帝国 データ バンク 調査。 2020年度に設備投資する企業が大幅減少…製造業は6割 帝国データバンク調査

信用調査依頼が来た際に注意すべきポイント

帝国 データ バンク 調査

帝国データバンクと東京商工リサーチの正式商号、略称、呼ばれ方 帝国データバンク• 正式商号:株式会社帝国データバンク• 略称:TDB• 呼称:帝国、データバンク 東京商工リサーチ• 正式商号:株式会社東京商工リサーチ• 略称:TSR• 呼称:東京商工、商工、商工リサーチ、リサーチ、東商(とうしょう) 両社とも前株で、さん付け(帝国さん、リサーチさん)で呼ばれることが多い。 大手信用調査会社に似ている会社 繰り返しになりますが、他意はありません。 こんな会社あるんだなあと見てもらえればと思います。 日本商工リサーチ 名前から推察するに、東京商工リサーチの親会社ですか?略称もNSRですね。 ロゴも東京商工リサーチのものに酷似。。 「日本商工リサーチ」で検索をかけると迷惑電話サイトが上位表示されており、「横暴な態度で電話が来た」「要件を言わず社長を指名し、断るとガチャ切り」などの口コミで溢れています。 nissyo-r. 全くの別会社です。 伊藤忠グループ、JRグループなど超のつく大手企業と取引実績があるようですが、売上高は非公表。 本当であれば数十億あっておかしくないかなと。 tosho-links. 総合探偵社と謳っており、信用調査会社ではありません。 teikokuweb. 「帝国です!」「リサーチです!」とか電話かかってきたら、きちんと対応してしまいそう。 佐賀県の会社とのこと。 area9. 資本金4,500万円、従業員数325名(うち取材部門として200名)を抱える同社の 大阪本社、東京本社はなんと共にバーチャルオフィス。 従業員はどこにいるのか。。 t-keizai.

次の

全国・後継者不在企業動向調査(2019年)

帝国 データ バンク 調査

帝国データバンクは5月19日、2020年度の設備投資に関する企業の意識調査結果を発表した。 調査は2020年4月16日~30日に、2万3672社を対象に実施し、有効回答企業数は1万1961社。 2020年度に設備投資する企業は52. 8%にとどまり、2019年4月の前回調査から9. 5ポイント減少した。 規模別では、すべての規模で前年から減少した。 業界別では、特に農・林・水産や製造、卸売、小売の減少幅が大きい。 設備投資する製造業は前回の72. 5%から60. 9%へと11. 6ポイントダウンした。 これに対して設備投資を「予定していない」は38. 0%で、前回調査から8. 4ポイント増加した。 設備投資の内容では「設備の代替」が40. 4%でトップだった。 「既存設備の維持・補修」(31. 5%)、「情報化(IT化)関連」(31. 2%)、「省力化・合理化」(28. 5%)と続く。 既存設備に関する項目では高水準ながら減少したものの、生産性向上を目的に設備投資する企業は増加している。 主な資金調達方法では「自己資金」が44. 2%で最も高く、特に従業員数が300人を超える企業で割合が高い。 次いで「金融機関からの長期の借り入れ」が31. 3%だった。 設備投資しない理由では「先行きが見通せない」が64. 4%でトップ。 次いで「現状で設備は適正水準である」(25. 3%)、「投資に見合う収益を確保できない」(20. 1%)が続く。 《レスポンス編集部》.

次の

老舗企業の倒産・休廃業、過去最多の579件に ―帝国データバンク調査

帝国 データ バンク 調査

帝国データバンクは5月19日、2020年度の設備投資に関する企業の意識調査結果を発表した。 調査は2020年4月16日~30日に、2万3672社を対象に実施し、有効回答企業数は1万1961社。 2020年度に設備投資する企業は52. 8%にとどまり、2019年4月の前回調査から9. 5ポイント減少した。 規模別では、すべての規模で前年から減少した。 業界別では、特に農・林・水産や製造、卸売、小売の減少幅が大きい。 設備投資する製造業は前回の72. 5%から60. 9%へと11. 6ポイントダウンした。 これに対して設備投資を「予定していない」は38. 0%で、前回調査から8. 4ポイント増加した。 設備投資の内容では「設備の代替」が40. 4%でトップだった。 「既存設備の維持・補修」(31. 5%)、「情報化(IT化)関連」(31. 2%)、「省力化・合理化」(28. 5%)と続く。 既存設備に関する項目では高水準ながら減少したものの、生産性向上を目的に設備投資する企業は増加している。 主な資金調達方法では「自己資金」が44. 2%で最も高く、特に従業員数が300人を超える企業で割合が高い。 次いで「金融機関からの長期の借り入れ」が31. 3%だった。 設備投資しない理由では「先行きが見通せない」が64. 4%でトップ。 次いで「現状で設備は適正水準である」(25. 3%)、「投資に見合う収益を確保できない」(20. 1%)が続く。 《レスポンス編集部》.

次の