千 と 千尋 の 神隠し ハク。 【千と千尋の神隠し】川の神様だった!?「ハクの正体」が明らかに

千と千尋の神隠しハクに関する都市伝説!八つ裂き映像の噂とは | マジマジ情報局

千 と 千尋 の 神隠し ハク

ストーリーのあらすじ 千尋という名の10歳の少女が、引っ越し先へ向かう途中に立ち入ったトンネルから、神々の世界へ迷い込んでしまう物語。 千尋の両親は掟を破ったことで魔女の湯婆婆によって豚に変えられてしまう。 千尋は、湯婆婆の経営する銭湯で働きながら、両親とともに人間の世界へ帰るために奮闘する。 Wikipediaより引用 そして千はハクが盗んだハンコを返すために銭婆のところへ行くことになります。 そして帰り道、千はハクの事と出会った時の事を思い出しハクは自分の名前や、記憶を思い出すという話です。 この映画は当時千尋(荻野 千尋)が迷い込んだ神様の国という設定が外国では理解されませんでした。 日本では神様は八百万の神というほどたくさんして万物に宿るといわれていますが、 外国では一神教がメインですので、この設定に戸惑っている人も多かったと聞きます。 おにぎりで涙した理由とは? 一般的には千はハクのやさしさに触れて涙が出たというのがその理由と言われていますが、 実際にそれだけならばここまで多くの人々の記憶には残らないでしょう。 実際にはもっと深い意味があったのではないかと言われています。 そのためにはハクという人物を知ることが必要です。 ハクとは 油屋で働いている謎の少年。 魔法使いの見習いで、湯婆婆の弟子であり、また番頭として湯屋の帳場を預かってもいる。 作中で初めて千尋と会ったときから彼女の力になる。 釜爺によれば、千尋同様忽然と湯屋に現れ、湯婆婆の弟子になることを懇願したという。 Wikipediaより引用 ハクは千が住んでいた家の近くにあった琥珀川(コハクカワ)の神様であり、 本名は「ニギハヤミコハクヌシ」です。 ここまででわかることは、ハクは川の神様だったということです。 川の神様という考え方は八百万の神、神道の考え方です。 この作品は神道の影響ををかなり受けています。 おにぎりと神道の関係は? お父さんとお母さんが豚になったのを見て落ち込んでいる千にハクはおにぎりを渡すとき、あるセリフを言いました。 そのセリフが 「千尋の元気がでるようにまじないをかけて作ったんた。 」 このセルフのまじないって何なのでしょうか? 神道の世界で神様のまじないと言えば、 これはおそらく神気のことです。 神気とは、万物のもとになる気だったり、気力、霊力、神々しさといった意味があります。 ハクは落ち込んで元気のない千に元気になってもらいたいという気持ちからおにぎりに神気をこめたのでしょう。 それがまじないをかけたといっていることの意味です。 そしてその神気を受けた千の心は温かさや愛に包まれて堪えていた感情があふれだし、涙が止まらなかったのです。 ハクはとてもやさしい神様だったのです。 このニギという言葉には「柔和、穏和」という意味があるようです。 それはまるでハクの思いやりの深さやさしさ、徳の高さを意味しているようにも感じます。 なぜおにぎりだったのか? なぜおにぎりだったのでしょうか? 神道ではお米はとても重要視されていて神社には米、塩、水をお供えしますし、古事記の神話にも「ゆにわの 稲穂の神勅(しんちょく)」という神話があるくらい有名です。 詳しくはこちらをご覧ください。 そしておにぎりとはべつの言い方で「」と言います。 ムスビはムスヒから来ていて、その語源は神皇産霊尊(かんみむすひのみこと)と高皇産霊尊 たかみむすひのみこと といわれていて、 ムスビは神様のことと言われています。 だからこそ神気をいれるにはおむすびはもっともふさわしかったのです。 最後に 実際にこれが宮崎駿監督が言ったことではないので確証はありませんが、あのおにぎりのシーンは沢山の人の心を打ちました。 そういったシーンというのは実はとても深い意味があって私たちの意識に上がってきづらいだけで、 実は無意識の領域では違うように見ていたり、腑に落ちていたりする可能性は多々あります。 実際にご飯茶碗なら一善なのに、おにぎりなら2個食べれたりするのは、そこに何かあるからです。 それは愛情かもしれませんし、気という概念の物かもしれません。 いずれにせよ素晴らしい映画です。 合わせて読みたい.

