楽天anaカード メリット。 楽天ANAマイレージクラブカードのメリット・デメリットまとめ

ANAカードは2枚持ちがお得?ANAマイルがザクザク貯まる複数持ち活用法

楽天anaカード メリット

完全解説:楽天ANAマイレージクラブカードが優れている7つのメリット 特典1:ANAマイルか楽天ポイントを選べる2つのコース といえば、楽天ポイントを貯めるカードです。 しかし、楽天ANAマイレージクラブカードは、以下の2つのコースのどちらかを選べます。 楽天ポイント 100円につき1ポイント貯まる ANAマイル 200円につき1マイル貯まる 楽天ポイントを貯めるか、ANAマイルを貯めるかを選べます。 申し込み後も、コース変更が可能です。 単純に、楽天ポイントを貯めたい方は楽天ポイントコース、ANAマイルを貯めたい方はANAマイルコースを選べばいいでしょう。 なお、楽天市場やポイント加盟店での利用ポイント、キャンペーンポイントはコースにかかわらず、楽天ポイントで進呈されます。 特典2:ANAマイルを選ぶとカードの利用でANAマイルが貯まる ポイント還元率 0. しかし、マイルに交換するには、交換手続きが必要です。 楽天ANAマイレージクラブカードの場合は、貯まったマイルは、ANAマイレージクラブのマイル口座に進呈されます。 つまり、ANAマイルを貯めたい方は、交換をする手間が省けるという点でも、楽天ANAマイレージクラブカードに利便性があります。 普段の買い物でポイント還元率0. 還元率 1マイルは、交換する商品により0. 5円~10円以上の価値に変動します。 平均すると2~5円相当といわれるのが一般的です。 この場合、楽天ANAマイレージクラブカードで貯めたANAマイルの還元率は0. 楽天ポイントの他にも、Tポイントやnanacoポイントなど、多彩なポイントに交換できますが、ほぼ0. ANA国内線・国際線航空券は、シーズンによって、必要マイル数が異なります。 例えば、東京沖縄間は、レギュラーシーズンで、片道9,000マイル必要です。 ただし、航空券は時間や日にち、座席で料金が変わるため、正確な還元率は出せません。 1マイルあたりの価値が、2円のときもあれば3円のときもあります。 それでも、1マイルの価値は、1円以上である場合が多いです。 楽天ANAマイレージクラブカードは、途中でも好きなコースに切り替えられるメリットがあります。 楽天関連サービスで2倍以上 楽天市場、楽天ブックス、楽天トラベル、楽天ダイニングで楽天ANAマイレージクラブカードを使うと通常の2倍(100円につき2ポイント)のポイントが貯まります。 また、SPU(スーパーポイントアッププログラム)が、以下の条件で適用されるとポイント倍率がアップします。 5倍 ・楽天市場アプリからのお買い物分+0. 5倍 ・楽天証券月1回500円以上のポイント投資で+1倍 ・楽天モバイルの対象サービスを契約でポイント+1倍 ・楽天ひかりの対象サービスを契約でポイント+1倍 ・楽天TV NBA Specialまたはパ・リーグSpecialご加入・契約更新で+1倍 ・Rakuten Fashion月に1回以上ご利用で+0. 5倍 楽天スーパーセールやお買い物マラソン、ショップのキャンペーンも合わせると、もっとポイントを貯められます。 なお、楽天市場での買い物で、楽天ANAマイレージクラブカードのANAマイルコースを選んでいた場合、キャンペーンポイントは楽天ポイントで進呈されます。 つまり、200円の買い物の場合、以下のようになります。 ANAマイルコース:1マイル(0. キャンペーン、楽天e-NAVI、感謝デーなど 楽天ANAマイレージクラブカードで支払うことで、ポイントが2倍以上貯まるキャンペーンが豊富です。 5倍~10倍貯まることもあります。 