オール ユー ニード イズ キル ラスト。 オールユーニードイズキルのあらすじとネタバレ!原作や漫画は?ラストや意味も解説!

『オール・ユー・ニード・イズ・キル』続編、エミリー・ブラント「是非やりたい」 ─ 水面下で進行中、監督がアイデアに自信

オール ユー ニード イズ キル ラスト

『オール・ユー・ニード・イズ・キル』 2014 の作品情報とキャスト 作品情報 原題:Edge of Tomorrow 製作年:2014年 製作国:アメリカ 上映時間:113分 ジャンル:アクション、SF 監督とキャスト 監督:ダグ・リーマン 代表作:『Mr. スミス』 2005 『ボーン・アイデンティティー』 2002 出演者:トム・クルーズ/吹替:森川智之 ウィリアム 代表作:『ミッション・インポッシブル』 1996 『レインマン』 1988 出演者:エミリー・ブラント/吹替:東條加那子 リタ 代表作:『クワイエット・プレイス』 2018 『ボーダーライン』 2015 出演者:ビル・パクストン/吹替:大塚芳忠 ファレウ曹長 代表作:『ナイトクローラー』 2014 『アポロ13』 1995 『オール・ユー・ニード・イズ・キル』 2014 のあらすじ 二等兵として基地に送られたウィリアム: C 2014 Warner Bros. Entertainment Inc. 近未来、人類はギタイと呼ばれるエイリアンの侵略を受けていた。 ギタイの一方的な攻撃に、劣勢を強いられていた統合防衛軍。 しかし、リタ・ブラタスキの活躍によって、人類側にようやく勝利がもたらされた頃のこと。 ウィリアム・ケイジ少佐は戦地の取材を依頼されるもこれを拒否。 彼は命令違反で二等兵に降格させられ、兵士として最前線に送られることに。 実戦経験のほとんどないウィリアムは、あっさりと戦死。 死んだはずのウィリアムだったが、彼は悪夢にうなされ目を覚ます。 彼の目の前に広がっていたのは、昨日小隊に入れられる前と同じ光景だった。 屈強な女兵士リタ・ヴラタスキ: C 2014 Warner Bros. Entertainment Inc. 原作は日本のラノベ! 『オール・ユー・ニード・イズ・キル』 2014 は、原作を基に映画化された作品です。 その原作は、なんと 日本のライトノベル 以下、ラノベとします。 同名の原作ラノベは、桜坂洋が2004年に書いたもの。 小説ではなくラノベと称するのは、原作が集英社スーパーダッシュ文庫から刊行されているため。 この文庫レーベル自体がラノベを取り扱っているからです。 ラノベについての厳密な定義はありません。 ただし、一般的にはオタクのティーンエイジャーを中心読者層とした内容のものを指します。 また、表紙や挿絵にマンガチックなイラストを用いていることも特徴の1つ。 原作はいわゆる タイムループもので、この点もオタク中高生が興味をひかれやすい題材だといえます。 小説やマンガ作品が映画化される話は少なくありません。 しかし、 ラノベというジャンルからの、しかもハリウッド映画化というケースは非常に珍しいものでした。 オタク層を中心とするラノベ文化が取り上げられる奇跡。 とはいえ、原作のクオリティをもってすれば、この映画化はなるべくしてなったものだといえます。 漫画化もされている! 本作は日本のラノベを原作とした映画作品だと解説しました。 その他に、実は本作は この映画化に併せてコミカライズもされているのです。 漫画版も同じく2014年に、集英社の週刊ヤングジャンプに掲載されました。 作画を担当したのは、 『DEATH NOTE』や『ヒカルの碁』、『バクマン。 』で有名な小畑健。 単行本は全2巻が刊行されています。 描き方による細かな違いはあるものの、原作を最初から最後まで描いた内容です。 このように、映画化から漫画化まで、広範囲にメディアミックス展開された原作ラノベ。 扱う題材の親和性もありつつも、やはり原作ストーリーの秀逸さによるものです。 そして、タイムループという題材は現在、数多くのラノベ作品にみられます。 ラノベに限らず、数々のエンターテインメント作品でも扱われる手法の1つ。 昨今の文芸トレンドに計り知れない影響を与えたことは言うまでもありません。 『オール・ユー・ニード・イズ・キル』 2014 原作との違いを解説 『オール・ユー・ニード・イズ・キル』 2014 は原作と異なる部分が幾つかあります。 まず、 登場人物名が洋画バージョンで改められている点。 原作の主人公はキリヤといいますが、本作ではウィリアムになっています。 加えて、 キャラクターの設定も変更されている点です。 原作がラノベなのもあり、リタはツンデレキャラでしたが、映画ではムキムキの叩き上げ女ソルジャー。 リタとタイムループの事実を共有するカーター博士も、原作には登場しません。 シャスタというドジっ娘整備兵に代わり、オタク科学者として作り上げられています。 また、本作から萌え要素が排されているのも、大きな変更の1つです。 それ以上に劇的に変更が加えられたのは、 ラストの結末が異なっている点。 ラストについては、後の項目で詳述します。 このように、原作及び漫画版とは大きく異なる本作。 それぞれで違った楽しみ方ができるという意味では、たいへん素晴らしいコンテンツだといえます。 興味を持たれた方は、原作や漫画版にも是非触れてみてください。 【ネタバレあり】『オール・ユー・ニード・イズ・キル』 2014 の意味は? 戦場で戦うウィリアム: C 2014 Warner Bros. Entertainment Inc. 本項目では、 「あなたは殺しさえすればよい」という解釈で、本作をみていきます。 ではウィリアムが殺すべきものといったら、ギタイのことで間違いありません。 彼は死線の最先端にいる統合防衛軍を報道するために、ロンドンにやってきました。 しかし、統合防衛軍の大本営にとって、報道などどうでもよいこと。 刃向かったウィリアムは降格処分とともに、一般兵たちの中に押し込まれます。 彼には実践経験がないどころか、現場を避けるために事務方にいました。 血を見るだけでもふらつく姿は、あまりにも情けないもの。 とはいえ戦場に放り込まれた以上、もはや己の命は己で守らなければなりません。 ですが、予想通り彼は物語序盤であっさりとギタイに殺されます。 幸い、殺される瞬間に ギタイの血を浴びたおかげでタイムループしたウィリアム。 けれども、彼にとってはここからが地獄。 