フィギュア スケート グランプリ シリーズ 2019。 2019

2019 NHK杯 国際フィギュアスケート競技大会

フィギュア スケート グランプリ シリーズ 2019

大会 [ ]• (アメリカ大会)• (カナダ大会)• (中国大会) - 2003-2004シーズンから。 (フランス大会) - 2003-2004シーズンまでの名称はラリック杯、2015-2016シーズンまでの名称はエリック・ボンパール杯、2016-2017シーズンの名称はフランス杯• (ロシア大会) - ロステレコム杯という名称は2009-2010シーズンから• (日本大会)• (持ち回り) かつて開催された大会• (ドイツ大会) - 2002-2003シーズンまで。 旧ネイションズ・カップ、旧スパルカッセンカップ 概要 [ ] 歴史 [ ] 1995-1996シーズン、各国で行われていた国際競技会から、ドイツ、カナダ、アメリカ、フランス、日本で行われていた5つがシリーズ化され、「ISUチャンピオンシリーズ」が始まった。 同時に、緒戦の上位入賞者が出場する競技会として「ISUチャンピオンシリーズファイナル」が創設された。 1996-1997シーズンからはロシアの大会もシリーズに組み込まれた。 1998-1999シーズンから ISUグランプリシリーズと改称。 2003-2004シーズンからは、ドイツの大会に替わり中国の大会がシリーズに組み込まれ、現在に至る。 ISUグランプリシリーズ出場資格 [ ] 出場資格要件はシーズンごとに発表されているが、の改定がなされた2007-2008シーズン以降はほぼ変わっていない。 前シーズンのの上位者、やシーズンベストスコアの上位選手などが出場資格を獲得する。 各選手は最大で2大会まで出場することができる。 2014-2015年シーズンの出場資格要件は以下の通り• シード選手• の1位から6位までの選手をシード選手とする。 シード選手には、くじ引きによって2大会が割り当てられる。 過去10年間ので上位6位に入った選手が復帰する場合、一度だけ2枠の出場枠を得ることができる。 また、出場のためのミニマムスコアを満たす必要は無い。 もしシード選手または復帰する選手が、割り当てられたどちらかの大会を欠場する場合、それが医療上の理由であったとしても、他の大会への新たな割り当てはない。 ここまでで欠員があった場合、2014-2015年シーズンのベストスコアが2013年世界選手権の上位6名と同等かそれ以上の選手が優先的にシード選手になる。 招待選手• もしそれらの選手で引退者が出た場合、2014年世界選手権の13位以下、11位以下の選手が順に選出される。 また、出場のためのミニマムスコアを満たす必要は無い。 2012年または2013年の世界選手権で7位から12位に入った選手が、2012-2014年シーズンを怪我で欠場、もしくは競技会に参加しなかった場合、直近のシーズンのベストスコアでリストにのることができる。 また、出場のためのミニマムスコアを満たす必要は無い。 ここまでの記述にあてはまらない選手で、で上位24位または2013-2014年シーズンのベストスコアでミニマムスコアを満たした上位24名の選手は、1つの大会が保証される。 ベストスコアのリストは、シーズンごとに、以下の大会のものから編集される。 およびファイナル• ISUグランプリシリーズおよびファイナル• ISUチャンピオンシップス(、、、)• または• その他、ISU国際スケート連盟によってそれぞれの年にISUがそれと認めた大会• のメダリストとISUジュニアグランプリファイナルの金メダリストは、出場のためのミニマムスコアを満たしており、2014-2015年シーズンからシニアに参加する意向があれば、選考対象に含まれる。 大会開催国の選手は最大で3名、その国の大会に参加できる。 この3名とは、ここまでの記述に当てはまる選手から選出される。 もし開催国がその3名分の権利の行使をしないならば、その空き枠は、2のa. からe. に該当する選手から満たされねばならない。 開催国の選手を出場させる場合、まず2014-2015年シーズンのベストスコアの上位75名の中から選ばなければならない。 開催国の選手は出場のためのミニマムスコアを満たしている必要は無いが、満たしていることを推奨している。 2のa. に該当するのすべてのスケーターが1つの大会に選出されてもなお空き枠がある場合、開催国は2014-2015年シーズンのベストスコアの上位75名から選手を選出して空き枠を埋めることができる。 シード選手と復帰する選手とここまでの招待選手の他に、それぞれの開催国のISUメンバーは、ISUフィギュアスケートイベントコーディネーショングループによって設定された選出手続きにより、追加選手を選出することができる。 しかしながら、一つの大会の最大エントリー人数は以下の通りである。 男女シングル 8人~12人(13人以上でも7人以下でもいけない)• ペア 6組~8組• アイスダンス 6組~10組• 招待選手は2つより多くの大会に参加することはできない。 これらの大会はのポイントと賞金が与えられる。 もし、シード選手では無い選手が選出された大会に出場しない場合、他の大会に選出されることはない。 もし、シード選手では無い選手が医療上の理由で選出された大会に出場しない場合、他の大会に選出されることはない。 2014-2015年シーズンのグランプリシリーズの出場に必要なミニマムスコアは• 男子シングル 169. 女子シングル 130. ペア 134. アイスダンス 105. 2014-2015年シーズンのグランプリシリーズの出場に必要な最低技術点は• 男子シングル SP:31. 68 FS:59. 女子シングル SP:25. 68 FS:40. ペア SP:26. 20 FS:43. アイスダンス SD:20. 25 FD:31. 23 ISUグランプリファイナル出場資格 [ ] アメリカ、カナダ、中国、フランス、ロシア、日本で開催されるグランプリシリーズ6大会のそれぞれ男女シングルは1位~8位、ペア、アイスダンスは1位~6位までの選手にポイントが付与され、その獲得合計ポイントの上位6名、6組がと呼ばれる大会に出場することができる。 ポイントが同点の場合は、出場した2大会における最高順位が高い選手を優先する(1位と4位だった選手と2位と3位だった選手は同じ24ポイントだが1位を獲得している前者を優先する)。 獲得順位も同じである場合は、2大会の合計ポイントが多い選手を優先する。 関連項目 [ ]• 脚注 [ ]• 2018-2019シーズンは休止、「グランプリオブフィギュアスケートヘルシンキ2018」(フィンランド大会)が代替開催される。 外部リンク [ ].