楽天カード会員専用オンラインサービスであるでは、開催中のキャンペーン情報を確認できます。 特典4:ANAマイレージクラブ、楽天Edy、楽天ポイントカードの3つの機能付帯 楽天ANAマイレージクラブカードには、ANAマイレージクラブ、楽天Edy、楽天ポイントカードの3つの機能がついています。 つまり、これら3枚のカードを持ち歩いていた方は、1枚に集約することができ、財布の中をすっきりできます。 ANAマイレージクラブ ANAマイレージクラブの機能を要していることで、スキップサービスを利用できます。 スキップサービスとは、ANA国内線の利用時に、チェックイン(搭乗手続き)を飛ばして、直接保安検査場に進めるサービスです。 チェックイン(搭乗手続き)を省くことで、少しでも、時間を節約できます。 楽天Edy 電子マネー 楽天Edy 楽天ANAマイレージクラブカードに楽天Edyを付帯できます。 楽天Edyとは、以下のようなで利用できる電子マネーのことです。 楽天Edyでの支払いでも、200円につき1ポイントの楽天ポイントが貯まります。 楽天ポイントカード ポイントカード 楽天ポイントカード 楽天ANAマイレージクラブカードに楽天ポイントカードを付帯できます。 楽天ポイントカードとは、ポイントサービスのことです。 でカードを提示すれば、楽天ポイントが貯まる・使えます(100円につき1ポイントなど。 加盟店によって異なる)。 ポイントをマイルに交換できる ポイントは、以下の航空会社のマイルへ交換できます。 しかし、はじめから、ANAマイルコースを選んでおくと、交換する手間が省けて便利です。 特典6:年会費実質無料でも海外旅行保険付き 海外旅行傷害保険 最高2,000万円(利用付帯) 国内旅行傷害保険 なし 海外旅行傷害保険とは、海外旅行中の傷害死亡やケガ、病気などの傷害事故を保証してくれる保険です。 自動付帯と利用付帯の違い 自動付帯:保有しているだけで適用される保険 利用付帯:旅行ツアー代金や公共交通機関の支払いなど、定められた条件に対して、クレジットカード決済することで適用される保険 海外の医療費は高額です。 旅行傷害保険が付帯しているカードは、心強い味方になります。 補償額を上げたいならを検討しましょう。 楽天プレミアムカードは、最高5,000万円の海外旅行保険が付帯します(ANAマイルコースは選べませんが)。 特典7:補償が充実。 不正利用や盗難でもあんしん 補償 不正利用探知システム、本人認証サービス、ネット不正あんしん制度、商品未着あんしん制度、カード盗難保険など 楽天ANAマイレージクラブカードは、クレジットカードを安心して使える補償が充実しています。 カード紛失盗難における損害金額の補償、ネットショッピングでの不正利用を補償、楽天市場で購入した商品が届かない場合に請求を取り消しなど、万が一の事態でも安心です。 不正利用について 紛失や盗難で、クレジットカードや会員番号を他人に不正使用されてしまうことはあるでしょう。 しかし、楽天ANAマイレージクラブカードには盗難保険が付帯しています。 特別なケースを除き、紛失・盗難を届けた日から60日前にさかのぼり、それ以降の損害額を補償してくれます。 安心してクレジットカードを利用できます。 しかし、今は制度が変更になり電子マネーへのチャージでは、ポイントが貯まりません。 電子マネーへのチャージでポイントを貯めたいならを検討するといいでしょう。 楽天・ANA関連のサービスを使わないならメリットが少ない 楽天ANAマイレージクラブカードは、楽天ポイントまたはANAマイルが貯まることが最大のメリットです。 そのため、楽天・ANA関連のサービスを利用しないのであればメリットは少ないです。 例えば、JALのマイルを貯めたい方は、メリットがないです。 しかし、普段の買い物で貯めたポイントは、ガソリンスタンドやマクドナルドなど、日常に利用するお店でも使えます。 