スマホ 馬券購入 ゆうちょ。 JRA ネット投票

ゆうちょPay-ゆうちょ銀行

スマホ 馬券購入 ゆうちょ

競馬は毎週地上波のテレビでメインレースが放送されて馬券は買わないまでも気になっている方はそれなりにいらっしゃるはずです。 しかし競馬をやったことがなくてかつ少しだけ競馬を始めたいと思った人の中には「どうやって馬券を買ったらいいの?」という疑問を持つ人もいらっしゃいますよね? 競馬場で買ったり、「WINS」と呼ばれる場外馬券場で直接「紙の馬券」を買えるのはもちろんのこと、馬券は「特定のインターネット銀行口座」を持っていればすぐに購入することが可能です。 しかしすでにネット銀行の口座を持っていればその日のうちに買う事ができますが、ネット銀行の口座を持っていない場合は数日掛かってしまうので、もしCMなどの影響で馬券を買いたいと思った方は早めにネット銀行の口座を作っておくことをおすすめします。 対象のネット銀行はいくつかあるのでそれらの違いを見ていきましょう。 初心者がネットで馬券購入を始めるなら「即PAT」 現在、日本中央競馬会JRAが公式に会員を募集しているのは3種類。 「即PAT」と「APAT」、「JRAダイレクト」といった種類になります。 このうち「APAT」はJRA専用の口座を開設しなければならないですし、開設完了まで2か月くらい掛かる過去の産物ですので初心者の方はあまり気にしなくていいです。 「JRAダイレクト」はクレジットカードを利用して馬券を買うという少し恐ろしい方式ですし、購入回数が3回、最低購入金額が1,000円、購入限度額が50,000円と非常に使いにくいのでこちらも初心者には全くおすすめできません。 なので今から馬券を買ってみたいと思う初心者の方には「即PAT」というネット投票システムに登録することをおすすめします。 「即PAT」は下記に紹介する特定のネット銀行口座があれば 即日馬券の購入が可能になりますが、ネット銀行の口座がまだない場合は先にネット銀行の口座を開設する必要があります。 開設までおおむね1週間くらいは掛かる銀行が多いので、始める人はあらかじめネット銀行の口座を開設しておきましょう。 馬券のネット購入におけるおすすめ銀行口座 馬券の購入に必要となる銀行口座は6種類から選ぶことになります。 銀行名 口座開設手数料 ATMへの入金手料 ATMからの出金手数料 口座開設までの期間 ジャパンネット銀行 開設、維持共に0円 毎月最初の1回と3万円以上は無料、それ以外は162円、ゆうちょATM使用の場合は324円 毎月最初の1回と3万円以上は無料、それ以外は162円、ゆうちょATM使用の場合は324円 スマホアプリがあれば5~7日程度 楽天銀行 開設、維持共に無料 セブン銀行、イオン銀行は216円。 それ以外は270円。 3万円以上はどこでも無料。 セブン銀行、イオン銀行は216円。 それ以外は270円。 スマホアプリがあれば2日~2週間程 三井住友銀行(SMBCダイレクト) 開設、維持自体は無料だが三菱住友銀行の口座が必要 三井住友銀行のキャッシュカード利用に沿う。 時間外は最低108円。 