雑誌 幼稚園。 雑誌「たのしい幼稚園7月号」の付録でゲーセン気分!スウィートランド5作って遊んでみた

幼稚園児向けの幼年雑誌まとめ完全版【男の子・女の子・趣味系】

雑誌 幼稚園

女の子向け? 男の子向け? 幼年雑誌の選び方の基本 どこの出版社の幼年雑誌も、男女別問わず楽しめる内容にはなっているといいますが、 基本的に「あきらかに男の子向け」とうたっていないものは、女の子向けの内容がメインです(たとえば幼年向けの旗艦コンテンツの一つである「たのしい幼稚園」なども)。 「男の子向け」とうたっていない雑誌は、付録も女の子向けのものが多いです。 (ただし、小学館の「幼稚園」は別です。 仮面ライダーなど男の子向け多し) 理由は、男女ではっきりと趣味が分かれる年齢になってくると、男の子は男の子向けの雑誌(「テレビマガジン」「てれびくん」など)に移行しますが、女の子のみが好む雑誌の受け皿はかぎられているからかと思われます。 ディズニー系など、明らかに女の子メインのものもあるにはありますが、男の子向けの雑誌にくらべると選択肢が少ないですいし、好みの振り幅がかぎられます。 旗艦雑誌の女の子バージョンである「おともだちピンク」などの女の子向け雑誌も各社出ているのですが、隔月刊だったり。 ですので、女の子向けの幼年雑誌を探しているなら、とりあえず「たのしい幼稚園」あたりを買ってみるのがおすすめ。 すでに趣味がはっきりしている男の子であれば、最初から「テレビマガジン」「てれびくん」など男の子コンテンツメインの雑誌に進んでみてもいいでしょう。 また、「めばえ」「げんき」など、幼年雑誌の中でも比較的低年齢児が楽しめる内容のものは、ユニセックスな内容の場合が多いです。 まだプリキュアや戦隊ヒーローものなど、男女ではっきり好みがわかれるキャラクターが入ってきていないのがこれらの雑誌の特徴。 乗物コンテンツにしても、トーマスやチャギントン、プラレールなど、まだまだライトな?内容がメインになっています。 では、さっそく各社の幼年雑誌をそれぞれ見ていきましょう。 NHKキャラを擁する 講談社の幼年雑誌 大人気の「たのしい幼稚園」や「テレビマガジン」を抱える幼年雑誌の雄です。 「おかあさんといっしょ」「いないいないばぁっ!」の二大人気NHKコンテンツを抱えているのもここ講談社。 幼稚園児を持つ親にとってはおなじみの出版社です。 遊びながらこどもの発達にも役に立つということで講談社幼年雑誌ジャンルで読者人気第1位の雑誌です。 知育をはじめ、テレビで人気のキャラクターのことについても掲載されています。 毎回プリキュアにかなり注力されている印象。 付録も女の子向けのきらきらしたものが多く、毎回力が入っています。 別冊もついていて、こちらは子育ての悩みなどを解決する保護者向けになっています。 入園準備月刊誌として発行されています。 この雑誌の魅力は、ページを切り貼りして遊ぶプレイえほん、シールページがあることです。 キャラクターに導かれて知育ページで勉強ができることやおみせやさんごっこ、プリキュアごっこなども人気です。 完成おもちゃ付録も大人気です。 ヒーローたちの最新情報だけではなく、玩具情報も詳しく紹介されています。 またおもちゃ付録がついています。 オリジナルおもちゃなのでテレビマガジを購入しないと手に入りません。 番組情報やうたのお兄さん、お姉さんの情報も掲載されているほか、親向けの情報ページもあります。 また、歌のおにいさん・おねえさんたちのファンだという親御さんにとっては、近況報告など、ほかでは読むことのできないレア情報を読むことができるためマストな一冊になりそう。 おにいさん・おねえさんの卒業があった月の号などは早期完売もめずらしくありませんので、発売日にゲットしてくださいね。 0~2歳と、未就園児向けでとうたわれていますが、年少さんくらいだとまだまだ大人気の「いないいないばあっ!」ですので引き続き購買されているご家庭も多いかと思います。 なお、こちらも、メインキャストの近況などレアな情報を知ることができます。 講談社らしく、「いないいないばあっ!」や「おかあさんといっしょ」などNHKのキャラクターもたくさんでてきます。 すぐに遊ぶことができて、しかも親子のコミュニケーションをはかれる完成品付録や10ページもある「げんき あそびドリル」という知育特集が人気です。 ちなみにこのあそびドリル、ほんとにオススメ。 3歳の幼児までとありますが、4歳くらいでもまだまだむずかしいような内容も多く(間違い探しなど)、内容がとても充実しています。 スポンサーリンク アンパンマンとドラえもん 小学館の幼年雑誌 こちらも人気の「幼稚園」を有する、幼年雑誌のもうひとつの牙城。 