数あるポイントサービスの中でも、楽天ポイントは使い勝手がいいです。 また、ANAマイレージクラブ、楽天Edy、楽天ポイントカード、楽天カードの4つの機能が付いています。 使えるお店の多い機能を1枚に集約することができ、いざというときに便利です。 年会費は実質無料なので、1枚持っていて損はないカードです。 次年度以降は、500円かかります。 しかし、年に1回でもカードを利用すれば、無料になります。 コンビニで100円の買い物をするだけでもOKです。 実質年会費は無料と考えてもいいでしょう。 年会費永年無料の楽天カードと比較したい方は、以下ページもご覧ください。 楽天カードの年会費について 家族カードは発行できる?年会費は? 家族カードは、年会費無料で発行できます。 家族カードでも本会員と同様にポイントが貯まります。 ETCカードの発行に年会費がかかる ETCカードの発行には、年会費が500円(税抜き)かかります。 しかし、通行料金100円につき1ポイントが貯まります。 つまり、年間で54,000円以上高速道路を利用するなら元は取れます。 実家への帰省、旅行、通勤でETCカードをよく利用するなら検討する価値があります。 なお、楽天Point Club会員ランクがダイヤモンド・プラチナ会員であれば、年会費無料になります。 Apple Payは利用できるの? 使用できる店舗 QUICPay加盟店、モバイルSuicaへのチャージ可能 楽天ANAマイレージクラブカードで、Apple Payを利用できます。 Apple Payとは、カードの代わりに、登録したiPhoneで支払いができるサービスです。 QUICPay加盟店で利用できます。 Apple Payの支払いでも、楽天ポイントが貯まります。 ただし、モバイルSuicaへのチャージでは、ポイントが貯まりません。 楽天カードラウンジは利用できる? ハワイのワイキキ(T ギャラリア ハワイ by DFS)にある楽天カードラウンジを利用できます。 ラウンジでは、以下のようなサービスを利用できます。 国際ブランドは何を選べばいいの? 楽天ANAマイレージクラブカードは、VISA、MasterCard、JCBを選べます。 何にするか迷ったら、世界で最も使えるお店が多いVISAを選んでおくといいでしょう。 その方が、楽天ポイントを貯められるお店が増えます。 以前は、JCBにすることで、nanacoへのチャージでポイントが貯まりました。 しかし、今は廃止されたので、そのメリットはありません。 審査や年齢制限は?誰でも発行できるの? 楽天ANAマイレージクラブカードの申し込みは18歳以上(高校生は不可)の方が対象です。 ただし、発行には、審査があります。 申し込めば、必ず発行できるわけではないので、注意しましょう。 ・楽天ポイントもANAマイルも貯めたい ・ポイントやマイルを貯めて旅行に行ったり、欲しいものを購入したりして楽しみたい。 ・楽天市場や楽天トラベルなど楽天関連サービスをよく利用する 楽天ANAマイレージクラブカードは、楽天カード、楽天Edy、楽天ポイントカードポイント機能が付帯。 楽天グループや楽天ポイント加盟店など、ネットショッピングでも普段の買い物でも、お得に貯められます。 服やカメラもポイントで購入できます。 全額ポイントで支払えば、無料で欲しいものが手に入ります。 貯まったポイントを楽天トラベルで使えば、格安で旅行に行けます。 ホテルや高速バスの支払いにも使えます。 ANAマイレージクラブ機能が付帯しているから、国内線の搭乗もスムーズです。 ANAマイルで航空券を購入、楽天ポイントをホテル代に使う、といったこともできます。 楽天ANAマイレージクラブカードは、楽天ポイントもANAマイルも貯められる利便性の高いクレジットカードです。