三井住友銀行のキャッシュカード利用に沿う。 時間外は最低108円。 スマホがあれば1~2週間程 三菱東京UFJ銀行 開設、維持無料 三菱東京UFJ銀行のキャッシュカード利用に沿う。 時間外は最低108円。 三菱東京UFJ銀行のキャッシュカード利用に沿う。 時間外は最低108円。 スマホがあれば1~2週間程 住信SBIネット銀行 開設、維持無料 無料 ランクに応じて2~15回無料。 それ以外は110円。 1週間程 ゆうちょ銀行 開設、維持共に無料 ゆうちょATMなら無料。 それ以外は108円及び208円。 ゆうちょATMなら無料。 それ以外は108円及び208円。 郵便局の窓口なら30分程度(通常営業時間内) 三井住友や三菱東京UFJ、ゆうちょも悪くはないのですが、 ネット銀行は24時間営業しているのが大きいですよね。 また競馬に使うネット口座を新たに作る場合、重要なのはATM利用に際する手数料だと思います。 セブン銀行などは多くのネット銀行が使用できますが、上記の通り一回入金するのにも平均200円くらい掛かる銀行が多いです。 一気に口座に預けられる人であれば手数料はあまり気にしなくてもいいかもしれませんが・・・これから競馬をやろうと思っている人たちの中には「必要な場合だけ入金したい」と考えている人も多いと思います。 1回の手数料はたかが200円くらいでも、積み重なれば大きいものです。 仮に200円の入出を1年間、52週間続けたと仮定するなら1万円を超えてしまいます。 これは出来るだけ抑えたいですよね。 というか200円あれば後2つ新しい馬券を買う事ができるのでそういう意味でも勿体ないです。 ちなみに日本中央競馬会JRAの支払いは非常に有能で、「即PAT」なら馬券の払い戻しは出金すれば即日口座に振り込まれます。 手数料を抑えるなら住信SBI、多用途ならジャパンネット銀行 結論ですがATM取引の手数料を抑える目的であれば 住信SBIネット銀行を使用するのが一番ではないかと思います。 ATMでの預入手数料0は本当に大きいです。 毎週ATMにお金を入れても手数料が掛からないということですからね。 対応しているATMも多く、イオン銀行、セブン銀行、ローソン銀行、ゆうちょ銀行、イーネット(ファミマとかにあるやつ)など多くのコンビニATMや銀行ATMで預け下ろしができます。 正直競馬をやっていると土曜で資金が全てなくなってしまった場合など追加で預け入れをしたいシーンはよくある(いいことではないが)ので本当におすすめの銀行です。 中央競馬以外にも地方競馬、競輪、ボート、オートレース、LOTOなどほとんどの公営競技に対応しているのもポイントですね。 そしてそもそもSBI証券などと関連する投資関連の会社でそういった方面にも強いので、投資にも興味がある人は住信SBIネット銀行で口座を一つ作っておいても損はないと思います。 こちらの住信SBI公式サイトから口座開設ができます。 でも悪くはないしヤフオクなど様々な用途に利用できるのでこれらも初心者にはおすすめです。 競馬の賭けは「100円」から買えるとても取り組みやすい競技だと思いますので、ぜひやったことない人にも挑戦してみて欲しいです。

