久しぶり 英語。 「久しぶり」は英語で?英会話で必須の3パターンを10分で学ぼう

英語で「久しぶり」は「Long time no see」だけじゃダメ?!ネイティブらしい英会話表現は?

久しぶり 英語

「久しぶり」は「Long time no see. 」だけじゃない! まずは、 「久しぶり!」という フレーズです。 皆さんが 良く知っているのは 「Long time no see. 」 でしょう。 しかし、 ネイティブがよく使う 「久しぶり」という表現は 他にもあります。 「Long time no see. 」は 覚えているから、 他のものは 覚えなくていいというわけでは ありません。 どのようなフレーズか 知っておかないと、 他の表現で 「久しぶり」と言われた時に 何を言ったのかわからず 返答に困るからです。 」 という 2つの表現があります。 これらは セットで覚えてください。 」 これは どういう意味かと言いますと、 「ages」は 時代という意味です。 「ages」と 複数形になっており 「たくさんの時代 会ってないよね」 というニュアンスで、 「久しぶり」と使われます。 」 ですが 「長い間会ってないよね」 というニュアンスで、 「久しぶり」の 表現として使われます。 「Long time no see. 」の 2つのフレーズも 一緒に 覚えておきましょう。 どれも 「久しぶり」という意味で、 久しぶりに会った時に 使えるフレーズなので、 「Long time no see. 」 だけでなく、 他の表現を 使ってみてください。 ちなみに、 ネイティブで 「Long time no see. 」を 久しぶりに 会った時の 挨拶として 使う人は多くいます。 「久しぶり」に続くフレーズは? 「久しぶり」という フレーズを紹介しましたが、 それで終わらないよう 注意してください。 」 (会えてうれしいよ。 ) 「How have you been? 」 (元気にしていましたか?) と続けてみてください。 ちなみに 「How are you?」と 「How have you been?」は どう違うのか おわかりですか? 「How are you?」は 現在形なので、 「今、あなたは元気ですか?」 という意味です。 そして 「How have you been?」は 現在完了形です。 現在完了形と言うと 少々難しく 感じるかもしれませんが、 現在完了形は ある期間を 表すことが出来ます。 つまり 「最後に会った時から 今この瞬間まで、 あなたは元気にしていましたか」 というニュアンスを含んだ 「元気にしていましたか」 という表現です。 そのため、 久しぶりに会った人に対しては、 「How are you?」より 「How have you been?」の方が ピッタリきます。 ただ、 あまり細かく考えてしまうと ややこしくなってしまうので、 「How have you been?」は、 久しぶりに会ったときに 「元気にしてた?」 という意味で使うと 覚えておいてください。 久しぶりにあった友達に 「How are you?」と 言ってしまうと 少しおかしな感じに なってしますので、 この違いはしっかり 覚えておいた方が良いでしょう。 会話らしい会話を楽しもう! 久々にあった友人がいたら、 「Long time no see. 」の どれかを使い 「久しぶり。 」と言いましょう。 それから続けて 「会えてうれしいよ。 )」 「元気にしてた? (How have you been? )」と、 このように つなげることができれば、 より会話らしくなりますよね。 「会話らしさ」というのは とても大切で、 教科書で習ったフレーズを 教科書に載っている通りの 受け答えだけしているのでは、 親しくなるにも 時間がかかります。 ぜひ、自然な感じで 様々なフレーズを合わせて 使えるようにしてください。 他にもある、「久しぶり」のあとのフレーズ より 「会話らしく」できるよう、 「久しぶり」のあとに 続くフレーズも いくつか紹介します。 (会えてうれしいよ)」 の部分ですが、 Nice to see you again. (また会えてよかったよ!) などと言うこともできます。 次に、 「How have you been? (元気にしていた?)」の 部分ですが、 「元気にしていた?」以外にも 色々続けることができます。 (もう1年も経つんだね!) 「もう〇年も経つんだね」 という驚きを 伝えたい時に使うフレーズです。 You look great. (元気そうだね。 ) 「元気にしていた?」 と聞くまでもなく、 見るからに元気そうだったり、 アクティブな 感じだったりしたら、 このフレーズを 続けてもいいですね。 (ちっとも変ってないね!) 10年ぶりなど 長い間会っていなかった友人が、 昔と変わらず 若々しい場合などに使えます。 (とても綺麗になったよ!) 日本人が言うには 照れくさいかもしませんが、 久しぶりに会ったら 綺麗になっていた時は ぜひ言ってあげてください。 自分が言われても 嬉しいフレーズですよね。 What have you been up to? (最近、どうしてたの?) そんなに 長い期間ではないけれど、 しばらく会わなかった 友人に会わなかった期間 何をしていたのか 聞きたい時に使える フレーズです。 いくつか 「久しぶり」に続く フレーズを紹介しましたが、 会わなかった期間や、 友人との関係に合わせて 組み合わせて、 より自然な会話に なるようにして使ってくださいね。 それを知らないと、 相手との会話の際に 困ることがあるため 他のフレーズも 覚えておくようにしましょう。 また、 自分も自然に使えるよう 今回紹介した 「久しぶり」の表現2つも、 実際の会話で使うよう 心掛けてみてください。 そして、 より会話を自然に発展させるために 「会えてうれしい」 「元気にしていましたか?」など 「久しぶり」のあとに 続けるフレーズも覚えましょう。 そうすることで、 会話が 楽しくできるようになりますよ! 動画でおさらい 「英語で「久しぶり」は 「Long time no see」だけじゃダメ?! ネイティブらしい英会話表現は?」を、 もう一度、動画で おさらいしてみましょう。

