お 彼岸 いつ 2020。 (2020年春と秋)お彼岸入りはいつ?おはぎの意味やお墓参りの知識

2020年(令和2年)のお彼岸の期間はいつからいつまで?一目でわかるまとめ一覧!!

お 彼岸 いつ 2020

そもそものお彼岸について 語源としてはサンスクリット語のパーラム、パーラミターの意訳で到達・成就といった意味があり彼岸に至る=悟りを開くための超えるべき川の向こう岸に、いわゆる「涅槃(悟りと同じ意味で煩悩の無い世界)」があるとされています。 春分の日と秋分の日は昼夜の長さが同じになります。 仏教ではあの世は西に存在すると考えられており、太陽がこの春分・秋分の日には真西の方角に沈む日になります。 こういった事があり、この秋分の日と秋分の日は、この世とあの世の距離が、最も近くなる日と考えられており、このお彼岸の期間に、供養をしっかり行う事によって、極楽浄土へ行けると考えられています。 ただし、お彼岸自体は日本仏教のみに存在するもので、世界各国にある仏教にお彼岸というものは存在しません。 日本では、この時期にはお墓参りをして墓石を掃除したり、お仏壇を掃除したり、馴染みのあるお寺の彼岸会(ひがんえ)と呼ばれる法要に参加したりします。 お彼岸の迎え方と準備や御供えについて 語源としてはサンスクリット語のパーラム、パーラミターの意訳で到達・成就といった意味があり彼岸に至る=悟りを開くための超えるべき川の向こう岸に、いわゆる「涅槃(悟りと同じ意味で煩悩の無い世界)」があるとされています。 春分の日と秋分の日は昼夜の長さが同じになります。 仏教ではあの世は西に存在すると考えられており、太陽がこの春分・秋分の日には真西の方角に沈む日になります。 こういった事があり、この秋分の日と秋分の日は、この世とあの世の距離が、最も近くなる日と考えられており、このお彼岸の期間に、供養をしっかり行う事によって、極楽浄土へ行けると考えられています。 ただし、お彼岸自体は日本仏教のみに存在するもので、世界各国にある仏教にお彼岸というものは存在しません。 日本では、この時期にはお墓参りをして墓石を掃除したり、お仏壇を掃除したり、馴染みのあるお寺の彼岸会(ひがんえ)と呼ばれる法要に参加したりします。 お彼岸の準備や御供え物 基本的に準備としては、先ほども書いた通りお仏壇・仏具のお手入れやお掃除を行います。 また、墓石がある場合はお墓のお掃除も行います。 御供えに関しては、お彼岸の御供えは基本的に春が「牡丹餅」秋が「おはぎ」になります。 これは、春のぼたもちはが春の花でもある牡丹の花にちなんでおり、おはぎは秋の花である萩の花にちなんでいます。 御供えした後は自分たちでしっかりといただきます。 御供えしたものを自分たちが食べる事で、神仏力を自分たちに取り込むといった意味も込められています。 また、今の時期春のお彼岸も秋のお彼岸の時期も、年度によっては非常に暑い時期もあります。 ぼたもちもおはぎも生モノですから、そのあたりについてもしっかりと注意をしておきましょう。

次の

2020年(令和2年)のお彼岸の期間はいつからいつまで?一目でわかるまとめ一覧!!

