ディズニー シー ラプンツェル。 東京ディズニーシーの新エリア『アナと雪の女王』『塔の上のラプンツェル』などテーマ

東京ディズニーシーの新エリア『アナと雪の女王』『塔の上のラプンツェル』などテーマ

ディズニー シー ラプンツェル

6月14日(木)突然、<東京ディズニーシー大規模拡張プロジェクト>の詳細がオリエンタルランドから発表され、新たに開発する8番目のテーマポートとして、ディズニー映画『アナと雪の女王』『塔の上のラプンツェル』『ピーター・パン』の世界が混在する3種類のエリア、そしてパーク内に位置する最上級ランクの部屋を有するディズニーホテルの構想が明らかに。 この<朗報>にディズニー・パークスのファンの間では早くも大いに盛り上がっているようだ。 東京ディズニーシー新テーマポートの全景! 新テーマポートは「魔法の泉が導くディズニーファンタジーの世界」がテーマになる。 魔法あふれるディズニーの物語の世界が展開する3種類のエリアには、アナとエルサのアレンデール王国、森の奥深くにそびえるラプンツェルの塔、そしてピーターパンやティンカーベル、ロスト・ボーイズの故郷であるネバーランドが。 未体験のファンタジーの世界を目指す。 『アナと雪の女王』をテーマとしたエリア まずディズニー映画『アナと雪の女王』を舞台とするエリアには、映画の終盤、雪の女王であるエルサが氷の魔法を受け入れた<あとの世界>が広がるという。 同エリアには、アナとエルサふたりの姉妹の心温まるストーリーをめぐるアトラクションと、美しい雪山のふもとにあるアレンデール城の中にレストランを導入。 アトラクションでは、ゲストはボートに乗って、アナとエルサの心温まるドラマをたどっていけることになるという。 『塔の上のラプンツェル』をテーマとしたエリア 次にディズニー映画『塔の上のラプンツェル』をテーマとしたエリアには、ラプンツェルの塔が森の奥深くにそびえることになるという。 ラプンツェルと一緒に映画の中で描かれたようにランタンフェスティバルを訪れるアトラクションや、映画同様、愉快な荒くれ者たちの隠れ家をテーマにしたレストランでの食事を楽しめる。 その新しいアトラクションでは、ラプンツェルにとって「いままでで最高の日」となるランタンフェスティバルに向かうまでの道のりを体験。 ゴンドラに乗ったゲストはラプンツェルと一緒に進み、フィナーレでは映画の感動的な名曲とともに数えきれないほどのランタンの灯りに包まれ、ロマンスに満ちた体験が待っているという。 『ピーター・パン』をテーマとしたエリア そしてディズニー映画『ピーター・パン』が舞台のエリアでは、ピーターパン、ティンカーベル、ロスト・ボーイズが暮らすネバーランドで、ゲストは彼らと一緒に新たな冒険に出発することに! ここにはネバーランドのジャングルを飛び立って海賊たちと戦う大型アトラクションと、ティンカーベルと妖精たちが暮らすピクシー・ホロウを訪ねるアトラクション、ネバーランドの景色を眺めながら食事が楽しめるレストランを導入する。 この新たに誕生する2種類のアトラクションのうち、大型アトラクションでは海賊にさらわれたウェンディの弟ジョンを救うため、ゲストはボートに乗り込み、ロスト・ボーイズの後を追って川を下り、ティンカーベルのピクシーダストでネバーランドの上空へと飛び立っていくことになるという。 そこに、おなじみの音楽とキャラクターに3Dの迫力ある映像が加わって、これまで見たことがないネバーランドの大冒険を届けていくという。 最注目は、新たなディズニーホテルだ。 同ホテルは、新テーマポートのストーリーの核となる魔法の泉を囲み、ディズニーファンタジーをテーマとしたホテルとして、壮大で美しい新テーマポートの全景をパークに面する客室の窓から臨め、ゲストは魔法がかったパークと一体となった宿泊体験を楽しめる。 475室を有するこのホテルは、デラックスタイプの客室に加え、<一部は東京ディズニーリゾートで最上級>の宿泊体験を提供するラグジュアリータイプの客室で構成するという。 また、パークに面したホテルの1階部分には商品店舗も導入する予定で、誕生すれば話題を呼ぶことは必至だ。 SNS上では早くも多種多様な反応が飛び交い、「キタキタキタキタ、遂にキターーー」「ランタンを飛ばした湖を再現してほしい!!! 」「これ以上大きくしてどうするんですか、、、、笑笑」とお祭り状態で、なかにはチケット値上げを想定してしつつ、「それでも好きだから行っちゃうけど」など、愛憎入り混じる意見も見受けられ、高い期待値となっている。 このテーマポートに新設する4種類のアトラクションと、ディズニーホテルは、すべて今回のプロジェクトのために新たに開発するものとなる。 <東京ディズニーシー大規模拡張プロジェクト>では、既存施設への追加投資として過去最高となる約2,500億円をかけ、東京ディズニーシー開業以来最大の用地面積を拡張して、2022年度中の開業を目指していくという。 (C) Disney 《text:cinemacafe. net》.