体験したことを周りに話しても、頭のおかしい奴といって聞く耳を持ってもらえません。 そして何度も戦場で死に、再び同じ場所に戻されるのです。 ただ、ウィリアムもバカではありません。 彼は今までの体験の記憶を基に、試行錯誤しながら行動パターンを作り上げていきます。 そんな中、かつてウィリアム同様タイムループを経験していたリタと遭遇。 次のループで彼はリタと接触し、何度もループしながら戦い方を学んでいくのです。 気が付けば、 ウィリアムはすでに立派な兵士でした。 こうしてギタイと戦えるようになった彼は、多くのギタイを倒していきます。 彼がなすべきはギタイを殺し続け、その核であるギタイをせん滅すること。 もう1つ、彼は兵士となるために、かつての己を捨て去らねばなりませんでした。 それは幾多のタイムループで兵士となる過程で失われていきます。 はじめは情けなくも、次第にたくしまくなっていくウィリアム。 ループを繰り返すシーンは、作中何回も描かれています。 何度も立ち向かい、強くなっていく姿とひたむきな姿勢は、見ていて思わず力が入るほど。 そして、なんとかループを抜け出してほしいと思わずにはいられなくなってしまいます。 幸い、 今までの記憶を引き継いできたウィリアム。 彼の知識はリタやカーター博士と共有され、次々と異なるアプローチを試していきます。 どんなに歩幅が小さくても、確実に一歩を進めていくウィリアムたち。 この積み重ねを経て、人類はようやく2度目の勝利を勝ち獲るのです。 本来、タイムループの能力はギタイに備えられたものでした。 ギタイたちもまた、試行錯誤を重ねて得た経験を糧に、人類を滅ぼす手立てを考えていたのです。 その能力を持った「ギタイ・アルファ」の血を浴びたことで、偶然にも能力を手に入れたウィリアム。 ギタイと同じことを行うことが、勝利のための唯一の方法だったのです。 タイムループ能力なくして、ギタイに勝つ可能性はほぼゼロ。 これらを言い換えればつまり、 ウィリアムが死に続けることで、勝利への活路が開けるということ。 死に続けることが真に必要な行動なのです。 ここでいう死は、 決して悲観的な意味ではありません。 むしろ、人類が先に進むための希望として、とらえられているのです。 ここでは少し視点を変えて、 誰がタイトルの言葉を発しているかに注目していきます。 今までのとらえ方は、人類の勝利のためにウィリアムの能力が求められるというものでした。 つまり、 人類の総意としてウィリアムに宛てられたメッセージだといえます。 しかし、本作ではそれ以外の意味も込められているのです。 おびただしい数で押し寄せるギタイには、指揮系統を司る個体がいました。 「ギタイ・オメガ」と呼ばれるその個体は、遠く離れた場所で息をひそめています。 これを叩くため、ウィリアムとリタは戦場を離れ、ヘリコプター入手を画策。 ヘリを手に入れるまではうまくいきますが、どうしてもそこでリタが死んでしまうのです。 何度試しても、その結果はくつがえりませんでした。 と同時に、ウィリアムはリタと共に行動するうち、次第に彼女にひかれていきます。 幾度となく行われてきたタイムループの中で、彼は彼女のプライベートな部分を知るようになりました。 けれども、どうしても乗り越えられない、 リタを救えないという現実。 最終的に、ウィリアムは単独で行動し、ギタイ・オメガの本当の居場所を突きとめます。 ギタイの壊滅ももちろんですが、なによりリタを守るため。 この観点からいけば、タイトルは「リタ、君は生きるため、俺を殺してくれればいいんだ」と訳せます。 以上の通り、本作のタイトルは 誰が誰に対して言ったものかで、複数の意訳が可能です。 この言葉遊びに初めて気づいたときは大変驚かされました。 遊び心たっぷりの、本作らしいタイトルだといえます。 【ネタバレあり】『オール・ユー・ニード・イズ・キル』 2014 のラスト【続編に期待】 リタに会いに来たウィリアム: C 2014 Warner Bros. Entertainment Inc. 本作のラストに関する部分は、原作に関する項目で少しだけ触れました。 この項目はいよいよ、ラストについての解説です。 加えて、続編製作の企画が進行している点についても、紹介していきます。 原作と異なるラストを解説 本作のラストは原作と大きく異なります。 それは、ウィリアムがギタイ・オメガを撃退し、リタ含む人類を勝利に導いたこと。 対して原作では、キリヤがリタと決闘し、リタの死を乗り越えて戦いに身を投じていくという結末。 この結末から、タイトルには 「あなた キリヤ は私 リタ を殺してでも前へ進め」という意味が見えます。 しかし、映画版のラストは原作通りのラストシーンを描きませんでした。 脚本変更の裏側には、原作部分が映画として通用するかどうかの判断があったと考えられます。 結果、ウィリアムが将校として、今までのようにリタに会いにいくラストになった本作。 この結末は、ウィリアムとリタに救いの要素を与えています。 何百回とタイムループしてきた両者には報われてほしいと思うのも無理からぬこと。 そんな期待の声を予想するかのように、本作は報われるラストを選びました。 物語中盤で見られる、ウィリアムのリタへの想い、少しずつ心を開くリタの描写は丁寧な出来ばえ。 死以上の苦難を乗り越えた両者に、よりドラマ展開を持たせた演出は見る者の心を的確に射抜くのです。 だいぶ意訳ですが、 「あなたたちがなすべきは、ギタイを殺して生き抜くことだ」という読み方も可能です。 『オール・ユー・ニード・イズ・キル』 2014 の続編は企画進行中! 全世界累計興行収入3億7000万ドルの大ヒットとなった『オール・ユー・ニード・イズ・キル』 2014。 本作については、 ダグ・リーマン監督はじめ、役者陣もかねてより続編製作に意欲的でした。 続編企画は2016年時点で一旦立ち上がっています。 しかし、計画は進まず、この時点で続編製作は立ち消えになったと思われていました。 それから3年後、 2019年3月、続編製作の計画がついに再始動したと報じられたのです。 再びダグが監督、トム・クルーズとエミリー・ブラントは新脚本家の脚本次第で続投を決めるとのこと。 今回の企画は、既に脚本を練り上げるプロセスに入っており、 続編製作決定は確実とみられます。 なお、2016年の企画時点でダグは続編の内容を 「本作の前日譚となる」 と語っていました。 はたして、今回の企画でも前日譚が続編となるのか、今から大変楽しみです。 