コロナ ウイルス 大阪 最新。 新型コロナ1年で収束せず 専門家は厳しい見方、五輪にも影響|医療ニュース トピックス|時事メディカル

大阪市:新型コロナウイルス感染症について(電話相談含む) (…>健康・医療>感染症・病気に関すること)

コロナ ウイルス 大阪 最新

画像素材:PIXTA 新型コロナウイルスの影響により、外食業界は大きな打撃を受けている。 4月7日には7都府県(東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、兵庫、福岡)を対象に緊急事態宣言が発令。 東京都の飲食店には営業時間の短縮が要請されるなど、その影響はますます大きくなりつつある。 日々、状況が変わる中で、飲食店が生き残るためには何が必要なのか。 ここでは、新型コロナウイルスに関連する記事を一覧として紹介。 今後の店舗運営にぜひ役立ててほしい。 都では独自に「新型コロナウイルス感染症を乗り越えるためのロードマップ」を示しており、「新規感染者数」「新規感染者における接触歴等不明率 (2020年6月11日更新) 全国で新型コロナウイルスに関する緊急事態宣言が解除されたが、2か月近い外出自粛と、自治体からの営業時間短縮や休業要請などにより、飲食店は大きなダメージを受けている。 今後、客足・売上回復の見込みはあるのだろうか。 日本最大級の実名口 (2020年6月10日更新) 5月25日に緊急事態宣言が全面解除され、街の活気が少しずつ戻ってきた。 しかし、新型コロナウイルスの警戒が続く都心部などでは依然として客足が戻らず、売上回復に苦労している飲食店も多いようだ。 それらを免れるためには行政の支援を効果的に利用する必要がある。 飲食店予約サービス「ビスポ!」の株式会社Bes (2020年6月1日更新) 政府は5月27日、2020年度第2次補正予算案を閣議決定。 今回の予算案には飲食店の家賃負担を軽減する「家賃支援給付金」も盛り込まれた。 これを待ち望んでいた飲食店経営者は多いのではないだろうか。 現在、飲食店には様々な支援策が示されている (2020年5月28日更新) 新型コロナウイルスの影響により、飲食店では通常の売上を確保することが困難になり、政府や地方自治体、企業などが実施する金融支援を利用する店舗が増えている。 弊社では、飲食店経営者や運営者を対象に、新型コロナウイルスに関する金融支援の (2020年5月7日更新) 新型コロナウイルスの感染拡大によって、売上に多大な影響を受けている事業者を支援する「持続化給付金」の申請受付が5月1日より開始された。 「持続化給付金」は事業の継続を下支えし、再起の糧となるよう事業全般に広く使える給付金。 今年1月 (2020年04月24日更新) 東京都は4月22日から、新型コロナウイルスの感染拡大防止対策で、休業や営業時間短縮の協力要請に応じた飲食店に支給する「感染拡大防止協力金」の申請受付を開始した。 支給額は、単独店舗の事業者の場合は50万円、複数店舗を持つ場合は100万円。 (2020年04月22日更新) 新型コロナウイルスの影響により、外食業界は大きな打撃を受けている。 4月7日には7都府県(東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、兵庫、福岡)を対象に緊急事態宣言が発令。 東京都の飲食店には営業時間の短縮が要請されるなど、その影響はますます大 (2020年04月20日更新) 新型コロナウイルス感染拡大による外出自粛などの影響で、多くの飲食店が客の大幅減少に悩まされている。 東京都では緊急対策として、営業時間短縮などの協力要請に応じた飲食店に協力金を支給することを決めたが、さらに、テイクアウトやデリバリ (2020年04月09日更新) 新型コロナウイルスの感染拡大により、政府は4月7日、東京など7都府県に対し緊急事態宣言を発令。 これを受け東京都では、飲食店の営業時間短縮や居酒屋の休業を要請するとしている。 多くの飲食店にとって厳しい状況が続いているが、こうした現状 (2020年03月13日更新) 2月中旬、政府は新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐ目的で、国民に「不要不急の外出を控えるように」と呼びかけた。 かねてからの影響もあり、2月に入って以降、外食をする人の数は激減。 多くの飲食店は業績が下降、苦境に立たされている。 新たな販路として期待している飲食店も多いと思うが、ネット通販を始めるには別途許可が必要となる場合 (2020年5月29日更新) 新型コロナウイルスの影響で、テイクアウト販売を始めた店舗も多いだろう。 