チョコラ bb プラス。 チョコラBBプラス|製品情報|エーザイのセルフケア製品情報

チョコラBBプラスの評判・口コミ!効果、副作用、成分は?

チョコラ bb プラス

チョコラBBプラスの効果や特徴について記載していきます。 ビタミンB2を最大量配合 ビタミンB2は、肌の細胞が生まれ変わるターンオーバーを活性化させる働きがあります。 チョコラbbプラスには、活性型ビタミンB2を1日2粒の服用で、最大量取り入れる事が出来るのです。 また、ビタミンB2は脂肪を代謝するのを助ける働きもあり、エネルギーに変換してくれます。 チョコラbbプラス1日2錠中には、ビタミンB2リン酸エステルとして38mgが配合されています。 肌だけではなく疲れにも効くビタミンB群を配合 チョコラbbプラスは、肌荒れや口内炎に効果を発揮します。 しかし、実はエネルギー不足による疲れにも効果的なのです。 チョコラbbプラスには、3種類のビタミンB群を配合しているので、男女問わず疲れて肌の調子が悪い人にとっては最適と言えます。 また、他のビタミン薬のようにカフェインが含まれているわけではないので、寝る前の服用でも安心です。 では、チョコラbbプラスに含まれるビタミンB群と、肌を健康に保つ成分を見ていきましょう。 成分 効果 ビタミンB2 肌や粘膜を健康に導き、さらに脂肪をエネルギーに代謝していく ビタミンB6 肌や粘膜の健康を維持し、さらにタンパク質をエネルギーに代謝していく ビタミンB1 炭水化物をエネルギーに代謝していく ニコチン酸アミド 肌や粘膜を健康に保つ パントテン酸カルシウム 肌や髪を健康に保ち、若ハゲや発毛にも良い作用がある 医薬品だからこその効き目がある高品質 チョコラbbプラスは、サプリメントではなく第3類医薬品に分類される薬です。 そのため、ビタミンBの量を最大限に配合しているなど、医薬品だからこその品質を維持しています。 1日2錠飲むだけで肌の健康と疲れにアプローチして、症状を抑えていくのです。 また、医薬品ではありますが、体に害がない薬なので、妊娠中や授乳中でも飲める品質の良さが魅力的なポイントと言えます。 その他、ビタミンB6との関連で、妊娠中の辛いつわり対策としても服用されています。 チョコラBBプラスのデメリットは? チョコラBBプラスは、第3類医薬品ですので国から一定の効果が認められています。 しかし、医薬品には副作用が起こる可能性があるのがデメリットです。 下痢や皮膚への症状、不快感などを感じたら服用を止め、医師に相談しましょう。 また、医薬品とは言え効果には個人差があります。 ニキビや肌荒れを引き起こしている原因が人それぞれ異なるためです。 一定期間のみ続けても効果を感じない時には、皮膚科を受診してみるのも良いでしょう。 口コミを見ていると、1日2回の服用が「面倒」「飲み忘れてしまう」というデメリットも感じます。 ビタミン剤は飲み続ける事が重要ですから、毎日飲む時間やタイミングを決めるなどの工夫をすると良いでしょう。 チョコラbbプラスの価格・販売店はどこ? チョコラbbプラスの正しい飲み方と、飲むタイミングについて見ていきましょう。 チョコラbbプラスは医薬品なので、用量用法を守って飲み過ぎないように服用する事が大前提です。 また、ビタミンB群は水溶性ビタミンなので、一回2錠をまとめて飲むと必要のない分は尿と一緒に流れ出てしまいます。 そのため、朝と晩に分けて、食後のタイミングに水で飲むと良いでしょう。 また、口の中に入れておくと錠剤が溶けて苦味が出る事があるため、すぐに水で飲み込む事が大切です。 チョコラbbプラスを服用出来るのは15歳以上からなので、中学生以下の子供が間違って服用しないように気を付けましょう。 チョコラbbプラスに副作用のリスクはある? チョコラbbプラスに副作用のリスクはあるのでしょうか。 医薬品という事で、頻度は少ないものの副作用が起こる可能性はあるのです。 主な副作用は、皮膚に赤みが出たり、胃に不快感が出るなどの症状があります。 また、服用している時に下痢を起こして、さらに症状が続くようであれば医師の診察を受けてください。 チョコラbbプラスを1ヶ月以上服用し続けても、肌荒れや口内炎、疲れが取れない場合も医師の診察を受けましょう。 思わぬ病気が見つかるかもしれないので、漫然と続けるのではなく症状の様子をみてください。 チョコラBBプラスの販売会社概要 会社名:エーザイ株式会社 本社所在地:〒112-8088 東京都文京区小石川4-6-10 設立:1941年(昭和16年)12月6日 代表者:内藤 晴夫 ホームページ:.