また、トムやエミリーは別作品の撮影でスケジュールがパンパンの状況。 今年中にクランクインできれば、近年中に公開されることとなるでしょう。 近いうちに、再びウィリアム達の姿を見ることができるのか、期待に胸踊ります。 『オール・ユー・ニード・イズ・キル』 2014 のまとめ ウィリアムとリタ: C 2014 Warner Bros. Entertainment Inc. この文化は国内外において、今なお大きな存在感を見せ続けています。 新作映画でも良く見られる過去作品へのリスペクトは、この文化に対するアンサーの1つ。 2004年刊行のラノベが10年越しにハリウッド大作となるだなんて、誰が予想できたことでしょうか。 こうした現象は、現在進行形で加速の一途をたどり続けています。 かつての名作に魅せられてきた世界中のクリエイターたち。 彼らがありったけの愛をぶち込んだ作品は、今や珍しいものではありません。 その先駆けともなった『オール・ユー・ニード・イズ・キル』 2014 は、日本人としての誇りを感じながら観ることをおすすめします。 本作の他にもSF映画を人気おすすめランキングで紹介しているので、気になる方はチェックしてみてください!.

次の

トム・クルーズ映画「オール・ユー・ニード・イズ・キル」のネタバレ感想評価!

オール ユー ニード イズ キル ラスト

ちょっと訂正を。 All you have to do is 原形. All I can do is 原形. というのは大学入試でもしばしば出るパターンです。 普通に考えると、to 原形となるはず。 これは実は、前に to do とか、do という原形があり、 これと=という感覚が is によって生まれるから可能な表現です。 だから、今回の場合、need では不十分で All you need to do is kill. とするか、 All you need do is kill. とする必要があります。 助動詞 need は疑問文・否定文でのみ用いられますが、 all は only のような「~しかない、だけ」の響きがあるため need do が可能となります。 ここでは to do や do がないので、原形 kill は苦しいと思います。 名詞 kill ではちょっと意味がずれます。 回答は他の方にお任せして、付け足しを…… 2014年のアメリカ映画『オール・ユー・ニード・イズ・キル』(原題 "Edge of Tomorrow" )は、日本の桜坂洋による2004年の小説『All You Need Is Kill』を原作としています。 だから、このタイトルは和製英語だとも言えますね。 映画の原題も当初は "All You Need is Kill" とする予定でしたが、途中で "Edge of Tomorrow" に変更されました。 プロデューサーによると、題名に kill という単語が入ってる映画を今の人々は観たいがらないからだそう。 なお、アメリカでDVDとBlu-rayになる際には、題名が "Live Die Repeat" に変更されました。 劇場公開時の宣伝のとき、予告編で "Live", "Die", "Repeat" が繰り返され、ポスターにも書かれてましたからね。 Edge of Tomorrow(明日の境目)より、そちらのほうが分かり易く、馴染みがあるということでしょうか……(ヒットしなかった映画がビデオ化の際にタイトルを変えるのは日本でもよくあるけど……)。 >Q1. "All you need is kill" というのは、果たして正しい英語なのでしょうか? 私に言わせれば正しくない英語ですが、「オール・ユー・ニード・イズ・キル」はあくまでも日本語(邦題)ですから、どうでもいいのです。 ちなみに原題は「Edge Of Tomorrow」です。 >Q2. 「お前にとって殺しこそが必要なすべてだ」という訳でよろしいですか? それを言うなら、「殺しこそはすべて」ですね。 ビートルズの「愛こそはすべて」という邦題の曲をもじったのは明らかなので。 曲の原題である「Love Is All You Need」のYouは「お前」ではなく「人全般」という意味で、また、「必要なすべて」というニュアンスともちょっと違います。 ですが、なにしろ、題名なので、映画本編を観たうえで観客ひとりひとりが自分なりに解釈すればいいのだと思います。 ちなみに、こうも原題から離れた邦題を付けるからには、訳以外にも意図があったと考えるのが自然であり、私の解釈としては、「愛こそはすべて」が収録されているアルバム『マジカル・ミステリー・ツアー』のサイケな感じをイメージしたのではないかと考えています。 ちょっとそういう感じの映画のようなので。 また、この手の邦題は軽い大衆向けの映画に付けられることが多いので、映画ツウは、そういうつもりで観るなり避けるなりします。 逆に言えば、本国の製作者の意図はさておき、日本の配給側はこの映画を軽い大衆向けとして扱ったもかもしれません。 All you need is love をもじったのでしょうか。 All you need is の後にはもちろん、名詞がきます。 単純な名詞の他、to 原形もきますが、いきなり原形もきます。 もともと、動詞の原形は動詞の名詞形みたいなものだから、 というのが根っこにありますが、まあ、to の省略とか、くらいでもいいです。 love の場合、名詞も動詞も同じ形ですが、そもそもこういう単語は やはり原形が名詞形だったからです。 love は名詞と思ってもいいですが、kill は動詞の方でしょう。 (kill に名詞の意味もありますが) そして、その kill は「殺すこと」であり、「殺し」としていいと思います。 名詞 kill にそういう意味はないので、どちらかというと動詞です。 ということで、1、2 とも Yes です。 A ベストアンサー アメリカに36年住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。 このJust do it! はやらなくてはいけない人に向かって「グツグツいわないでやれ」と言う意味で使われ、フィーリングとしては「やれば俺は黙るから」「愚痴は聞きたくないね」「言い訳は通用しないよ」等が含まれて使われることが多いですね。 それに似て「何を躊躇しているんだよ、早くやれよ」と言うフィーリングでも使いますね。 