お 彼岸 いつ 2020

Contents• お彼岸のお墓参りはいつがいい? 『お彼岸』と呼ばれる時期は、 春分の日と秋分の日のそれぞれ前後3日の計7日間 のことを言います。 そして、お彼岸のお墓参りは、 お彼岸の期間中のどこかでお参りすれば大丈夫 です。 お彼岸の意味 『彼岸』(ひがん)というのは仏教の言葉で、 「仏の住む世界=極楽浄土」 のことをいいます。 仏教では、この極楽浄土は西方にあると考えられています。 そして、春分の日と秋分の日は 太陽が真西に沈む日です。 そこから、太陽が真西に沈む春分の日と秋分の日前後は、 先祖の住む極楽と現世が交流しやすいとされ、 墓参りなど先祖の供養をする習わしとなっているのです。 そうしたことから、 春分の日と秋分の日前後のお彼岸の時期であればいつ墓参りしても構わない とされています。 ちなみに、お彼岸では、 いちばん西に太陽が沈む日を 「お中日」(おちゅうにち)と呼び、 この日から数えて3日前が 「彼岸の入り」(ひがんのいり) 3日後が 「彼岸明け」(ひがんあけ) とそれぞれ呼ばれます。 2020年のお彼岸について 2020年のお彼岸の時期ですが、 【春】 彼岸の入り お中日(春分の日) 彼岸明け 2019年 3月18日(月) 3月21日(木) 3月24日(日) 2020年 3月17日(火) 3月20日(金) 3月23日(月) 2021年 3月17日(水) 3月20日(土) 3月23日(火) 【秋】 彼岸の入り お中日(秋分の日・祝日) 彼岸明け 2019年 9月20日(金) 9月23日(月) 9月26日(木) 2020年 9月19日(土) 9月22日(火) 9月25日(金) 2021年 9月20日(月) 9月23日(木) 9月26日(日) となっています。 実際、霊園ではお彼岸の時期には、通常の時期より開門時間を前倒しして、朝6時からとするようなところも珍しくありません。 とはいえ、お墓参りするために ・車で何時間もかかる ・電車を何本も乗り継がなければならない ・飛行機で行かなければならない など、そうもいかないのが現状です。 そもそも、お墓参りで大切なのは、 ご先祖様を供養する気持ち です。 午前中のお墓参りにこだわるあまり、 墓参りそのものを敬遠するようになっては本末転倒。 お墓での掃除など、一通りお墓参りの流れを確保できる時間帯であれば 午後からでも問題ありません。 ただし、お墓の多くは、足元の段差など、暗くなってからでは危険なことも確かです。 また、そもそも霊園には閉門の時間もあります。 そうした 安全面や、閉門時間の観点から、日中の早い時間帯にお参りするように心がけましょう。 お墓参りの時間帯についてはこちらの記事でくわしく紹介しています。 年末年始• 故人の命日・月命日 お盆と年末年始について詳しくみていきましょう。 お盆 お盆には、ご先祖様が浄土からこの世に戻ってくると言われています。 時期的には、 8月13-16日の間。 この時期のお墓参りなら、 初日の13日がおすすめです。 ご先祖様が帰ってくる日ですので、 「よく帰ってきてくださいました。 」 とお迎えに行くという気遣いが現れる日となるからです。 もちろん、13日が難しければ、 16日までのどこかでお参りをしてくださいね。 年末年始 年末年始でも、お寺や霊園が開いてさえいればお墓参りは問題ありません。 例えば、年末なら、 ・12月31日までにお参りして、お墓も大掃除をし、1年無事に過ごせたことを報告する。 年始であれば、 ・お正月にお参りして、昨年の感謝と新年の挨拶をする。 どちらも間違いではありません。 地方によっては、 年末年始ともにお墓参りする風習のあるところもあるくらいです。 あくまで一般的なお墓参りの時期や地方の風習を紹介したものです。 このような知識や地域の風習を踏まえ、ご都合の良い日にお墓参りをしてくださいね。 墓参りの代行を頼む お墓参りにはどうしても行けない… でもお彼岸の時期くらいちゃんとご先祖様を供養したい… そんな想いをお持ちの方は大勢いらっしゃいます。 そのような想いに応えるために、 墓参りの代行業 が存在しています。 お墓の掃除、拭き仕上げ、お花・お線香・ローソク まで頼むとなるとそれなりの料金がかかりますが、 どうしても…と言う場合の選択肢としていかがでしょうか。 とはいえ、他人に墓参りの代行をお願いするなんてご先祖様にバチが当たるのでは? と心配になる気持ちはよくわかります。 ご先祖様のことを思うと、やはり自分自身が汗をかいてしんどい思いをして墓を掃除し、墓参りするのが一番の供養になると。 でも、今の自分ができる範囲のことを尽くせば良いのではないでしょうか。 というのも、 ・体は元気でもどうしても遠方でお墓参りに行く時間がない ・でもせめてお墓だけはきれいにしてあげたい ・他人にお願いすることになるけれどお墓の掃除とあわせてお花もお供えしたい こう思うこと自体がすでに立派な供養になっているからです。 実際、管理人の話になりますが、管理人のご先祖様の墓地は長崎県の離島にあります。 数年に一度しか島には帰らないので、お墓の掃除やお供えは、その島に住んでいる親戚にお願いしてます。 そして、毎年幾ばくかのお礼を包んでいます。 こうした墓の手入れは、島に残った多くの人たちが、島から出た親戚からの依頼により行っています。 通常、それなりの お礼を親戚であっても包むのがマナーです。 親戚にお願いするか、代行業者にお願いするかの違いだけで、実質的な代行業は昔から行われていたことが分かりますね。 というわけで、もしあなたが、なかなか墓参りの時間がとれないということでお悩みであれば、一度お墓参りの代行を検討されてみてはいかがでしょうか。 参考までに墓参り代行業者のホームページを案内しておきます。

