ふじ もん ゆきな 離婚。 優樹菜&フジモン、離婚の決定打となった大喧嘩とタピオカ騒動|NEWSポストセブン

フジモンと木下優樹菜が離婚。モニタリングの離婚ドッキリとゲッターズ飯田の占い、有吉予想の木下ゆきな容疑者

ふじ もん ゆきな 離婚

お笑いコンビ「FUJIWARA」のフジモンこと藤本敏史(49)と、タピオカ騒動で活動休止中のユッキーナこと木下優樹菜(32)が離婚することが30日、分かった。 2人の子供がいるおしどり夫婦として知られたが、スポニチ本紙の取材では1年ほど前から関係が悪化。 ひそかにマンション内別居していた。 すでに双方が代理人弁護士を立て子供の親権などについても話し合いは済んでおり、31日にも離婚届を提出するとみられる。 インターネット上で炎上騒動があってもフジモンがユッキーナを支える。 ケンカをしても最後には仲直り。 周囲の目にはそんなふうに映った芸能界のおしどり夫婦も今度ばかりは関係を元に戻すことはできなかった。 「実は1年ほど前から別居が続いていた。 これまでも衝突することはあったけど、大きなきっかけはケンカ。 藤本さんが強い調子で木下さんを怒った。 それ以降、関係が悪くなって一緒に暮らすことができなくなった」(知人) 周囲の話を総合すると、これまでは2人の娘の養育を考えて同じマンション内で別々の部屋を借りて別居していたという。 夫婦共演していたCMの問題もあり、関係修復を見据え何度も話し合いをもったが改善に至らず、契約終了のタイミングでけじめをつける道を選んだ。 関係者によると、代理人弁護士を立て、財産分与の話し合いも済んでおり、親権は木下が持つ。 31日にも離婚届を提出するとみられる。 夫婦を巡っては、木下が実姉が勤務していたタピオカ店に対して恫喝(どうかつ)めいたメールを送ったことが明るみに出たことで大きな騒動に発展した。 木下は周囲に迷惑をかけたことを反省して、11月に無期限の活動自粛に入っている。 離婚との関連性について広告関係者は「タピオカ騒動の前から2人の間では別れるという結論は出ていた。 ただ、周りから見ると、タピオカの件が最後の最後でダメ押しになったように映ってしまう。 そう思われても仕方がない」と話した。 12年には第1子となる女児が、15年には第2子が生まれるなど順風満帆に見えたが、最近ではユッキーナのインスタグラムにフジモンが登場することも激減し、周囲では心配する声も上がっていた。 知人の一人は「若くしてママドルと言われるのも重荷になっていたようです。 離婚をきっかけに心機一転、やり直せれば」と振り返っていた。 8月にはバラエティー番組で「実は離婚していた」というドッキリを2人そろって若手芸人に仕掛ける企画があったが、迫真の演技ではなく、気持ちを隠して収録に臨んでいたことになる。 タピオカ騒動では、いまだ世間のバッシングは強く、活動再開のメドは立っていない。 千葉・東京ディズニーランドのシンデレラ城の前でガラスの靴を渡されプロポーズというユッキーナの夢をフジモンがかなえて始まった夫婦生活。 砕け散ったガラスの靴をもう履くことはできない。 実姉はその後、店側と溝を深め退職した。 これに木下が激怒、店長にSNSで「ウチらを怒らせたらどうなるか教えてやろうか?」「いい年こいたばばあ」「事務所総出でやりますね」などと、恫喝めいたダイレクトメッセージを送付した。 10月、このやりとりを関係者がSNSに公開。 木下は舞台やイベントを降板、11月には芸能活動の自粛を発表する事態に発展した。 1989年、相方の原西孝幸とお笑いコンビ「FUJIWARA」を結成。 ナインティナインや雨上がり決死隊とともに「吉本印天然素材」として活動。 「アメトーーク!」「ニンゲン観察バラエティ モニタリング」などに出演。 1メートル74。 血液型AB。 水着のイメージガールなどを経て、ファッション誌「PINKY」の専属モデルに。 「クイズ!ヘキサゴン2」のレギュラーとしておバカキャラでブレーク。 出産後はママタレントとしても活動。 1メートル66。 血液型A。

