外反母趾 対策。 外反母趾(がいはんぼし)の正しい対策 理想の靴は?

外反母趾への対策を理学療法士が解説! 靴選びや体操の方法を紹介します

外反母趾 対策

足先の外側や裏側などが変形してしまい痛みをともなう外反母趾は女性に多く表れ、場合によっては歩くことも困難になります。 また、外反母趾の痛みをかばうあまり姿勢が悪くなり、その結果肩こりや腰痛につながってしまうことも。 そんな外反母趾ですが初めて症状が表れたとき、治療法や病院でかかるべき科についてわからない人も多いはず。 今回は、外反母趾の治療法や何科にいけばいいのか、原因と対策について紹介します。 外反母趾の治療法とは? 外反母趾という言葉は聞いたことがあるけれど、いざ自分が発症したときどのような治療を受ければいいのかわからない人は多くいます。 外反母趾の治療は大きく3つに分かれ、装具を用いるもの、薬物を用いるもの、手術を用いるものがあり、程度によって治療法が異なります。 装具を用いる治療法 装具を用いる治療は、痛みを和らげるパッチなどのグッズや足底に入れる板、矯正用の装具をつけて変形してしまった部分を元にもどすという治療です。 これは、できるだけ痛みを和らげながら変形した箇所を矯正していく治療法ですが、ある程度の時間がかかります。 薬物を用いる治療法 薬物を用いる治療は、おもに塗り薬や湿布剤を利用して痛みを軽減させることを目的とした治療です。 薬物を用いた治療で治るわけではありませんが、痛みが強い場合に緩和させることで、普段の生活に支障を感じさせなくする効果があります。 手術を用いる治療法 手術を用いた治療は、手術で骨を削ったり切り取ることで原因そのものを取り除いてしまう治療です。 手術の効果は高く相当ひどい変形でも治りますが、手術後も自分に合う靴選びや予防を心がけないと再発してしまう可能性があります。 外反母趾のときは何科に行けば良い? 外反母趾の治療は、基本的に整形外科が担当です。 上記で紹介した3つの治療については整形外科がおこないます。 また、整形外科の多くはリハビリ機関としても機能しており、さまざまなリハビリをおこなうことでより良く外反母趾から回復させていきます。 外反母趾の原因と対策とは 強い痛みをともない、場合によっては歩けないほどの辛さを味わう外反母趾ですが、その原因とはどのようなものなのでしょうか。 そして、外反母趾を防ぐために必要な対策にはどのようなものがあるのでしょうか。 ここでは外反母趾の原因と対策について見ていきましょう。 外反母趾の原因 外反母趾の原因となるのは、足の裏や足指をしっかり使って歩いていないことです。 自分の足に合っていない靴を履いていたり、ハイヒールなど足に負荷がかかるものを履いていると足裏や足指が正常に機能せず、本来の歩き方ができません。 それにより足の筋肉が低下してしまい、足の変形につながってしまうのです。 また、歩き方も関係していると言われ、1歩が狭かったり地面をするように歩くと足の筋肉が正常に使われず衰えてしまい、変形しやすくなります。 外反母趾の対策 外反母趾の対策としては、まずしっかりと自分の足に合った靴を選ぶことです。 できるだけ縦幅と横幅に大きなズレがなく、それでいて締め付けすぎないものを選ぶのが良いでしょう。 また、普段から足の指を動かすエクササイズをおこなうのも効果的です。 たとえば、足の指に力を入れてグー、チョキ、パーとじゃんけんの形にさせる、もしくはタオルを足の裏に置き足指を使ってタオルをつかむなど、足の筋肉を強くさせることは外反母趾の大きな対策になります。 まとめ 今回は、外反母趾の際の病院のかかり方や原因、対策を紹介しました。 女性に多い外反母趾は放っておくとさらに悪化してしまう可能性があり、早めの受診や対策が必要になります。 また、普段から外反母趾を意識してできるだけ足に負担をかけない、足の筋肉を鍛えることも大切です。 外反母趾の治療や対策を十分におこない、足に負担をかけない生活を心がけていきましょう。