次の

妊婦や授乳中はチョコラBBシリーズを飲める?奇形の噂の真相も!|赤ちゃん部

チョコラ bb プラス

目次 チョコラBBプラスには有効成分として数種類のビタミンB群が配合されています。 ビタミンB群は単体では効果を発揮しにくく、複数の成分が組み合わされることで、お互い助け合いながら作用します。 ビタミンB2 チョコラBBプラスの主成分は「ビタミンB2リボフラビンリン酸エステル」です。 吸収が良く体内ですぐに活用できる活性型のビタミンB2です。 ビタミンB2は皮膚・粘膜の健康に重要な成分で、肌だけではなく髪や爪などの再生にも不可欠です。 さらに、皮脂をコントロールする作用があり、皮脂の過剰分泌を抑制します。 また有害な活性酸素を分解したり、脂質の代謝を促進し肌のターンオーバーを助けます。 ビタミンB2が不足すると疲れやすくなってしまいます。 ビタミンB6 ビタミンB6(ピリドキシン塩酸塩)は、皮膚や粘膜の健康な維持に重要な成分です。 タンパク質の代謝を助けエネルギーに変えるため、体のだるさや疲れに効果的に作用します。 チョコラBBプラスは、ビタミンB6を国が定めた基準値の最大量まで配合しています。 ビタミンB1 ビタミンB1硫酸塩(チアミン硫化物)は、糖質の代謝を助けエネルギーに変える働きがあります。 ニコチン酸アミド ニコチン酸アミドは、ビタミンB群のひとつです。 皮膚や粘膜の健康維持に働き、血行を良くする作用もあります。 パントテン酸カルシウム パントテン酸カルシウムは、ビタミンB5のことです。 糖分や脂質、たん白質などの代謝にかかわるほか、皮膚や粘膜の健康維持に働きます。 肌あれ 不規則な生活や食事、ストレスなどによりビタミンB2が不足すると、正常な肌をつくることができず、肌あれしやすくなります。 ビタミンB2は細胞の新陳代謝を整え、肌細胞のもととなる基底層にしっかりと働きかけます。 肌の生まれ変わり(ターンオーバー)をスムーズにサポートし、肌を土台から健やかに育みます。 ニキビ 繰り返しできて治りにくいにきびの主な原因は「古い角質」と「過剰な皮脂」といわれています。 古い角質が残って毛穴をふさぐと、皮脂が詰まって炎症やニキビができてしまうのです。 ビタミンB2は、肌のターンオーバーを整えて皮脂の分泌をコントロールする働きをします。 口内炎 口の粘膜の炎症である口内炎には、粘膜の健康に関わるビタミンB2やビタミンB6が効果的で、口内炎ができにくく治りやすい体質にしていきます。 ビタミンB2やビタミンB6は、口内炎の他にも口角炎や口唇炎にも効果があります。 口内炎の治療に即効性を求める場合は、貼り薬・塗り薬・スプレー薬などを使用しましょう。 関連記事 その他の症状 チョコラBBプラスには、他にも次のような効能効果があります。 ・かぶれ、湿疹、皮膚炎、舌炎、赤鼻、目の充血、目のかゆみ ・肉体疲労時、妊娠・授乳期、病中病後の体力低下時のビタミンB2の補給 チョコラBBプラスを飲むタイミングは、朝食後と夕食後の1日2回です。 1回量1錠を水またはお湯で服用してください。 副作用の少ない薬ですが、まれに、皮膚発疹、胃部不快感、下痢といった副作用があらわれることがあります。 副作用が疑われる症状がでた場合は、使用を中止して医師・薬剤師・登録販売者のいずれかに相談してください。 チョコラBBプラスは、薬局やドラッグストア、amazonなどのインターネットで購入できます。 4種類の容量があり、1か月分から4か月分まで選ぶことができます。

次の

商品詳細 [【第3類医薬品】チョコラBBプラス120錠]