次の

英語で「long time no see」は使わない!?ネイティブが使う「久しぶり」の英語表現23選

久しぶり 英語

あいさつ表現の中の「久しぶり」にも色々ある しばらく会っていなかった人と再会した場面で言う「ひさしぶりだね」と伝える、再会の場面に適したあいさつ表現は、たくさんあります。 「ひさしぶり」に対応する典型的なフレーズとしては Long time no see. がよく知られているところです。 ただ、これはネイティブスピーカーが好む言い方ではないという見方もあります。 日本語の「ひさしぶり」の字面の意味に囚われすぎると、「長い時間会っていなかった」という部分に意識が向いてしまいますが、率直に再会の喜びを伝えても十分に「ひさしぶり」のニュアンスは表現できます。 「長らく会っていなかったね」という意味を込めた「久しぶり」 「時間を隔てた」「しばらくぶりだ」という意味合いで「ひさしぶり」と表現するあいさつ表現は、いくつかあります。 どれも日本語に訳すとなると「本当に久しぶりですね」のような訳になってしまいますが、see や talk といった語をニュアンスに応じて使い分けることが可能です。 (しばらく経ってしまいましたよね、というニュアンス) どの表現も比較的カジュアルな言い方です。 家族や旧友としばらくぶりに再会する場面にはうってつけでしょう。 ビジネスシーンなどでも、相手との関係や状況によってはこうした表現が使えますが、もう少し丁寧でフォーマルな表現を選んでおいた方が無難でしょう。 ビジネスシーン向けの「ご無沙汰しております」的あいさつ ビジネスシーンをはじめとするフォーマルな場面で「お久しぶり」と伝える場合、字句を費やしてちゃんとした英文で表現しましょう。 英文として不足のない(簡略にしていない)文章として表現することで、丁寧でかしこまったニュアンスが表現できます。 日本語なら「ごぶさたしております」のような訳語が対応するでしょう。 あいさつ以外の叙述に使える「久しぶり」表現 あいさつ表現としてではなく文章中で修飾表現として「ひさしぶりだ」と述べる場合、また違った表現の要領が必要です。 「ひさしぶり」に直接対応する英語表現を見出そうとすると、なかなか難しいものがありますが、「《久しぶり》とは結局どういう意味か」を考えて言い直してみると、ニュアンスをうまく伝えられる表現が見つかります。 「長い間していなかった」と表現する「久しぶり」 「しばらくの間それをしていない」という表現は、「ひさしぶり」のニュアンスを最も無難に再現できる言い方でしょう。 英語では a while( awhile)や a long time あるいは a long while、 quite a while といった語を使って「ながらく」と表現できます。 どちらも期間を限定せず漠然と「長い間」と述べる言い方です。 It has been a while since ~ は、その(空白)期間が終わったことを示し、つまり再び同じ状況が訪れたことを意味します。 it is ~ は「久しぶりにする」とは限らない 完了形を用いずに現在形で it is a while s ince ~ のように表現することもできます。 ただし、現在形は「過去にあった」ということを示すだけの表現です。 そこからの空白期間が終わった(=ひさしぶりにすることになった)かどうかには言及しません。 日本語の万能あいさつ表現をかみくだく練習をしよう 日本語に限ったことではありませんが、言葉には、さまざまなシチュエーションで、さまざまな意味合いで、同じ表現が使い回されるタイプの表現があります。 日本語では頻繁に使うのに、バッチリ対応する英語が見つからない、そうした性質の表現は、日本語を手がかりに英語表現を組み立てようとすると途方に暮れてしまいます。 日本語では「」とか「」といった表現は特に注意が必要でしょう。 しかし「よろしく」も「すみません」も「久しぶり」も、表現の真意に思いを巡らせれば、英語に置き換え可能な表現に噛み砕いて表現しなおせるはずです。 感謝を表明したいのか• お詫びを述べたいのか• 嬉しい気持ちを伝えたいのか その意味で、英語上達のためには「あらためて日本語に向き合う」ことも大切な営みであるわけです。