ちょっと高いところから飛び降りない臆病者なんかに言える表現ですね。 また、準備をあれこれして「そしてやるだけさ」とか「行動に移すだけ」と言う意味合いにも使います。 さてNikeですが、私の知っているコマーシャルは野球場で4人の観衆の表情を見るだけのものと「いわくつきの物」があります。 画面が変わるたびに画面の中央にある小さな年も距離計みたいに変わります。 やるけのことさ、をこのように何年もやってきた、と言いたいのではないかなと思います。 余談が次の「いわくつき」のものです。 1990年になる前に もうないキーをストップするものはいない」と言う時代ですね。 そのときに、アフリカの土着民に靴を見せているシーンなんですが、(マーケティングとしては、靴を履いていないから売れない、ではなく、靴を履いていないから売れる!!!と言う観念を引っ掛けていたんだと思いますが その画面で土着民の一人が彼らの言語で何かを言います。 その字幕として、Just do itが使われたんですね。 いくつかのシーンをもちろん撮ったわけですがこのシーン自体が一番よかったのでしょう。 しかし、後になって、その土着民がしゃべってのはJust do itを彼らの言葉で言ったのではなく、これは大きすぎるよ、と言ったと言うのが事実らしかった、と言うことでその時分はかなり話題となりました。 ネットで検索すればまだその頃のことが残っているんじゃないかな これでいかがでしょうか。 分かりにくい点がありましたら、補足質問してください。 アメリカに36年住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。 このJust do it! はやらなくてはいけない人に向かって「グツグツいわないでやれ」と言う意味で使われ、フィーリングとしては「やれば俺は黙るから」「愚痴は聞きたくないね」「言い訳は通用しないよ」等が含まれて使われることが多いですね。 それに似て「何を躊躇しているんだよ、早くやれよ」と言うフィーリングでも使いますね。 ちょっと高いところから飛び降りない臆病者なんかに言える表現ですね。 また、準備をあれこれして「そし... A ベストアンサー アメリカに35年半住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。 シェイクスピアを知っている人はそれなりに訳を知っていることになりますね. しかし、今の時代にこれをいうことはシェイクスピアとは関係なく、~になるか(なり下がるか ならないか、と言う意味にとります. つまり、この中途半端な文章を使い、護身術では、To be or not to be,,,,,, a rape victim!! と言う言い方をして、レイプの犠牲者になりたいのかなりたくないのか、答えは出ているよね. と言う具合に使えるわけです. また、シェイクスピアの事を知っている人なら、この後の、that is the question. を強調する為に使う言い方としても使います. つまり、大学へ行くべきがそれとも好きな職につくべきか、と言う迷いがあるときに、相談された人は、To be or not to be. ,,,,,,と考え込む、と言う使い方ですね. 最近ボーリングの質問がありましたが、10フレーム目で、この三つをストライクで決めればパーフェクトゲーム. この時点では誰もが感じるchokeの場面です. ボールを投げる前に、余裕のあるところを見せるために、Hamlet, you are not the only one to suffer. Me, too. To be or not to be!! This ball is the answer!! とみんなが聞こえるように言って、そして、みんなが見ている前で、胸に十字を切ってボールを投げる状況ですね. なかなかの役者だともいえますね。 と言う事で、どのように使われているかという視点で書かせてもらいました. これでいかがでしょうか。 分かりにくい点がありましたら、補足質問してください。 アメリカに35年半住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。 シェイクスピアを知っている人はそれなりに訳を知っていることになりますね. しかし、今の時代にこれをいうことはシェイクスピアとは関係なく、~になるか(なり下がるか ならないか、と言う意味にとります. つまり、この中途半端な文章を使い、護身術では、To be or not to be,,,,,, a rape victim!! と言う言い方をして、レイプの犠牲者になりたいのかなりたくないのか、答えは出ているよね. と言う具合に使えるわけです. また、シ... 100年ほど前、スイスのチューリッヒ工科大学 のミンコフスキー教授が物理学的な4次元の理論というのを 考えました。 物理的な計算をするのに、縦、横、高さ 方向以外にもう1つ方向があるとして計算すると うまく計算できることがあるというもので、 彼の教え子の一人が、4次元時空の理論と して有名な相対性理論を完成させた、アルバート・ アインシュタインでした。 彼は、リーマンという数学者が作った、 曲がった空間の幾何学(現在リーマン 幾何学と呼ばれています)を使い、4次元の 空間が歪むという状態と、重力や光の運動を あわせて説明したんです。 これが相対性理論。 >これに時間の概念を足せば四次元になるのでしょうか? 物理学的にはそうです。 相対性理論の話に関連付けて説明するとこんな感じです。 例えば、下敷きの板のような平面的なもの(数学的には これを2次元空間と言ったりします)を曲げると いう動作を考えてみて下さい。 下敷きに絵が書いて あったとして、曲げながらそれを真上から見て いると、絵は歪んで見えます。 平面的に見て いても下敷きという2次元空間が歪んでいる ことが感じ取れます。 2次元的(縦と横しかない)な存在である下敷きが 歪むには、それ以外の方向(この場合だと高さ方向 ですが)が必要です。 19世紀に、電気や磁気の研究をしていた学者たちが、 今は小学校でもやる砂鉄の実験(紙の上に砂鉄をばら撒いて 下から磁石をあてると、砂鉄が模様を描くというやつです) を電磁石でやっていたときに、これは空間の歪みが 原因ではないかと直感したんです。 電磁石の強さを変えると、砂鉄の模様が変化します。 