次の

フィギュアスケートグランプリシリーズ2018

フィギュア スケート グランプリ シリーズ 2019

2020~2021シーズンに開催されるフィギュアスケートの試合日程スケジュールについて。 その後の国内大会はコロナウイルスの状況を見て判断。 とうとう来シーズンの試合にも影響が出始めた…。 JGPの開催可否は「各大会の10週間前」って事だったけど、それは「ISUが」決定する時の話だったんだ…。 今回は「スロヴァキア側」からJGPとの2試合のキャンセル決定をに通知…。 そういう事も出てくるよね…。 国によって状況は違うし…。 説明欄に「Covid-19 — Date to be defined. 」の記載が追加。 アジアンオープンは無理だと思うー…。 今シーズン中国の試合多いけど…。 ・中国杯 ・ファイナル ・Jrワールド 厳しいと思ってる…。 さらに言ってしまうと北京オリンピックも…。 チケット販売は8月21日。 チケット情報発表は9月27日。 チケット販売は10月28日。 情報の訂正・更新も日々していますので、 私の管理の行き届かない一部分を切り取って(スクショ、キャプチャ)の転載や、 私の努力を盗む卑劣なパクリ行為は一切お断りします。 お役に立つと思って頂けた場合はページへリンクする形でご紹介下さい。 当サイトへリンクして頂く事自体は問題ありません。

