楽天 カード あと から 分割 できない。 【楽天カード後から分割】申込方法とできない時の原因5つ

楽天カードの分割払いで損したくない…金利や手数料で損をしない方法

楽天 カード あと から 分割 できない

今月のおすすめカード! 楽天カード 【おすすめポイント!】 今なら新規入会&利用で 5,000円分のポイントをプレゼント すぐに使えるので、初めてのネットショッピングがさらにお得に! クレジットカード基本知識 2018. 06 2019. 12 marucrecom クレジットカードを分割払いできない原因教えます!対策方法も併せてご紹介! 「このパソコン15万円かぁ。 お財布的にキツいけど、高性能だし欲しいな」 そんな時、分割払いに頼る方も多いでしょう。 しかし、今あなたは分割にできなくて困っているはず。 分割払いを店先で断られてしまった。 もしくは分割払いにしたけど、なぜか一括払いになっている。 できなかった理由はなぜ?後からは分割払いに変更できないの? そう思いますよね。 分割払いで少しでも早く手にいれたいのにできない…。 原因を知って、それを解決したいと思うのは当然でしょう。 分割払いしたかったのに、店先で分割払いにできないと断られてしまった• まずは原因を知る!クレジットカードを分割払いできないのは3つの理由があった 欲しいものが手に入った時って、ドキドキでいっぱい。 幸せで満たされた気分になりますよね。 でも、逆に手に入らなかった時はどうでしょう? 「うずうずして我慢できなくなったり、イライラするかも。 」 そうですよね。 分割払いで買えなかった時も、きっと同じ気持ちになったと思うんです。 その気持ちはここでスッキリさせましょう。 そのために、まずは分割払いできなかった原因をお話します。 でも実はこれ、間違いなんです。 「えっ、そうなの?」 びっくりしますよね。 でも違うんですよ。 クレジットカードによっては、分割払いに対応していないカードもあるんです。 たとえば、こんな風に。 ダイナースクラブカード…分割払いできない。 セゾンカード…分割払いはできるが2回までしか対応していない• アメックスカード…分割払いできない。 審査を受けるとできるようになる 驚きませんか?かなり有名なアメックスも、そのままでは分割払いできないなんて…。 このように、わずかではありますが、対応していないカードも確かにあります。 あなたが持っているカード、ひょっとして分割払いに対応していないかもしれません。 一度調べてみて、分割払いに対応しているか確かめておきましょう。 利用限度額が超えている 分割払いで支払いたいのに、「このクレジットカード、利用できないようです」と店員さんにいわれてしまった。 ショックですよね…。 せっかく購入を決意したのに、あきらめないといけないなんて。 一体どうして?と疑問に思っている方も多いでしょう。 分割払いも、普段のお買い物と同じように、このショッピング枠の範囲内で決済することができます。 つまり、ショッピングなどでいっぱいカードを使っていると、制限を超えてしまい分割払いにできない方もいるんですね。 分割払いに対応しているはずなのに、できない理由。 実はこれが原因のことが多いんです。 割賦(かっぷ)利用枠が超えている可能性も…。 クレジットカードのショッピング枠は超えていないはず…。 でも、分割払いにできない。 その場合、割賦(かっぷ)利用枠が超えてしまっているかもしれません。 ちょっと難しい話になります。 既に説明したショッピング枠ですが、厳密にいえばこんな感じで、細かく分けることができるんです。 つまり、この割賦利用枠を超えていれば、ショッピング利用枠を超えていなくても分割払いにできません。 ショッピング限度額に余裕があっても、使えなくなるケースもある。 少し難しい話ですが、覚えておいてくださいね。 お店によっては分割払いに対応していないところがある 実は、クレジットカードが分割に対応していても、お店で対応していないことがあります。 その理由は、お店のお客さんがカードを使うと、お店側で手数料を払う必要があるから。 それは、お店の人も一緒なんです。 つまり、クレジットカードの分割払いに対応すれば、手数料で損してしまう。 だから、対応しない。 その場合は、クレジットカードで分割払いにすることができないんです。 ですがご安心を!分割払いに対応していなくても、分割払いにできる方法があったんです。 原因がわかった後は改善するのみ!分割払いしたいときはこれを試すべし 欲しい商品を一度はあきらめてしまった…。 あなたはそのとき、とてもガッカリしたでしょう。 でも、もう大丈夫。 