ファフナー 終了 画面。 パチスロ新鬼武者DAWN OF DREAMS

パチスロ新鬼武者DAWN OF DREAMS

ファフナー 終了 画面

ただし、CZの前兆やCZ自体と準備中のゲーム数も含めると思った以上にコインを消費するのに対し、ARTに当選しても乙姫覚醒ゾーン経由のARTは駆け抜けが多い…。 なので、狙い目は、333G直前の310Gは欲しいかなと言った印象です。 ゾロ目のゲーム数で乙姫覚醒ゾーンに当選した場合は15〜16Gの前兆を経て告知となるので、見切りは350Gあたりになると思います。 Vバトルループに注目 蒼穹のファフナーの天井は少し変わっていて、ART当選orVバトルとなっています。 このVバトルは敗北してしまった場合は通常に転落して1からスタートとなる為、天井である999GまでハマってVバトルに敗北してしまうと最悪の展開だと思われていましたが、救済措置としてVバトルに勝利するまでVバトル天国が継続するVバトルループに突入するようです。 Vバトル天国に以降すると、100G以内にVバトル当選確定。 似たような単語ばかり連発して訳が分からなくなってきますが、要は上に書いた3つの条件「900G以降の規定ゲーム数によるVバトル失敗」「V揃い無しでVバトル3連敗」「Vバトル5連敗」のケースでは次回ARTに当選するまで粘りましょうという事。 また、Vバトル中に1会もV揃い無しで敗北した場合も次回111G以内にCZに当選濃厚なので、この場合も即ヤメしてしまわないように注意が必要です。 ヤメ時などに活用して下さい。 設定判別 ラスト15Gからというのがセコイ 最近の機種では、エンディングが発生するのはAT(ART)の残りゲーム数が0になってからというのが多いです。 エンディング自体が上乗せとして扱われているケースですね。 しかし、この台ではARTのラスト15Gからフワッとした感じで始まります。 せ、セコイ…! ART残りゲームが0になってからボタンプッシュで15G間のエンディングがスタートし、最終ゲームで3桁告知!とうい流れで良かったのではないかと思ってしまいます。 この時はART中に閉店を迎えてしまい、その後の挙動が見れませんでしたが、仮に次回天国などの付随する恩恵が無い場合は、エンディング自体の恩恵は無く、ただの裏乗せ告知機能という事…。

次の

蒼穹のファフナー スロット|天井・設定判別・ゾーン・狙い目・解析まとめ

ファフナー 終了 画面

設定変更時 天井到達までのゲーム数がクリアされる。 有利区間移行時は高確確定なので、しばらく様子を見よう。 この有利区間移行契機役がレア小役だった場合は、AT当選のチャンス。 AT当選時は、次回ボーナス終了後にATへ突入する。 よって、ボーナス後・AT後1G目にレア小役を引いたような場合は、次回ボーナスまで続行した方がよい。 通常時の打ち方 まず、左リール枠上 or 上段に黒BARを狙う。 以降は、左リールの停止形により打ち分ける。 ==左リール下段にチェリーが停止した場合== 弱チェリー or 強チェリー or 同化チェリー。 中リールに「青7・同化図柄・白7」を狙い、右リールは適当打ち。 そのまま中リールに「青7・同化図柄・白7」が停止すれば同化チェリー。 右リール上段にリプレイが停止すれば弱チェリー。 その他の場合は強チェリー。 ==左リール上段にスイカが停止した場合== スイカ or 強チャンス目。 中リールに黒BARを狙い、右リールは適当打ち。 スイカが揃わなければ強チャンス目。 ==左リール下段に黒BARが停止した場合== 中・右リールともに適当打ちでOK。 中段に「リプレイ・リプレイ・ベル」が並べば弱チャンス目。 疑似ボーナス中/AT中の打ち方 押し順ナビ発生時はそれに従う。 カットイン発生時は、指示された図柄を狙う。 演出発生時は、通常時と同じ打ち方でレア小役をフォロー。 その他の場合は適当打ちでOK。 通常時の状態 通常時には、「低確」・「高確」の2つの状態が存在。 高確中は自力CZ当選期待度アップ。 状態移行抽選 高確への状態昇格抽選は、「スイカ」・「弱チェリー」・「弱チャンス目」といった弱レア小役成立時に行なわれている。 液晶ステージによる状態示唆 滞在する液晶ステージによって、状態が示唆される。 どちらも5G継続で、消化中は「レア小役成立時」や「同化チャンス成功時」に疑似ボーナス抽選が行われる。 2つの自力CZの違いは「疑似ボーナス期待度」。 バトル(Vチャレンジ)勝利となれば、「クロッシングチャージ」+「Vアタック」が確定。 同化チャンスナビストック 内部的な同化チャンスナビのストック数は、選択されるキャラクターによって示唆される。 期待度は「美三香 < 零央 < 彗 < 真矢 < 総士 < 一騎」の順。 自力CZ失敗時のVバトル抽選 自力CZ失敗時は、Vバトル抽選が行われる。 特に、「3回目」・「5回目」・「7回目」・「9回目」の失敗時はVバトル当選期待度が高い。 10回目の失敗時はVバトル確定。 同化チャンスナビ上乗せ率 概要 「蒼穹作戦」は枚数管理型ATで、純増枚数は約2. 初期差枚数は、AT突入経路によって異なる。 Vバトル経由の方がアツい。 「Vバトル勝利」・「ルガーチャンスの一部」・「コンボVチャレンジ」から突入する。 Vアタックは、以下の3つの演出から選択できる。 どれを選んでも上乗せ性能は同じ。 クロッシングキープ AT中の同化チャンス成功で、クロッシングキープ突入抽選が行われる。 クロッシングキープは1セット5G継続。 消化中は「疑似ボーナス」・「クロッシングチャージ」の抽選が行われる。 クロッシングチャージ 10G継続の差枚数上乗せ特化ゾーン。 突入した時点で必ず差枚数上乗せが発生する。 AT中の疑似ボーナス レア小役成立時やクロッシングキープ時には、疑似ボーナス抽選が行われる。 AT中の疑似ボーナスは「蒼穹ボーナス」・「ザインボーナス」・「ニヒトボーナス」の3種類。 いずれも30G継続。 消化中は、織姫チャンス抽選が行われる。 クロッシングキープ中の抽選 コンボVチャレンジ 「自力CZ成功時の一部」・「ロングフリーズ」から突入。 突入した時点で3ケタ枚数の上乗せが確定する。 エグゾダスループ 通常時の規定ゲーム数消化によって突入する可能性あり。 1セット目は50G継続で、以降は1セット20G継続となる。 20セット目(エンディング)は70Gとなる。 消化中は、レア小役成立時にセット数上乗せ抽選が行われる。

次の

蒼穹のファフナー スロット|天井・設定判別・ゾーン・狙い目・解析まとめ

ファフナー 終了 画面

5% 37. 5% 2 31. 3% 68. 7% 3 62. 3% 37. 7% 4 31. 9% 68. 1% 5 63. 2% 36. 8% 6 49. 4% 50. 6% ファフナーの主な設定看破要素は上表の通りです。 設定6はどちらも同じぐらいの割合で出現するので、 そちらの割合も一応チェックしておきたいところです。 9% 設定5…106. 8% 設定6…110. 2% となっています。

次の