海外fx ib 比較。 海外FX会社 MYFXMarkets(マイエフエックスマーケッツ)IBプログラムとは?(アフィリエイトプログラム)

海外FXアフィリエイトは稼げる? 海外FXアフィリエイトの報酬と口座開設

海外fx ib 比較

海外FXの口座開設しようと思っている、もしくは既に口座を持っていて取引されている方も 海外FXにキャッシュバックIBというものがあるのはご存知でしょうか? キャッシュバックIBを経由して海外FXブローカーに口座開設すると、取引する毎にキャッシュバックを受け取れるというものです。 もちろん現金での受け取りで、早い業者であれば取引から1時間後にはキャッシュバックを出金することができます。 もし海外FXの口座開設しようとしているなら、ぜひキャッシュバックサイトを利用しましょう! すでに口座開設している場合でも、IBの乗り換えでキャッシュバックを受け取ることができます。 キャッシュバックサイトを経由せずに口座開設すると、正直もったいないです。 キャッシュバックは利用しないと損! 海外FXのスプレッドが広い理由 国内FX業者に比べて、海外FX業者のスプレッドが広いということはよく知られていると思います。 なぜそんなにスプレッドが広いのか。 レバレッジ888倍のハイレバが可能だから? ゼロカットシステムがあるから? それも理由かもしれませんが、他の理由の1つに 高額なアフィリエイト報酬が含まれています。 例えば、日本人が1番利用しているとされるXMのアフィリエイト報酬は、口座開設者が1Lot取引する度に最大10ドル(約1000円)が永続的に入ってきます。 10Lot取引すればそれだけで1万円ほどの報酬がアフィリエイターに振り込まれるのです。 XMのスプレッドはドル円で平均1. 8pipsです。 そのスプレッドの半分ほどはアフィリエイターに支払う報酬だと言えるのです。 海外FXは自己アフィリエイト禁止 アフィリエイト報酬が高いのなら、自分で自己アフィリエイトしたらいいんじゃないかと考える方もいらっしゃるかもしれませんが、 海外FXは自己アフィリエイトを禁止している業者がほとんどです。 キャッシュバックIBを利用すると8ドル戻ってくる XMの場合、TariTaliやRoyalCashBackを利用すればドル円1LOT取引するごとに、8ドルのキャッシュバックを受け取ることができます。 キャッシュバックIBを利用することで、広いスプレッドの取引コストを実質押さえることが可能です。 キャッシュバックIBを利用する場合のデメリット 海外FXのアフィリエイトサイトなどを見ると、キャッシュバックIBを利用するとスプレッドが上乗せされるなどと書いてある所もありますが、 少なくともXMに関しては自身で利用してIB経由の口座とIB経由なしの口座を比較したところスプレッドが上乗せされていることはありませんでした。 ロイヤリティプログラムのXMポイントもキャッシュバックIB経由でも、取引の度に付与されます。 入金ボーナスが対象外になる 入金ボーナスについてはキャッシュバックIB経由だと反映されません。 XMの場合、入金5万円までは100%ボーナス、それ以降は20%ボーナスがありますが、キャッシュバックIB経由だとなしになります。 ただ、入金ボーナスは出金できないですし、それなら永続的に現金でキャッシュバックを受け取る方が断然にいいです。 個人的な話になりますが、私はこれまでTariTaliで740万円分のキャッシュバックを受け取りました。 TariTaliの出金履歴 マイナスになっているのが、引き出したという表示です。 出金できない且つ上限のある入金ボーナスか、それとも取引毎に上限なくキャッシュバックを受け取り続けるか。 あなたならどちらを選びますか? おすすめの海外FXキャッシュバックサイト キャッシュバックIBにはTariTali、FXRoyalCashBack、Cashback Victory、FinalCashBack、CASHBACKFOREXなど様々なサイトがあり、 キャッシュバック率や取扱海外FX業者はサイトによって違いますが、全体的にリベート率が高くて出金スピードの早いが1番のおすすめです。 各キャッシュバックサイトの比較表.