いまからお伝えする方法があれば、諦めて悔しい思いをすることも、どうして分割にできないんだよ…と嫌な気分になることはありません。 」 分割払いにできない原因を知って、このように思った方もいるでしょう。 このサービスは、名前のとおり一括払いにした支払いを分割払いにできます! つまり、お店でクレジットカードに対応していなくても、分割払いにすることができるんです。 ただし…変更できる期限が決まっているカードもあります。 「あとで分割払いにしておこっと!」と思っても、期限が過ぎていれば分割払いにできないので、期限をよく確認しておいてください。 限度額を増やしてみる 限度額が原因で分割払いにできなかった…、なんて方もいますよね。 限度額に余裕ができれば、分割払いにすることもできます。 ただ、公共料金の引き落としに、普段のお買い物など、利用限度額に余裕がない、と言う方も多いでしょう。 そんな方は、利用限度額の増額申請をおすすめします。 増額するために審査を受ける必要はありますが、もし通過することができれば、分割払いできるくらいの余裕はできるでしょう。 原因が特定できないときはカード会社へ連絡を 今回紹介した原因の中に、思い当たるものがなかった…なんて方もいるかもしれません。 大丈夫。 まだ道は残っていますから、あきらめないでください。 もし、 原因が特定できなかったらカード会社へ連絡してみましょう! カード会社に連絡すれば、あなたが分割払いできない理由について、ピンポイントに教えてくれるんです。 後はその原因の解決をして、無事分割払いにすることができるでしょう。 残った疑問は全て解決!クレジットカードの分割払いによくある質問 最後にクレジットカードの分割払いに関するよくある質問に答えていきます。 なにか疑問があったときは、ぜひ参考にしてくださいね。 分割払いとリボ払いってどっちで支払うのがいいの? 結論を先に言います。 分割払いが圧倒的にいいでしょう。 その理由は、支払いの管理が楽になるからです。 分割払いとリボ払いの大きな違いって、支払回数を指定する 分割 ・支払額を指定する リボ 、このどちらかですよね。 分割払いに関しては支払い回数をあらかじめ選べるので、返済期間がある程度わかるし、確実に返済できる見込みもあります。 一方でリボ払いは、支払い額を自分で決めることができるので、ついつい少ない額に設定してしまいがち。 もちろん、その分返済が長くなってしまいますよね。 また、リボ払いの返済は、リボ払いにした決済を全て合算させるので、返済期間が長引く可能性がとても高いんです。 手数料に関しては、商品と期間によって変わるのでわかりやすく比べることはできませんが、返済期間で考えれば分割払いの方が圧倒的に楽です。 急に分割払いができなくなった原因は? その答えはズバリ、支払いの延滞です。 クレジットカードを使って分割払いする。 これ、実はカード会社が利用者を信用しているからこそできるサービスなんです。 分割払いって、要は後払い。 ドラマでよく「今日はツケで!」というシーンを見たことありませんか?あんな感じです。 もしあなたがマスターの立場だったとしたら、信用できない人に「ツケで!」なんて言われても、絶対に引き止めますよね。 それって、分割払いでも一緒なんです。 カード会社は、延滞して信頼できそうもない人に、分割払いを許しちゃくれない。 だから、分割払いを使うなら、絶対に延滞してはいけないんです。 これから分割払いをする以上、毎月の出費は大きくなるはず。 そこで、残高が足りていなかった…。 そんなことがないように、引き落とし口座はよく確認しておくようにしましょう。 分割払いって後から一括払いにできる? 答えはNO!残念ながら、後から一括払いにすることはできません。 分割払いにした時点で手数料が発生するんですが、もし支払い方法が変われば手数料の計算がカード会社にとってややこしくなります。 だから、原則的に分割払いを選んだら一括払いできないようになっているんです。 ただ、全額払いという、「支払い金額 + 分割払い分の手数料」を一気に払うことはできます。 手数料はかかってしまうのでメリットは少ないですが、余裕ができたら全額払いするのもいいですね。 まとめ 欲しいと思った商品を見つけたとき、分割払いで購入してみようかなと考えますよね。 でも、「このカードは使えないようです…」と店員さんに言われてしまったら…、気分も台無しです。 本記事は、そんなときの原因と対策方法を伝えることができました。 欲しいと思った商品があったんだけど…あきらめてしまった。 そんな方はぜひ参考にしてみてくださいね。 きっと、お望みのものが手に入って幸せな気分を味わえるはずです。

