燃料 電池 バス。 燃料電池バス=ミライ×2、電力供給能力が250kWhと大きい (1/2)

燃料電池バス=ミライ×2、電力供給能力が250kWhと大きい (1/2)

燃料 電池 バス

トヨタ自動車と日野自動車は、燃料電池車「MIRAI(ミライ)」の技術を利用した燃料電池バス「トヨタ FC BUS」を開発。 2015年1月9日から実用化に向けた実証試験を開始する *1)。 「2015年3月31日までバス1台を実路線で運行する」(トヨタ自動車)。 実証試験では、名鉄バス豊田営業所が運行事業者となって、とよたおいでんバスの豊田東環状線を走行する。 運行区間は豊田市から三河豊田駅前。 月曜日を除き、1日3往復運行する。 「片道15〜16kmの区間だ」(トヨタ自動車)。 水素の充填にはとよたエコフルタウン内の水素ステーションを利用する。 図1に示したトヨタ FC BUSの外観を示す。 日野自動車のハイブリッド ノンステップ路線バスをベースとした定員77人(26席)の大型バスだ。 シャシーなどバス本体は日野自動車が担当した。 全長10525mm、全幅2490mm、全高3340mm。 図1 トヨタ FC BUSの外観(クリックで拡大) 出典:トヨタ自動車 *1) 経済産業省は2010年度から「次世代エネルギー・社会システム実証事業」を豊田市など全国4地域で推進している。 豊田市の事業は「豊田市低炭素社会システム実証プロジェクト」。 トヨタ自動車は、FCバスによる公道走行試験および非常時における外部への電力供給実証を継続しており、今回は最終段階の実証試験である()。 なぜバスが燃料電池なのか トヨタ自動車はMIRAI公開以前から、燃料電池車は長距離走行が必要な車や大型車に向き、電気自動車は短距離走行での利用や小型車に適すると主張してきた()。 これは走行距離を伸ばそうとして電気自動車が搭載する電池の数を増やす場合よりも、燃料電池車の水素タンクの容量を増やす方がコストの上がり方が緩やかになるからだ。 トヨタ FC BUSはまさしく燃料電池車の中核となる車といえるだろう。 トヨタ FC BUSのもう1つの「魅力」は、大量のエネルギーを搭載できること。 建物などに電力を供給する「FCバスV2Hシステム」を内蔵している。 「250kWhの電力を供給可能だ。 災害時などには例えば避難所として使われる小学校の体育館に、5日間程度電力を供給できるだろう」(トヨタ自動車) *2)。 最高出力は9. 8kW。 300Vの直流を出力する。 2013年11月から開始したV2Hの実証試験などの結果を生かした改良も加えた。 「V2Hガイドライン2. 0に対応しており、フェイルセーフも強化した。 バスとしての操作性を高め、安全性を向上するために運転席側にV2Hのインジケーターランプも付けている」(同社)。 *2) 2015年1月14日から18日に豊田市で開催される「とよた世界環境ウィーク2015」の期間中、とよたエコフルタウンにおいてFCバスV2Hシステムを用いた公開給電実証を行う予定だ。 同じく、1月15日にはイベント会場間で、FCバスシャトルも運行する。 この期間中は路線バスとしての運行を中断する。