次の

英語での久しぶりに会う人への挨拶バリエーション5種

久しぶり 英語

」が圧倒的多数です。 久しぶりに相手に会った時(再会した時)などに使われる表現ですが、友達同士の英会話でのカジュアルな表現からビジネスでのフォーマルの場面で、ネイティブが良く使う「久しぶり」の英語の表現は、決してそれだけではありませんし、「Long time, no see. 」はさほど頻繁には使われません。 また、電話・メール・手紙やSNSなどでも使える表現は他にも沢山あり、使い分けが大切です。 それと 「久しぶりに〜する・した」と頻度を相手に伝える場合にも使いますね。 「久しぶりに旅行に行った」、「久しぶりに映画を観た」、「久しぶりに雨が降った」など多くの場面で使うケースがあります。 よって、ここでは「久しぶり(ご無沙汰)」を使用頻度の観点から厳選して例文付きで紹介しています。 1つだけの表現に偏らずに、ケースバイケースで使い分けることでネイティブの英語に近づけます。 また、メールやSNSなどにも使える表現ですので、是非活用して下さい。 目次: 1-1.「Long time, no see. 」は何の略? 1-2.実は「Good to see you again. 実際に会う、またはビデオチャットなどで対面した時ですね。 また、その表現はビジネスメールやSNS、手紙、電話などでもそのまま使えるものが多いです。 基本は、「Hi」や「Hello」などの挨拶の後に「久しぶり」というのが一般的です。 1-1.「Long time, no see. 」は何の略? 「Long time, no see」は一番カジュアルな「久しぶり」の言い方です。 (直訳:長い間、あなたに会っていませんでした)」です。 (直訳:お互い長い間会っていませんでした)」でもいいでしょう。 いずれにしても、それらを省略・短縮したのが「Long time, no see. 」です。 短い英文で簡単で日本人にも使いやすいですよね。 しかし、実際のところ、ネイティブは「Long time, no see. 」ばかり使っているわけではありません。 また、これを応用して次のような表現もあります。 Long time, no talk. 」も同様です。 」です。 Long time, no chat. 」です。 Long time, no e-mail. 」です。 1-2.実は「Good to see you again. 」をよく使う? 実は、「Long time, no see. 」より通常英会話で使われるのがこの表現です。 久しぶりに会えた友人やビジネスの同僚などにも使える表現です。 両方とも「また会えてよかった!」という英語で「久しぶり」を表現しています。 長く会っていない、という直接的な意味以外での表現の仕方です。 「Good」を「Nice」に代えて、 「Nice to see you again. 」とすると少しフォーマルなニュアンスです。 こちらも、「Good to talk with you again. 」などに置き換えることもできます。 」 「Long time, no see. 」や「Good to see you again. 」より少しフォーマルなニュアンスです。 「It has been a long time. (直訳:最後に会った以来、長い時間が経過しています)」を省略した言い方です。 メールでの挨拶としてもそのまま使えます。 ビジネスメールなど、フォーマルで使う場合は「お久しぶりです」や「(長い間)ご無沙汰しております」という意味になり、省略せずにそのまま使う場合も多いです。 前回は会ってはいないけど、電話などで話してから長い間時間がたっている場合は「talked(話した)」という単語を使います。 