チョコラ bb プラス

チョコラBBプラスの気をつけたい副作用 冒頭でもふれましたが、チョコラBBプラスはビタミンB群が成分の医薬品です。 ビタミンBが主成分なのに副作用はあるのかな?と思うかもしれませんが、やはり副作用はあります。 副作用は2種類で一つ目は皮膚に発疹がでるもの、二つ目は胃に不快感が生じるものがあげられます。 もし、このような症状が出た場合は服用はやめて、医師、薬剤師、登録販売者に相談をしてくださいね。 服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに服用を中止し、この説明書をもって医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。 用量・用法は15歳以上の方は一日2回、朝食、夕食後にそれぞれ一錠ずつを水かお湯で服用します。 15歳未満は服用してはいけないので、注意してくださいね。 次の量を朝夕食後に水またはお湯で服用してください。 チョコラBBプラスの成分には以下の5種類のビタミンBが含まれています。 リボフラビンリン酸エステルナトリウム(ビタミンB2)• ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)• チアミン硝化物(ビタミンB1)• ニコチン酸アミド(ビタミンB3)• パントテン酸カルシウム(ビタミンB5) ビタミンBは水溶性(水に溶けやすい)のビタミンですので、過剰に摂取した分は尿と一緒に体外に排出されてしまいます。 つまり、体にとどめることができないので、必ず毎日決められた量を服用することが大切なんですね。 参考: 同じ医薬品のチョコラBBのドリンクと錠剤の違い ここまではチョコラBBプラスという錠剤について説明してきました。 しかし、歴史あるチョコラBBにはたくさんのシリーズ商品があります。 例えば、同じく錠剤のチョコラBBピュア、これはチョコラBBプラスよりビタミンBの含有量が少ない代わりにビタミンCが入っています. また、錠剤のものでは、しみ・そばかすに効くチョコラBBルーセントCやつらい疲れに効くチョコラBBローヤルTといった商品があります。 そのほかにも、指定医薬部外品、栄養機能食品に該当するドリンク商品もあります。 リボフラビンリン酸エステルナトリウム:皮膚や粘膜の健康維持• ピリドキシン塩酸塩:皮膚や粘膜の健康維持• チアミン硝化物:糖質(炭水化物)の代謝を助けエネルギーに変える• ニコチン酸アミド:皮膚や粘膜の健康維持 【チョコラBBプラスにのみ入っている成分】 スポンサーリンク• ビオチン:美肌効果、白髪予防• ヨクイニン:ハトムギの皮をとった種の部分で生薬、イボ、肌荒れ、乾燥に効く• この、グルクロノラクトンは他の栄養ドリンクにもよく含まれている成分です。 次の諸症状の緩和:肌あれ、にきび、口内炎、口角炎、口唇炎、かぶれ、ただれ、湿疹、皮膚炎、舌炎、赤鼻、目の充血、目のかゆみ 「ただし、これらの症状について、1ヵ月ほど使用しても改善がみられない場合は、医師又は薬剤師に相談すること。 チョコラBBプラスは、60錠で希望小売価格1,382円• ドリンクのほうが随分高いですね! 一般的に錠剤とドリンクで効き目に大きな差があるというよりは、ドリンクタイプのほうが体に吸収されやすいため、ドリンクのほうが速攻性があると言われています。 参考: チョコラBBで得られる効果 副作用や、錠剤、ドリンクタイプの違いはわかりましたが、チョコラBBプラスには具体的にどんな効果があるのでしょうか? チョコラBBで得られる効果は大きく3つに分類できます。 肌荒れ(吹き出物、にきび、かさつき、赤み)に対する効果• 口内炎(口内炎、口角炎、口唇炎)に対する効果• 疲れ(風邪や発熱時、栄養補給)に対する効果 それぞれについてどのような効果があるのか説明していきますね。 肌荒れ 肌荒れの主な原因はターンオーバー(肌の生まれ変わり)の乱れと言われています。 それをチョコラBBの成分ビタミンB2が細胞の新陳代謝を整え、肌の生まれ変わりをサポートしていきます。 口内炎 口内炎の主な原因は栄養バランスの乱れと言われています。 特に粘膜の健康にはビタミンB2とビタミンB6が大切です。 チョコラBBの摂取により、口内の粘膜をまもり、口内炎の症状を和らげます。 疲れ 疲れを感じているときエネルギー不足に陥っています。 エネルギーが足りないとき、食事でとった栄養をエネルギーに変えるのがビタミンB群です。 例えば、脂肪はビタミンB2が、タンパク質はビタミンB6が、糖類はビタミンB1がエネルギーに変換してくれるのです。 こんな時には飲んでおきたい! チョコラBBを飲むべきタイミングはやはり、ビタミンB2が不足しているときです。 では、どんな時にビタミンB2は不足するのでしょうか?• 忙しくて疲れているとき• 外食が多く栄養バランスが崩れているとき• 夜更かしなど、睡眠が足りていないとき• ストレスを感じているとき• 風邪などで熱があるとき などがあげられます。 このようなときにはチョコラBBを飲んだほうがよいでしょう。 また、それとは別に、大切な用事の前には肌を整えたいですし、口内炎ができたときも一刻も早く治したいですよね。 そういうときにもチョコラBBの服用はおすすめです。 参考: まとめ ここまでチョコラBBプラスの副作用や得られる効果について説明してきましたが、ここで、簡単におさらいをしましょう! まず、副作用は皮膚の発疹や胃の不快感があげられます。 もしも症状がでたら、服用をやめ、医師、薬剤師、登録販売者に相談するのおすすめします。 チョコラBBの効果は肌荒れ、口内炎、疲れの改善にあります。 少し多めに飲んでしまっても副作用などを感じことは少ないので、飲み続けやすい医薬品と言えそうですね。 参考: カテゴリー•

次の