ネクロ ナーフ。 【シャドウバース】カード修正まとめ!最新のナーフを考察!

【シャドバ】ナーフ・下方修正

ネクロ ナーフ

【修正前】 相手のフォロワー1体に2ダメージ。 ネクロマンス 2;2ダメージではなく4ダメージ。 【修正後】 相手のフォロワー1体に 3ダメージ。 ネクロマンス 2; 3ダメージではなく 5ダメージ。 【修正前】 5コストスペル 相手のフォロワー1体を破壊する。 【修正後】 4コストスペル 相手のフォロワー1体を破壊する。 【修正前】 相手のフォロワー1体を消滅させる。 【修正後】 相手のフォロワー1体を消滅させる。 自分のリーダーを「そのフォロワーの体力」と同じだけ回復。 【修正前】 相手のフォロワー1体に2ダメージ。 共鳴 状態なら、2ダメージではなく4ダメージ。 【修正後】 相手のフォロワー1体に 3ダメージ。 共鳴 状態なら、 3ダメージではなく 5ダメージ。 【修正前】 操り人形2枚を手札に加える。 相手のフォロワーすべてに1ダメージ。 【修正後】 操り人形 3枚を手札に加える。 相手のフォロワーすべてに1ダメージ。 カード 変更点 【修正前】 6コスト 【修正後】 7コスト 【修正前】 ファンファーレ 機械・カード 鉄扇のエルフを除く をランダムに1枚、自分のデッキから手札に加え、そのコストを-1する。 【修正後】 ファンファーレ 機械・カード 鉄扇のエルフを除く をランダムに1枚、自分のデッキから手札に加える。 進化時能力も同様に、コストを-1する能力を解除。 【修正前】 ファンファーレ このバトル中、自分のリーダーは「自分が手札を捨てたとき、ランダムな相手のフォロワー1体と 相手のリーダーに2ダメージ」を持つ。 リーダーはこの能力を重複して持たない。 【修正後】 相手のリーダーに1ダメージに変更 むじょっくすが能力調整を考察! カード 変更点 【修正前】 2コスト カードを1枚引く。 コスト7以下の自分の手札と、コスト7以下の自分の場のカードすべては、ニュートラル・カードになる。 【修正後】 1コスト 自分の手札のニュートラル・フォロワー1枚を選択して、それと同名のフォロワー1枚を手札に加える。 自分の場のフォロワーすべては、ニュートラル・フォロワーになる。 墓場が何枚であってもネクロマンス能力が働き、墓場の枚数は減らない この能力は、このフォロワーが場を離れるとき失われる。 このフォロワーが場を離れるとき、自分の墓場を-20する。 Xは「その ネクロマンス の値」である。 リーダーはこの能力を重複して持たない。 エンハンス 8; チョイス ではなく、白の王・イメラ1枚と黒の女王・マグナス1枚を手札に加え、自分のPPを8回復。 【修正後】 チョイス したカード1枚を手札に加える。 エンハンス 6; チョイス ではなく、白の王・イメラ1枚と黒の女王・マグナス1枚を手札に加え、自分のPPを 6回復。 【修正前】 相手のフォロワー1体に3ダメージ。 エンハンス 6;3ダメージではなく6ダメージ。 【修正後】 相手のフォロワー1体に3ダメージ。 自分の場に 潜伏 状態のフォロワーがいるなら、3ダメージではなく6ダメージ。 に変更。 」 に変更。 」 に変更。

次の

【シャドバQ&A】ネクロナーフ案[No273805]【シャドウバース】

ネクロ ナーフ

ただ、境界だけをナーフすると今度はフェイランがどうしようもなくなりそうな気もするので、ナーフするならフェイランも同時にやった方がいい気はします。 《愚者》・リンクル 最初はあまり使われて無かった印象がありますが、キャルとセットで秘術ウィッチに投入され始めてからその強さが発覚。 その後どんどん流行っていって、今では当たり前のように3枚投入されるようになりました。 こいつのナーフ案は中々難しいんですけど、とりあえず進化するだけでPP2回復はインチキ臭いので消して良いと思います。 あとナーフするとしたら暴圧が重複しないようにする事でしょうか。 キャルは今更ナーフされる気がしないので諦めた。 地を裂く異形 魔道具専門店が流行った時に「 6ターンで終わらせれば勝てるじゃん!」という考えから流行った異形闘技場エルフの主役。 闘技場置いて異形にカードを融合しまくって、理想ムーブをすれば6ターン目に20点パンチでワンキルするという豪快なデッキです。 専門店と比べると素早く終わるのでストレスは少な目ですが、こちらも対処カードが無いと一瞬でやられてしまう上に対戦してる感があまり無いので中々ヘイトを集めている印象。 ナーフするとしたら単純にコストを1上げるとか、攻撃力を下げるとかになりますかね。 魔道具専門店 おそらく現環境で最も嫌われているデッキの主役カード。 今までは所謂ネタデッキのポジションだったのですが、突然の落石、フューチャービジョン、でたらめな接合などによって大幅に強化され環境入りしてしまいました。 事故る時は事故るし専門店引いてても7ターン目に必ず勝てるわけでも無いのですが、 ブン回るか何もしないかの2択なので相手しててつまらないデッキなのは確か。 遊戯王でいうところの図書館エグゾディアみたいなデッキ。 これが流行ったせいで一時期、殆どのデッキにラブソングシンガーが投入される事態になりました。 なお、現在はメタられまくったせいで専門店デッキは減ってきた印象。 ナーフするとしたら単純にコストを上げるのが妥当でしょう。 幽暗の墓守 ウィッチと同じく環境トップの葬送ネクロに必ず入っているカード。 高スタッツ、守護、相手フォロワー破壊、リーダー回復と効果てんこ盛りの分かりやすい壊れカード。 まあ6コスで出すなら適性だとは思いますけど、実際は結晶2で置いて4ターンか5ターン目には出てきてしまうので、いくらインフレ環境とはいえおかしいんじゃないかなと思います。 こいつは結晶のコストを上げる、スタッツを下げる、破壊に葬送以外の条件を付ける、回復を無くす等々・・・色々なナーフの仕方があります。 個人的にはやはり結晶のコストを上げてもう少し出てくるのが遅くなれば良いかなと思ってます。 まとめ 「 過剰なストレス」を理由にするならどのカードもナーフされる可能性はありそうですが、最近のシャドバ運営は勝率を元にナーフをするので現実的に考えると可能性があるのは境界、リンクル、墓守だと思います。 専門店と異形はメタられた時に弱いし安定性も低いですからね。 ただ、ウィッチもネクロも今のところ圧倒的に強いというわけではないのでナーフ自体あるのかどうか微妙なところ。