主力キャラクターとして「アンパンマン」「ドラえもん」というキラーコンテンツを抱えており、低年齢児向けのものでは、メインコンテンツや付録もそれがらみのものが多いです。 お話の読み聞かせがメインの絵本雑誌「おひさま」も特徴的。 でも、小学館は幼稚園児の女の子ががっつり楽しめるような雑誌がないような・・・。 旗艦雑誌と思われる「幼稚園」はモロに男の子メインだし、女の子が好きそうな「ぷっちぐみ」は小学生向けだし。 女の子園児向けコンテンツ増やしてくださるようにお願いします、小学館さん。 アンパンマン、きかんしゃトーマスなどのキャラクターと一緒におみせやさん、のりものなどのごっこ遊びを楽しむことができます。 またシールあそびやさがしっこ、めいろ、パズル、工作、お絵かき、ドリルなどの知育遊びも充実しています。 「めばえ」は、とにかくアンパンマンです。 アンパンマン好きのお子さんなら、めばえはマストかもしれません。 おもちゃ屋さんに売っているんじゃないの?というくらいクオリティが高いアンパンマン付録がゲットできますよ。 また、雑誌自体とても有名ですので、幼年雑誌といえば「めばえ」を連想される方も多いのではないでしょうか。 小学館の通信講座『ぷちドラゼミ』と連動した知育コーナーがあるのも特長のひとつ。 女の子向けコンテンツも含まれているのは確かなんですが、付録をふくめ、けっこうがっつり男子向けな内容であることが多いです。 小学校に入学する前の先取り学習のワークブックです。 人気キャラクターと一緒に、もじやかずを本誌と教材付録で学んでいきます。 毎月発売ではありませんので、発売日には注意してくださいね。 毎号についているお話に関連した指人形や工作ブック、プロの読み聞かせによるアニメーションが入っているお話DVDといった付録は読者にとても好評です。 ちなみに、年長になったうちの娘はこの「おひさま」を年少さんの時から愛読しています。 家にある絵本にちょっと飽きた・・・という時に、真新しいお話がたくさん楽しめてちょうどいいみたい。 また、私が普段あまり読んであげないような昔話系もしっかり入っているので、情操教育にいいような気がしています。 親としては、ちょっと子どもに手がかけられない時にさっと見せてあげられるお話DVDがありがたいですね。 スーパー戦隊、仮面ライダー、ウルトラマンに憧れている元気いっぱいな子のためにつくられた雑誌です。 とにかくヒーロー。 寝ても覚めてもヒーロー(笑) またヒーローだけではなく、ポケモンや最新のアニメやカードゲームの情報なども掲載されています。 付録も人気があり、本物おもちゃの他に自分でつくる紙工作もあります。 ディズニーとのりものなら 学研プラスの幼年雑誌 女の子にド直球なディズニープリンセスものと、のりもの系で異彩を放っている学研プラスです。 特化しているので選びやすいですよね。 ぬりえやシール遊びなども充実し、プリンセスグッズやなりきりおしゃれグッズなどの豪華な付録がついてます。 プリンセス願望のある女の子やそのママ(笑)にはたまりません。 見ているだけでときめく・・・! 奇数月のみ発売の雑誌ですのでご注意くださいね。 わりと早く店頭から消えていることも多いです。 電車などの乗り物に関するくわしい情報が満載の雑誌です。 家族みんなで(むしろパパが?)一緒に楽しむことができます。 ここの公式HPはものすごい!! 乗り物系男子が狂喜乱舞するコンテンツががんがん更新されていて必見です。 こちらは発売が偶数月ですのでご注意。 らぶ&きゅーととテレコなのですね。 しかし、男の子って、ほんと「さいきょー」って言葉が好きよね・・・(ため息)。 鉄道好きなら「鉄おも」一択! ネコ・パブリッシングが出版している『鉄おも』。 車両や鉄道スポットなども細かく紹介されていて鉄道にくわしくなること間違いなしです。 しかもこの内容で毎月刊。 鉄道好きの子にはマストかもしれませんね。 まとめ お子さんにぴったりの幼年雑誌は見つかりましたか? 幼稚園に通う頃になると、子どもたちは自分の好みがずいぶんはっきりとしてきますね。 いろいろなことに興味関心を持つようになり、たくさんのことを知りたくなります。 幼年雑誌はこういった子どもたちの心をしっかりとキャッチしたものばかり。 プリンセスに戻りたいママ、いまでも鉄道大好きなパパなど、家族みんなで楽しむことができるのも魅力です。 お子さんが二人以上おられるご家庭などは、好みが分かれちゃいそうで大変そうではあります。 いろんな雑誌を買ってみて、これ!という一冊を見つけてくださいね。

