ヒグマ最強説。 最強の生物、最強の動物はこれだ!この世は弱肉強食だ!虎、ワニ、熊!

ヒグマ最強説! 増田俊也『シャトゥーン ヒグマの森』を読む

ヒグマ最強説

熊の戦闘力 人間は 羆 ヒグマに勝てねェ 空手も柔道も習ってねェ羆にだ。 (餓狼伝) ということで くまモンや、くまのプーさんなど可愛いイメージにすらなっている熊ですが、その恐るべき戦闘力について見ていきます。 ハッキリ言って、やる気で来られたら、 世界最強の格闘家でもヒグマより小型のツキノワグマの中でも小型の50キロのツキノワグマでも厳しいのではないかと思います。 然るべき経験を積んだ人間が叡智(武器)を使わなければ・・・ 釣りや山菜採りに行かれる方や身近にいる方は、その恐ろしさは充分ご存知だと思いますが・・・ ツキノワグマ 体長1.2m~1.8m オス体重50~130キロ程 メス体重40~80キロ程 寿命:野生で25年程? 最高時速60km程(人類最速のウサインボルトがMAX時で時速約45km) しかも持久力も高い。 木登りも泳ぎも上手い。 体は分厚く、剛毛で覆われているため少々の打撃では効果なし。 鋭い牙に鋭い爪に熊パワーの腕力。 少々なら走っている車と衝突しても大丈夫な程のタフネス。 嗅覚も鋭く、犬よりも良いと言われる。 執着心やなわばり意識が強い。 正に動物版戦車。 弱点は鼻や目か? マタギは胸元~首の白い月の輪模様をめがけて、タテ(槍)を突き刺し仕留めていたという。 (冬眠中や冬眠明けの動きが鈍っている熊を) *基本的には草食性の強い雑食で、用心深く、人を避ける 特に危険なのが ・子連れの母熊(秋頃に多い)9月~ ・バッタリ出会ってしまった場合(川や沢沿い、曲がり角など) ・食事場近くで出会ってしまった場合(タケノコ採りや山菜採り)4~6月 ・繁殖期にあたる5~7月は、肉食行動が増えると推察される ・空気の流れがないような藪などは、臭いも伝わらず、お互いの存在を察知できず接触の危険が高まる 出会わない対策 ・熊は身を隠す場所のないひらけた場所は好まない ・熊鈴やラジオでこちらの居場所を知らせる(人を襲ったことがある熊がいる場所では逆効果になるのではという話もあります) ・熊の活動が活発になる早朝・日没前後・夜間は避ける ・音や気配が消されやすい沢沿いは特に危険 ・複数人で行動する 痕跡 うんち 爪痕 熊棚 出会ってしまったら ・基本は目を見据えてじりじり距離をとる (背を向けて逃げると本能的に追ってくるのでダメ) ・リュックなどを置いておとり作戦 ・熊はブラフチャージという攻撃をしてくるフリをすることが結構ある ・賛否両論だが、至近距離で対峙したり、突進してきた場合、大声を出して威嚇すると逃げたというリアル体験談も多い ・手をひろげるなど、自分を大きく見せると有効という説がある ・傘などを目の前で開くとビックリするという説もある ・熊に退路を作るのが有効という説がある ・位置的に、熊より高い位置で対処するのが有効という説がある ・熊スプレー ・襲われたら最後の手段はとにかく攻撃。 できたら急所攻撃(目や鼻や怪我覚悟で口の中) ・襲われる場合、基本的に人間の急所(顔)を狙ってくることが多い ・攻撃しないで頭と首など急所を守って熊の攻撃が止むまで耐える作戦も1つの方法(そのまま死ぬ可能性もありますが) 以上です。 ツキノワグマでこれなので その3倍以上戦闘力が高いと思われるヒグマになってくると ヒグマ ・オス体長2.5~3m 体重200~500キロ程 メスは一回り小さい ・火を怖れない ・猟師を止め足で欺き、返り討ちにしたりする頭の良さ もはや・・・・・ 巨大なヒグマは百獣の王ライオンや、密林の王者:虎より強そうです。 