次の

【シャドバ】ナーフ・下方修正

ネクロ ナーフ

「リノ………!!」 基礎データ 全国図鑑 No. 800 アローラ図鑑 No. 400 UBコードネーム UB:BLACK 分類 プリズムポケモン タイプ 高さ 2. 4m 重さ 230. 目撃したハンサムはと疑ったが、エーテル財団や国際警察のデータには存在しない。 真っに染まった鋭角的な水晶のごとき身体を持ち、半分に割れた頭部と一体化した胴体部、両腕は巨大なクローのようになっている反面、それを繋ぐ二の腕部分と両足はかなり細いという何ともアンバランスな体型をしている。 がエネルギー源であり、掌や後頭部など体の一部からは、内部に蓄えられた膨大な光エネルギーが白く透けて見えている。 その身体の器官から放射するで、周囲の者全てを容赦なく攻撃する非常に凶暴な性格。 これほどの光を蓄えた存在であるが、光への飢餓は解消されず、戦闘中に度々苦しんでいるかのようなモーションを見せる。 また、ウルトラムーン版の図鑑説明文から、「黒ずむ」まで含めた複雑なネーミングだとも推測される。 またで追加された鳴き声は、ハワイ語で「光」を意味する linoからきている。 レベルは75。 能力は素早さが若干不安だが、他の能力は特攻を筆頭に高水準と言う伝説ポケモンのそれ。 但し合計種族値は600。 この辺も「まだ隠された力があるのでは」と言われる要因だったりする。 習得技はかなり癖が強い。 なんと自力習得できる従来のエスパー技は「」「」「」と専用の「プリズムレーザー」しかない。 また他の習得技も物理・特殊がまばらだったりタイプも安定していなかったり、わざマシン対応技も特殊寄りにも関わらず物理技が殆どを占める等変な事になっている。 地味に「」と「」を両方習得できる稀有なポケモン。 専用技 「」は使うと1ターン反動で動けなくなってしまう「」のエスパー版。 但し 威力160と「」を超えるエスパータイプ最強の威力を持つ。 USUMから追加されたもう一つの専用技 「」は 攻撃と特攻の高い方の数値で放つエスパータイプの特殊技。 物理型となる日食ネクロズマと、特殊型となる月食ネクロズマのどちらでもメインウェポンを務められる優秀な技である。 特性は新登場の 「プリズムアーマー」。 弱点の技の受けるダメージが軽減されると同じ効果であるが、隠し効果でを無効化することが出来るためハードロックの上位特性と言える。 またこの隠し効果はソルガレオとルナアーラの特性も共通している。 ネクロズマの謎 図鑑では・同様 金枠 つまり禁止伝説級 に設定されている、以降お馴染みのマイナーチェンジ版等で正体が明かされるに相当する存在。 戦闘時のBGMもと同じであり、通常の対戦やでは使えない。 SM発売後〜USUM発売前 通常形態だけが知られていた時期。 一部のユーザーの間では、頭部と胴体が龍の頭部のように見えることが話題となっており、胴体の裏側が斬り落とされた首の断面のように見える事も相まって、この姿は本来の姿ではないと考察するユーザーが多かった。 しかし、アローラ地方にはネクロズマ自身にまつわる文献や資料が皆無に等しく、SMでは「UBである」との明言もなされなかった。 太古の昔アローラを覆い、人々とポケモンの光によって打ち消されたとされる 「闇」の伝承との関連が指摘されてはいたものの、詳細な設定はマイナーチェンジ版であるUSUMの発売を待つこととなった。 USUM発表から発売後.

次の