次の

【千と千尋の神隠し】ハクは八つ裂きにされた?されてない?どっち?人気投票中!

千 と 千尋 の 神隠し ハク

千と千尋の神隠しの「ハク」の正体は? ハクの正体 引用元: www. amazon. jp 普段は美少年のハクですが、 正体は白い龍です。 元々は 琥珀川(こはくがわ)に住んでいた龍の神様なのですが、都市開発のせいで川が無くなり住む場所を失ったのです。 そのため、湯婆婆の元に弟子入りしました。 「ハクはな、千と同じように突然ここにやってきてな。 魔法使いになりたいと言いおった。 ワシは反対したんだ、魔女の弟子なんぞろくな事がないってな。 聞かないんだよ。 もう帰るところはないと、とうとう湯婆婆の弟子になっちまった。 そのうちどんどん顔色が悪くなるし、目つきばかりきつくなってな」 引用元:映画『千と千尋の神隠し』より 帰る場所をなくした龍の神様。 それがハクの正体です。 結局、結末はどうなったのか? ハクは名前を奪われたから、湯婆婆の命令に逆らえませんでした。 でも、エンディングでは千尋がハクの名前を思い出してくれます。 「あなたの本当の名は、コハク川」 千尋のこの一言で、ハクは自分の本当の名前を思い出し、湯婆婆との契約から解放されます。 名前を取り戻したおかげで、魔女の契約は効力を失いました。 つまり、もう湯婆婆の命令に従わなくても大丈夫! 「私は湯婆婆と話をつけて弟子をやめる。 平気さ、本当の名を取り戻したから。 元の世界に私も戻るよ」 引用元:映画『千と千尋の神隠し』より 最後のシーンでは、ハクも 「本当の名前を取り戻したから大丈夫」と言っています。 この流れから考えると、少なくとも結末はバッドエンドにはならないはずです。 スポンサードリンク 補足:宮崎監督のインタビューも理由 インタビューの内容 また、ハクの八つ裂き説が噂された理由として、宮崎監督のインタビューも関係しているようです。 宮崎監督はインタビューされた時に「千と千尋の神隠しは悲しいお話なんですよ」と言っていて、この一言から 「千と千尋の神隠し=悲しいお話=ハクの最後が悲惨」という連想ゲームになったらしいです。 でも、宮崎監督のインタビューをよく聞くと、この説は違うとわかります。 2019年8月16日に放送された「金曜ロードショー」によると、 「悲しいお話」とはハクではなく千尋のことを指しているそうです。 もう少しいたら、カエル男たちや湯女たちともさらに知り合えただろうし、良い人、くだらない人、いろんな人がいることにもっと気づくことができたはずなのに、 それを全部捨てなきゃいけなかった、この映画は、実は切ない話なんです。 出典:金曜ロードショー「宮崎監督の想い」より(2019年8月16日放送分) そもそも設定が悲しい 『千と千尋の神隠し』に出てくる神様や妖怪は、人間のせいで被害にあったキャラクターが多いです。 ストーリー自体は優しい内容ですが、よく考えると悲しい設定なんです。

次の

千と千尋の神隠しのハクの本当の最後は?その後や結末はどうなった?