次の

楽天カード2回払いが選べない!~手数料や利用方法も紹介

楽天 カード あと から 分割 できない

カードローン 実質年率 最短融資 特徴のまとめ 4. 楽天カードを便利に使える方法を知りたい方• 楽天カードの明細を見て支払いができるか不安な方• 楽天カードの新規申込を検討されている方 記事の目次• 楽天カードの2回払いとは 楽天カードの2回払いは、利用した金額を半額ずつ2回にわけて支払う方法です。 たとえば、今月楽天カードで4万円の買い物をして、支払いを2回払いにしたとしましょう。 楽天カードの場合、締め日は月末であり、支払日は翌月27日です。 よって、翌月27日に2万円・翌々月27日に2万円と2回に分けて、4万円分を支払うことになります。 このため、1回払いを利用するよりも支払期間が長くなり、なおかつ半額ずつの支払いで良いので月々の支払いが楽になるというメリットがあります。 楽天カードの2回払いには、こうした特徴やメリットがあるので、「どうしても欲しいものがあるけど一括購入はキツイ」という場合に最適な支払方法となっています。 ただ注意しておきたいのが、月末請求金額がすべて自動的に2回払いになる訳ではありません。 「2回払いで」と指定した分だけが分割払いとなるので、その点は間違えないようにしておきましょう。 2回払いの方法:レジ対応 ネットでの買い物であれば回数を自身で選べばいいだけですが、ことレジ対応となるとどうしていいのか分からない…、という人も少なくありません。 レジであってもネット同様に支払い時に「2回払いで」と店員に伝えればそれで終了です。 あとの手続きは店側が行いますので、あとは特段何もせずとも2回払いが設定されます。 ただこれも注意しておきたいのが、そもそも2回払いに対応していない店舗も多いものです。 特にコンビニエンスストアの場合ですと1回払いにしか対応していないので、まずは「分割支払いが可能なのか」を事前に確認しておくといいでしょう。 楽天カードの2回払いは手数料無料! 楽天カードの2回払いの手数料は無料です。 クレジットカード会社のサービスとして、支払いするのは利用金額のみでOKです。 2万円を2回払いにしたとすれば、請求されるのは2万円のみということですね。 分割払いにすると手数料が発生するというデメリットがありますが、2回払いにはそうした点を気にする必要がありません。 しっかりポイントも貯まる 分割支払いにしたとしても利用分の楽天ポイントは当然つきますし、貯まります。 楽天カードのポイント還元率は通常であれば1. 購入する商品やタイムセールなどによって、得られるポイントはまちまちですが通常に購入するよりも間違いなく楽天ポイントを高く得られるので、ポイントサイトを利用すると、よりお得に買い物が楽しめます。 あとから2回払いに変更できる? 「1回払いを2回払いに変更したい」このようなこともあるかと思います。 しかし、残念ながら、支払いをしたあとから2回払いにはできません。 そもそも、2回払いは「ショッピング時のみに選択できる支払方法」なのです。 これは楽天カードに限らず、ほぼすべてのカードで共通になっています。 このため、商品購入のあとから2回払いにすることはできないんですね。 だだし、楽天カードの場合、「あとから分割払い」と「あとからリボ払い」という支払方法がありますので、詳しい内容、そして変更方法について見てみましょう。 あとから分割払い あとから分割払いは、「ショッピング1回払い」をあとから分割払いに変更できる支払方法です。 支払回数は3回~36回から選べて、12. 25%~15. 00%の利率の手数料が発生します。 ただし、分割払いが適用されない支払いもあるため、家賃などの特別な支払には注意してください。 あとからリボ払い あとからリボ払いは、「ショッピング1回払い」「ボーナス1回払い」「キャッシング1回払い」を購入後にリボ払いに変更できます。 手数料は年利15. 0%で、利用期間に対し利息が計算されます。 この2つの支払方法でしたら、あとからでも支払いを変更することが可能ですので、検討してみるのも良いかと思います。 ただし、どちらも手数料が必要となるため、2回払いほど気軽に申し込みはしないほうが良いです。 手数料の金額まで冷静にシミュレーションをしてから、あとから支払い方法を変更してください。 2回払いが選べない!なぜ? 「楽天カードを2回払いにしたいのにできない」このような場合、考えられる原因は以下の3つです。 あとから変更しようとしている• 加盟店が対応していない• 限度額を超えている それぞれどのような場面で該当するか、詳しく見ていきます。 