次の

ゆうちょPay-ゆうちょ銀行

スマホ 馬券購入 ゆうちょ

まず、競馬場とレースを選びます。 式別とは券種のことです。 一番簡単な単勝で試してみましょう。 かなり簡単で操作自体は1分程度で済みますので、ぜひご参考にしてください。 2:3つのJRA投票サービス!払戻金のタイミングを紹介 インターネットで購入した馬券は、どの様に払い戻しされるのかな? 携帯やPC、プッシュフォンにて購入した馬券の払い戻しは、JRAの投票サービスに登録した際に設定した金融機関に振り込まれます。 即PAT• A-PAT• JRAダイレクト 上記3つのJRA投票サービスにて購入した馬券の払い戻しについて詳しく紹介していきましょう。 また、上記3つの中で 最も早く払い戻し出来るのは 「即PAT」サービスを利用して馬券を購入している場合です。 自身で出金指示を行う事もでき、オススメのサービスになります。 2-1:即PAT 即PAT会員の場合、通常であれば 月曜日の午前中に振込みが行われます。 また自身で出金指示を行う事もでき、 払戻金確定後に出金指示を行う事で即振込みも可能です。 2-2:A-PAT A-PAT会員の払い戻しは、銀行の種類によって払い戻しのタイミングが異なります。 通常月曜日の午前中 三菱東京UFJ銀行・三井住友銀行・東邦銀行・りそな銀行 月曜日中 その他の銀行 上記の様に、A-PATが指定する銀行を利用している場合には 月曜日の午前中までに通常は払い戻しが行われます。 その他の銀行を利用している場合には、月曜日中に払い戻しされるのです。 2-3:JRAダイレクト JRAダイレクトの払い戻しされるタイミングは、クレジットカードの金融機関により異なります。 ただし 原則として月曜日中に振込み、 ゆうちょ銀行に関しては木曜日に振込みが行われるのです。 詳しくは下記表をご覧ください。 金融機関 三菱UFJ 三井住友 みずほ ジャパンネット ゆうちょ その他 払戻し時期 月曜日中 月曜日中 月曜日中 月曜日 午前中 木曜日中 月曜日中 3:利用方法に応じて選べ!3つの投票サービスの特徴 馬券をインターネットで購入したいけれど、どの投票サービスを使えば良いか分からない。 上記の様にお悩みではありませんか? JRAが提供する投票サービスは3つあります。 即PAT• A-PAT• JRAダイレクト この3つの投票サービスは、支払い方法や利用できるサービスにより使うべきサービスが異なってきます。 最もオススメなのは「即PAT」です。 即日加入する事ができ、すぐに使い始める事が出来ます。 上記3つの投票サービスでできる事、どの様にサービス内容が変わってくるのか解説していきましょう。 3-1:すぐ加入ですぐ使える!即PAT 即PATは即日で加入する事ができ、 すぐに使い始める事ができる投票サービスです。 パソコン・携帯・スマートフォンがあればいつでも馬券を購入する事が出来ます。 楽天銀行• ジャパンネット銀行• 三井住友銀行• 三菱東京UFJ銀行• 住信SBIネット銀行• ゆうちょ銀行• りそな銀行• 埼玉りそな銀行• じぶん銀行 上記8つのうち、いずれかの銀行口座を持っていれば即日加入する事が可能です。 また、馬券の発売時間中にも入金・出金する事が可能です。 地方、海外競馬の馬券も購入する事が出来ます。 3-2:プッシュフォンが使える!A-PAT A-PATは、パソコン・携帯・スマートフォンの インターネット機能から購入する以外にも プッシュ信号の出る電話機で馬券を購入する事が可能です。 インターネットを利用しない場合には、A-PATを利用すると良いでしょう。 A-PATを利用する為には JRA指定の銀行口座を 新規に開設する必要があります。 すでにJRA指定の銀行口座を持っている場合でも、A-PAT専用口座を開設する必要があるので転用出来ませんので注意しましょう。 専用口座を開設する必要があるので、 即日加入・即利用開始は出来ません。 JRA指定の銀行口座は、下記10銀行の中から選ぶ事が可能です。 店頭にて口座を開設する場合には、開設手数料がそれぞれかかります。 PCからインターネットを通して簡単な会員登録をすれば、すぐに馬券を購入する事が可能です。 ただし、スマートフォン・携帯電話からJRAダイレクトを利用する事は出来ませんので注意しましょう。 JRAダイレクトで利用できるクレジットカードは6つの種類があります。 JCBカード• MUFGカード• 三井住友カード• DCカード• NICOSカード• 楽天カード 上記6つのカード会社のインターネットサービスに登録可能なクレジットカードが利用対象です。 ただし上記6つのクレジットカードでも、下記3つに該当する場合にはJRAダイレクト利用する事ができません。 家族カード・法人カード・一部提携カード• 未成年者• カード名義と払戻金の振込先金融機関の口座名義人が不一致 まとめ 競馬の馬券をインターネットで購入した場合の 「払い戻し」について詳しく紹介してきました。 JRAの投票サービスを使って馬券を購入した場合、大半は 月曜日中に払い戻しが完了します。 中でも一番早く払い戻しを受け取れるのは「即PAT」を利用した場合です。 また、即PATは即加入し即使う事ができるのでJRAの投票サービスの中では最もオススメです。 ぜひ参考にしてみてください。