次の

外反母趾とは?正しい知識と原因・対策

外反母趾 対策

写真のように出っ張ってしまった親指の付け根が、靴の内側と接触し、痛みが生じることがあります。 歩けないほどの痛みが出たり、変形した骨が神経を圧迫して母趾がしびれたりすることも。 このしびれは腰のヘルニアでも起こる症状なので、原因を間違えられることが稀にあります。 また、痛みをかばって姿勢が悪くなり、腰痛や肩こりを招くケースも見られます。 靴を履くと、親指の付け根が痛む• 親指が小指の方向を向いている こんな自覚症状のある方は外反母趾が疑われます。 また、明らかな痛みや変形は見られなくとも、以下のような症状が出ている方は注意が必要です。 靴を脱ぐと、親指や小指の側面が赤くなっている• 足の裏(指の付け根周辺)にタコができている• 現場で多くの外反母趾の患者さんを診てきた者としては、 外反母趾を悪化させる一番大きな原因は、足の指・足裏の機能低下にあるのではないかと感じています。 足の形を支えている筋肉が機能低下すると、外反母趾だけではなく、足が平べったくなるなどの足の変形が起きやすくなるからです。 一歩がせまい• その結果、足の指の筋肉が弱り、外反母趾になりやすいと考えられるでしょう。 また、このような歩き方になりやすい靴を履いている方も注意が必要です。 例えば、 高いヒール・鼻緒がないタイプのサンダル・スリッパ・サイズの大きい靴などです。 痛みがひどいときには、以下のような応急処置を試してみてください。 こういったものを装着することで痛みが緩和されると感じるのであれば、利用するのもひとつの手です。 ただし、これらは外反母趾を改善するものではありません。 また、指の筋肉の動きを阻害するものでもありますので、長時間の使用や日常的な使用はおすすめできません。 使用場面は限定したほうがいいでしょう。 また、冷湿布は消炎鎮痛効果が期待できます。 一方、温めると痛みが増強しやすいですので、温熱療法は避けたほうがいいでしょう。 外反母趾を悪化させる要因は、生活習慣のなかにあることが多いと言えます。 これは裏を返せば、 生活習慣を改め、セルフケアをきちんとすれば症状の改善が見込めるということでもあります。 靴選びで重要なのは、足の指や足裏の筋肉をしっかり使える靴であること、そして足に負担をかけにくい靴であることです。 選び方のポイントは以下を参考にしてください。 【正しい靴の選び方】 1.縦幅・横幅が足に合っているものを 縦幅が合っていることはもちろん、横幅も足にフィットするものを選びましょう。 足の負担軽減を考えるのであれば、スポーツブランドのスニーカーなどのように、縦幅も横幅も選べる靴を購入しましょう。 2.インソール(中敷き)が平らなものを インソールにデコボコがあるもの(土踏まずの部分が盛り上がっているタイプなど)は、足の形状にフィットして心地よい反面、それ自体が足の指や足裏の機能を果たしてしまうので、本来の足の指や足裏の筋肉が弱ってしまう可能性があります。 インソールはできるだけ平らなものがおすすめです。 3.クッション性の高すぎないものを インソールと同様に、クッション性が高すぎる靴は、足の指や足裏をあまり使わなくても快適に歩けてしまうため、足の機能を低下させる恐れがあります。 4.フィット感があるものを 靴が足にフィットしていないと、靴が脱げないようにペタペタ歩きや地面をするような歩き方になりがちです。 足の指や足裏をしっかり使って歩くためには、つま先で地面をつかみ、足全体を使って地面をしっかり蹴り上げることが大切。 それができる、足にフィットした靴を選んでください。 家にいるときは、できるだけはだしでいるようにしてみましょう。 最初は片足3回程度ずつ。 慣れてきたら回数を増やしてみましょう。 1.足じゃんけん.