次の

【IB業者比較】海外FXはIB業者を使ってキャッシュバックをもらおう

海外fx ib 比較

当サイトではそんなIB業者、特にキャッシュバックサイトを運営しているIBについて調べてみました、IB業者の実態と事実に迫ります。 IBビジネスの仕組み 海外FXのアフィリエイト(IB)、報酬はライフタイムコミッション制 IB業者はFX業者に顧客を紹介し、その報酬として紹介した顧客のトレード量に応じてコミッション報酬を受け取ります。 その報酬額は、例えば有名なXMのパートナープログラムを例にあげさせていただくと、スタンダード口座で10万通貨取引したら10USDものコミッション報酬がIBへ支払われる事になります。 リンクを踏ませてcookieを埋め込むことで、紹介の証明とする IB業者がブローカーに顧客を紹介する方法としてはcookieを用いています。 IB業者はその業者を紹介するリンクを自分のブログやTwitterなどに設定し、訪問者がそのリンクをクリックするとその情報がwebブラウザを通してパソコンに記録され、一定期間記憶されます。 この一定期間内にその訪問者が口座開設をすればそのIB業者が紹介した口座として登録され、顧客がその口座で取引する度にIB業者に紹介者としての報酬が入る仕組みとなっています。 知らない誰かに手数料を払い続けていませんか? 海外FXの情報を集めているうちにいつの間にか自分のPCには紹介者としてIB業者がcookieに記憶され、そのまま口座開設してしまうと知らない誰かに手数料を払い続ける事になります。 トレード量に応じて支払われるその手数料にもレバレッジが掛かってくるため、トレード量が多い人は年間で数百万も手数料として支払っている事に気が付いていません。 また、cookieを用いて顧客を紹介するという性質上、Twitterなどでしつこく呟いてリンクを踏ませたり、掲示板に口コミを装ってリンクを張る迷惑な業者も存在します。 広告業者(IB)を通さず口座開設したほうが良いのでは? たしかに、広告業者を通さずに、しっかりcookieを削除してから口座を開設すればIBへの報酬をブローカーは払わなくて済むのでブローカーへの実入りが増えます。 しかし、ブローカーへの実入りが増えたからといって直接開設された口座での取引が有利になる事は無く、IBを通した口座となにも変わらないスペックとなります。 直接開設された口座の方を有利な取引条件にしていたら、誰もその業者を宣伝しなくなってしまいますので当然ですよね。 FX業者からの報酬をほとんどキャッシュバックするIB業者を利用する。 広告業者のなかには報酬のほとんどをキャッシュバックするキャッシュバックIBといった業者が一定数存在します。 関連投稿: 海外FXのキャッシュバックサイト比較 キャッシュバックサイトのアフィリエイト キャッシュバックサイトの比較やランキングといったキーワードで検索をしてみると、海外FXのアフィリエイターのブログがずらっと並びますが、実際サイトに載っている記事や2chの口コミなどはアフィリエイトや自演でしかなく、あまり当てになりません。 海外FXのアフィリエイトが悪いとは一概には言えませんが、今回のキャッシュバックサイトの比較では、こういったアフィサイトで宣伝されていない業者にスポットを当てて紹介してみようと思います。 リベートキャッシュバックを提供しているサイト(アフィなし) 海外FXふぁんくらぶ 老舗のキャッシュバックサイト、アフィリエイトを使わない方針らしく、評判や実態が掴みにくいですが、知る人ぞ知るといった感じのサイトです、手数料無料で毎日でも出金可能、電話でもいろいろ聞けるのがうれしいです。 日本人の方が運営しており、台湾なので時差も1時間くらいでしょうか。 FXマイレージ 8割キャッシュバックのIB業者、取り扱いはXMのみですが会員ページが多機能で女性ユーザーが多いらしいです。 9割バックを目指しているとの事で今後の動向に期待!。 クライアントに自己申告を求めるなど、手作業感から来る不安定さがサイトから感じられますが、記事も面白いのでよく見ています。 RebateKingFX 海外の業者なので日本への出金手数料が5000円と高額ですが、高いリベートキャッシュバック率を提示するIBです、世界最高のリベート率を提示していますが、CashBackForexから紹介を受けた=サブIBかな?という事でCashBackForexへのマージンがブローカーより支払われる為、目に見えない手数料がブローカーとトレーダーに掛かってきているのではないかといった懸念がでてきます。 馴染み深い所ではXMならサブIBは10%、FBSなら計20%、Hotforexなら3段階式のサブIB報酬が公式に設定されており、他の業者でも個別で対応していたりします。 業者の実入りが減ることを考えるとキャッシュバック率が高いからといって安易に選定するのは少し躊躇しました。 海外FXのキャッシュバックIBは信用できるの? 企業としてはまったく信用できない、がキャッシュバックはうまく利用すればお得、キャッシュバックIBから発信される情報の品質はある程度信用できる。 IBの企業信頼度といったものはほぼゼロといってよいです。 それもそのはずで、海外FXを日本国内でプロモーションするのは違法であって金融庁から無登録業者の警告も出ていますが、現状としては海外の企業が日本語のサイトで日本国外の方に向けて発信しているといった体で、海外の企業には日本の金融庁は関係ないでしょ?といった口実のグレーな営業形態がとられているようです。 キャッシュバックIBと付き合う方はそのつもりの心構えでなければならないと思います、特に詐欺などを働くような噂は聞きませんが、もし被害を受けるのが怖いのであれば毎日出金できるIBを利用すればよいですし、個人情報を渡したくなければmybitwalletなどで登録すればメールアドレス以外に個人情報を提示する必要がないです。 単純に怪しいからキャッシュバック登録は要らないと言った意見もありますが、それはそれでただの勉強不足であるように思えます。 キャッシュバックIBは、基本的に顧客に長くトレードしてもらいたいので下手な業者を勧める事はしていません、海外FXを利用するにあたって、良いキャッシュバックサイトと付き合っていけば、口座選びの際の相談なんかも親身に受け付けてくれますし、問い合わせの代行なんかもお願いしたりできます。