攻撃力は近いかもしれませんが、熊は体重・防御力やタフネスの能力がヤバ過ぎます。 トラがクマを捕食するという話も、自分より小さい個体の話ではないでしょうか。 絶・天狼抜刀牙を使える熊犬なら勝機はあるかもしれませんが・・・ 熊事件 たくさんありますが 詳細に見ると、ホントに怖いので苦手な方は詳細に見ない方が良いかもしれません。 ・山梨県笛吹市の空手家(68歳)熊撃退事件2017年7月31日 夕方 ワサビ田のフェンスが壊れていたのを補修した帰り、何か嫌な気配を感じて振り返ったら、クマが仁王立ち。 体長約160センチのツキノワグマで、身長168センチの宮川博人さんとほぼ同じ。 空手道場主で空手8段の宮川氏は、空手技で熊を迎撃して退却させる。 軽症で生還。 ・群馬県長野原の空手家(63歳)熊撃退事件2016年9月1日昼頃 群馬県長野原町応桑の地蔵川で渓流釣りをしていた青木篤さん、目の前5mの藪から出てきた熊(1.8m程?)に襲われるも、沖縄空手5段の達人だった青木さんはヘッドロックや右眼への貫手目潰しを決めて撃退し、軽症で生還を果たす。 ・秋田県鹿角市十和利山連続クマ事件2016年5月~6月 秋田県県鹿角市十和田大湯の熊取平や田代平周辺でタケノコ採りや山菜採りをしている方が襲われ、4名死亡、3名重傷。 一部は食べられた。 この事件に関係する熊の一部は駆除されたが、2~3頭はまだいる可能性が高く、危険だという。 熊はそのまま逃走。 ・乗鞍クマ襲撃事件2009年9月28日14時20分頃 何百人という人がいる中で熊が大暴れした前代未聞の事件。 岐阜県高山市丹生川町の乗鞍スカイラインの畳平駐車場( 標高2702メートル)で、魔王岳から下りてきて既に興奮状態になっていたクマに次々と人が襲われ多くの重軽症者がでた。 勇者達の勇気ある行動によって死者は出なかった。 最終的にお店のシャッターを下ろし、熊を閉じ込めることに成功。 銃殺された熊は、体長136cm体重67キロ、21歳の雄と推定された。 ・奥多摩熊事件2008年9月17日 朝7:00頃 有名な登山家の方が早朝ジョギング中、奥多摩湖、倉戸山の麓の散策道で親子とみられるクマ2頭と出くわし襲われる。 母クマから襲撃され重傷。 ・丹沢熊事件2007年11月 山好きの間で有名な方が、丹沢の沢で大熊と遭遇・格闘を経て大怪我を負うも生還。 ・福岡大学ワンダーフォーゲル部事件1970年7月 ワンダーフォーゲル部の合宿中、北海道カムイエクウチカウシ山のあたりでヒグマと遭遇し、執拗につけ狙われ、3名が犠牲となった。 ・三毛別羆事件1915年12月 冬眠しない熊、穴持たずの通称「袈裟懸け」が北海道苫小牧群苫小牧村三毛別の民家を襲撃。 多くの犠牲者を出した。 羆に対する有効な手立てが単発の村田銃と、心もとなかった頃です。 当時の三毛別区長の息子だった大川春義氏(事件当時7歳?)は、犠牲者の弔いのために猟師になることに決め、生涯で102頭の羆を仕留めたといいます。 更にその息子の大川高義氏が仕留めた大羆:通称「北海太郎」は、苫前町郷土資料館に剥製として保存され、来館者を迎えている。 *他にも明るみに出ていない事件も多数あるのではないかと思います。 参考にさせて頂いた熊本、HP HP 本 『羆撃ち私のじいさんの話』 『邂逅の森』 『山でクマに会う方法』米田 一彦 『ウエンカムイの爪』 『相克の森』 『羆嵐』 『マタギ 矛盾なき労働と食文化』 『マタギ奇談 狩人たちの奇妙な語』 『クマ問題を考える』 『マタギとは山の恵みをいただく者なり』 『シャトゥーン』漫画版 『羆撃ち』久保 俊治 あと、ネットのリアル熊遭遇体験者の方の話の数々 奇跡的な映像へのリンク(2016年7月14日午前9時頃) (山梨県笛吹市の沢で、熊に襲撃されるも、度胸の良さと運で撃退).