次の

外反母趾の対策・改善|外反母趾・内反小趾について|トラブル対策|SORBOTHANE

外反母趾 対策

【レビュー】外反母趾対策の靴下-全20商品の痛み軽減・親指が開く・履き心地を徹底検証 外反母趾は親指が曲がって痛みや歩行が難しくなるケースがあります。 特に女性に多い症状で、外反母趾を軽減するために外反母趾用のソックスを着用する方も多いです。 でも外反母趾の原因はヒールだと思っていませんか?原因を正しく理解できないと間違った対策をしてしまうことがあります。 そこで今回は外反母趾の選ぶポイントと外反母趾におすすめのソックスをご紹介いたします。 外反母趾の重度を親指の変形角度で判断しよう 外反母趾の重度を判断することは、外反母趾ソックスを選ぶ上でとても重要です。 理由は外反母趾で親指の角度が大きく曲がっている場合、ほとんどの靴下は効果が薄くなるからです。 親指の変形角度• ~15度:正常• 15~20度:軽度の外反母趾• 20~40度:中度の外反母趾• 40度以上:重度の外反母趾 もしあなたの外反母趾の程度が重度であったら、外反母趾の靴下に頼るのではなく、医療機関へ行きましょう。 中度までであれば外反母趾のソックスで痛みを軽減できる可能性があります。 ソックスで外反母趾を防止するポイント そもそも外反母趾の原因は何でしょうか。 外反母趾のソックスをご紹介する前に、外反母趾の原因について考えて見ましょう。 原因が分かることで外反母趾を防止することができます。 おすすめの外反母趾ソックスを知りたい方は飛ばしてください。 外反母趾はハイヒールなどの靴を履くことで起こると思っている方も多いと思いますが、それは嘘です。 普段から靴を履く文化がない裸族にも外反母趾は発生しています。 もちろんヒールが外反母趾になる要因を作っているのは間違いないですが、外反母趾の原因ではありません。 またある調査によると、外反母趾になっている女性は、その多くが子供の時からすでに外反母趾気味になっていることが分かっています。 外反母趾の原因はアーチの低下 外反母趾は足のアーチの低下によって引き起こされています。 アーチって何?と思う方も多いかもしれません。 足のアーチは• 横アーチ• 外側縦アーチ• 内側縦アーチ の三つから構成されています。 無断転載は厳禁です。 アーチは靭帯や筋肉で出来ているため、運動不足になると低下し、扁平足や外反母趾になっていきます。 写真のように外反母趾はアーチが低下し、かかとが傾くことで先端の骨が曲がってしまい、外反母趾になってしまいます。 外反母趾は運動不足が原因であって、ヒールなどの靴はあくまでも外反母趾をひどくする要因にすぎないのです。 着圧ソックスや靴で外反母趾が防止できるのか では一般的に良く販売されている外反母趾を直すソックスや靴を履くと症状が改善されるのでしょうか。 また中敷きも外反母趾に効くとされるものが販売されています。 答えを言うと、外反母趾を直すことは不可能です。 なぜなら 外反母趾の原因は運動不足だからです。 ソックスを履いても運動不足が解消されるわけではありません。 ではソックスを履いても外反母趾には全く意味がないのでしょうか。 ある調査によると、外反母趾が中度程度であれば、ソックスや中敷きを履くことで痛みを軽減することができます。 つまり外反母趾のソックスは痛みを軽減することができるのです。 特に歩く方の悪い例としては、かかとの使い方が悪いことです。 本来、着地するときはかかとから着地するのが理想ですが、外反母趾になっている人は足の裏全体で着地する癖があるため、俗にぺたぺた歩きをしていると言われています。 このぺたぺた歩きが外反母趾の原因にもなるので、かかとから着地するようにしましょう。 かかとから着地することでアーチをうまく使うことができるため、足の筋肉を使うことができるので外反母趾をサポートすることができます。 遺伝の影響は? 外反母趾が遺伝の影響でなっているという話を聞いた人もいるかもしれません。 理由は遺伝によって足が平ら 扁平足 になり、親指が第2趾よりも長く、このためヒールやパンプスなどの影響を受けやすくなるというものです。 もちろん遺伝で外反母趾になることはあるかもしれませんが、根本的な原因はパンプスやヒールではなく、運動不足によるものです。 外反母趾がもたらす体の影響 外反母趾による影響• 肩こり• むくみ 肩こり・腰痛 外反母趾はアーチの低下によって引き起こされます。 アーチが低下すると外反母趾や扁平足、O脚などいろんな足の症状を引き起こします。 まだ体の土台になる部分が崩れているので、骨盤をゆがませたり、背骨、肩甲骨、首など体のさまざまな部分に影響を及ぼしてしまいます。 こうして外反母趾が原因となって肩こりや腰痛を引き起こす可能性があるのです。 むくみ むくみは血流が悪くなることで老廃物や水が溜まり足がむくむ現象です。 運動不足になるとふくらはぎによるポンプ機能が低下してしまいます。 心臓がポンプ機能をすべて賄っていると考える人も多いかもしれませんが、心臓ができるのは血液を送り出すだけです。 老廃物や水、二酸化炭素などの廃棄物は、ふくらはぎなどの筋力を使って排出する必要があります。 外反母趾になることでアーチの機能が低下し、ふくらはぎのポンプ機能まで奪ってしまいます。 頭痛 今まで頭痛になっていて、原因不明で困っていたら、その原因が外反母趾にあったという事例がいくつかあります。 外反母趾になるとアーチが低下して土台が崩れるため、背骨や首がゆがむことで頭蓋骨までその影響を受けることがあります。 その結果頭痛を引き起こす可能性があるのです。 外反母趾におすすめ!外反母趾ソックス これから外反母趾に良いソックスをご紹介しますが、決してソックスを履くことで外反母趾が治るわけではありません。 ソックスで外反母趾の痛みを軽減できるソックスをご紹介いたします。 スリーピングソックスが外反母趾にはいい!指の間がひらく!.

次の