次の

【2020年版】ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードのメリット・デメリットとは。

楽天anaカード メリット

2016年3月より新規発行がはじまった、楽天カードとANA(全日空)提携の『楽天ANAマイレージクラブカード』。 このクレジットカードを保有するメリットにはどのようなものがあるのか、今回はその点に焦点を当てた記事を書いてみたいと思います。 楽天カードと楽天ANAマイレージクラブカードのどちらを作るべきかで迷っている…という方は是非、参考にしてみてくださいね。 楽天ANAマイレージクラブカードの保有メリット: 早速、クレジットカードの専門家である私が思う、楽天ANAマイレージクラブカード保有のメリットについてまとめていきます。 年会費が実質無料: 楽天ANAマイレージクラブカード最大の保有メリットとしては、 実質年会費無料で持つことが出来るANAマイル用のクレジットカードであるということ。 一般的にANAカードはANA VISA SuicaカードにしろANA JCBカードにしろ、年会費がかかるクレジットカードになってしまうのですが、この楽天ANAマイレージクラブカードであれば実質年会費無料で持つことが出来るため、『とにかくクレジットカードに年会費を払いたくない!』という方に向いているカードといえると思います。 ANAカード:年会費がかかる• 楽天ANAマイレージクラブカード:年会費が実質無料 「実質」年会費無料の理由: ちなみに、なぜ「実質」年会費無料なのかというと、楽天ANAマイレージクラブカードの年会費では1年に1度でも利用すれば翌年の年会費が無料になる…という仕組みが採用されているため。 要するに1年間を通して1度も支払いに使わないと翌年から年会費がかかってしまうものの、年に1度でも支払いに使えば年会費をいつまでも無料にし続けることができるので、「実質」年会費無料という表現を使わせてもらっています。 1年に1度でも支払いに利用:翌年の年会費無料• 1年に1度も使わなかった:翌年の年会費は有料 つまり楽天ANAマイレージクラブカードを使うなら、最低でも年に1度の利用が必須…ということですね。 所有を検討しているならくれぐれもこの点にはご注意ください。 年会費は実質無料なものの: そんな実質年会費無料で持つことができる楽天ANAマイレージクラブカードですが、ANA VISA SuicaカードやANA JCBカードよりも優れたクレジットカードなのかというと、これはケースバイケースです。 というのも楽天ANAマイレージクラブの場合、支払いで利用した時に貯められるマイル数がANAカードと比べて見劣りがしてしまうため(10マイルコース選択時の比較)。 :100円で1ANAマイル獲得• :200円で1ANAマイル ざっくり、ANAカードと比べると半分程度のマイル獲得しか出来ないので、本気でANAマイルを貯めていくのであれば年会費を払ってでもANAカードを作成したほうがお得なのですね。 ANAマイルを少しだけ貯めたい方には最適: 反面、ANAマイルをそれほど真剣に貯める予定はない、もしくは2年以上かけてANAマイルを貯めていくつもりだ…という方は、年会費が実質無料の楽天ANAマイレージクラブカードにもメリットあり。 年会費を払ってでも本気でマイルを貯めたい:ANAカード• ANAマイルはぼちぼち貯めていければOK:楽天ANAマイレージクラブカード こんな風にどれだけ真剣にANAマイルを貯めるつもりかどうかで、ANAカードを選ぶか楽天ANAマイレージクラブカードを選ぶかを考えてもらえればと思います。 AMCカードと楽天カードと一体化できる: 次に楽天カードと楽天ANAマイレージクラブカードの違いですが、これは実はほとんどなにもありません。 唯一違うのは楽天カードにはAMC(ANAマイレージクラブ)カード機能を内蔵できないのですが、楽天ANAマイレージクラブカードにはすでにAMCカード機能が内蔵されているので、2枚のカードを1枚にまとめられるというメリットがある程度です。 楽天カード保有者は別途、AMCカードを持ち歩く必要性• 楽天ANAマイレージクラブカード保有者はAMCカード不要 楽天ポイントは元よりANAマイルに交換可能: 加えて言うなら、わざわざ楽天ANAマイレージクラブカードを作成しなくても、楽天カードでもANAマイルが獲得可能なんですよね。 事実、ANAマイルの獲得方法はカンタン。 交換する手間は必要になりますが、下記のように楽天スーパーポイントはいつでもANAマイルに交換できるので、普段は楽天ポイントを貯め、必要な時にはポイントをANAマイルに交換すればOKです。 そのため、楽天ANAマイレージクラブカードのメリットは、ANAマイルが自動的に貯まる…という点くらいかもしません。 楽天カード:ポイントをANAマイルに交換する手間がある• 楽天ANAマイレージクラブカード:自動的にANAマイルが貯まる 個人的には楽天カードをおすすめ: ここまで2つほど、楽天ANAマイレージクラブカードの保有メリットを紹介させていただきましたが、正直、どちらもメリットらしいメリットではありません。 むしろノーマルな楽天カード保有のほうがなにかと便利なことも多いため、個人的には楽天カード作成のほうをおすすめしたいですね。 まとめると、• AMCカードと楽天カードの2枚を持ち歩くのが嫌な方• とりあえず新しいクレジットカードを使いたい方 これ以外は、楽天カード作成でOKかもしれません。 更に楽天カードなら年会費も条件付きではなく、永年無料で使い続けることができるのでそういった意味でもおすすめですよ()。 以上、楽天ANAマイレージクラブカードの保有メリットまとめ!ANAマイルが貯まる楽天カードを使うメリットにはどんなものがあるか解説…という話題でした。 参考リンク: 楽天カードや楽天ANAマイレージクラブカードをこれから作るという方は、下記の審査基準についても目を通してみてください。 ANA提携の楽天カードではありますが、その審査難易度は通常の楽天カード同様ですよ(特に審査が不安な方は必読です)。

次の

楽天PINKカードのメリットを徹底解説!楽天カードとの違いは?