次の

フジモン、ユッキーナ離婚 1年前からマンション内別居 夫婦共演CM満了で“けじめ”― スポニチ Sponichi Annex 芸能

ふじ もん ゆきな 離婚

1年程前から、2人の娘の養育を考えて同じマンション内で別居。 これまでも衝突することはあったけど、大きなきっかけはケンカ。 藤本さんが強い調子で木下さんを怒った。 それ以降、関係が悪化。 一緒に暮らせなくなった。 すでに双方が代理人弁護士を立て子供の親権などについても話し合いはついている。 夫婦共演のCMもあり、何度も話し合いをもったが改善に至らず、契約終了のタイミングで決意。 代理人弁護士を立て、財産分与の話し合いも済んでおり、親権は木下さんが持つ。 1年程前からケンカが原因で、関係が悪化していたのですね。 さらに 広告関係者はこう語っていました。 「タピオカ騒動の前から2人の間では別れるという結論は出ていた。 ただ、周りから見ると、タピオカの件が最後の最後でダメ押しになったように映ってしまう。 そう思われても仕方がない」 やはり、例の「タピオカ騒動」が火に油を注いでしまったようです。 離婚の原因は木下さんの不倫だった説も? 木下優樹菜がタピオカ店への恫喝DMで活動自粛 「タピオカ騒動」とは、 2019年10月、タピオカドリンク店の店長の女性A子さんと、そこで勤務していた木下さんの姉との間で起きた、給料の支払いなどをめぐるトラブル。 ことの発端は、木下優樹菜さんの実姉が勤務していたタピオカドリンク店への「恫喝DM(ダイレクトメール)」問題でした。 実姉が勤務していたタピオカ店の給料の未払いや盗みの疑惑が店からかけられていることなどを姉から聞かされ木下さんは 激昂。 「恫喝」ともとられかねない内容をインスタグラムのダイレクトメールで送っていたことが判明。 詳しい経緯はこちらにあります。 〝弁護士立てて、法的処理、いくらでもできるからこれからの出方次第でこっちも事務所総出でやりますね〟〝色々頭悪すぎな〟〝いい年こいたババアにいちいち言うことじゃないと思うしばかばかしんだけどさー〟など、ママタレントとは思えない言葉遣い。 事実関係は、実姉とその友人であるタピオカ店の経営者、本人どうししかわからないことかもしれませんが、木下さんのDMの「物言い」が炎上。 夫婦でのCMやイベントへの出演がキャンセルになるなど、芸能活動への影響も。 そして、ついには木下優樹菜さんが11月19日に芸能活動の自粛を発表しています。 「芸能界での立場がすべてパーになりかねない愚行に走った木下に対し、藤本は『つきあっていた頃から一回もない激しさ』で叱責したそうなんです。 ふだんから『たまに夫婦喧嘩をする』と公言している藤本だけに、これはよほどの怒りですよ」(前出・お笑い関係者) しかし、フジモンさんから売られたケンカに、木下さんも黙ってはいられなかったようで… 「『私は悪くない』の一点張りで逆ギレして、しだいに『タピオカ事件』とは無関係に、藤本への不満が口をつくようになったそうです」(前出・お笑い関係者) 最近では、顔を合わせるたびに激しい口論に発展していて、何度も『離婚届を書くか書かないか』の瀬戸際でモメていたそう。 さらに証言によると、周りからみても、事態はけっこう深刻なようでした。 実際に藤本が芸人仲間に『今ウチ、マジでヤバイことになっとんねん』とボヤくなど、修復不能寸前の事態に発展しているんですよ」 「彼は『嫁のせいでオレも芸能界追放や』『損害賠償でスッテンテンになるかも』などと、妻が起こした騒動による大ダメージを憂いている。 やはり、ふたりの間に決定的な「溝」をつくったのは、タピオカ騒動だったのでしょう。 明石家さんまが、木下の騒動に触れようとした爆笑問題・太田光をシャットアウトしたため、ネット 上では「木下の事務所に圧力をかけられているのでは?」とささやかれてい る。 藤本の自己紹介直後に、太田が突然席から立ち上がり、何かを言おうとしたものの、さんまが慌てた様子で「言うたらあかんねん!」と制止。 すると藤本は場の空気を察したのか、直接的な言及は避けたものの「すいませんでした!」と謝罪した。 cyzowoman. html その背景 には、 木下さんが所属するプラチナムプロダクションが、例の恫喝ダイレクトメッセージが流出 した直後、藤本さんの所属事務所・吉本興業 に『この件については触れないでほしい』と、いち早く打診していたという事実があったそう。 木下さんも「ママタレント」としてインスタグラムなどの集客で稼いでいたはずです。 しかし、もはやCMも打ち切り。 イメージ第一のスポンサーが、現在のところは、藤本夫妻につくことはもうありえないでしょう。 一方で、FUJIWRAまたは藤本さん自身も、正直なところ、単独でCMやイメージキャラクターをオファーするほどの魅力は感じられません。 もっとも、藤本さんがタピオカ入り飲料のCMに出演するのであれば、話は別ですが…。 しかし、離婚問題は、あくまでも夫婦間の話ですから別です。 藤本さんが、テレビやメディアで自らの離婚を「自虐ネタ」としてギャグにすることは問題ないのではないでしょうか? それなら、明石家さんまさんも太田光さんも、思いっきりいじれるはず。 さらに、ネットではあれほど炎上していた木下さんの騒動をメディアがまったく取り上げないことに、疑問を抱いていた人も多いのでは? そんな人々のストレスも、藤本さんの離婚を話題にすることで、間接的に解決できるという効果も望めるのではないでしょうか。 そして、今回の離婚報道。 このタイミングなら、芸人の一番の稼ぎ時であるお正月番組に間に合うのでは?ということです。 正直、木下さんの件でイメージダウン&いじりにくいFUJIWARAまたは藤本さんを呼ばなくても、代わりの芸人はいくらでもいます。 しかし、いまこのタイミングで藤本さんが離婚ということであれば、年始番組で起用する意味は十分あるかもしれません。 タピオカってつなぎにも使われるのに離婚の原因になるとは皮肉なもんだ。 — どらくぉ bewd1025 フジモンと木下優樹菜、離婚するん? 年末に悲しいニュース多すぎん? — まいむ🐥 maamaimu ええ!!!フジモン離婚したの!?あんな仲良かったのに!今年1のびっくりかも!同時に夫婦って何があるか分かんないもんだな。。 こないだ夫婦でドッキリ仕掛けてたのにね。