これは「e-mailed(メールした)」や「chatted(チャットした)」などにも言い換えることもできます。 (直訳:最後に話した以来、長い時間が経過しています)」などです。 しかし、そんなに長い間ではなく、少しの間(例えば、数週間、数か月ぐらい)であれば、「a long time」は大げさの場合があります。 」がいいでしょう。 「while(ワイル)」は「期間」という単語です。 」などの表現もあります。 」は、ネイティブもよく使うかっこいい英語の「久しぶり」です。 基本的に口語で、ビジネスのフォーマルな場面でも、カジュアルな挨拶でも使えます。 「age(エイジ)」は、「年」や「時代」とかを表現するものであり、その「age」の複数形(ages)で使うことで、「本当に長い間会ってなかったね!」というニュアンスになります。 」を更に強調したかっこいい表現だと思って下さい。 2.「久しぶり」の後に付け加える・返事の英語 久しぶりの挨拶の意味合いを込めたり、または挨拶の後に 「久しぶり!元気だった(どうしてた)?」という場合もありますね。 2-1.「久しぶり」の後に付け加える英語フレーズ 代表的なのが次の2つです。 「How have you been? 」:これは基本の英語フレーズで、「どうしてた?」、「元気でしたか?(お元気ですか?)」とカジュアルでもビジネスでも使える疑問形です。 「最近どうしてたの?」というニュアンスの時もそのまま使えます。 「How have you been? 」と、こちらも過去から今までの期間を言っているので、現在完了形を使います。 」:直訳では、「全てどうですか?」ですが、「何してるの?・何してたの?・元気だった?」というニュアンスで使えます。 「How is everything? 」でも同様です。 また、 「What are you up to? 」とう表現も同様です。 また、久しぶりに会って、相手の外見が変わったりしてた、または突然の電話で 「久しぶり!どうしたの?」という場合もありますね。 」という表現をよく付け加えます。 『』の記事もご参考下さい。 2-2.「久しぶり!どうしてた?」への返事の英語フレーズ 「How have you been? 」で聞かれた時は、どのような返事の仕方がいいのでしょうか? 下記が 「返事の言い方」の例です。 ネイティブがよく使う表現です。 Same old. :変わらないよ・前と同じです• Never been better. :ものすごくいいです・快調!• :大丈夫です• So-so. :まあまあです カジュアルでもビジネスでも長い文章の返事にならないのがコツです。 上記のように短めに答えるようにしましょう。 また、返事をした後に 「How about you? 」(あなたはどうですか・いかがですか?)と聞き返すのがマナーです。 3.「久しぶりに~する・した」の英語フレーズ一覧・例文 久しぶりという表現を使うのは、相手がいる場合だけではありません。 自分自身が、「久しぶりに(久々に)~する・した」時などにも使いますよね。 このような「久しぶり」は、日本語の「懐かしい」という意味でも使えます。 ここでご紹介する久しぶりの表現の他にも、『』でも紹介しているフレーズも覚えておくと英会話力の幅が広がるので、是非参考にしてみて下さい。 3-1.「for the first time in(期間)」 (期間)のところには、実際にしていない何か月、何年などをいれます。 「~日・月・年ぶり」などの表現になります。 そんな時は、基本的に 「for the first time in ~」をよく使います。 直訳では、 「(していない期間中)初めてです」となります。 例文: I am playing baseball for the first time in 3 years. 