あとからは選べない 先の章でも解説したように、2回払いはショッピング時のみ選択する支払方法ですので、あとからは選択できません。 あとから支払い方法を選択したい場合には、3回以上の分割払いかリボ払いに変更してください。 加盟店が対応してない 楽天カードの加盟店によっては、2回払いに対応していない場合があります。 この場合、カード自体は使えても2回払いは利用できません。 また、店舗等で2回払いで決済できる最低金額の設定をしているケースもあり、最低金額の買い物をしないと、2回払いは選べません。 割賦限度額が足りない 「割賦限度額」が足りないと2回払いは選択できません。 簡単に言い換えると、利用可能額の上限をオーバーしてしまっているケースです。 クレジットカードには、「ショッピング枠」と「割賦枠」の2つ限度額があります。 それらを総称して「利用限度額」などと言ったりもするのですが、それぞれに「この金額までであれば審査なしで自由に使えますよ」という上限が設けられているのです。 ショッピング枠は通常の1回払いの限度額で、割賦枠は2回払い・ボーナス払い・据置払い・リボルビング払い・分割払い等の1回払い以外の限度額になります。 たとえば、ショッピング枠50万円・割賦枠20万円というような形になっているんですね。 このため、2回払いは割賦枠の金額の範囲内でしか利用できません。 よって、ショッピング枠の限度額が残っていても、割賦枠の限度額を使いきっている場合は2回払いを利用することができないのです。 楽天カードで2回払いにする方法 楽天カードで2回払いにする方法は、非常に簡単です。 まず、街中のお店等で利用する場合は会計時に「2回払いで」と言うだけでOKです。 ネットショッピングの場合なら、決済手続きを進めていく中で「支払方法の選択」という選択画面があるかと思いますので、そこで2回払いを選びます。 このようにとても簡単に利用できますので、迷うことは少ないです。 amazonでは2回払いできない amazonでは購入代金の決済時に、クレジットカードは一回払いしか選択できません。 したがって、支払いを2回以上に分ける分割払いは使用できないです。 もし、どうしても支払いを分割にしたいのであれば、リボ払いで支払いを分割する方法があります。 ちなみに楽天カードの自動リボなら、あらかじめ設定で購入代金を自動的にリボ払いに設定できます。 同様のサービスとして、三井住友VISAでは、マイ・ペイすリボという名称で同様のサービスが受けられます。 リボ払い利用時に注意して頂きたいのは、手数料が発生するということです。 とは言え、「今月支払いができないどうしよう」といった窮地の際の対応策の一つとして覚えておいて損はないでしょう。 楽天カード2回払いの利用明細の表示 楽天カードの利用明細書を見て、「どうして?」と驚かれた経験がある人もいらっしゃると思います。 例えば、2回払いを申込みしたにもかかわらず、あなたがカード決済をしたそのままの金額が記載されているような場合です。 一見すると、利用した金額を2回請求されるのではと不安になるかも知れませんが、ご安心ください。 楽天カードでは、12日に請求金額が確定されますので、12日以前は購入金額の総支払金額が表示されます。 また、楽天カードでは利用明細書を紙で郵送してもらう場合は、82円の費用が毎月発生しますし、書類が届くまでに日数が掛かってしまいますので、リアルタイムに更新されるWEB明細書を積極的に利用することをおすすめします。 楽天カードその他の支払方法 楽天カードには当然、2回払い以外の支払方法も用意されています。 どの支払い回数を選択しても実質年利が変わったりなどの問題はないのですが、1回そして2回払い以外の支払い方法であれば別途手数料が発生することを忘れてはいけません。 そこでここからは、楽天カードの2回払い以外の支払方法について解説してきます。 1回払い 1回払いは、締め日(毎月末日)の翌月27日に一括で返済する支払方法です。 手数料はかかりませんので、利用代金のみ支払うことになります。 リボ払い リボ払いは以下のように、利用残高によって月々の支払額が決定する支払方法です。 利用残高 月々の支払額 ~20万円以内 5,000円から 20万円超~ 10,000円から たとえば、利用算高が20万円以内であれば、金額・件数に関係なく、毎月の支払額は5,000円から変動しません。 このため、毎月の支払額が変動しにくいという特徴があります。 ただし、楽天カードの場合、月々の支払額に手数料が含まれていない点に要注意です。 よって、実際の請求額は「月々の支払額+手数料」となります。 