テイクアウトは調理から客が食べるまで時間が空くため、いつも以上に衛生面に気を配らなければならない。 特にここ最近は気温が上昇し、食中毒のリスクがさらに高まってい (2020年5月25日更新) 新型コロナウイルスの感染拡大によって、外食業界は大きな打撃を受けている。 営業時間の短縮、一時休業などの厳しい決断を迫られる中、生き残りをかけて独自の取り組みを行っている飲食店も多い。 鮫洲の人気店『ピッツェリア バッカ ムニカ』もそ (2020年04月20日更新) 新型コロナウイルスの感染拡大で外食業界は大きな打撃を受け、一時的に休業する事業者も少なくない。 そのような状況下、山梨県のバーベキュー専門店『アメリカンBBQダイニングAjito』(甲府市、代表:滝口幸孝)が、客との接触をなるべく減らす (2020年04月10日更新) 新型コロナウイルスの影響は日に日に拡大し、4月7日にはついに緊急事態宣言が発令。 外出を自粛する動きがさらに強まり、飲食店はますます厳しい状況に追い込まれつつある。 この状況を救う一手としてテイクアウト・デリバリーが注目されている (2020年04月16日更新) 新型コロナウイルスの影響で外出自粛が余儀なくされる中、集客面で大きな打撃を受けている飲食業界。 今月7日に出された政府の緊急事態宣言を受け、営業短縮を短縮、もしくは休業という苦渋の決断をした店舗も少なくないだろう。 この事態で売上の (2020年03月31日更新) 新型コロナウイルスの影響により飲食店が苦境に立たされている。 客足が遠のき、売上が減少している店舗も少なくないだろう。 そんな状況の中で、飲食店が売上を立てる一手として注目されているのがテイクアウト・デリバリーだ。 導入店舗が増えて (2020年03月06日更新) 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、外出を自粛する人が増えている。 外食を控える動きも広まり飲食店は大きな打撃を受けているが、一方で「巣ごもり消費」の需要が高まっており、テイクアウトやデリバリーが好調だ。 ところが、緊急事態宣言が全面解除される5月26日までの間、1日しか休まなかった店がある。 割烹居酒屋『酒井商会』 (2020年5月27日更新) 4月1日から自粛休業していた『リストランテ アクアパッツァ』(港区)が、5月15日に営業を再開した。 同店は、イタリア料理界のレジェンド、日髙良実シェフが経営するイタリアレストラン。 通常営業をテイクアウト専門に切り替えた飲食店が多い (2020年5月21日更新) 2月2日に閉店しなければ、20万円の家賃に、コストをかけて集めた店長を含むスタッフの人件費がかかってきていた。 そのタイミングで新型コロナウイルス禍が襲いかかっていたら、どうなっていたのか。 今回、持続化給付金など国や都から総額400万 (2020年5月1日更新) 約200軒のバー・スナックが集まる新宿ゴールデン街は4月上旬から新型コロナウイルスの感染拡大防止策のためほとんどの店が休業している。 歌手のギャランティーク和恵さんが経営する『Snack 夜間飛行』も自粛要請に従って休業。 代わってオンラ (2020年04月27日更新) 新型コロナウイルスの影響で飲食店が苦境に立たされている中、爆速で動き回っているのが『sio』の鳥羽周作シェフである。 外出を自粛している人向けに、いち早くレシピの無料公開をしたり、オンラインサロンで料理教室を始めたり、フレンチシェフ (2020年04月13日更新) 収まる気配が見えない新型コロナウイルスの感染拡大の中、三つ星レストランのオーナーシェフが発起人となって3月29日に署名活動を始めた。 感染拡大防止のため売上減少もしくは休業した場合に発生する固定費(家賃)と雇用者の給与の補助を政府に (2020年04月07日更新) 新型コロナウイルスの影響で、苦境に立たされている外食業界。 そんな中、池袋の大衆酒場『いづも 池袋』の567円飲み放題キャンペーン「567(コロナ)をぶっ飛ばせ!」が注目を集めている。 4月16日には、対象を7都府県から全国へと広げた。 政府より「不要不急の外出は控えるように」との呼びかけもあり、外出を自粛する人は増加。 それに伴い、飲食店では収益 (2020年03月19日更新) 新型コロナウイルスの影響により、外食業界は大きな打撃を受けている。 政府が2月16日に不要不急の外出を控えるよう呼びかけてから早一か月。 いまだ収束の目途が立たない現状に、多くの飲食店が不安を抱えている。 許可がおりれば、「3つの密」の回避など感染拡 (2020年6月4日更新) 新型コロナウイルスの影響により、いつも以上に衛生面に気を配っている飲食店がほとんどだろう。 