これを砂鉄が動いたと考えず、砂鉄が存在して いる空間の歪みが変化したのでは?と考えたんです。 3次元の空間がもう1つ別な方向に曲がる。 その方向とは時間という方向だということを 証明したのが、相対性理論だったんです。 >あるいは時間と空間を自由に行き来できるのが四次元なのでしょうか? 4つ目の方向である時間は、存在していても その方向に、人間が自由には移動する方法は 現在ありません。 時間方向を自由に動ける機械と いうのは、タイムマシーンのことなんですが。 日常生活を考えてみたとき、縦、横といった 方向は割りと自由に動けます。 1時間ちょっと 歩けば4kmくらい楽に移動できますが、 道路の真中で、ここから高さ方向に 4km移動しろと言われたら、人力だけでは まず無理でしょう。 飛行機やロケットといった道具が必要と なります。 時間方向というのは、このように存在していても 現在のところ自由に移動できない方向なんです。 例えば、人間がエレベーターの床のような 平面的な世界に生きているとしましょう。 この場合、高さ方向を時間と考えて下さい。 エレベーターは勝手に下降しているんです。 この状態が、人間の運動と関係なく、時間が 経過していく仕組みです。 人間もほんの少し、ジャンプして高さ 方向の移動に変化をつけることができます。 同様に時間もほんの少しなら変化をつける ことができます。 エレベーターの中で、ジャンプすると ほんの少し下降を遅らせることができる ように、時間もほんの少し遅らせることは できるんです。 100年ほど前、スイスのチューリッヒ工科大学 のミンコフスキー教授が物理学的な4次元の理論というのを 考えました。 物理的な計算をするのに、縦、横、高さ 方向以外にもう1つ方向があるとして計算すると うまく計算できることがあるというもので、 彼の教え子の一人が、4次元時空の理論と して有名な相対性理論を完成させた、アルバート・ アインシュタイン... A ベストアンサー Would you~? 「~していただけませんか?」は丁寧な依頼表現、Would you like~? 「~は如何ですか?」は丁寧な勧誘表現です。 依頼表現で使われるwouldやcouldは、「条件節(if節)の内容を言外に含めた婉曲用法」なのです。 つまり、「(もし~できるのであれば)~していただけるでしょうか」と丁寧で控え目な調子を出すことができます。 Will you~?やCan you~?はただの助動詞の勧誘表現ですから、wouldやcouldのような婉曲用法はないのです。 Would you like~も同じ婉曲用法で、「(もし私が~を勧めたら)~をお気に召すでしょうか?」という丁寧で控え目な調子の出る勧誘表現なのです。 I would like to~「~したい」(~することをできればしたい)という表現もこの用法からきているのです。 Would you like~のlikeは「~を好きである」という他動詞でlikeの後に名詞を目的語として持って来ることができます。 例: Would you like another cup of tea? 「もう一杯紅茶如何ですか?」 Would you like going on a picnic? 「ピクニックに出かけるというのは如何でしょう?」 Would you like to go on a picnic? 「同上」(このto不定詞は名詞的用法) ご参考になりましたでしょうか。 Would you~? 「~していただけませんか?」は丁寧な依頼表現、Would you like~? 「~は如何ですか?」は丁寧な勧誘表現です。 依頼表現で使われるwouldやcouldは、「条件節(if節)の内容を言外に含めた婉曲用法」なのです。 つまり、「(もし~できるのであれば)~していただけるでしょうか」と丁寧で控え目な調子を出すことができます。 Will you~?やCan you~?はただの助動詞の勧誘表現ですから、wouldやcouldのような婉曲用法はないのです。 Would you like~も同じ婉曲用法で、「(もし私が~を勧め... たとえば、doという動詞の場合 do (原形、または現在形で複数の主語を受ける) does (現在形で単数の主語を受ける) did (過去形) done (過去分詞) doing (いわゆるing形)ーー現在分詞と動名詞があります の5つがあります。 この変化のうちdoneが過去分詞にあたります。 なお、doingは、名詞の働きをしていなければ現在分詞です。 「過去」という語がまぎらわしく「受け身・完了形」という呼び名にすればいいのにと私は思っています。 受け身・完了形ーーなのです。 つまり、受け身(受動態とも言います)と完了に使うからです。 分詞というのは、2つの役割に分かれるということを意味します。 動詞としての役割と形容詞としての役割です。 Tom and I do the work every day. Tom does the work every day. Tom did the work yesterday. The work is done by Tom. Tom has done the work. Tom is doing the work now. このうち、4番目と5番目が過去分詞の例です。 The work is done by Tom. (その仕事はトムによってなされる) 5. Tom has done the work. (トムはその仕事をやったところです) 4は受動態(受け身)の例です。 be動詞+過去分詞で使います。 他の例題と主語が違うところが注意です。 他の例で動詞の後にくるthe workが主語になっていますね。 その仕事はトムによってなされるーーという受け身の意味となるからです。 5は4の受動態とは全く関係がありません。 別物です。 have 主語が単数ならhas)+過去分詞で使う現在完了形です。 もう1度確認します。 例 work 原形 worked 過去形 worked 過去分詞 ところがdoのようないくつかの動詞は、不規則な変化をし、その中でも過去形と過去分詞が違うものがあります。 例 do 原形 did 過去形 done 過去分詞 go 原形 went 過去形 gone 過去分詞 take 原形 took 過去形 taken 過去分詞 以上、ご参考になればと思います。 