次の

おともだち♥ピンク5月号増刊

雑誌 幼稚園

スウィートランド5はどんな付録? 「ほんものそっくり!スウィートランド5 ゲームセンターのにんきもの (本誌表紙より)」 「やく20センチメートル 電池別売り(単4乾電池1本とドライバーをご家庭でご用意ください。 ) (本誌表紙より)」 【準備】 遊ぶための準備が必要です。 部品を組み立てていきます。 回転機、アーム、スライドテーブルは箱に入っていました。 回転機の裏に電池を入れる場所があるので、ドライバーを使って開け、単4乾電池1本を入れます。 アームには本誌に付いているシールを貼りました。 ほかの部品は本誌に綴じ込まれているので、全部、本誌から切り離します。 今回組み立てる付録です。 結構な量があります。 ミシン目が入っている部品を切り離すだけで、大人の手でも約20分かかりました。 組み立てには大人ひとりで集中して組み立てて約45分。 切り離していた時間を考えると全部で約1時間以上必要でした。 説明書の手順を見ながら作ったのですが「ここは違う?合ってる?」など理解しにくい部分があり、迷いながら作っています。 また、透明のシートの組み合わせの印がうまく繋がらず、これはここだろうな・・と全体を見ながら作った部分もあります。 特に本体の中心部分は回転機の向きなど、確認しながら作ってください。 (反対になると、全部はずさなくてはいけなくなります。 ) 原産国は?素材は? <製造国> 中国 MADE IN CHINA <素材表記> スライドテーブル、回転機:ABS、POM、PET、鉄、ステンレス アーム:ABS、POM <使用電池>単4乾電池1本 サイズはどれくらい? B5サイズのカードケースやたのしい幼稚園の本誌と同じぐらいの大きさです。 <実測サイズ>(約)最大 本体:タテ19cm ヨコ22cm 奥行き24cm アーム:タテ13cm ヨコ5. 5cm 奥行き2cm コマ:(大)2. 5cm 1. 5cm 付録を使ってみた感想は? さあ、遊びます!作る時間がかかっているので、どうやって動くか楽しみな気持ちをおさえつつ、裏側にあるスイッチをオン。 グルグル回る回転盤につけた「かいてんだい」とスライドテーブル。 スライドテーブルが前後へ、かいてんだいがぐるぐると回って、「スウィートランド5」というゲームセンターにあるゲーム機のように動いています!!そのままの動きでびっくりしました。 ゲームセンターなら、お菓子などが入っている回転盤やテーブルには作った大小のコマを入れました。 遊び方は簡単!アームを使ってコマをつかみ、スライドテーブルにコマを乗せて、別のコマを落とします。 テーブルが前後にスライドしているので、コマを乗せる場所がほかのコマを落とせるかの分かれ道です。 上手にできると、たくさんのコマを一度に落とすことができます。 アームで乗せた小さいコマがリカちゃんの写真が付いた大きなコマを押し出し、ポロンと落ちました!! 出てきたコマを使って、本誌にあるビンゴゲームもできます。 今回はビンゴならず・・。 遊んでいる間に、回転盤が止まってしまうアクシデントが数回。 原因は回転盤に付ける「かいてんだい」が浮いてきてしまい、回転盤は回っているのに、かいてんだいが回らず止まってしまっていました。 