次の

【2020年】春・秋のお彼岸はいつ?彼岸入り~明けの期間

お 彼岸 いつ 2020

2020年彼岸入りはいつ? では2020年の春のお彼岸と秋のお彼岸の 彼岸入り〜彼岸あけがいつなのかを見ていきますね。 2020年春のお彼岸 春のお彼岸の日にちは・・• 彼岸入り 3月17日(火曜日) 2019年は18日でした• 中日(春分の日) 3月20日(金曜日) 2019年は21日でした• 彼岸あけ 3月23日(月曜日) 2019年は24日でした 2020年秋のお彼岸 秋のお彼岸の日にちは・・• 彼岸入り 9月19日(土曜日) 2019年は20日でした• 中日(秋分の日) 9月22日(火曜日) 2019年は23日でした• 彼岸あけ 9月25日(金曜日) 2019年は26日でした 彼岸入りから彼岸あけまでの期間の決まり 上記でもわかるように、春も秋も彼岸入りから彼岸あけまでは1週間で7日間となります。 春のお彼岸では春分の日を挟んで前後に3日づつ、秋のお彼岸では秋分の日を挟んで前後に3日ずつを加えた期間がお彼岸の期間となります。 図で表すとこんな感じです! 春のお彼岸 春分の日(3月)の前後3日間 彼岸 入り 春分の日 (中日) 彼岸 あけ 秋のお彼岸 秋分の日(9月)の前後3日間 彼岸 入り 秋分の日 (中日) 彼岸 あけ 春分の日と秋分の日は毎年日にちに違いがあるのですが、これさえわかればカレンダーを見れば今年のお彼岸、彼岸入り、彼岸あけがすぐにわかるのです。 まとめると・・ お彼岸の決まり• 春分の日、秋分の日を真ん中の日として期間は 一週間!(7日間)• はじめの日= 彼岸入り(ひがんいり)• 春分の日・秋分の日=真ん中の日= 中日(ちゅうにち)• おわりの日= 彼岸あけ(ひがんあけ) お彼岸の期間についてはバッチリですか?日にちがいつかわからないと行動ができないのでまずは期間を押さえておいてくださいね。 次はお彼岸には何するといいのか?というところを見ていきます。 お彼岸には何をする? お彼岸の日にちが分かったところで、お彼岸に何したらいいのかわからなければ結局何もできないままですよね。 お彼岸という区切りがあるからこそ、思い出させてもらえることがあります。 そして後世に伝えることもできるのではないでしょうか? 日常ではなかなかできないことなので、お彼岸の期間内に次のことをできればしておきましょう。 彼岸入り〜 仏壇のお手入れをする 彼岸入りにはいつもよりも仏壇を綺麗にします。 仏壇の中に入れている仏具も忘れずにお手入れしてくださいね。 毎日部屋の掃除はしているけど、仏壇まで手が回らないことの方が多いですよね・・。 春と秋のお彼岸には、仏壇を丁寧に掃除しましょうね。 お供え物を用意する お彼岸のお菓子は彼岸入りに用意するようにしましょう。 春と秋では用意するものがちょっと違う地域もあるので、風習に合わせて用意してくださいね。 おはぎとぼた餅については詳しく後述します! ご先祖様を思い出して感謝の気持ちを思い出す ご先祖様がいたから自分がいます。 普段はどうしても忘れがちな気持ちを、お彼岸という期間があることで思い出すことができます。 とても良い機会ですよね。 お彼岸の期間中 お墓まいりに行く お墓まいりはお彼岸にだけしておけばいいのか?といえばそれは違いますが、彼岸入りから彼岸あけまでの間にはお墓まいりに行くと良いです。 そして仏壇をお手入れするように、お墓もお手入れしましょう。 強制ではないけれど、お墓がほったらかしにならないようお彼岸にはお墓に行く習慣をつけるといいなと思います。 子供に伝える ご先祖様のことで知っていること、感謝の気持ち、思い出など知ってることを子供に話してあげるのって大事だなって思います。 親が伝えなければ子供は知らないままのことってたくさんあります。 お墓まいりの方法一つとってもそうだと思いますので、積極的に伝えていければいいですね。 スポンサードサーチ なんでお彼岸はご先祖様を思い出す日になったの? ご先祖様が住んでるのは極楽浄土です。 お彼岸の期間のところでもお伝えしたように、お彼岸の中日は春分の日と秋分の日ですよね。 春分の日と秋分の日はお昼と夜の長さがほぼ同じになるだけではなく、お日様が真東から昇り、真西に沈んでいきます。 西にあると言われる極楽浄土とこの世の世界が一番近づくのがこの時期なのです。 そんな日に日本ではご先祖様関係のお手入れ・・お墓まいりや仏壇の掃除、そして何よりもご先祖様を思い出す日となったというわけです。 極楽浄土があるのかないのかということは置いといて、こうした風習ができたという事実を考えると、昔の人の感情の深さを感じちゃいます。 