次の

【2020

ディズニー シー ラプンツェル

オリエンタルランドは東京ディズニーシーを拡張し、2022年度中に新たなディズニーホテルを含む新エリアを開業する計画を発表した。 このほど、ザ・ウォルト・ディズニー・カンパニーと基本計画について合意した。 8番目のテーマポートとなる新エリアには、既存施設への追加投資で過去最高の約2500億円を投資。 「魔法の泉が導くディズニーファンタジーの世界」をテーマに、ディズニー映画「アナと雪の女王」「塔の上のラプンツェル」「ピーター・パン」の世界観を再現する3つのエリアで構成。 なかには、4つのアトラクションと新たなディズニーホテルを設ける。 「アナと雪の女王」のエリアには、アナとエルサの姉妹のストーリーを巡るアトラクションと、アレンデール場内のレストランを設置。 「塔の上のラプンツェル」のエリアには、映画で描かれたランタンフェスティバルを訪れるアトラクションや、映画に登場した荒くれ者たちの隠れ家をテーマにしたレストランを設置する。 「ピーター・パン」のエリアでは、海賊たちと戦う大型アトラクションと、ティンカーベルと要請が住むピクシー・ホロウを訪れるアトラクション、レストランを設置する。 このほか、エリア内に設置するディズニーホテルは、全475室を設置。 客室の窓から新テーマポートの全景が見られるようにし、パークと一体になった宿泊体験を提供する。 客室には、東京ディズニーリゾートで最上級のラグジュアリー客室も用意する。 なお、オリエンタルランドは、ザ・ウォルト・ディズニー・カンパニーとのテーマパークおよびそれに関するライセンス契約について、今後予定する各施設をオープンすることで、現行の最長2046年の契約期間を最長2076年まで延長することで合意した。 新テーマポートの開発予定地:発表資料より 新テーマポートのイメージ:発表資料より.

次の

ポップコーンバケットラプンツェルの発売日&販売場所&値段まとめ!

ディズニー シー ラプンツェル

ウォルト・ディズニー・ワールドのファンタジーランドにある「塔の上のラプンツェル」エリア ファンタジーランドを歩いていると見えてきたのは1つの塔! そうです!あの映画にも登場したゴーテルによってラプンツェルが閉じ込められ、暮らしていた塔です! こちらの塔は少し高い場所にあり、実際に入ることはできません。 しかし、WDWのファンタジーランドにはこの塔だけではなく、ラプンツェルのファンにはたまらない小さなエリアも広がっているのです。 まるでラプンツェルが住む王国に来たかのようなデザインが広がるこのエリアは、ゲストが休憩できるスペースとして作られています。 なので、キャラクターグリーティングやアトラクションなどは一切ありません。 しかし、たくさんのベンチやトイレ、携帯を充電する用のコンセントまでついている本当に便利なエリアです! WDWのラプンツェルエリアは映画に忠実 映画に登場したものもこのエリアではプロップスとして再現されています。 まずはランタンとコロナ王国の国旗! このエリア中にライトとして「I see the light」でも登場したランタンが使用されています。 感動的なあのシーンを想起させ、ファンにはたまらないアイテムです! そして、ランタンの横にはラプンツェルが住むコロナ王国の国旗が飾られています。 それだけではありません。 たとえば、ちょっと上を見てみると…。 フリンライダーが王国から盗み出したティアラを入れていた肩がけかばんがかかっていました! 今はあの中にティアラはあるんでしょうかね? ラプンツェルの絵やるフリンの指名手配書があるトイレ また女性用のトイレにはラプンツェルが描いた絵が描かれています。 男性用のトイレには、酒場「かわいいあひるの子」に登場した荒くれ者などの指名手配も! フリンライダーとスタンビトン兄弟、そしてショーティーがえがかれていました! フリンライダーはまだ鼻が不細工に描かれているようです…(笑)。 そとにはパントマイマーのウルフの指名手配書も! フライパンがたくさん飾ってあるなど、映画を見た人ならくすっと笑ってしまうような小道具がいっぱいあります! またこのエリア内には、カメレオンのパスカルがたくさん隠れているので、それを探すのも楽しいですよ! 美しきラプンツェルエリアの夜景 ぜひともこのエリアは夜にも訪れてほしいエリアです。 なぜなら美しいランタンが光り輝き、昼間とは違った顔を見せてくれるから! 夜になると、ここには人があまりいなくて本当にゆったりとした空気が流れています。 ただただ幻想的な空間で、ラプンツェルのあの世界にゆったりとつかることができました。 こんなエリアが日本にもあったらいいななんて羨ましくなるほど素敵で、1日の疲れを癒すことができる場所。 そんなラプンツェルのエリアには昼も夜も両方訪れてくださいね! なんと日本にもラプンツェルエリアが誕生することが決定しました!詳細は以下の記事で!.

次の