楽天anaカード メリット

楽天ANAマイレージクラブカードの注意点 まずは注意点をチェック! 「マイレージクラブカード」との名称ですが、マイルの貯まり方は本家ANAカードとも異なります。 年会費ありのANAカードほどマイルは貯まらない 楽天ANAマイレージカードにはANAマイレージ機能がついていますが、マイルの貯まり方はゆっくり。 本気でマイルを貯めたい場合は、年会費があるANAカードを選ぶ方が良いです。 楽天ANAマイレージクラブカードには次のような制限があります。 搭乗時や更新時のボーナスマイルなし ANAカードでもらえる、搭乗時や毎年の更新時ボーナスマイル。 楽天マイレージクラブカードの場合、こうしたボーナスマイルはありません。 搭乗時…通常のフライトマイルのみ• 毎年の更新時ボーナスマイル…付与なし 期間限定ポイントはマイルに交換できない 楽天スーパーポイントをANAマイルに交換することも可能ですが、交換対象は通常ポイントだけ。 キャンペーンなどで付与された期間限定ポイントなどは、交換できません。 たとえば、楽天市場でポイント倍率がアップするSPU(スーパーポイントアッププログラム)で獲得したポイント。 これも期間限定ポイントなので、マイルへの変更不可となっています。 年1回以上使わないと年会費540円 このカードの年会費は条件付きで無料となるしくみ。 その条件とは「年に1回以上利用すること」 1度も利用しなかった場合、翌年は年会費540円(税込)が発生します。 楽天カードからの切り替えは1,080円、番号も変わる 既に楽天カードを持っている場合、楽天ANAマイレージクラブカードを追加で申込むことができません。 「カード切り替え」という形で新たに申込むことになります。 このとき、カード切替手数料として1,080円(税込)が必要。 手数料は翌々月に請求されます。 カード番号も変わってしまうため、楽天カードで料金の支払いをしている場合は「変更手続き」が必要になります。 公共料金などカード払いを活用している人にとっては、切替えに手間がかかるので注意してください。 楽天ANAマイレージクラブカードのメリット 楽天ANAカードのメリットです。 通常の楽天カードと同様のメリットあり 楽天ANAマイレージクラブカードは、楽天カードにANAマイレージクラブ機能がついたもの。 そのため、通常の楽天カードと同じサービスが受けられます。 【主なサービス】• ポイント還元率は1%(100円につき1ポイント付与)• 楽天市場のお買い物でポイント最大4倍(SUP)• 楽天Edy、楽天ポイントカード機能付き• 海外旅行保険あり(利用付帯)• カード利用お知らせメールやカード盗難補償など 楽天カードについて詳しくはこちらも合わせてお読み下さい。 楽天ANAマイレージクラブカードはマイルの貯まり方こそゆっくりですが、年1回利用すれば年会費は無料。 「がっつりマイルを貯めたいわけではないけれど、何年かに1度くらい、貯まったマイルで旅行できれば」 こんな風に、 年会費を払わずにゆったりマイルを貯めたい人向いているカードです。 ポイントからマイルへの交換制限なし もともと楽天スーパーポイントはANAマイルへ交換できますが、実は交換制限があります。 楽天ANAマイレージカードでは、2つのコースから好きな方を選べます。 カード利用額200円につき1マイル貯まる「ANAマイルコース」• カード利用額100円につき楽天スーパーポイントが1ポイント貯まる「楽天スーパーポイントコース」 ANAマイレージクラブカードと兼用可 楽天ANAマイレージクラブカードは、ANAのマイレージクラブカードも兼用できます。 財布の中のカードを減らしてすっきりできますね。 ANAマイレージクラブカードとして、国内線の搭乗が簡単になるSkipサービスも利用可能に。 Skipサービスは面倒で分かりにくい搭乗手続きや搭乗券の発券などが不要、楽天ANAマイレージクラブカード1枚で簡単に搭乗できるANAのサービス。 予約から搭乗までスムーズに行えるようになって大変便利なサービスです。 ANAマイレージモールと併用可 楽天ANAマイレージクラブカードでは、ANAマイレージモールを利用できます。 ANAマイレージモールはサイトを経由してネットショッピングすることで、通常よりもおトクにマイルがたまるサービス。 楽天市場やLOHACO、ユニクロ、楽天トラベルなど、ジャンルを問わず300店舗以上が利用できます。 直接サイトを訪れる前の一工夫で、マイルが2倍以上貯められるので積極的に利用することをオススメします。 旅行や出張で頻繁に飛行機に乗る人や、積極的にマイルを貯めたい人にはやや不向きなクレジットカードです。 しかしたまの旅行をおトクに楽しみたい人や、カードの保有枚数を極力抑えたい人にはオススメのカード。 これ1枚で、高還元率カードとして人気の高い楽天カードの機能はそのままに、ANAマイレージクラブの機能も利用できるので便利です。 今なら期間限定でキャンペーンも実施中です!.

次の