また、2020年6月から「HACCP(ハサップ)」が義務化(1年間の経過措置あり)されたこともあり、飲食店はより厳密な衛生管理が求められるよう (2020年5月26日更新) 政府は5月25日、新型コロナウイルスに関する緊急事態宣言について、継続中だった東京・神奈川・埼玉・千葉の首都圏4都県と北海道を対象から外し、全都道府県で解除することを発表。 4月7日の発令から約7週間での全面解除となった。 安倍首相は (2020年5月22日更新) 政府は21日、新型コロナウイルスに関する緊急事態宣言について、大阪・京都・兵庫の3府県で解除することを発表。 新規感染者数の十分な減少などから判断した。 大阪府はこれを受け、大規模な遊興施設や遊戯施設、運動施設などへの休業要請を解除 (2020年5月20日更新) 新型コロナウイルスの影響で飲食店にとって苦しい状況が続いている。 緊急事態宣言が解除された地域では通常営業に戻る飲食店も増えているが、以前の売上に戻るにはしばらく時間が掛かるだろう。 そんな中で何とかこの窮地を救おうと発足された (2020年5月19日更新) 日本フードサービス協会は5月14日、新型コロナウイルス感染症対策の基本的対処方針に基づく「外食業の事業継続のためのガイドライン」を発表した。 ガイドラインでは、飲食店が事業を再開するにあたって、現場の実情に配慮しながら3密(密 閉、密 (2020年5月15日更新) 安倍晋三首相は5月14日の記者会見で、新型コロナウイルス対策に関する緊急事態宣言について、39県で解除することを表明した。 解除されたのは、重点的な対策が必要な13の「特定警戒都道府県」のうち茨城県、岐阜県、石川県、愛知県、福岡県の5 (2020年5月13日更新) 5月31日まで延長された新型コロナウイルス感染症に関する緊急事態宣言について、政府は「特定警戒都道府県」の一部とそれ以外の34県で、期限を前倒しした解除を検討している。 5月14日に専門家会議を開き、緊急事態宣言の「再評価」を要請。 解 (2020年5月12日更新) 新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言が、5月7日から5月31日まで延長された。 飲食店の窮状を少しでも救おうと、アメリカ生まれのビールメーカー・Pabst Blue Ribbon Japan(パブストブルーリボンジャパン)が、首都圏のバーとハンバーガー店の支援を行ってい (2020年04月28日更新) 4月16日、全国に緊急事態宣言が発令され、休業や営業時間の短縮を行う飲食店が増加。 店舗家賃などの固定費が支払えず、泣く泣く廃業するケースも決して珍しいことではなくなってしまった。 そんな苦しい外食業界の現状を変えるべく、立ち上がっ (2020年04月17日更新) 新型コロナウイルス感染拡大の影響で緊急事態宣言が全国に拡大。 外食業界は売上の減少や休業に追い込まれるなど、大きな打撃を受けているが、一方で、苦境に立たされている飲食店を支援する動きも広まっている (2020年04月13日更新) 新型コロナウイルスの感染拡大により、安倍首相は4月7日、7都府県(東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、兵庫、福岡)を対象に、法律に基づく「緊急事態宣言」を発令した。 これを受け、東京都の小池百合子知事は4月10日の記者会見で、都の緊急事態 (2020年04月08日更新) 新型コロナウイルスの感染拡大により、安倍首相は7日午後、7都府県(東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、兵庫、福岡)を対象に緊急事態宣言を発令した。 これを受け、東京都の小池知事も記者会見を実施。 5月6日までの期間、都内全域を対象に外出 (2020年03月17日) 新型コロナウイルスの影響で臨時休校中の子どもの食事をサポートするため、『吉野家』が牛丼の割引販売をスタートした。 12歳以下の子どもを対象に、テイクアウトの牛丼を74円引きする。 今回は、大きな話題を呼んでいる『吉野家』の支援内容に (2020年03月09日更新) 新型コロナウイルスによる感染症の拡大が、外食産業を直撃している。 多くの経営者・自営業者が先行きが見えず、不安を抱えた状態にある。 外食産業のサポート役といえる一般社団法人日本フードサービス協会(JF、所在地:東京都港区、会長:髙岡慎 (2020年02月27日更新) 中国のみならず、日本にも大きな打撃を与え始めた新型コロナウイルス。 国内の感染者も増えており、今や日本全体の問題となっている。 外出を控える人も増えていることから、飲食店への客足が遠のいてしまうなど、外食業界に与える影響も気になると.