次の

【フィギュア】グランプリシリーズ2019の日程・結果と放送予定、出場選手|羽生結弦・紀平梨花がGPファイナルへ

フィギュア スケート グランプリ シリーズ 2019

男子シングル表彰式 大会概要 ISU Grand Prix of Figure Skating Final ISUグランプリシリーズ 800 創設年 主催 参加人数 36 前回優勝者 男子前回優勝 女子前回優勝 ペア前回女子 ペア前回男子 ダンス前回女 ダンス前回男 最多優勝者 男子最多優勝 4回 4回 女子最多優勝 4回 4回 ペア最多女子 6回 ペア最多男子 6回 ダンス最多女 5回 ダンス最多男 5回 関連大会 最新大会 ISUグランプリファイナル(アイエスユー・グランプリファイナル、: Grand Prix of Figure Skating Final)は、 ISU が承認するの競技会で、を構成するのひとつ。 前身はISUチャンピオンシリーズファイナル。 概要 [ ] 歴史 [ ] 1995-1996シーズンの「ISUチャンピオンシリーズ」創設時に、一連の競技会の上位者による大会として「ISUチャンピオンシリーズファイナル」が創設された。 第1回目は1996年2月23日から25日にかけフランスのパリで開催された。 1998-1999シーズンから「ISUチャンピオンシリーズ」がと改称すると、同時に「ISUチャンピオンシリーズファイナル」も ISUグランプリファイナルと改称した。 開催時期は当初一定していなかった。 例えば、オリンピックシーズン(1997-1998シーズン、2001-2002シーズン)には12月に開催され、オリンピックシーズン以外(1995-1996シーズン、1996-1997シーズン、1998-1999シーズン、1999-2000シーズン、2000-2001シーズン、2002-2003シーズン)は1月や2月に行われていた。 しかし、2003-2004シーズン以降は12月中旬に行われるようになった。 なお、従来開催地はグランプリシリーズ開催6ヶ国の持ち回りであったが、2007-2008シーズンには初めてグランプリシリーズ開催国以外で開催されることになった。 2008-2009シーズンからはとの同時開催となった。 出場資格 [ ] 詳細は「」を参照 競技形式等 [ ] 1999-2000シーズン、2000-2001シーズン、2001-2002シーズン、2002-2003シーズンの4シーズンを除き、やと同じ競技形式である。 1999-2000シーズンと2000-2001シーズンの大会では、男女シングルおよびペアはと、アイスダンスはとを行い暫定順位を決定し、暫定1位と暫定2位、暫定3位と暫定4位、暫定5位と暫定6位が再度フリースケーティングおよびフリーダンスを行って順位を決定する直接対決方式が採用された。 2001-2002シーズンと2002-2003シーズンの大会では、およびのあとにまたはを2度行う形式であった。 またこの大会からアイスダンスにおいてが省略され、オリジナルダンスとフリーダンスで順位を決定するようになった。 大会の位置づけ [ ] ISUランキングの算出のために各大会の入賞者に与えられるポイントは、高い順にオリンピックと世界選手権(同率)、と(同率)、それからISUグランプリファイナルであり、当大会は4番目に位置する大会である。 なお、世界チャンピオンは世界フィギュアスケート選手権優勝者の呼称であり、ISUグランプリファイナルの優勝者には特に決まった呼称はない。 やは国際スケート連盟が国 地域 に対し出場枠を与えるものであり、選手は国 地域 を代表する。 オリンピックや世界選手権は、有力選手の多寡に関わらず一ヶ国 地域 から3名までの出場しか認めていない。 これに対し、ISUグランプリシリーズは国際スケート連盟が選手個人に対して出場権を与える。 選出基準において一ヶ国から多数出場することに対する難しさは残っているとはいえ、選手の所属国・地域は基本的に出場に無関係であり、決勝大会であるグランプリファイナル出場選手が一ヶ国の選手のみであることもありうる。 