次の

アムールトラ(シベリアトラ)が最大最強の肉食獣?ヒグマとどっちが強いの?

ヒグマ最強説

もくじ• 第5位 ナイルワニ 基本データ 最大サイズは,体長7m,体重2トン(ナイルワニのカリア)を越える。 恐竜よりも古くから地球上に存在していたとされ,恐竜とともに絶滅しなかった理由は解明されていない。 特徴 現地球上の生物で最も噛む力が強い。 フロリダ州立大学の実測調査によると体長5mのワニの噛む力は,1平方センチあたり約260kg。 計算上では,体長が6mになるとその力は500kgも越えるとされる。 (人間は10~14キロ,トラライオンで70kg) 選出理由 捕まったら最後のデスロール。 圧倒的な咬力で獲物を捕らえ,水中に引きずり込み,身体を高速回転させ捕らえた獲物をねじり切る。 一方で,頭上が弱点であり,後方から首を取られると為す術がなく豹やチーターにも捕食されることがある。 その他 アフリカのタンガニーカ湖周辺で目撃されているギュスターブと名付けられたナイルワニがいる。 ギュスターブは, 300人以上の人間を殺しているとされ体長は8mを越えるとも言われているが,近年の目撃情報が少なく信憑性は乏しい。 7m以上ある個体であれば,肉食最強かもしれない。 第4位 ライオン 基本データ 大きい個体は,体長2. 5m,体重250kgを越える。 ネコ科ではトラに次いで大きい。 特徴 オスのたてがみが特徴的で,ネコ科の中で唯一雄雌に外見上の差がある。 ライオンは,狩りが下手でハイエナの狩った動物を横取りするという話もあるが,これは奪った方が効率が良いためであり必要があれば自身で狩りを行う。 雄ライオンであればアフリカゾウを2匹で仕留めることができる。 選出理由 百獣の王とも呼ばれ,その強さに疑いの余地はないが,後述する種に比べると体長,体重ともに見劣りする。 群れで狩り行うため,ルール無用であれば最強かもしれない。 その他 絶滅したバーバリライオンは全長4mに達するとの話もあり,事実であればトラより大きい個体種となる。 しかし,飼育下で現存するバーバリライオンは他のライオンとほとんど同サイズであり前説の信憑性には疑問が残る。 獣害としては, ツァボの人食いライオンによる犠牲者が最大であり,その数は135人にも及ぶとされる。 第3位 ホッキョクグマ(シロクマ) 基本データ 大きな個体で体長2. 5m,体重650kg 地球温暖化に伴い,小型化が進行している。 (生息地の寒さに比例して身体が大きくなる=ベルクマンの法則) 特徴 全身が白い体毛に覆われているように見えるが,実際は透明近い空洞状のストローに似た毛質である。 透過された光が内部の空洞構造により,散乱するため視覚的には白く写る。 このためシロクマとも呼ばれる。 選出理由 恐ろしい肉食獣の一種であることに間違いない。 しかし,他の肉食獣との接触がないほか,海を泳いでいる間にシャチに襲われ個体数を減らしている点,泳ぎやすいように弱点となる首が長く進化している点等,1位に選出するにはややマイナスマイナスが目立つ。 また,研究者の間では,北極圏の海氷減少に伴い生息域が減少しているが,南下してもヒグマとの生存競争に敗れると予想されている。 その他 昨今では温暖化の影響もあり、北上してきたヒグマと陸地に上がってきたホッキョクグマの生息域が重なり「ハイブリッド」と呼ばれるヒグマとホッキョクグマの交配種が確認されている。 ハイブリッドは体毛はホッキョクグマのように白いが、盛り上がった肩と土を掘るための湾曲した長い爪などヒグマの特徴を強く受け継いでいる。 引用元: このハイブリッド最強説が唱えられる日も遠くはない? 第2位 ヒグマ 基本データ 大きい個体で体長3. 0m,体重500kg程度になる。 野生下最大は,アラスカ沿岸のコディアック島で確認された1,134kgを越えるヒグマである。 ホッキョクグマと並びクマ科最大種。 特徴 土を掘るために発達した鋭い爪と隆々とした肩の筋肉が最大の武器といえる。 その力は馬の首をも飛ばす程とも言われる。 走る速さは,時速50kmをも越える。 選出理由 他のクマと比較しても筋肉の付き方が段違い,トラを殺すこともある(逆もしかり)。 2本足で仁王立ちされると他の肉食獣でも容易に近づけないだろう。 一方,シベリアではヘラジカやアメリカバイソンとの戦闘で命を落とす例も報告されている。 その他 熊獣害として日本史上最大の被害を出した『 三毛別熊事件』が最も有名。 また,福岡大学ワンダーフォーゲル部ヒグマ事件も有名である。 の記載だけでも恐ろしい事件である。 ネコ科最大の種である。 特徴 夜行性で動物達の動きが鈍る夜間に行動する。 周囲に溶け込みやすい模様を活かし,草や木の陰で待ち伏せして狩りを行う。 中国において寅は古くから,強者のシンボルとして扱われる。 選出理由 重量はヒグマに劣るもののネコ科特有の瞬発力と機動力が武器。 アムールトラは時としてヒグマを襲い,糞の中からヒグマの毛が発見されることもある。 しかし,仕留め損なうと自身が重症を負ったり,逆に狩られてしまう場合もあるため戦闘力的な開きは大きくはない。 その他 獣害としては『 チャンパーワットの人食いトラ(ベンガルトラ)』が有名であり, 殺害された人は436人にのぼる。 史上最悪の獣害事件である。 まとめ いかがでしたでしょうか? ルックス,身体能力,実績すべてを兼ね備えたアムールトラを最強とさせて頂きました。

