前髪 補正 アプリ。 マッチングアプリで「いいね!」が増えるプロフィール写真の撮り方!

写真は怖くない!すごい「Photoshop」マジック小技集23

前髪 補正 アプリ

最近のスマホの 顔画像を補正するアプリって、とーーっても進化しているのをご存知ですか? プリクラのように、目を大きくしたり、美肌にしたり、足を伸ばしたりするのは朝飯前。 さらには、 メイクを盛ることもできちゃうんですって! それもスゴく自然に!! 【検証:アプリだけ使って、どれほど自然にフルメイクができるか?】 はたしてアプリだけで、どれほど自然にフルメイクができるというのか? 実際に自分のすっぴん顏を撮影し、を作ってみることにしました! 【2つのメイクアプリを使ったよ】 今回は、性能の違うふたつのアプリをダブルで使ってみました! ・自然な美肌を実現!「Beauty Plus」 お肌の補正がしたい人はコレ! ひとつめに使用するアプリは「美肌」になるように撮影ができたり、既存の画像を加工できたりするアプリ「Beauty Plus」です。 なんと、美肌設定したまま動画の撮影も可能。 さ、さらに! 「足を長く」できちゃう機能があるんですって!! ・完璧にメイクをしてくれる!「YouCam Makeup」 もうひとつは、美しくメイクを施してくれるアプリ「YouCam Makeup」。 口紅、マスカラ、ファンデーションなど、それぞれ複数のカラーがあるので、様々な組み合わせを試せます。 ナチュラルメイクからアートメイクまで、あらゆる系統のメイクに挑戦できます。 【 「Beauty Plus」で、詐欺のような、すっぴんが完成したよ! 】 まずはお肌をキレイにしてくれる「Beauty Plus」で自撮りしてみました。 」と、アプリの性能の高さに驚きました。 【 「YouCam Makeup」で、絶対にやらなかったメイクにも挑戦!】 一方、「YouCam Makeup」でメイクしてみると、あれ、これ本当にアプリでメイクしたの? と、驚くほど自然で美しい仕上がりに。 とくに、眉毛やまつげなどの「毛」に関しては、繊細な部分なので「絶対に変なことになる!」と思っていたんですが、とっても自然なできばえ。 これがアプリで加工したものだなんて、誰も信じてくれなさそうな完成度です。 ・実はこんなメイクが似合うのか…と新しい発見も ちなみに今回は、家にあった女性雑誌を参考に、普段しないようなメイクにしてみたんです。 モデルさんと私は骨格がちがうので、まったく同じメイクをしてしまうと本来であれば違和感が出てきたりするのですが……。 ・仕上がりは「Beauty Plus」でゆるふわにするのがグッド なので最初に使ったアプリ「Beauty Plus」で、「ゆるふわフィルター」かけてみることに。 しかし、あまりにも目とか輪郭とかを加工すると、自分の本当の顏がニセモノに感じてイヤになりそう……。 目が、目がーッ!!

