロファイバーとは|オリジナルタオル、ブランケット(ひざ掛け)、抱き枕カバーなどオリジナルグッズ作成は電脳プリント

マイクロファイバー タオル

吸水性が良く、洗車後の水滴の拭取りに最適です。 残った汚れも極細繊維でかきとります。 車のボディーにもやさしく、ワックス等の拭取りにも最適です。 材質 マイクロファイバー 色 ブルー 用途 ボディーやガラスの水拭き、ワックスの拭取りに 使用方法 カラ拭き、水拭きのどちらでもご使用できます。 汚れが落ちにくい場合は少量の洗剤を併用ください。 満足度: このレビューは、 3人が参考にしています。 用途: 車のガラスコーティング拭き取りに クリスタルプロセスのハイテクX1ボディーコート剤-8500の拭取りに使用しました。 最初の拭き取りにはダイソーの洗車用マイクロファイバータオルを使用しましたが、ほとんどコート剤を吸い取る事が無く塗り伸ばすばかりでした。 2回目以降の拭き取りにモノタロウを使用したところ、拭き心地が全然違うのに驚く。 引っ掛かり無くスムーズにコート剤を拭き取ってくれるので,みるみるボディが光り始める。 色違いの同じモノタロウタオルで3回目 仕上げ)の拭き取りをすると,もうツルッツル! ダイソーの物と手での触り心地は,ほとんど変わらないのに、拭き取り性能に大差がある事が判りました。 これは注文コードについてのレビューです。 このレビューを評価してください: グローバリーテック株式会社 様 [2020-02-11].