次の

海外FX歴10年の私が選ぶ!2020年に絶対おすすめの海外FX業者11選

海外fx ib 比較

新着マーケット情報• 国内FXの一時金キャッシュバックとは性質が異なり、継続的にキャッシュバックが発生するため、トレーダーが考えている以上にキャッシュバックが発生します。 確定申告や税金に関して キャッシュバックで気になる点としては、確定申告や税金などになりますが、海外FXの損益は雑所得扱いとなりキャッシュバックも同じ扱いになります。 海外FXで損失が出てしまい、キャッシュバックを受け取ったとしても相殺することが可能ですので、「キャッシュバック分の税金は支払わないといけない」ということもありません。 海外FXとキャッシュバックの損益の合算で税金も決まりますので、不明な方は専門家へご相談ください。 キャッシュバックサービス唯一のデメリット 海外FXのキャッシュバックを利用した際にデメリットとして、一般的には「入金ボーナスが付与されなくなる」という点です。 逆にいうとそれ以外のデメリットはなく、スプレッドが広がることも約定が遅くなることもありませんので、入金ボーナスを利用し終わったら、キャッシュバックサービスをご利用になられることをおすすめいたします。 ブローカーによっては、キャッシュバックサービスを利用しても入金ボーナスが付与される場合もあるので、詳細は各ブローカーの紹介ページをご参照ください。 キャッシュバック対象業者一覧 10万通貨毎にスタンダード口座及びマイクロ口座は最大9USD、ZERO口座は最大4. 5USDのキャッシュバック(最小取引単位からキャッシュバック発生) 10万通貨毎にスタンダード(STP)口座は4. 25USD(0. 425pips)、ブレード(ECN)口座は1. 275USD(153円)のキャッシュバック(最小取引単位からキャッシュバック発生) プレミアム口座は0. 72pips、Zero口座は0. 27pips、HFCopy口座は0. 54pipsのキャッシュバック(最小取引単位からキャッシュバック発生) 10万通貨毎にMT4スタンダード口座は4. 25USD、MT4ナノスプレッド口座は1. 7USD、cTraderスタンダード口座は2. 125USD、cTraderなのスプレッド口座は0. 85USD、MultiTrader口座は8. 5USDのキャッシュバック(法人口座のリベートは個人口座と同じになります、最小取引単位からキャッシュバック発生) 10万通貨毎に8. 51pips、プロ口座は1. 7AUDのキャッシュバック(最小取引単位からキャッシュバック発生) 10万通貨毎にクラシック口座は4USD、プロ口座は1. 6USD、VIP口座は0. 4USDのキャッシュバック(最小取引単位からキャッシュバック発生) 10万通貨毎にスタンダード口座は8. 5USD、ECN口座は2. 125USD、Currenex口座は2. 55USD、cTrader口座は2. 125USDのキャッシュバック(最小取引単位からキャッシュバック発生) 10万通貨毎にスタンダード口座は0. 56pips、FOCREX口座は4. 8pips、プロ口スプレッド口座は4USDのキャッシュバック、VIP口座にリベートはありません(最小取引単位からキャッシュバック発生) LiveまたはLPボーナス口座は0. 425pips、ECN口座は0. 085pipsのキャッシュバック(最小取引単位から、クレジットボーナスを消費した取引にもキャッシュバック発生) オールインワン口座は0. 8pips、ノースプレッド口座は0. 08pipsのキャッシュバック(最小取引単位からキャッシュバック発生).

次の