次の

顔面補正が1番最強なアプリはどれだ?!加工アプリを比較してみた

前髪 補正 アプリ

もくじ 髪 肌 顎 目 鼻・唇 体型・表情 背景 輪郭 遊ぶ 髪 1.髪の色を変える レイヤーさせ、ソフトエッジのブラシで髪のエリアに色を塗る方法。 彩度のスライダーをスライドで好みの色に変えることが出来る。 2.髪の毛を切り抜く 自動選択ツールでなぞり、境界線を調整する。 エッジの検出で調整し残りは非表示。 などなど、色んな方法があります。 肌 3.シミやそばかすを消す ハイパス・ぼかしでくっきりさせながら、気になる肌の部分だけ表面をなめらかにする。 後は、消しゴムでシミやそばかすを消す。 4.肌を美白にする 補正やトーンカーブの使い方や解説の他に、歯を白くしたり肌の色を白くしたり、マスクモードの使い方など充実。 勉強になるチュートリアルでした。 5.肌を滑らかにする クイックマスクモードに切り替え、ブラシを使って選択後ぼかす方法。 結構なめらかになります。 顎のラインを調整、眉毛を濃くしたり唇にハリを出したり。 7.リフトアップ 修復ブラシツールでシミ・そばかすを消し、ゆがみフィルタで頬をリフトアップする。 広い範囲のシワ取りはパッチツールで完成。 目 8.目を大きくする つけまつ毛、アイシャドウ、口紅、グロス。 可能な限り目を大きく見せ、奥行きのある目もとをつくるためにかかせない技法です。 9.まつげを増やす こちらはレタッチを簡単に行う方法。 しみ、傷の除去、眉毛を濃くする、まつ毛の加工など。 10.目のクマ/ほうれい線を消す コピースタンプツールだけで手軽にクマを消すチュートリアル。 仕上げは修復ブラシツールでムラを慣らす。 同じ要領でほうれい線を消したりなんてことも可能。 11.目の色を変える レイヤーさせブラシで色を着色した後、消しゴムで修正。 一番シンプルな方法だが、面倒な人は下のアクションを使ってみましょう。 鼻・唇 12.鼻を高くする なげなわツールで鼻をざっくり選択、コピーして、両サイドをalt キーを押しながら縮める。 後は修正ツールで色や影を消して仕上げます。 13.ぷるるん唇にする 質感を損なわずに唇や肌を補正する方法とアクション。 拡大すると良く分かるチュートリアル。 14.歯を白くする ブラシを使って色を白に設定し、レイヤーマスクの上の歯に色をつける方法。 面倒な人は下のアクションでどうぞ。 体型・表情 15.バストアップ 限られた業界でしか需要なさそうですが。 フィルタ>歪み、膨張ツールを選択。 後は焼きこみツールで色を調整すれば完成。 16.ポーズを変える Photoshop CS5のパペットワープを使う方法。 僕はiPhoneアプリで、キャラクターの動きをアニメーションで作るときに、これを使いました。 17.顔の表情・形を変える 小技ではないのですが、無料のPhotoshop用プラグイン「Face Control」。 正面を向かせたり、鼻筋を正したり、とにかく好きなように変更できる。 背景 18.背景を消す なげなわツールで透明にしない部分を選択後、反転させていくオーソドックスな方法。 19.背景をぼかす Lキーを押してなげなわツールに切り替えて反転。 後は効果を加えたり。 輪郭 20.輪郭を修正 ゆがみツールを使う方法。 細かな修正はブラシで。 比較すると随分変わってます。 21.ぼんやりした輪郭をくっきりさせる 少しだけぼやけた画像をくっきりさせる。 アルファチャンネルで輪郭を検出し、ディテールを抽出・調整、シャープにして元画像に被せる方法。 遊ぶ 22.タトゥーを入れる 写真を切り抜いて、人物の写真にタトゥーっぽく転写する方法。 う~ん、またもやパペットワープ。 後はレイヤーの色をいじるだけ。 23.蜷川実花風 蜷川実花さんの写真っぽいエフェクトをかける方法。 1分くらいで出来るほど簡単です。 以上、写真うつりが悪くても一発で美男美女にする方法まとめでした。

次の

顔面補正が1番最強なアプリはどれだ?!加工アプリを比較してみた

前髪 補正 アプリ

正しいパスポートの写真サイズは?写真アプリを使って自分で撮る方法 パスポートを作るためには、写真を撮らなくてはいけないですよね。 パスポート用の写真サイズや注意点をまとめてみました。 運転免許証や履歴書用の写真とはサイズが違いますので、ご注意を! ちなみに…下記のような決まりがあるので、目を通しておいてくださいね。 6カ月以内に撮影したもの• 正面、無帽、無背景• カラーでも白黒でも可• 鮮明であること(焦点が合っていること)• 明るさやコントラストが適切であること• 影のないもの• 背景と人物の境目がはっきりしていること• 眼鏡のレンズに光が反射していないこと• 平常の顔貌と著しく異ならないもの(例えば、口を開き歯が必要以上に見えているものは不可)• 前髪などにより、目などの顔の器官や輪郭が隠れていないこと• ヘアバンドなどで頭髪を覆っていないこと• 変色していないもの、傷や汚れのないもの• デジタル写真の場合、ジャギー(階段状のギザギザ模様)がないもの• デジタル写真の場合、写真専用紙等を使用し、画質が適切であること 引用: 写真アプリなら、証明写真機より便利でお得! 白いハンカチが無い場合は、 A4程度の白い紙でもいいですよ。 服装はデコルテを意識 首の詰まった服よりは、鎖骨が見えるくらい 襟ぐりの開いたデザインの服を選びましょう。 ちょっとの肌見せで、顔が明るくスッキリと見えますよ! メイクは血色良く ナチュラルで健康的なメイクは、トレンドが変わっても好印象です! 自然な色のチークとリップで血色良く見せましょう。 また、証明写真機で撮るとお金も高いですし、回数も決まっていて上手に撮ることができないことがありますよね。 写真アプリなら、自宅で簡単に撮れますし、費用も安く済みます。 ただしカラーコンタクトを着用したままの写真ではパスポート申請に使えないので注意してくださいね。

次の