次の

どのタオルが使いやすい?タオルの選び方や素材別おすすめ3選、最新の人気通販ランキング。タオル・タオルのお手入れ方法やギフト・プレゼント特集など。

マイクロファイバー タオル

マイクロファイバーのメリットが臭いの原因に? マイクロファイバーのタオルは、どうして綿のタオルよりも臭くなりやすいのでしょうか? 実は、マイクロファイバーの「良い点」である吸水性の良さ、汚れ落ちの良さなどが、臭いが出やすくなる要因にもなってしまっているのです。 ふわふわで水をよく吸う秘密は… マイクロファイバーは、その名の通り非常に小さい(マイクロ)繊維(ファイバー)で作られています。 しかもその繊維の断面を見るとギザギザに尖った形状をしているんです。 人の髪の毛の100分の1ともいわれる繊維の細さや、隙間の多いギザギザの形が、タオルに使えば吸水性や速乾性に優れ、お掃除クロスや布巾には汚れをよく絡め取るというメリットを生み出しています。 毛布や冬用の布団カバーにもよく使われますね。 細い繊維はやわらかく肌触りがいいし、空気をよく含んで暖かいからです。 モラクセラ菌が繁殖しやすい環境 この特徴は、反対に考えると、細かい繊維の間に水をよく吸うのと同じように、汚れやホコリもたくさん取り込んでしまうことになります。 取り込んだ汚れが栄養分となり、そこに適度な湿度と温度、空気があると、雑菌が繁殖する条件が整います。 お風呂上がりや手を洗ったあとでも、使ったタオルには皮脂汚れや水分が付きます。 ふかふかの繊維の中で、あっという間に生乾き臭の原因になるモラクセラ菌が増えてしまうのです。 濡れたまま放置しちゃダメ! マイクロファイバーのタオルは、綿のタオルに代わる画期的なタオルですが、雑菌が繁殖しやすい特性があるため、取り扱いの面で気を付けなければいけません。 濡れたマイクロファイバーのタオルは広げて乾燥させる• 洗濯カゴに溜め込まないでこまめに洗濯する このようなことに気を付けて、湿ったり汚れたりしたままの状態で長時間放置しないようにしてくださいね。 スポンサーリンク マイクロファイバータオルの洗い方はここに注意! マイクロファイバーのタオルは水分や汚れを含みやすいので、早めにきれいに洗濯することが大切です。 生乾き臭の原因になるモラクセラ菌は、洗濯で落とせなかった分がどんどん折り重なるように繊維に残っていくのです。 そしてますます落ちにくくなっていきます。 繊維に残って染み付いてしまった菌が干している間にも増えていくため、洗ってもすぐに臭いが復活してしまうのです。 そこで、マイクロファイバータオルの臭いを防ぐには、汚れたまま放置せずに雑菌を繁殖させないことに加えて、汚れと雑菌をきれいに洗い落とすことが必要になってきます。 モラクセラ菌は熱に弱いので、綿のタオルなら煮洗いをしたりアイロンを掛けるなどの方法で殺菌することができます。 マイクロファイバーは熱に弱い ところがマイクロファイバーはとてもデリケートな化学繊維であり、熱に弱いという性質があるのです。 マイクロファイバーのタオルの風合いや機能を保って長持ちさせるためには、• 熱いお湯で洗わない• 乾燥機を使わない• 陰干しをする など、高温にさらさないように気をつける必要があります。 もちろんアイロンもかけられません。 高温に頼る以外の洗い方で対処するしかないわけです。 粉末洗剤で漬け置き洗いがおすすめ デリケートな繊維を洗うのには中性洗剤がおすすめなのですが、臭いが気になるようなら、弱アルカリ性の洗剤を使うほうがいいでしょう。 液体の洗濯洗剤を使っているなら、 粉末洗剤に替えてみましょう。 一般的に、液体よりも粉末洗剤のほうがアルカリ度が高く、汚れ落ちの効果も高いです。 浸け置き洗いならさらに効果が高まります。 ぬるま湯に粉末洗剤をよく溶かした液にタオルを入れ、30分ほど漬け置きしてから、洗濯機で洗います。 すすぎもしっかりと2度行い、風通しの良いところで早く乾かすようにしましょう。 マイクロファイバーの臭いにハイターを使うなら? マイクロファイバーのタオルに臭いを発生させないためには、雑菌が増えないように乾燥させ、きれいに洗うことが大切でした。 でも一度ニオイが染み付いてしまうと、洗剤で洗うだけではなかなかとれません。 その場合は、ハイターなどの漂白剤で雑菌を死滅させましょう。 ハイターが効かない? 衣料用の漂白剤は、黄ばみなどを落として色柄をきれいに見せるだけでなく、ニオイの原因になるモラクセラ菌に対しても除菌効果があります。 つけ置きの際は、できるだけ水温が下がらないようにすることと、漂白剤を完全に溶かしてから、タオルが浮き上がってこないようにしっかりと沈めておくことがコツです。 色柄ものに使える洗濯用の酸素系漂白剤は、カビキラーなどの塩素系漂白剤のように強い刺激などはないですが、扱うときは手袋をしたほうがいいですね。 また、マイクロファイバーはデリケートな繊維なので、一度除菌したあとは菌が増えないようにきちんと干すように心がけ、あまり漂白剤に頼らないほうが長持ちするでしょう。 柔軟剤は?マイクロファイバーが吸水しない? 普通、マイクロファイバータオルは、柔軟剤を使ってはいけないことになっています。 柔軟剤を使うと繊維がコーティングされるため、マイクロファイバーの良さである吸水性が弱まるからです。 ニオイが気になるタオルに、柔軟剤で香りを付けるのもいい手かな~と思ったんだけどな。 実は私は、マイクロファイバーのタオルにも柔軟剤を使っています。 特に吸水性が悪くなるというほどの感じはありませんし、ちなみにランドリンなので抗菌作用もあり、いい香りがするので使ったほうがいいかなと思っています。 雑菌臭を柔軟剤の香りでカバーすることはおすすめしませんが、柔軟剤を使う他の洗濯物と一緒のほうがこまめに洗えるなら、そのほうがいい場合もあるでしょう。 一度柔軟剤を使ってみて機能性が落ちたと感じたら、次の洗濯で使わなければもとに戻るので、気軽に試してみるといいと思いますよ。 ノンシリコンの柔軟剤だといいかもしれませんね。

次の