たとえば、doという動詞の場合 do (原形、または現在形で複数の主語を受ける) does (現在形で単数の主語を受ける) did (過去形) done (過去分詞) doing (いわゆるing形)ーー現在分詞と動名詞があります の5つがあります。 この変化のうちdoneが過去分詞にあたります。 なお、doingは、名詞の働きをしていなければ現在分詞です。 A ベストアンサー イデオロギ-というのは確かに色んな解釈をされていますけど、 狭義ではそれぞれの社会階級に独特な政治思想・社会思想を指します。 つまり分かりやすく言えば、人間の行動を決定する根本的な物の考え方の 体系です。 一定の考え方で矛盾のないように組織された全体的な理論や思想の事を イデオロギ-と言うんです。 例えば、人間はみんな千差万別であり色んな考えを持っています。 だから賛成や反対といった意見が出てきますね。 しかし、イデオロギ-というのはみんなが認める事象の事です。 イデオロギ-には賛成・反対といった概念がないのです。 例えば、環境破壊は一般的に「やってはいけない事」という一定の考えに 組織されています。 つまりみんなが根本的な共通の考え(やってはいけない事)として組織されているもの、これがイデオロギ-なんです。 しかし、社会的立場によってはその「やってはいけない事」を美化して 公共事業と称して環境破壊をする人達もいますけど。 ここでイデオロギ-という概念に対して色んな論説が出てくるわけです。 一応これは一つの例ですけど。 というかこれくらいしか説明の仕様がないですよ~~・・。 こういう抽象的な事はあまり難しく考えるとそれこそ分からなくなりますよ。 この説明で理解してくれると思いますけどね。 イデオロギ-というのは確かに色んな解釈をされていますけど、 狭義ではそれぞれの社会階級に独特な政治思想・社会思想を指します。 つまり分かりやすく言えば、人間の行動を決定する根本的な物の考え方の 体系です。 一定の考え方で矛盾のないように組織された全体的な理論や思想の事を イデオロギ-と言うんです。 例えば、人間はみんな千差万別であり色んな考えを持っています。 だから賛成や反対といった意見が出てきますね。 しかし、イデオロギ-というのはみんなが認める事象の事です。 イデオ... A ベストアンサー 「気が置けない」という本来の表現に対し、「気が置ける」という、元の表現からすると誤用に当たる表現がかなり一般化しています。 「気が置ける」の場合は、元々は誤用だったのです。 他方、「ぞっとする」と「ぞっとしない」は、「ぞっとする」の否定文が、「ぞっとしない」ではないのです。 「ぞっとする」と「ぞっとしない」で慣用表現で、それぞれ別の意味を持っています。 「ぞっとする」は、寒さや恐怖で、身体が、鳥肌立ったり、心のなかで強い情動が起こることです。 怖い小説を読んでぞっとしたり、寒い冬に、おふろに入って、お湯だと思って冷水のシャワーを浴びると、「ぞっとする」ということになります。 他方、「ぞっとしない」は、「ぞっとする」の否定ではなく、「感心できる・関心がない」という意味です。 「怖くない・寒くない」という意味ではないのです。 >「聞いているだけでも、あまりゾッとしない事件ですね」 これは、聞いて、なるほどと思ったり、いかにもこれでよい、という風に感心できる事件ではない、という意味で述べています。 「あまり感心できない事件ですね」と言っているのです。 A「最近の女子中学生は、電車の床などで、あぐらをかいて座っているらしい」 B「それは、何というか、ぞっとしない話だな」 C「それは本当か。 だとすると、ぞっとするなあ」 Bは、「感心できない話だ」と答えていて、 Cは、「そこまでしているのか。 怖い話だ」と答えているのです。 Cは、「感心できない」を通り越して、怖い風俗状況だ、と述べています。 以前に、似たような質問がありました(そこで、引用されているURLを、以下に引用します): >No. goo. php3? nifty. linkclub. hmt. toyama-u. goo. php3? nifty. htm 「気が置けない」という本来の表現に対し、「気が置ける」という、元の表現からすると誤用に当たる表現がかなり一般化しています。 「気が置ける」の場合は、元々は誤用だったのです。 他方、「ぞっとする」と「ぞっとしない」は、「ぞっとする」の否定文が、「ぞっとしない」ではないのです。 「ぞっとする」と「ぞっとしない」で慣用表現で、それぞれ別の意味を持っています。 「ぞっとする」は、寒さや恐怖で、身体が、鳥肌立ったり、心のなかで強い情動が起こることです。 怖い小説を読んでぞっとした... A ベストアンサー 中傷だけで終わるのも何なので補足します。 Nagatosさんは、英米人なら絶対しないような間違いと、する間違いの区別ができてないようです。 質問者さんは、「Can you celebrate? 」はどっちですか?と聞いているみたいですが、それを理解されてないので、議論が平行線になってるみたいですね。 例えば日本の黒板消しの商品名で「Clean Elaser」というのがありました。 これは明らかに米英人はしない間違いです。 意味不明です(「きれいに消せる黒板消し」と言いたいのだろうが、「黒板消し自体がきれい」という意味にしか聞こえない)。 こんな間違いは英語の歌詞にもないでしょう。 結論を言うと、「Can you celebrate? 」は微妙なところだと思います。 「Clean Elaser」ほどひどくはないけど、英米人は言わないでしょう。 でも、歌詞になら使ってもおかしくはない・・かな??という感じです。 聞くひとも、意味はかろうじて推測できるかなという程度だと思います。 賢いひとなら、こんな詩は書かないでしょうね。 慣用だからとあきらめずに、正しい英語を使おうと努力する姿勢を評価したいですね。 中傷だけで終わるのも何なので補足します。 Nagatosさんは、英米人なら絶対しないような間違いと、する間違いの区別ができてないようです。 質問者さんは、「Can you celebrate? 」はどっちですか?と聞いているみたいですが、それを理解されてないので、議論が平行線になってるみたいですね。 例えば日本の黒板消しの商品名で「Clean Elaser」というのがありました。 これは明らかに米英人はしない間違いです。 意味不明です(「きれいに消せる黒板消し」と言いたいのだろうが、「黒板消し自体がきれい」という...