かいてんだいをはめ込むことで回避できますが、何度か繰り返し止まってしまうのは残念です。 たのしい幼稚園7月号の付録は、「ほんものそっくり!! スウィートランド5」です。 子どもに人気のキャラクターを多く使っていて、大人も子どもも手に取りやすい1冊になっています。 内容は学習教材や読み物、工作などいろいろなジャンルのものが入っています。 学習教材は、ひらがな・数・形・英語・生活などが1? 2ページずつ掲載されているので、飽きずに少しずつ取り組むことができると思います。 読み物は、マナーや友達との関わりなど、幼児期に身につけさせておきたいことがテーマになっていて、工作は、ページに切り取り線や折り線などがついていて、紙面をそのまま使えるようになっています。 ほとんどがカラーページのため、子どもも見やすく、楽しめるでしょう。 たのしい幼稚園の人気の1つになっているのが、毎号ついてくる付録です。 時計やバッグなど、子どもが目をキラキラさせるようなものばかりです。 どれも付録とは思えないクオリティーで大人も満足することでしょう。 他にも、部屋やお風呂などに貼れるひらがなカタカナポスターやシールなどが付録としてついています。 そしてもう1つ、大人向けの別冊もあり、こちらはお弁当レシピや絵本の紹介、コラムなどが載っていて、日々の子育ての参考になります。 バックナンバーもすぐ売り切れてしまうため、たのしい幼稚園は定期購読でのご予約がおすすめです。 みなさんもお家で過ごす時間が増えているはず。 そんな今、お家でできる活動として注目の「料理」を特集しました。 調理中に起こる化学反応や、科学技術を使って生み出される新しい料理などをたっぷり紹介! お家でできる実験も収録しています。 実物の化石ではなくても、精巧な復元模型があれば多くの人々の興味を引くことができ、その模型を使って来館者に説明をするのにも役立ちます。 しかし、従来の復元模型は高価であり、導入は簡単なことではありませんでした。 そんな中、北海道の小さな博物館が「常識を覆す新たな挑戦」を行っています。 この驚きのプロジェクトに迫り、新時代の模型づくりについてお話を伺ってきました。 でも、こうした対策をしないとどうなるのか、直感的にはわかりにくいかもしれません。 そこで、今回はコンピューターが得意とするシミュレーションをプログラミングして、感染症が広がる様子を見てみましょう。 風車や滑車、リンク機構など、機械のメカニズムがぎっしり詰まっているから、つくりながらロボットのポイントがつかめます。 つくるのは少し難しいけど、うまく動いたら感動すること間違いなし! 基本のつくり方と工作名人向けの追加オプション、そして自由研究のヒントも紹介します。 日本の総人口は毎年、前年を割り、昨年は約1億2616万人でした。 このまま進むと、近い将来、社会はどう変わるでしょうか。 街に少しずつ人が戻り始めていますが 感染の「第2波」襲来が心配されています。 世界では9月入学が主流ですが、どんな長所と短所があるでしょう。 日本は地震大国。 多大な被害を及ぼす海の地震に備えましょう。 形、におい、毛の有無などに、環境に適応するための知恵がつまっています。 設計変更を求める国に対し、沖縄県知事が認めない方針を示しているからです。 ほかに、次のような5月のニュースを扱っています。