次の

ヒグマ

ヒグマ最強説

アムールトラ(シベリアトラ)の生態• 学名:Panthera tigris altaica• 分類:ネコ目ネコ科ヒョウ属• 分布:ロシア極東沿海地方やハバロフスク地方アムール川とウスリー川流域• しかし確認されている個体数は少なく、現在は500体程度のみが確認され、 絶滅が危惧されている動物です。 現在では保護活動が進められており、個体数は年々わずかながら増加しています。 ただし、もともと極東ロシアの生態系の頂点に立つアムールトラが増えたことで、他の肉食動物が捕食されているとも言われています。 そんなアムールトラは実は現存する ネコ類最大の種としても知られています。 日本人にとって強さの象徴であり、龍に並ぶ強さをもつとも言われているトラですが、日本の絵巻物や偉人伝等において登場するトラはこのアムールトラとも言われています。 豊臣秀吉の朝鮮出兵の際に加藤清正が討伐したという伝承もあり、絵や歌舞伎等で「トラ=強い」というイメージが広く定着しました。 外見的特徴としては、トラ特有の縦縞模様の幅が狭く、腹部は白いです。 体毛は夏毛が1.5cmほどで冬毛は5cmほどになります。 これはロシア極東部が湿潤大陸性気候のため、夏と冬の寒暖差に適応するためと考えられています。 アムールトラは「世界で一番大きいトラ」 日本人にとって強さと勇猛さの象徴であるトラ、そしてそのイメージの核になったアムールトラですが、前述の通り世界最大級のトラとして知られています。 中には体長3m、350kgに達する個体も確認されています。 アムールトラはその体格を維持するために食欲も旺盛で雑食です。 運動能力にも優れ、主にヘラジカやイノシシ、時には牛などの大型の動物までも食べてしまいます。 行動範囲は広く、1日で数十キロ歩くとも言われています。 アムールトラの寿命と一生 アムールトラの 寿命は10〜15年ほどで、動物園などの飼育されている状態では20年以上生存していた記録があります。 特定の繁殖期はなく、主に子供はメスが育て、オスは関与しません。 アムールトラの巣は倒木や大木の穴や岩穴にあることが多く、そこで子育てをします。 生後間もない子供の体重は1kg程度で、目は開いておらず、約2週間ほどで見えるようになります。 その後2ヵ月程の授乳期間を経て、その後に親から少しずつ肉をもらうようになります。 親と一緒に行動するのは1年半ほどで、その後独り立ちし4年程度で繁殖するようになります。 アムールトラは最大最強の肉食獣!? 現存するネコ類最大の種であるアムールトラ、「大きい=強い」かどうかは必ずしもそうではありませんが、アムールトラの場合は大きくて強いと言えます。 前述してように、大型の動物すら食べてしまうことがありますが、その中でヒグマすら襲って食べてしまうことがあるそうです。 この章ではその強さをヒグマ、ベンガルトラを比較しつつご紹介します。 ヒグマとの比較 ヒグマはホッキョクグマと並びクマの中では最大の種で、体長2. 日本では明治時代の「三毛別羆(ヒグマ)事件」として知られ、7名が死亡、3名が重症という事件が起きています。 この時の襲撃してきたヒグマは僧侶の袈裟のように体毛が白かったことから「袈裟懸け」と呼ばれ、この「袈裟懸け」は340kgだったと言われています。 ヒグマの大陸における生息域はアムールトラとも重なるところがあり、この両種が互いに遭遇することもあります。 アムールトラは、この ヒグマすら襲って食べてしまうことがあります。 体格ではほぼ互角ですが、現地ではヒグマがアムールトラの姿を確認すると引き返したり逃げ出すことがあります。 また、アムールトラの 糞の中からヒグマやツキノワグマの毛が見つかることも多く、アムールトラにとってヒグマは餌となる対象動物の一つであると言えます。 ベンガルトラとの比較 アムールトラに並んでネコ類でも最大クラスの大きさを誇るのがベンガルトラです。 ベンガルトラは体長230〜300cm、体重180kg〜230kgと、アムールトラよりもひとまわり小さく、主にインドやネパールなど南アジアに生息しています。 ベンガルトラはシカやイノシシ、ウマ、そしてウシも食べてしまう点ではアムールトラとも似ています。 両者の違いとしては島の数がベンガルトラの方が少なく、体毛が比較的短いことが挙げられます。 しかし、大きな違いとしてはやはり大きさでは、 体格差ではアムールトラの方に軍配が上がります。 アムールトラの強さの秘密はネコ類独特の運動能力の高さと体格の大きさと言えるのではないでしょうか。 まとめ いかがでしたでしょうか。 アムールトラは体格と俊敏性で陸上生物の下でもトップクラスに強いということをご紹介してきました。 ただし、アムールトラを見るのは野山ではなく動物園だけにしたいところですね。 日本では多摩動物園や富士サファリパークをはじめとして20以上の動物園で見ることができるので、怖いもの見たさで会いに行くのもいいでしょう。

次の