石 へん 漢字。 読み方がわかりません。。

部首「石(いし)」を含む漢字一覧(部首索引):漢字書き順調べ無料辞典

石 へん 漢字

「拓」の意味や由来は? 「拓」は一字で 「未開の土地を切り開く」という意味を表します。 「開拓」はまさにこの意味で使われていますね。 この由来は漢字をよく見ると分かります。 「石」は文字通り、道にころがっている「石」を表し、これに「扌(てへん)」を加えて「石を手で取り除く」様子を表現したのが「拓」です。 ここから石を 「拾う」や 「手で押す」などの意味が生まれ、石を取り除いた結果 「未開の土地を切り開く」状態を指すようになりました。 「タク」の響きで有名な「拓」 「拓」は 「タク」の響きが有名で、男の子の名前によく使われています。 明治安田生命の名前ランキングによると1983~1995年までは拓也(タクヤ)の名前が13年連続でトップ5にランクインする人気ぶりで、その後は拓真(タクマ)や拓斗(タクト)、拓夢(タクム)など「拓」に一音を加えた様々な名前が増えました。 中でも拓海(タクミ)は「拓也」の人気と入れ替わるようにして1996~2005年まで10年間、トップ10にランクインしていました。 男の子の名前として人気が出たので女の子での使用例は多くありませんが、意味的には使っても問題はありませんよ。 その場合は「ヒロ」の響きがあるので、拓美(ヒロミ)や拓乃(ヒロノ)、麻拓(マヒロ)のように 女の子らしい漢字や響きに組み合わせてあげてください。 「拓」にはどんな願いや想いが込められる? 「拓」がもつ「切り開く」の意味からは新しいことに取り組む「チャレンジ精神」が旺盛な様子を想像できます。 また、多くの人をまとめあげ、先頭を引っ張っていくような「リーダーシップ」、未開の分野に踏み込む様子から今までになかったものを作り出す「発明家、生みの親」というイメージも連想できます。 ここから願いや想いを込めるなら 「まだ見ぬ未来を自らの手で切り開いてほしい」「困難にも負けずに突き進んでほしい」などが考えられます。 「チャレンジ精神」「リーダーシップ」「生みの親」のイメージを活かすと、 「何事にもチャレンジ精神を忘れず、高みを目指してほしい」「細部にまでこだわりを持って生きていってほしい」なども思い浮かびますね。 「拓」を名前に含んだ子は、困難にも真っ向から立ち向かうたくましい子に育ってくれそうです。 「拓」を使って素敵な名前を考えてあげてくださいね。 【組み合わせて使われる漢字】 拓(タクト) 拓(タクマ) 拓(タクミ) 拓夢(タクム) 拓(タクヤ) 拓(タクヤ) など 拓(ヒロノ) 拓(ヒロミ) 拓(マヒロ) など.

次の

Wiktionary:漢字索引 部首 石

石 へん 漢字

A ベストアンサー No. 3です。 再び失礼します。 4様のご回答を踏まえ、自分の回答を補足させてください。 「たり」は、自動的に連続使用しなければならないわけではありません。 ご質問の「たり」には意味が3つあります。 以下、一部、国語辞典を参考に記します。 1 並行する、あるいは継起する同類の動作や状態を並べ挙げるのに用いる。 普通、「…たり…たり」のように、「たり」を二つ重ねて用いる(時に、末尾の「たり」のあとに「など」を添えていうこともある)。 ・これがご質問のケースですよね。 このほか、 2 (副助詞的用法)一つの動作や状態を例として挙げ、他に同類の事柄がなおあることを暗示する。 3 (終助詞的用法)同じ動作を「…たり…たり」と繰り返して挙げ、命令や勧誘の意を表す。 ・という意味も別にあるのです。 4様のご紹介された用法は(2)のことです。 例えば、 「あの子は、親に立て付い【たり】して、本当に困ったものだ」 「私が人をだまし【たり】などするものですか」 この場合は、その意味合いから、逆に単独使用しかダメですよね。 (3)の用例としては、今では主に昔の文学作品などにおけるセリフでしか目にしませんが、 「さあ、早く起き【たり】起き【たり】」 「そこにいては邪魔だ。 どい【たり】どい【たり】」 というものですね。 ご質問における、 「人が出【たり】入っ【たり】している」 「本を読ん【だり】手紙を書い【たり】する暇もない」 「大きかっ【たり】小さかっ【たり】などして、なかなか体に合うのがない」 というような用法は(1)です。 これは、連続使用が原則です。 「たり」自体には上記のように3種類の意味がありますが、ご質問文から判断して、No. 3では(1)に限った回答をした次第です。 3です。 再び失礼します。 4様のご回答を踏まえ、自分の回答を補足させてください。 「たり」は、自動的に連続使用しなければならないわけではありません。 ご質問の「たり」には意味が3つあります。 以下、一部、国語辞典を参考に記します。 1 並行する、あるいは継起する同類の動作や状態を並べ挙げるのに用いる。 普通、「…たり…たり」のように、「たり」を二つ重ねて用いる(時に、末尾の「たり」のあとに「など」を添えていうこともある)。 ・これがご質問のケースですよね。 このほか、 2 (...

次の

「碩」という漢字の意味・成り立ち・読み方・画数・部首を学習

石 へん 漢字

石(いしへん) スポンサードリンク 部首が 「いしへん」の漢字一覧です。 石部に属する部首で左側に位置するとき「いしへん」と呼びます。 石の種類・石製品など石に関する漢字、「いしへん」を含む漢字などが集められています。 主にJIS第1水準・JIS第2水準の漢字を対象に記載しています。 +3画• +4画• +5画• +6画• +7画• +8画• +9画• +10画• +11画• +12画• +13画• +14画• +15画• 背景色の は常用漢字、 は人名用漢字(表一)、 は人名用漢字(表二)を示しています。 スポンサードリンク•

次の