次の

幼稚園の付録 一覧

雑誌 幼稚園

スウィートランド5はどんな付録? 「ほんものそっくり!スウィートランド5 ゲームセンターのにんきもの (本誌表紙より)」 「やく20センチメートル 電池別売り(単4乾電池1本とドライバーをご家庭でご用意ください。 ) (本誌表紙より)」 【準備】 遊ぶための準備が必要です。 部品を組み立てていきます。 回転機、アーム、スライドテーブルは箱に入っていました。 回転機の裏に電池を入れる場所があるので、ドライバーを使って開け、単4乾電池1本を入れます。 アームには本誌に付いているシールを貼りました。 ほかの部品は本誌に綴じ込まれているので、全部、本誌から切り離します。 今回組み立てる付録です。 結構な量があります。 ミシン目が入っている部品を切り離すだけで、大人の手でも約20分かかりました。 組み立てには大人ひとりで集中して組み立てて約45分。 切り離していた時間を考えると全部で約1時間以上必要でした。 説明書の手順を見ながら作ったのですが「ここは違う?合ってる?」など理解しにくい部分があり、迷いながら作っています。 また、透明のシートの組み合わせの印がうまく繋がらず、これはここだろうな・・と全体を見ながら作った部分もあります。 特に本体の中心部分は回転機の向きなど、確認しながら作ってください。 (反対になると、全部はずさなくてはいけなくなります。 ) 原産国は?素材は? <製造国> 中国 MADE IN CHINA <素材表記> スライドテーブル、回転機:ABS、POM、PET、鉄、ステンレス アーム:ABS、POM <使用電池>単4乾電池1本 サイズはどれくらい? B5サイズのカードケースやたのしい幼稚園の本誌と同じぐらいの大きさです。 <実測サイズ>(約)最大 本体:タテ19cm ヨコ22cm 奥行き24cm アーム:タテ13cm ヨコ5. 5cm 奥行き2cm コマ:(大)2. 5cm 1. 5cm 付録を使ってみた感想は? さあ、遊びます!作る時間がかかっているので、どうやって動くか楽しみな気持ちをおさえつつ、裏側にあるスイッチをオン。 グルグル回る回転盤につけた「かいてんだい」とスライドテーブル。 スライドテーブルが前後へ、かいてんだいがぐるぐると回って、「スウィートランド5」というゲームセンターにあるゲーム機のように動いています!!そのままの動きでびっくりしました。 ゲームセンターなら、お菓子などが入っている回転盤やテーブルには作った大小のコマを入れました。 遊び方は簡単!アームを使ってコマをつかみ、スライドテーブルにコマを乗せて、別のコマを落とします。 テーブルが前後にスライドしているので、コマを乗せる場所がほかのコマを落とせるかの分かれ道です。 上手にできると、たくさんのコマを一度に落とすことができます。 アームで乗せた小さいコマがリカちゃんの写真が付いた大きなコマを押し出し、ポロンと落ちました!! 出てきたコマを使って、本誌にあるビンゴゲームもできます。 今回はビンゴならず・・。 遊んでいる間に、回転盤が止まってしまうアクシデントが数回。 原因は回転盤に付ける「かいてんだい」が浮いてきてしまい、回転盤は回っているのに、かいてんだいが回らず止まってしまっていました。 かいてんだいをはめ込むことで回避できますが、何度か繰り返し止まってしまうのは残念です。 たのしい幼稚園7月号の付録は、「ほんものそっくり!! スウィートランド5」です。 子どもに人気のキャラクターを多く使っていて、大人も子どもも手に取りやすい1冊になっています。 内容は学習教材や読み物、工作などいろいろなジャンルのものが入っています。 学習教材は、ひらがな・数・形・英語・生活などが1? 2ページずつ掲載されているので、飽きずに少しずつ取り組むことができると思います。 読み物は、マナーや友達との関わりなど、幼児期に身につけさせておきたいことがテーマになっていて、工作は、ページに切り取り線や折り線などがついていて、紙面をそのまま使えるようになっています。 ほとんどがカラーページのため、子どもも見やすく、楽しめるでしょう。 たのしい幼稚園の人気の1つになっているのが、毎号ついてくる付録です。 時計やバッグなど、子どもが目をキラキラさせるようなものばかりです。 どれも付録とは思えないクオリティーで大人も満足することでしょう。 他にも、部屋やお風呂などに貼れるひらがなカタカナポスターやシールなどが付録としてついています。 そしてもう1つ、大人向けの別冊もあり、こちらはお弁当レシピや絵本の紹介、コラムなどが載っていて、日々の子育ての参考になります。 バックナンバーもすぐ売り切れてしまうため、たのしい幼稚園は定期購読でのご予約がおすすめです。 みなさんもお家で過ごす時間が増えているはず。 そんな今、お家でできる活動として注目の「料理」を特集しました。 調理中に起こる化学反応や、科学技術を使って生み出される新しい料理などをたっぷり紹介! お家でできる実験も収録しています。 実物の化石ではなくても、精巧な復元模型があれば多くの人々の興味を引くことができ、その模型を使って来館者に説明をするのにも役立ちます。 しかし、従来の復元模型は高価であり、導入は簡単なことではありませんでした。 そんな中、北海道の小さな博物館が「常識を覆す新たな挑戦」を行っています。 この驚きのプロジェクトに迫り、新時代の模型づくりについてお話を伺ってきました。 でも、こうした対策をしないとどうなるのか、直感的にはわかりにくいかもしれません。 そこで、今回はコンピューターが得意とするシミュレーションをプログラミングして、感染症が広がる様子を見てみましょう。 風車や滑車、リンク機構など、機械のメカニズムがぎっしり詰まっているから、つくりながらロボットのポイントがつかめます。 つくるのは少し難しいけど、うまく動いたら感動すること間違いなし! 基本のつくり方と工作名人向けの追加オプション、そして自由研究のヒントも紹介します。 日本の総人口は毎年、前年を割り、昨年は約1億2616万人でした。 このまま進むと、近い将来、社会はどう変わるでしょうか。 街に少しずつ人が戻り始めていますが 感染の「第2波」襲来が心配されています。 世界では9月入学が主流ですが、どんな長所と短所があるでしょう。 日本は地震大国。 多大な被害を及ぼす海の地震に備えましょう。 形、におい、毛の有無などに、環境に適応するための知恵がつまっています。 設計変更を求める国に対し、沖縄県知事が認めない方針を示しているからです。 ほかに、次のような5月のニュースを扱っています。

次の