たとえば、月々の支払額が5,000円であったとしても、手数料が3,000円であれば、「5,000円+3,000円=8,000円」となり、実際の支払金額は8,000円となります。 手数料は利用残高に対して「年率15. 00%」がかかります。 楽天カードの「ショッピングリボ払い返済シミュレーション」を利用して、10万円をリボ払いにする場合の手数料を算出しておきましたので参考にしてください。 月々の支払額 支払回数 手数料 5,000円 20回 13,120円 6,000円 17回 11,050円 7,000円 15回 9,559円 8,000円 13回 8,450円 9,000円 12回 7,572円 10,000円 10回 6,875円 分割払い 分割払いは支払回数を3~36回の間で指定できる支払方法です。 以下のように支払回数によって、年率12. 25%~15. 00%の分割手数料が発生します。 支払回数 手数料利率 100円あたりの手数料 3回 12. 25% 2. 04円 5回 13. 50% 3. 40円 6回 13. 75% 4. 08円 10回 14. 50% 6. 80円 12回 14. 75% 8. 16円 15回 15. 00% 10. 20円 18回 15. 00% 12. 24円 20回 15. 00% 13. 60円 24回 15. 00% 16. 32円 30回 15. 00% 20. 40円 36回 15. 00% 24. たとえば、6万円を5回払いにする場合、100円あたりの手数料は3. 40円です。 ボーナス払い ボーナス払いは、夏または冬のボーナス時に1回で返済する支払方法です。 支払月がいつになるかは、以下のように利用期間によって異なります。 よって、支払月は今年の6月・7月・8月のいずれかとなり、支払日はどの月も27日です。 そのため、もしボーナス支給月が8月であれば、8月を支払月に選ぶと、8月27日に支払いをするということですね。 ボーナス2回払い ボーナス2回払いは、夏または冬のボーナス時に、2回にわけて半額ずつ支払う方法です。 利用期間や支払時期は、ボーナス1回払いと同じです。 よって、今年の10月に利用したとすれば、1回目の支払月は翌年の6月・7月・8月のいずれか、2回目は翌年12月か翌々年1月のいずれから選択することになります。 また、ボーナス2回払いの場合、年13. 89%の手数料が発生します。 このため、「利用代金+手数料」を半分にしたものを2回払うことになります。 たとえば、10万円をボーナス2回払いにしたと仮定しましょう。 100円あたりの手数料は3. そのため、上記の金額を夏と冬、または冬と夏のボーナス期に支払うことになります。 分割手数料は高い?シミュレーションで確認 分割払いとリボ払いのシュミレーションを作成しましたのでご参照ください。 条件は利用金額が10万円で、支払期間を12か月とします。 リボ払いの特徴• 返済元金が一定• 利息は利用残高に対して減少• 毎月返済額が減少していく 分割払いの特徴• 返済元金が一定• 利息も毎月一定• しかし、キャンペーンにつられてむやみに支払いを変更するのはオススメしません。 次に、支払い回数を変更する注意点を解説します。 分割払いやリボ払いキャンペーンは無理して利用しない 無理に楽天カードのキャンペーンのために、支払い回数を、分割払いやリボ払いに変更することはおすすめできません。 その理由としては、リボ払いや分割払いは手数料が発生しますので、たとえ楽天ポイントを付与されても、手数料の方が高くなり損をする可能性がほとんどです。 とは言え、注意点は、あなたがボーナス払いで購入したことを忘れてしまうことです。 カードの利用金額の請求時に、ボーナス払いだということを思い出して、支払いに窮してしまいリボ払いするという事では本末転倒です。 Q&A:楽天カードの支払いに関する5つの質問 それでは、楽天カード支払い時に、多くの人が持つ疑問についてご説明いたします。 可能性としてはありえます。 楽天カードでは、以下の決済については、分割払いやリボ払いにできません。 年会費• 楽天ペイの一部決済• 楽天PINKカードカスタマイズサービス月額料金• カード切り替え手数料• 楽天バーチャルプリカ購入代金 それ以外にも、エステサロン、パソコン教室、語学学校などは自動リボを設定した場合であっても、支払いが一括払いとなる場合もあります。 まとめ 楽天カードの2回払いを利用すれば、支払いを利用額の半額ずつ2回に先延ばしすることが可能です。 このため、1回払いよりも月々の支払負担が軽くなります。 それでいて手数料も無料ですので、「購入したい物があるけど、1回払いでは支払いが苦しい」というような場合に利用すると、大変メリットの高い支払方法です。