次の

オール・ユー・ニード・イズ・キル : 作品情報

オール ユー ニード イズ キル ラスト

「オール・ユー・ニード・イズ・キル」(原題: Edge of Tomorrow、別題: Live Die Repeat)は、2014年に公開された、アメリカのSF映画です。 原作は日本のライトノベル「All You Need Is Kill」で、ハリウッド映画としはかなり珍しい採用事例となっています。 数々の日本のアニメがハリウッドで実写化されるほど、日本人のストーリーメイクは世界でも評判ですが、そこに大迫力のCGと超有名俳優を掛け合わせたことで名作に仕上がっています。 主演はキャスティングは「ミッション・インポッシブル」しりーずでおなじみのトム・クルーズで、ヒロインのエミリー・ブラントは翌年に「ボーダーライン」でも高い評価を得た女優です。 ウィリアム・ケイジ:米軍メディア担当の少佐。 「アルファ」の血を浴びたことでタイムループする能力を身につける。 当初は腰抜けなキャラが何度も生き返るうちに成長しヒーローになっていく• リタ・ヴラタスキ:劣勢だったギタイとの戦争に最初の勝利をもたらした「ヴェルダンの女神」と称される英雄。 ケイジ同様タイムループしていたが輸血により能力が消滅した。 ギタイを殲滅するためにケイジに協力し厳しく訓練する• ブリガム将軍:ギタイの殲滅作戦を指揮する司令官。 前線での取材任務を断ったケイジの身分を剥奪し、初年兵として戦場に送り込む• カーター博士:かつてリタのタイムループを信じ協力した唯一の人物。 ギタイの逆探知装置を作るも精神異常者扱いされブリガム将軍の命令で整備工に追いやられる 特殊なギタイ「アルファ」を道連れに自爆し、アルファの血を浴びたケイジが同じタイムループの経験を持つ英雄リタと協力してギタイを殲滅するストーリーです。 メインはほぼこの2人ですが、キーマンとなっているブリガム将軍とカーター博士を覚えておけば大筋を把握することができます。 「オール・ユー・ニード・イズ・キル」のストーリーを解説 ここではストーリー全体をさらに理解できるように、ストーリーを紹介していきます。 あなたが「オール・ユー・ニード・イズ・キル」を観ていなくても、これを読めばざっくりしたあらすじをつかむことができます。 大まかなストーリー 1. 【タイムループ】• ヨーロッパを中心にギタイから侵略を受ける地球• 機動スーツを投入し英雄リタの活躍で初めて勝利• ケイジ少佐が将軍から前線の広報活動を命じられる• 将軍を脅し任務を拒否したため逮捕され戦場に送られる• J分隊に入り翌朝出撃するも待ち伏せされ攻撃を受ける• 輸送機が落とされ仲間が次々と死にパニックになるケイジ• リタが戦場に降りるもケイジの目の前で撃たれて死亡• ケイジがアルファを道連れに自爆した直後目が覚める• 昨日と全く同じ光景に戸惑いつつも今後はリタを助ける• ギタイに殺されて目覚め周囲に未来を話すも信じられず 2. 【見えない打開策】• 何度も生き返るうちに成長し強くなっていくケイジ• リタにタイムループを打ち明けると自分を探せと言われる• 生き返りリタを訪ねるとタイムループしていたと明かされる• カーター博士からオメガやアルファの正体を教わる• ケイジは毎日死に続けてオメガに存在を気づかせる必要• オメガが刑事を探すと居場所を示す幻覚を見るため• 何度も死ぬうちにケイジが幻覚を見て博士に会いにいく• オメガはドイツのダムにいるため戦闘を抜け出す策を考える• 何度も死んでやり直すもなかなかビーチを抜け出せない• 絶望しバーで飲んでいるとロンドンがギタイから総攻撃される• ドイツに移動するために車を手に入れリタと向かう• この流れは何度も試したけど失敗するためやり方を変える 3. 【新たな展開】• リタにも会いにいかずヘリでドイツにむかいオメガを倒す• ダムに到着したらオメガがいなくてアルファが待ち受けてる• 幻覚は罠でケイジの血に混ざった能力を奪おうとしている• 将軍に会いにいき全ての未来を言い当てて装置を手に入れる• 装置をケイジの足に刺してオメガの居場所を突き止める• 逃走中に捕まり負傷したケイジが気を失って治療を受ける• リタに救出されるも能力を失ったためオメガ討伐に向かう 4. 【最終決戦】• パリのルーブル美術館の地下に向けてJ分隊から協力を得る• 待ち伏せされ仲間を失うもリタとケイジは美術館内部へ• リタが囮になりケイジが手榴弾を持ってオメガのもとへ• リタを殺したアルファがケイジを追いかけてくる• 後一歩のところでケイジがアルファに殺されてしまう• 手榴弾のピンが抜かれておりオメガを爆破し倒すことに成功• 瀕死のケイジがオメガに触れ血液が体内に入ってくる• ヘリで目が覚めるとオメガ討伐の翌朝にタイムループ• これまでと違う未来で基地でリタと再会を果たす 本作を鑑賞前の筆者の印象は「キャスティングと映像技術が派手なSFアクション映画」だったのですが、実際に観るとそれ以上でした。 何より主人公ケイジが序盤はとても腰抜けて、全く応援できないキャラクターなのですが、死んで生き返る度に成長していき、最後はリタを想い、地球の運命を背負う頼もしさを見せるんです。 もちろん演技力の高さや映像技術の凄さは期待通りなので、ぜひたっぷり感情移入して楽しんでほしい作品です。 【さらに深堀り】オール・ユー・ニード・イズ・キルの疑問点を先回りで解説 本作をひととおり観終わると、「ん?そういえば何であそこで・・・」と疑問に思うシーンがいくつかあると思います。 ここでは、そんな疑問点を先回りしてピックアップし、解説していきます。 一部推測を含みますが、その場合は何を根拠にそう推測したかまで掘り下げて説明します。 