和訳:3年ぶりに野球をしています。 他にも色々な言い方があるので、目を通しておくだけでも英会話で役立ちます。 次からは英会話で頻繁に使う「久しぶりに~する・した」の他の表現も見てみましょう! 3-2.「The last time ~」 「The last time ~」を使います。 例文: The last time I went there was about 3 years ago. 上記でご紹介した表現例文は、天気や仕事など様々な場面でそのまま応用できるのでとても便利です。 (1か月ぶりの雨です)」など。 4.英語で「久しぶり」のスラング表現 最後に「久しぶり!」、「ご無沙汰!」の英語のスラングをご紹介します。 ここで紹介するスラングは主にイギリス英語で使わえるものです。 オーストラリアでもよく使われます。 もちろん 「Long time, no see(no talk, no e-mail). 」などもスラングの一種ですがそれ以外もあります。 とてもカジュアルな表現なので、ビジネスで使うのはNGです。 知識として知っておくだけでも大丈夫です。 」などで表現します。 まとめ:先ずは自分の英語の「久しぶり」を使ってみよう ここでご紹介した英語の「久しぶり」を先ず基本として覚えるのがいいでしょう。 英会話やビジネスメールでも使えます。 これは他の英語の表現でもそうですが、表現にはいくつかのフレーズが必ず存在します。 先ずは、英語の「久しぶり」でも同じで、自分なりのフレーズを選んで、数回は続けて使うのがベストです。 それで慣れたところで、違う表現を試すのがいいでしょう。 久しぶりに会った相手に無言にならない、また、久しぶりに~する・した、という表現を使うことで英会話やメールでも楽しい相手とのやり取りが出来るようになります。 」 あなたもそんな悩みを一人で抱えていませんか? また、英語をマスターした人だけが知っている 「めちゃくちゃ簡単なカラクリ」があるということをご存知ですか? そのカラクリを知って、単純に実践したからこそ、偏差値40だった私が短期間で「英検1級」と「TOEIC満点(990)」を取得する英語力を身に付けることができました。 2つの資格とも一発取得です。 本来、英語は一番カンタンな言語です。 それにもかかわらず、私は日本人の9割以上の人が英語に苦しんでいるのが不思議でなりませんし、だからこそその苦痛をなくして、英語を勉強せずに楽しく上達できるようにしてあげたいと思っています。 今回は、英語が苦手な日本人が挫折せずに英語をマスターするための最短手法と具体的ステップについて、私が数万人に英語を教えながらブラッシュアップを重ねた 「学校教育とは180度違う完全ノウハウ」を 無料PDF(全71ページ)という形でまとめました。 ふつうのリスニングを禁止した方法から、言いたい事がパッと言える写真スピーキング法、暗記せずに2万単語以上がスグ出る手法、文法を一切勉強せずに語順マスターするゲームまで、ほとんどの日本人が知らないやり方です。 これが日本人の脳の構造上、必要かつ最短ルートで英語力を身につけるノウハウになります。 短期間で英語上達しなかった人は必ず見ておいてください。 机に30分も座れない・・・ テストは常に赤点(偏差値40)・・・ 英語とは無縁の人生だった・・・ そんな落ちこぼれの私でさえ短期間でマスター出来ましたし、多くの実践者が短期で結果を出してくれていることからも、 正しいステップで、勉強せずに、楽しみながら無料で英語をマスターするというのが最大のポイントです。 興味がある方に、 今だけ期間限定でPDF(全71ページ)を無料プレゼント中です。 このPDFを片手に、あなたの英語学習をより加速させてあなたの望みを叶えていただければ、私にとって一番嬉しいことです。

次の