歴代メダリスト [ ] 男子シングル [ ] 年 開催地 金 銀 銅 女子シングル [ ] 年 開催地 金 銀 銅 ペア [ ] 年 開催地 金 銀 銅 and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and アレクサンドル・ガリャモフ アイスダンス [ ] 年 開催地 金 銀 銅 and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and 各国メダル数 [ ] 男子シングル [ ] 順 国・地域 金 銀 銅 計 1 8 5 4 17 2 5 9 6 20 3 4 2 8 14 4 4 6 1 11 5 2 0 0 2 6 1 0 2 3 7 0 2 1 3 8 0 0 1 1 8 0 0 1 1 女子シングル [ ] 順 国・地域 金 銀 銅 計 1 8 8 9 25 2 6 7 5 18 3 5 6 4 15 4 3 1 0 4 5 1 1 2 4 6 1 0 0 1 7 0 1 0 1 8 0 0 3 3 9 0 0 1 1 ペア [ ] 順 国・地域 金 銀 銅 計 1 7 11 9 27 2 7 9 9 25 3 6 2 4 12 4 3 1 2 6 5 1 1 0 2 アイスダンス [ ] 順 国・地域 金 銀 銅 計 1 8 6 2 16 2 6 4 4 14 3 5 7 2 14 4 3 4 9 16 5 1 1 2 4 5 1 1 2 4 7 0 1 0 1 8 0 0 3 3 テレビ放送 [ ] グランプリファイナルは2004年まではNHKが放送し、2005年から系列で放送している(翌2006年より日本大会を除くグランプリシリーズもテレビ朝日系列で放送され、2009年度は全大会を放送している)。 テレビ朝日はこの大会に「世界一決定戦」とのキャッチコピーをつけているが、世界一を決める大会は世界選手権であり、これは虚偽広告に当たる。 実際、トップ選手がファイナルを欠場することも多い。 は2006年のGPファイナルで優勝した際のインタビューで「(ファイナルが)欧州選手権と世界選手権のいい練習になった」と話している。 概ね金・土・日曜の3夜連続生放送(欧米・アフリカ・中東で開催する場合はによる録画放送となる大会あり)でゴールデンタイム枠・2-3時間枠を取って放送される。 なお日曜日に開催される場合、21:00-23:10(原則)と被る場合はその時間帯に「」(「」を含む単発枠)が組まれているが、本大会を含むスポーツの国際大会がこの時間に放送される場合は必ず「日エン」を休止扱いにした別枠特番となる。 なお、2014年度のグランプリファイナルはと急遽日程が被ることになったため12月14日の男女フリー演技の模様は当初 より1時間17分繰り上げの17:40-19:58に変更されることになり 、後半に生中継を予定していたエキシビションの模様はの放送終了時間を早めた上で23:30-翌1:30に録画中継で放送した。 なお、男女フリー演技・エキシビションの完全版は後日改めてで放送された。 NHKが1時間30分の間に男女シングル、アイスダンス、ペアの3位までの演技を全て放送し、かつ日本人選手の演技も全て放送していたのに対し、2005年時のテレビ朝日の放送では男女シングルの日本人選手及び優勝者しか放送しなかった。 また、演技中にアナウンサーが絶叫を繰り返すなどしたため、同局に批判が殺到した。 2007年より男女シングル出場者全員の演技を放送している。 では男女シングルに加えてアイスダンス、ペアも録画放送している。 グランプリファイナルの開催に合わせて、2015年以降の大会期間中には『』(テレビ朝日系)で『フィギュアスケートの音楽会』と題した関連企画を放送している。 脚注 [ ] []• 予定していた放送時間は18:57-23:10での放送だった。 急な放送時間変更に伴い「」は17:30-17:40に大幅縮小し、「」と「」を急遽休止した。 なおこの日は先述のとおり元から「日曜エンタ」の放送はなかった。 こちらも急な変更により「」と「」を臨時休止した。

次の