次の

燃料電池バス「SORA」東急バス最長路線に投入 静かでハイパワー 乗用車感覚

燃料 電池 バス

2020年02月03日 都市整備局 (延期)『燃料電池バス(FCバス)で巡る!水素ツアー』の実施について 2020年9月以降の晴海五丁目西地区(HARUMI FLAG)では、水素エネルギーなどの新技術の活用により、環境に配慮した持続可能性を備えた、環境先進都市のモデルとなる都市の実現を目指しています。 これに先立ち、脱炭素社会の切り札となる水素エネルギーについて、多くの方々にその大きな可能性を知っていただくために、このたび、FCバスで水素関連施設などを巡る周遊ツアーを実施することといたしましたので、お知らせします。 FCバス 記 (1) ツアーの概要(予定) 概要 水素エネルギーに関連する官民施設を燃料電池バスで巡り、まちづくりにおける水素活用の具体的な取組や、水素エネルギーの有用性、最新技術を紹介します。 実施期間 令和2年7月19日(日曜日)~9月5日(土曜日) 実施日 上記期間中の水曜日・土曜日・日曜日・祝日 実施時間 午前便10時00分~12時00分(訪問先2個所)、午後便14時00分~17時00分(訪問先3個所) 訪問先• インフォメーション施設(中央区晴海…仮設水素ステーション敷地内)• 水素情報館東京スイソミル(江東区潮見)• は午後便のみ 参加費 無料 申込方法 令和2年4月1日(水曜日)より東京都のホームページにて募集を開始します。 (2) ツアーのポイント• HARUMI FLAGにおける水素エネルギーの利活用をわかりやすく解説します!• インフォメーション施設では、FCバスへの水素充填を見学できます!• インフォメーション施設は、本ツアー参加者だけが立ち寄ることのできる施設です!• 水素情報館東京スイソミルでは、全国の自治体 【注1】の水素社会の実現に向けた様々な取組や、選手村地区エネルギー事業者 【注2】の水素に関する最新技術を紹介する特設展示を行います! 【注1】福島県、山梨県、神戸市、北九州市・福岡県、周南市・山口県 【注2】東京ガス(株)、JXTGエネルギー(株)、パナソニック(株)、(株)東芝 本件は、に係る事業です。 「スマート シティ 政策の柱6 多様な機能を集積したまちづくり」 問い合わせ先 都市整備局市街地整備部企画課 電話 03-5320-5112.

次の

トヨタ自動車、燃料電池バス「SORA」を改良

燃料 電池 バス

京浜急行バスの山下和彦整備課長は「燃料電池車は水素と空気中の酸素の化学反応によって発電した電気エネルギーでモーターを回し走行する。 化学反応で発生するのは水のみで大気汚染の原因となるCO2(二酸化炭素)やNOx(窒素酸化物)、PM(粒子状物質)などは全く排出しない。 同じく環境対応車としてEV(電気自動車)バスがあるが、航続距離や充電時間の関係でまだ実用的ではないと考えている。 一方、燃料電池車は水素ステーションが必要であることと車両価格が高いというデメリットはあるが、当社で運行している船の科学館線で、岩谷産業の有明水素ステーションが利用でき、国、東京都、トヨタの協力により導入することができた」と、SORA導入の経緯を明かした。 また山下課長は「今回の燃料電池バスは民間事業者初の導入となる」とした上で、「自由にデザインする場所が少ない中、京浜急行バスらしさと先進性を併せ持ったデザインに仕上がったと思っている。 またデザインだけではなく滑りにくい床材やわかりやすい押しボタンを採用するなど、京浜急行バスのこだわりが詰まっている」と紹介した。 京浜急行バスはSORAを3月1日から大井町駅西口からお台場地区を結ぶ循環路線で運行を開始する。 この循環路線は1日あたり約30便を運行しているが、そのうちの5便がSORAで運行される。 またその5便のうちの1便は有明水素ステーションの最寄りの停留所であるテレコムセンター止まりとなる。 山下課長によるとこの循環路線の1日あたりの走行距離は約100kmで、SORAの航続距離は約200kmだが、毎日1回ステーションで水素を充てんすることにしているという。 なお水素のコストは既存のバスのエネルギーコストに比べて約3倍とのことだ。 またSORAの今後の導入に関して山下課長は「2020年春には羽田の第1ゾーンに水素ステーションができる計画がある。 オリンピック、パラリンピックでは海外から多くの人が訪れる。 2台目以降を導入し、事業者が環境保全に取り組んでいる姿勢と、日本の最先端技術の高さを世界にアピールしたいと思っている。 公共交通事業者の責務として今後も人に優しく、環境に優しいバスを積極的に導入したい」と話していた。 実際にSORAに同乗したところ、当然のことながら既存の路線バス特有の騒音や振動はなく、車内は本当に静かで、走りsyも極めて滑らかだった。 《小松哲也》.

次の