次の

【初心者向け】ネットで馬券を買うには?ネット銀行選びのポイント

スマホ 馬券購入 ゆうちょ

Contents• そもそも競馬はギャンブルなので、中には怪しい会社があるのではないか?なんて心配になってしまいますよね。 「即PAT」は日本中央競馬会 JRA)が提供しているサービスなのでまず安心です。 その名の通り、登録するだけで「即」馬券の購入が可能になりますから、ネットで馬券購入している人なら初心者から上級者まで、ほぼ全員が利用しているサービスですよ。 ネットで馬券購入する方法は3つある そもそも、初心者がネットで馬券を購入する方法は3つあります。 簡単に特徴をまとめてみましたのでご覧ください。 サービス名 特徴 即PAT 使用料・登録料はもちろん無料。 普段使っている銀行口座から直接入出金ができます。 入会から即日投票ができ、スマホはもちろんパソコンからも投票ができます。 ネットでの馬券投票に一番利用されているサービスですね。 APAT 使用料・登録料はもちろん無料。 専用の口座を新たに開設する必要があります。 自宅の電話(プッシュホン)から投票が可能ですが、申し込んでから投票ができるまで2か月程度かかります。 即PATのサービスができる前に使われていたサービスなので、今は使う人も少ないでしょう。 JRAダイレクト クレジットカードを登録することで投票が可能になります。 即日投票も可能ですが、パソコンのみ対応しており、スマホからの投票することはできなません。 どうしてもクレジットカードを使いたい人以外はメリットよりも不便さのほうが気になるサービスです。 ネットで馬券購入するなら、「即 PAT」がいかに便利かわかりますよね。 「競馬を始めてみたい!できればネットで、、」という方は迷わず即 PATに入会しましょう! 即PATに登録する前に準備しておくもの 実際にスマホから登録する前に準備するものが1つあります。 それは「銀行口座」。 もちろん「ゆうちょ」でもOKです。 銀行口座は、JRAが指定している以下の8つから連携できます。 【即PATと連携できる8つの口座】• 楽天銀行• 住信SBIネット銀行• ジャパンネット銀行• 三井住友銀行• 三菱UFJ銀行• ゆうちょ銀行• りそな銀行• 埼玉りそな銀行• じぶん銀行 8つの口座をどれもお持ちでない方は、新しく口座を開設する必要があります。 口座開設といっても昔ほど複雑ではありませんよ。 ネットでさっと簡単に開設できますので一緒にやってしまいましょう。 断然使いやすい銀行口座は「楽天銀行」 競馬のネット購入を始める際のおすすめ口座は「楽天銀行」です。 その証拠に楽天銀行は、即PATの会員数NO. 1! 主なメリットは以下のとおり。 これから即PATでネット投票を始める方はぜひ参考にしてみてくださいね。 即PATの疑問:投票すると銀行口座から直接引き落とされるの? 競馬投票に使用する資金は銀行口座から直接引き落とされるわけではありません。 即 PATでは、スマホ・パソコンから銀行口座からJRAのインターネット投票システムにいったんお金を入金しておきます。 銀行口座から利用する分のお金だけを移動させるので、この時点で使用するお金の上限を決めて入金すれば、それ以上使いすぎる心配もありませんね。 即PATの疑問:スマホでも入金ができる? もちろん、スマホからも入金できます。 即PATの疑問:入出金はいつでもできる? 即PATからJRAの投票サイトを利用できる時間が決まっています。 ざっくり言うと、レース前日 金曜)の20時前後~開催終了日 日曜)19時までです。 時間内に出金を行わなかった場合は、その週の競馬(節といいます)が終了後、JRAによって自動的に銀行口座に振込まれますので「出金指示」の操作を忘れても大丈夫です。 即PATの疑問:ネット競馬の手数料は? 