千 と 千尋 の 神隠し ハク

ストーリーのあらすじ 千尋という名の10歳の少女が、引っ越し先へ向かう途中に立ち入ったトンネルから、神々の世界へ迷い込んでしまう物語。 千尋の両親は掟を破ったことで魔女の湯婆婆によって豚に変えられてしまう。 千尋は、湯婆婆の経営する銭湯で働きながら、両親とともに人間の世界へ帰るために奮闘する。 Wikipediaより引用 そして千はハクが盗んだハンコを返すために銭婆のところへ行くことになります。 そして帰り道、千はハクの事と出会った時の事を思い出しハクは自分の名前や、記憶を思い出すという話です。 この映画は当時千尋(荻野 千尋)が迷い込んだ神様の国という設定が外国では理解されませんでした。 日本では神様は八百万の神というほどたくさんして万物に宿るといわれていますが、 外国では一神教がメインですので、この設定に戸惑っている人も多かったと聞きます。 おにぎりで涙した理由とは? 一般的には千はハクのやさしさに触れて涙が出たというのがその理由と言われていますが、 実際にそれだけならばここまで多くの人々の記憶には残らないでしょう。 実際にはもっと深い意味があったのではないかと言われています。 そのためにはハクという人物を知ることが必要です。 ハクとは 油屋で働いている謎の少年。 魔法使いの見習いで、湯婆婆の弟子であり、また番頭として湯屋の帳場を預かってもいる。 作中で初めて千尋と会ったときから彼女の力になる。 釜爺によれば、千尋同様忽然と湯屋に現れ、湯婆婆の弟子になることを懇願したという。 Wikipediaより引用 ハクは千が住んでいた家の近くにあった琥珀川(コハクカワ)の神様であり、 本名は「ニギハヤミコハクヌシ」です。 ここまででわかることは、ハクは川の神様だったということです。 川の神様という考え方は八百万の神、神道の考え方です。 この作品は神道の影響ををかなり受けています。 おにぎりと神道の関係は? お父さんとお母さんが豚になったのを見て落ち込んでいる千にハクはおにぎりを渡すとき、あるセリフを言いました。 そのセリフが 「千尋の元気がでるようにまじないをかけて作ったんた。 」 このセルフのまじないって何なのでしょうか? 神道の世界で神様のまじないと言えば、 これはおそらく神気のことです。 神気とは、万物のもとになる気だったり、気力、霊力、神々しさといった意味があります。 ハクは落ち込んで元気のない千に元気になってもらいたいという気持ちからおにぎりに神気をこめたのでしょう。 それがまじないをかけたといっていることの意味です。 そしてその神気を受けた千の心は温かさや愛に包まれて堪えていた感情があふれだし、涙が止まらなかったのです。 ハクはとてもやさしい神様だったのです。 このニギという言葉には「柔和、穏和」という意味があるようです。 それはまるでハクの思いやりの深さやさしさ、徳の高さを意味しているようにも感じます。 なぜおにぎりだったのか? なぜおにぎりだったのでしょうか? 神道ではお米はとても重要視されていて神社には米、塩、水をお供えしますし、古事記の神話にも「ゆにわの 稲穂の神勅(しんちょく)」という神話があるくらい有名です。 詳しくはこちらをご覧ください。 そしておにぎりとはべつの言い方で「」と言います。 ムスビはムスヒから来ていて、その語源は神皇産霊尊(かんみむすひのみこと)と高皇産霊尊 たかみむすひのみこと といわれていて、 ムスビは神様のことと言われています。 だからこそ神気をいれるにはおむすびはもっともふさわしかったのです。 最後に 実際にこれが宮崎駿監督が言ったことではないので確証はありませんが、あのおにぎりのシーンは沢山の人の心を打ちました。 そういったシーンというのは実はとても深い意味があって私たちの意識に上がってきづらいだけで、 実は無意識の領域では違うように見ていたり、腑に落ちていたりする可能性は多々あります。 実際にご飯茶碗なら一善なのに、おにぎりなら2個食べれたりするのは、そこに何かあるからです。 それは愛情かもしれませんし、気という概念の物かもしれません。 いずれにせよ素晴らしい映画です。 合わせて読みたい.

次の