【疑問1】ケイジはなぜタイムループすることになったのか? まずは基本ですが、なぜケイジがタイムループするようになったのかを解説します。 機動スーツの使い方もわからないまま実戦投入されたケイジは、戦場でたまたま特殊なギタイ「アルファ」と戦います。 ちなみに、本作に登場するエイリアンは「ギタイ」と呼ばれますが、たくさんの数が登場するものの生命体としては1つです。 たくさん出てくるギタイはドローン(抜け殻)で、ギタイの中枢になっているのは手足の役割を「アルファ」が、脳の役割を「オメガ」が担っています。 この「アルファ」が傷つくと、特殊能力であるタイムループが発動するわけですが、ケイジは偶然アルファを爆弾で倒し、その返り血を浴びたことでタイムループ能力を取り込んだのです。 そのため、ケイジはアルファ同様に死ぬと記憶を残したままタイムループできるようになります。 【疑問2】リタはなぜタイムループできなくなったのか? 前述のとおり、アルファの特殊能力であるタイムループは血液を取り込むことによって身に付くため、逆に血液を失ったり薄まってしまうと能力は失われます。 ケイジの訓練中にリタも話していますが、戦闘で傷つき大量出血したものの、死んでリセットする前に助けられてしまい、何リットルもの輸血を受けたことで能力が失われたのです。 同じく、ケイジもブリガム将軍との面会後の逃走で捕まり、治療されたことで能力を失ってしまいます。 死ぬことが世界を救うという、なんとも皮肉なストーリーです。 【疑問3】ラストシーンでケイジが目覚めた場所と変化した過去 オメガを倒した際に血液を取り込んだケイジは、なぜかこれまでとは違うポイントでタイムループし、またその際に過去が変わっており、すでにパリでオメガが倒されたことになっています。 このシーンを観て疑問に思うファンは少なくないのですが、結論を先に言ってしまうと、明確な答えがありません。 ここからは仮説になりますが、筆者はこの結末を「1. タイムループ以外の能力説」と「2. 全て夢だった説」の2つを考えています。 まず、前提としてケイジが浴びた血はオメガのものであり、本作の中で他にオメガの血を取り込んだ人間はいないため、アルファと同じタイムループであるとは言い切れません。 タイムループ以外の能力説」 アルファと同じタイムループだとするとオメガを倒したことになっているのは歴史が変わっているのでおかしいです。 筆者は、オメガが「都合が悪い存在を排除した過去をつくれる」だと考えます。 オメガがケイジに倒された際、防衛本能としてこの能力を発動したところ、能力がケイジに取り込まれたため、オメガがケイジを排除するのではなく、ケイジがオメガを排除した過去に戻ったと考えられます。 全て夢だった説」 このシーンには非常に矛盾が多く、前述したような新たな事実がないと説明がつきません。 そこで、本作は全て「ケイジがヘリで居眠りしている間に見た夢」だとすると矛盾がなくなります。 リタとの再会で「何か用?」というセリフと表情も意味深ですが、夢だと考えればリタとケイジは無関係な初見なので、冷たく反応されるのも納得です。 ただ、ここまで感動的なやりとりをしておいて、夢で片付けられるのはかなり寂しいですが… 【口コミ】「オール・ユー・ニード・イズ・キル」の感想を分析! ネット上には「オール・ユー・ニード・イズ・キル」について様々な投稿があります。 ここでは、Twitterに投稿された「オール・ユー・ニード・イズ・キル」についての意見をいくつか取り上げて、傾向を解説します。 でもこの作品の真価はトムクルがループを繰り返す中でのコメディ部分だと思うしそこが好き。 — あやゴリVET ayagorigorish オール・ユー・ニード・イズ・キル再見 最初の戦闘ではよちよち歩きのトムクルーズがループを繰り返すごとに歴戦の戦士に成長していく様がかっちょいい ゲームで言うところの所謂「積んだ」状況であっさり殺されてしまったりする可哀想なトムクルーズも笑えた 再見でも変わらず面白かったです。 — kmym kmym97457689 トム・クルーズ主演映画「オール・ユー・ニード・イズ・キル」 主人公が死ぬと過去のある時に戻ってしまうタイムリープの話で、ずっと前に観たのに今でも印象に残っており、とてもおもしろかった。 皆さんのコメントを読んでいて意外だったのは、「何度も観ている人が多い」ということです。 名優たちの素晴らしい演技や、迫力の映像技術に加えて、ラストシーンが憶測を呼ぶことも要因になっているようです。 【名シーン紹介】育っていくケイジの成長が楽しい!名シーンを一部紹介 本作は死ねば死ぬほど復活して強くなっていくケイジの成長が一番の見どころだと筆者は思います。 武器の扱いに慣れ、ギタイの戦闘パターンに対応できるようになっていくのです。 そんなケイジの成長が一目でわかるように、最初の出撃シーンと何度も死んだ後のシーンを並べて比較できるようにしました。 罪になると思いながらだとせっかくの映画に集中できませんし、楽しめませんよね。 オール・ユー・ニード・イズ・キルを無料で全部観たい!という場合は、まずはU-NEXTやhuluで閲覧できるか無料体験に申し込んでみてください。 (動画サービスの閲覧作品は随時更新されているため、取り扱いがない可能性もあります。 ご注意ください。 ) U-NEXTなら1ヶ月間、 huluなら2週間も 無料で試す ことができ、観たい作品がなかったり、期待していたサービスでなければ途中で解約ができます。 しかも 無料期間中の解約ならお金がかからないので、映画やドラマが好きであれば使わない手はないでしょう。

次の