ところで、お彼岸にはおはぎをお供えするというのを聞いたことがありませんか?なぜおはぎなのか?という謎に次は迫っていきたいと思います。 お彼岸といえばおはぎだけどぼた餅との違いは? 実はおはぎとぼた餅はどちらも、もち米と小豆が原料の和菓子です。 お彼岸のお供えとしてもこの2つが使われるのですが、材料も同じなのに何か明確な違いがあるのでしょうか? 調査しているといろんな伝説があったのですが、一番これかな?と思える有力なものから本当に?というまさかなものまでを紹介したいと思います。 「あんことお餅の加工の違い」でどう呼ぶかの名前が違うという説です。 粒のないさらつる感のある方がぼた餅。 どちらも作るときの素材は一緒だけど、作り方が異なりますね。 私自身もおはぎといえば粒あんでだと思っているので、有力だという説が一番多く見られたという理由だけではなく信憑性があると思いました。 では次の説はというと? 実は二つは一緒説 この説では、二つは全く同じものなのにも関わらず名前がなぜか2通りできてしまった、という説です。 確かに材料が同じなのでわからなくもないですけど、実際に上記に紹介した有力説のように粒あんのものとこしあんのものはどちらも存在するので、全く同じなのに2通りできた、という部分にちょっと納得いかない私なのです。 うーん。 私的には違うと思いました。 季節で呼び名が違う説 続いては季節によって呼び名が違うのではないかという説です。 春のお彼岸のお供え物はぼた餅• 秋のお彼岸のお供え物はおはぎ ふむふむ。 お彼岸のお供えのことを見ていても季節により上記のような風習がありますよね。 まあ、ただこれも、上記と一緒で実際に違いがあると感じているのに全く同じものと言われてしまうと無理のある説なんじゃないかと感じちゃいますね。 地域での呼び方の違い説 地域によって違った呼び方をする・・これは「おはぎ」と「ぼた餅」に限らずあることですね。 もしかしたらこの説もあるかもしれませんが、お餅のつき具合や粒あんかこしあんかという細かい部分は好みの問題なのか?という疑問が残ってしまいますね・・。 これは一理あるかもしれませんけど、全体的には疑問が残る説でもあります。 材料のお米の違い 作るときのお餅用の米の種類により呼び方が違うのではないか、という説もありました。 今ではおはぎもぼた餅も、お店で買うことが当たり前となっていますが、昔は基本的にお家で作るものだったと思います。 そう考えると、使用したお米の違いも知っているはずなので名前を変えていた事実もあるかもしれませんね。 ただでれだとあんこはどうだったんだろう??という疑問が残ります。 大きさの違い なんとお餅の大きさの違いで呼び名が違うのではないか、という説もありました。 でもこれって作り手によって出来上がりの大きさの違いは当然あったはず。 おはぎの語源となっている「萩」が 小さい花をつけることで、小さい方が「おはぎ」だという説はありますが、おはぎ自体はある程度大きいイメージだしこれも無理矢理なんじゃないかと思います。 ・・・・・・・ たくさんの説があります〜!でもやっぱり有力なのは初めの説なんじゃないかと思います。 その他の説はちょっと無理を感じちゃいます。 おはぎとぼた餅の違いがわかったところで、次はおはぎとぼた餅の名前の由来や特徴を見ていきます。 スポンサードサーチ おはぎとぼた餅の名前の由来 おはぎの名前の由来 おはぎという名前の由来は秋の花「萩」からきたものです。 「萩」は秋の七草の一つなんですよ。 小さくてかわいらしい花が咲き乱れている様子をイメージして作られたのが「おはぎ」です。 小さい花がたくさんある様子=おはぎのつぶつぶなのかな?そういえばわかるような気がします。 言葉の変化としてはこんな感じです。 ぼた餅の名前の由来 次はぼた餅についてです。 ぼた餅という名前の由来は、春の花「牡丹」からきたもの。 ぼた餅がぼってりした感じに見えるから、という説もあるにはあるのですが、先ほどのおはぎの語源と同じように花つながりでいくと春の花牡丹から変化したと考えるのが自然じゃないでしょうか。 春の花が由来のぼた餅だから、春のお彼岸のお供えにはぼた餅が使われるようになったというわけなんですね。 編集後記 お彼岸について、どのように決まっていて、どんな呼び方をするのか、そして彼岸入り、中日、彼岸あけの正確な具体的な日程をお伝えしてきました! 来年は同じ日程ではなく、日にちが変わります。 毎年チェックして、御墓参りの予定などを立てつつスムーズにお彼岸を迎えられるようにしましょうね!.

次の