次の

新型コロナウイルス感染症に備えて ~一人ひとりができる対策を知っておこう~

コロナ ウイルス 大阪 最新

特別定額給付金の給付状況についてお知らせしています(6月12日総務省)詳細は 令和2年度第2次補正予算が成立しました(6月12日財務省)詳細は 企業規模別に、相談内容ごとの支援策を閲覧できるページを開設しています(6月5日経済産業省)詳細は 全都道府県の緊急事態宣言を解除するため、基本的対処方針が変更されました(5月25日内閣官房)詳細は リーフレット「妊娠中の皆様へ」を掲載しました(5月18日厚生労働省)詳細は 「新しい生活様式」の実践例を公表しました(5月7日厚生労働省)詳細は 持続化給付金の申請受付を開始しました(5月1日経済産業省)詳細は 雇用調整助成金の特例措置の更なる拡大についてお知らせしています(5月1日厚生労働省)詳細は• 新型コロナウイルスについてより詳しくお知りになりたい方は、 のQ&A(厚生労働省HP)をご覧ください。 コロナウイルスとは? コロナウイルスには、一般の風邪の原因となるウイルスや、「重症急性呼吸器症候群(SARS)」や2012年以降発生している「中東呼吸器症候群(MERS)」ウイルスがあり、現在流行しているのが「新型コロナウイルス(SARS-CoV2)」です。 ウイルスは自分自身で増えることができず、粘膜などの細胞に付着して入り込み増えます。 健康な皮膚には入り込むことができず表面に付着するだけと言われています。 表面についたウイルスは時間がたてば壊れてしまいますが、物の種類によっては24時間~72時間くらい感染する力をもつと言われています。 流水と石けんでの手洗いや手指消毒用アルコールによって感染力を失わせることができます。 詳しくは、、をご覧ください。 どうやって感染するの? 現時点では、飛沫感染(ひまつかんせん)と接触感染の2つが考えられます。 (1)飛沫感染 感染者の飛沫(くしゃみ、咳(せき)、つば など)と一緒にウイルスが放出され、他者がそのウイルスを口や鼻から吸い込んで感染します。 未感染者がその部分に接触すると感染者のウイルスが未感染者の手に付着し、感染者に直接接触しなくても感染します。 人と人との距離をとること(Social distancing; 社会的距離)、外出時はマスクを着用する、家の中でも咳エチケットを心がける、さらに家やオフィスの換気を十分にする、十分な睡眠などで自己の健康管理をしっかりする等で、自己のみならず、他人への感染を回避するとともに、他人に感染させないように徹底することが必要です。 また、閉鎖空間において近距離で多くの人と会話する等の一定の環境下であれば、咳やくしゃみ等の症状がなくても感染を拡大させるリスクがあるとされています。 無症状の者からの感染の可能性も指摘されており、油断は禁物です。 これらの状況を踏まえ、「3つの密(密閉・密集・密接)」の回避、マスクの着用、石けんによる手洗いや手指消毒用アルコールによる消毒や咳エチケットの励行などをお願いします。 詳しくは、をご覧ください。 1.密閉空間(換気の悪い密閉空間である)、2.密集場所(多くの人が密集している)、3.密接場面(互いに手を伸ばしたら届く距離での会話や共同行為が行われる)という3つの条件のある場では、感染を拡大させるリスクが高いと考えられています。 また、屋外でも、密集・密接には要注意。 人混みや近距離での会話、特に大きな声を出すことや歌うこと、激しい呼気や大きな声を伴う運動は避けましょう。 発熱などのかぜ症状がある場合は、仕事や学校を休んでいただき、外出やイベントなどへの参加は控えてください。 休んでいただくことはご本人のためにもなりますし、感染拡大の防止にもつながる大切な行動です。 そのためには、企業、社会全体における理解が必要です。 厚生労働省と関係省庁は、従業員の方々が休みやすい環境整備が大切と考え、労使団体や企業にその整備にご協力いただくようお願いしています。 咳などの症状がある方は、咳やくしゃみを手でおさえると、その手で触ったドアノブなど周囲のものにウイルスが付着し、ドアノブなどを介して他者に病気をうつす可能性がありますので、咳エチケットを行ってください。 新型コロナウイルスへの感染が疑われる方は、最寄りの保健所などに設置されるにお問い合わせください。 特に、以下のいずれかに該当する場合には、すぐにご相談ください。 (これらに該当しない場合の相談も可能です。 息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、高熱等の強い症状のいずれかがある場合• 高齢者、基礎疾患(糖尿病、心不全、呼吸器疾患(慢性閉塞性肺疾患など))がある方や透析を受けている方、免疫抑制剤や抗がん剤などを用いている方で、発熱や咳などの比較的軽い風邪の症状がある場合• 上記以外の方で発熱や咳など比較的軽い風邪の症状が続く場合 (症状が4日以上続く場合は必ずご相談ください。 症状には個人差がありますので、強い症状と思う場合にはすぐに相談してください。 解熱剤などを飲み続けなければならない方も同様です。 ) 「帰国者・接触者相談センター」では、皆さまから電話での相談を受けて感染が疑われると判断した場合には、帰国者・接触者外来へ確実に受診していただけるよう調整します。 その場合には、同センターより勧められた医療機関を受診してください。 複数の医療機関を受診することは控えてください。 同センターで、感染の疑いがないと判断された場合でも、これまで同様かかりつけ医を受診していただけます。 その場合、肺炎症状を呈するなど、診察した医師が必要と認める場合には、再度同センターと相談の上、受診を勧められた医療機関でコロナウイルスのPCR検査を受けていただきます。