次の

フジモンとユッキーナの離婚はどっちから?原因・理由はどちらにある?

ふじ もん ゆきな 離婚

ワイドショーなどの情報番組が放送を休むため、露出を避けたい芸能人が、このタイミングを選ぶ。 今回、最も世間を驚かせたのは、慌ただしい2019年の大晦日に離婚した(32才)とフジモンことFUJIWARAの藤本敏史(49才)だろう。 「お笑い芸人にとって離婚はネタにもなる。 あえてこのタイミングにしたのは、笑いに変えられない事情があったからでしょう」(芸能関係者) ふたりは2010年8月に結婚。 おしどり夫婦として知られ、2012年に長女を、2015年には次女を出産すると、木下はママタレントとして、藤本はイクメン芸人としての顔も持つようになった。 「長女が小学校受験をする際に、進学先を巡って衝突することが増えたそうです。 お受験を考えていた優樹菜さんと、幼稚園からエスカレーター式に上がれるインターナショナルスクールのままでいいという藤本さんとで意見が割れた。 これまでは17才年上の藤本さんが一歩引いて接していたけど、子供のことをきっかけに藤本さんは何につけても優樹菜さんに、文句を言うようになっていたんです。 決定打となったのは1年ほど前の大きな衝突。 互いに手が出るようなけんかになり、DVとも取れるほど激しかったようです。 そこから本気で離婚について話し合い、マンション内別居も始まりました」(木下の知人) だが、2019年の8月28日、9回目の結婚記念日となったこの日、木下は自身のインスタグラムに、仲睦まじい夫婦の写真をアップした。 「子供のことを考え、やり直すという可能性もあったんです。 そんな中、タピオカ恫喝騒動が起きました」(前出・木下の知人) これは、2019年10月、タピオカドリンク店の店長のA子さんと、そこで勤務していた木下の姉との間で起きた、給料の支払いなどを巡るトラブルを発端とした騒動だ。 木下が姉に代わって「ウチら怒らせたらどうなるか教えてやろうか?」「事務所総出でやりますね」などとダイレクトメッセージを送信したところ、この文面をA子さん側がSNSで公表。 攻撃的な文面が明らかになったことでインターネット上で大炎上したのだ。 木下としては姉を援護したつもりだろうが、バッシングは止まず。 その後、木下は芸能活動を休止。 夫の藤本の仕事にも影響が出たとされた。 夫婦の関係者は「タピオカ騒動は離婚と関係ない」と断言する。 確かに騒動前から離婚については話し合われていたようだ。 「ただ、タピオカの時に藤本さんは優樹菜さんの味方にはならなかった。 彼にも冷ややかな目が向き始め、テレビ局が藤本さんを使いにくくなっていたこともあったと思います。 日に日に憔悴していく彼を見かね、中には離婚を勧める芸人仲間もいたようです」(テレビ局関係者) この頃には、夫婦関係は修復不可能になっていたという。 「子供たちも夫婦げんかがわかる年頃です。 優樹菜さんはそれならばスッキリ離婚して距離を置いた方がいいと決断した。 モラハラやDV騒動もお互いに悪いところがあるからと、今は一切口にしないようですね。 問題は決断のタイミングだけでした」(藤本の知人) 10月末まで、ふたりで出演していたCM契約があったこと。 さらにタピオカ騒動は今後、法廷闘争に入るという報道もあった。 「離婚協議は、お互いに弁護士を立てて納得のいく形で成立しています。 親権は優樹菜さんですが、子育ては今まで通りふたりで協力し合っていくことになっています」(前出・藤本の知人) 元日の生放送に出演した藤本は、早速、離婚をネタに笑いを取っていた。 妻と別れ、彼にとって「タピオカ」は、過去のものになったようだ。

次の