即 PATに入会費と年会費はかかりません。 登録は無料です。 入金の手数料は 一日2回までは無料ですが、3回目から15円の手数料がかかります。 即PATの疑問:地方競馬も購入できる? 即PATでも、地方競馬の全発売日で馬券の購入が可能ですが、地方競馬を楽しむなら「楽天競馬」のサービスをつかうほうがメリットが大きいです。 「楽天競馬」がおすすめな理由は2つあります。 「即PAT」の新規登録は、競馬開催日の発売時間帯、または地方競馬ネット投票の発売時間帯のみ可能となっています。 つまり、 金曜日の夜~日曜日の夕方の間に行うのがベストですね。 ステップ1:即PAT新規登録ページで口座情報を入力する まず、から即PATの新規登録画面に進みます。 まず、お持ちの銀行口座 今回の場合は楽天銀行)のボタンをタップします。 あとは画像に沿って、登録を進めていきましょう! 利用規約に同意すると、上記の画面がでてくるので個人情報を入力するだけです。 ステップ2:銀行口座にログインし、口座振替手続きをする 口座振替の手続きといっても、することは暗証番号を決めて規約書に同意するだけです。 次に自動引き落とし契約に同意。 これで申込完了! 次から、即PATの館員情報を決めます。 暗証番号は忘れずにメモしておきましょう! 最後に出てくる「加入者番号」「P-ARS番号」「INET-ID」は投票の際に必要になります。 こちらも必ずメモしておきましょう! これで登録は完了です! 早速、入金して馬券を買ってみましょう! ステップ3:ログインして馬券をネット購入する から即PATにログインし、お金を入金します。 先ほどメモした「加入者番号」「暗証番号」「P-ARS番号」を入力しましょう! ログインしたら次は入金作業です。 「入出金メニュー」をタップして、「入金指示」に進みます。 お好きな金額を入力。 そして暗証番号を入力して「実行」! 入金ができたらいよいよ次は馬券購入です! 即PATのメニューは直感的に操作できるので簡単に投票できると思います。 心配な方は、こちらで投票の流れをご確認ください。 投票の方法には、馬の番号を直接選ぶ「通常投票」とオッズをみながら選ぶ「オッズ投票」があります。 通常投票の手順は オッズ投票の手順は これで馬券の購入が完了です。 購入した馬券が的中したかどうか?いくらになったのか? こちらも即PAT内の「照会メニュー」から確認することができます。 うまく馬券が当たったら、右上の「情報の更新」を押すと残金の額が変化しますよ。 一気に数字が増えると、とても気持ちが良いので、ぜひ体験してみてくださいね。 まとめ ここまで、即PATへの登録から馬券の購入まで一気に説明してきました。 ネット投票といっても、驚くほど簡単だったのではないでしょうか? ネットで投票ができるようになると、競馬の開催日に用事があったとしても、前日投票も可能ですし、競馬場やWINSにいけなくても馬券購入をすることができます。 これからは、狙いをつけていた馬が「買えてたら当たってたのに!」なんて悔しい思いをしなくても済みますね。 最後に、競馬の馬券の種類がよく分からないな、、という超初心者のために、簡単な馬券の種類を説明します。 馬券の種類は全部で9種類です。 馬券の種類 馬券の説明 単勝 選んだ1頭が1着でゴール 複勝 選んだ1頭が3着以内でゴール 順番は関係なし) ワイド 選んだ2頭が、共に3着以内でゴール 順番は関係なし) 枠連 選んだ枠の中の2頭が1着、2着でゴール 順番は関係なし) 馬連 選んだ2頭が1着、2着でゴール 順番は関係なし) 馬単 選んだ2頭が1着、2着で順番通りにゴール 3連複 選んだ3頭が1着、2着、3着でゴール 順番は関係なし) 3連単 選んだ3頭が1着、2着、3着で(順番通りにゴール WIN5 5つの指定されたレース全てで、選んだ馬が1着でゴール 今回は以上です。

次の