次の

【随時更新】大阪府「新型コロナウイルス感染症患者数」市町村別まとめ

コロナ ウイルス 大阪 最新

一時的に感染者数が減少して収束し始めたかと思える時期も来るだろうが、それは『感染の波』ともいうべきもので、再び感染者の増加が来るだろう」 昭和大学(東京都品川区)の二木芳人客員教授(感染症)は、こう現状を厳しく分析する。 感染経路の追えない患者が増え、医療機関の受け入れ能力が逼迫しているなど、まさに「医療崩壊の危機」と呼び得る状態だ、と言う。 政府の緊急事態宣言などによる外出自粛の効果も、専門家から見れば効果は限定的なようだ。 二木客員教授は「繁華街が注目されているが、平日の商店街やオフィス街は多くの人が出歩いている。 外出自粛の効果を出すには、より強いメッセージを発信しないといけない」と言う。 「ここまでくれば、国民の6割から9割が感染して抗体を有する『社会的免疫』が成立するまで、あと2~3年は感染の完全収束はないだろう。 海外で実施されているロックアウトのような厳しい措置も免疫成立までの患者数の増加スピードを抑えて、医療組織を破綻させないための対策でしかない」と解説する。 新型コロナウイルスの顕微鏡写真(国立感染症研究所ホームページより) その上で二木客員教授が求めているのが、医療体制の機能維持だ。 ウイルス感染が疑わしい患者を受け入れる「専門外来」を開設し、そこで十分な感染防御対策を整えて患者と疑われる人を集中して検査し、より分ける。 「軽症や症状の無い患者は医療機関以外の施設に回し、重症者を専門医療機関が引き受ける。 一部の自治体で始まったばかりで、体制整備の遅れは大きい」とした上で、「軽症者を一部自宅待機で対応しているケースがあるが、大変危険で早急な受け入れ施設の整備が求められる」と言う。 同時に、流行のパターンは新型コロナウイルスの性格によっても変わってくることが予想される。 「日本のような温帯地域では、新型ウイルスがインフルエンザと似た性格なのかどうかで今後の流行のパターンは異なってくる」と言う。 「インフルエンザのように気温が上がると活動が低下するウイルスであれば、今年の4月下旬ごろから少しずつ感染拡大のペースが落ちて8月までには拡大の勢いが目立って落ち着く。 ただ夏が過ぎて10~11月には再び感染が増大し、21年の4~6月まで再び流行が続くだろう。 このように2シーズンが過ぎると、ある程度流行は落ち着いてくるし、重症者の比率も減るだろう」。 菅谷医師はこう予測する。

次の