次の

楽天カードの分割払いを繰り上げ返済するための手続きと注意点、計算式など

楽天 カード あと から 分割 できない

楽天カードの2回払いができない原因は? 店舗が対応していない カード加盟店の中には、2回払いに対応していない店舗もあります。 「楽天カードは使えるのに?」 って疑問になりますが、 2回の分割支払いは未対応ってお店もあるんですね。 購入時に店員へ確認してみましょう。 でも、 楽天市場の店舗によって、2回払いの選択がないことも。 出店してるお店によっては、2回払いを受け付けないケースがあるんですね。 全店対応してくれたらうれしいのですが、非対応の場合は、諦めるしかありません。 利用金額が少ない カード加盟店によっては、利用額の下限金額が決まっていることがあります。 利用金額~円以上から、2回払いOK って決まってるお店もあるんですね。 例えば、1万円以上で2回払が可能な店舗では、 8,000円の支払いだと、• 一括払いか• 2回払い以上の分割払い 3回払以上 などを選択しないといけません。 利用金額が可能枠を超えている カードの利用には、「利用可能枠」という使える金額の枠があります。 利用枠を超して、支払いはできないんですね。 可能枠は、• 10万• 50万• 100万 など、人によって異なります。 「今月使いすぎてるかも?」 って時は、自分の利用枠がどのくらいか、事前に確認しておくことも必要ですね。 あとから2回払いはできない 一括払い後に、分割できるサービスの「あとから分割払い」は、2回払いNGです。 2回払いができるのは、必ず購入時のみです。 その場で、2払いの設定で支払いができないと、あとから変更はムリってことですね。 では、2回払いが選べない時、どのように対応すればよいのでしょうか? 楽天カードの2回払いを選べない時の対応• 「ボーナス払い」を選ぶ ボーナス払いとは、夏、又は冬のボーナス時に、1回もしくは2回で返済する支払方法です。 利用期間と支払月は、店舗によって異なる場合があります。 2回以上の「分割払い」を選ぶ 手数料が無料だから、2回払いをするって人が多いですよね。 でも、対応してないなら、3回以上の分割へ変更するって手も1つ。 注意点としては、 3回払以上から、手数料がかかること。 より少ない分割で、払うと月々のムダな返済額を少なくすることができます。 「リボ払い」を選ぶ リボ払いとは、カード作成時にあらかじめ決めた金額を月々で支払う方法です。 月々の支払額がほぼ一定になるため、安定した支払いが出来ます。 でも、怖いのが手数料。 例 リボ払いの場合、手数料率:13. 一気に払わなくていい分、かなり損をする払い方なんです。 2回払い以外にも選択肢は色々ありますが、注意が必要ですね。 そのため、 手数料のかからない2回払いは、やはり魅力的です。 以下で、楽天カード2回払いの疑問と回答をまとめました。 ボーナス2回払い• 3回~36回の分割払い• リボ払い 以上の方法になります。 明細に、 リボやボーナス払いなどと記載があったら、注意しましょう。 あとから2回払いに変更できる? 精算してしまったら、2回払いへの変更はNG 購入時に必ず「2回払いで」と伝えてください。 あとから変更できるのは 1回払いで購入した後、• リボ払い また、2回払いで購入した後は、• リボ払いのみ です。 手数料のかかるリボ払いのみ、2回払いへ変更できるんですね。 2回払いでもポイントは付く? 同じようにポイントがたまる 具体的には、1%の還元なので、 1万円のお買い物をすれば、100ポイント付くということです。 ただし、3回払以上の手数料分にはつかないので、気をつけましょう。 まとめ• 楽天カードの2回払いができない原因は、店側の未対応、支払い金額が少ない、利用可能枠がないなど• 2回払いを選べない場合、ボーナス払い、分割払い、リボ払いの方法を選ぶ• あとからできないので、必ず購入時に選択する•

次の