プリマ ヴィスタ メルティ リキッド ファンデーション。 ツヤ肌仕上がりを1日中くずさない!『プリマヴィスタ くずれにくい うるおい質感 メルティリキッドファンデーション』シーズン限定発売【2019年8月24日】

プリマヴィスタ 2019年秋冬限定《くずれにくい うるおい質感 メルティリキッドファンデーション》8/24発売!乾燥肌に最適なうるおい処方を搭載

プリマ ヴィスタ メルティ リキッド ファンデーション

花王のベースメイクブランド・プリマヴィスタから 『プリマヴィスタ くずれにくい うるおい質感メルティリキッドファンデーション 』がシーズン限定で登場!うるおったツヤ肌が10時間続くというから、乾燥が気になる秋冬にはかなり嬉しい。 商品名にまでなっている「くずれにくさ」も皮脂くずれ防止下地が人気のプリマヴィスタだから期待できそう! うるおいと持続を両立!よくばりな新リキッドファンデーション 『プリマヴィスタ くずれにくい うるおい質感メルティリキッドファンデーション 』(全4色・30g・希望小売価格 税抜3,200円・2019年8月24日発売)は、秋冬の乾燥による「粉っぽさ」や「パサつき」が気になる方に向け、うるおい質感を持続させるファンデーション。 プリマヴィスタ初の<うるおい質感スキンフィット処方>で、粉ふき・カサつき・小ジワの目立ちを抑え、クッションファンデーションのようなツヤ肌を長時間持続できる。 しっとりツヤ肌の完成! 驚いたのがカバー力。 みるみる小ジワや毛穴が消えて、まるでカメラアプリで撮ったみたいな肌に。 そういうファンデーションは厚塗りっぽくなりがちだがこれは違って薄付きだから嬉しい。 ファンデだけでハイライトをつけたみたいなツヤ肌ができあがった。 触れてみるとぷるんとしてみずみずしい! 少量でも伸びがいいので、気持ち少なめで足りなかったら追加する感じがおすすめ。 「キレイが続く」から、いつ出会ってもきれいな第一印象 気になる持続力は……朝メイクをして夕方帰ってくるまで、なんと一度もお直しが必要なかった。 普段は鏡を見るたび気になる口元や小鼻周辺のヨレやカサつきもなく、これはたすかる! プリマヴィスタは女性の第一印象を大切にしたいという想いを込めたブランドなのだとか。 まさしくこれは、いつ出会ってもきれいな第一印象でいられるファンデーションだと感じられた。 『プリマヴィスタ くずれにくい うるおい質感メルティリキッドファンデーション 』は秋冬限定発売。 数量限定品なので、在庫が無くなり次第販売が終了となる。 取扱いスーパーや、ドラッグストアでも購入できるので、気になる方は急いで見に行こう。 公式サイトもチェックしてみて。

次の

【限定品】くずれにくい うるおい質感 メルティリキッドファンデーション / ソフィーナ プリマヴィスタ(リキッドファンデーション, ベースメイク)の通販

プリマ ヴィスタ メルティ リキッド ファンデーション

プリマヴィスタのファンデーションの特徴と期待できる効果は?デメリットも 毛穴のカバー力や年齢より若く見える素肌仕上げに評価が高いのがソフィーナのプリマヴィスタ「きれいな素肌質感パウダーファンデーション」です。 ・ プリマヴィスタ「きれいな素肌質感パウダーファンデーション」…3,800円 そして、塗っていることを感じさせない明るくなめらかな仕上がりで、独自のスキンフィット設計で薄くしなやかに伸びて、肌と一体感のある仕上がりを夕方まで維持することができるそうです。 そんなプリマヴィスタのパウダーファンデーションには次のような成分が配合されています。 ・ 成分(ピンクオークル03の場合) 窒化ホウ素、マイカ、ポリメチルシルセスキオキサン、メトキシケイヒ酸エチルヘキシル、ジカプリン酸ネオペンチルグリコール、(ビニルジメチコン/メチコンシルセスキオキサン)クロスポリマー、(ジフェニルジメチコン/ビニルジフェニルジメチコン/シルセスキオキサン)クロスポリマー、パーフルオロオクチルトリエトキシシラン、ジメチコン、ポリシリコーン-9、水添パーム核油、ヘキサ(ヒドロキシステアリン酸/ステアリン酸/ロジン酸)ジペンタエリスリチル、イソステアリン酸水添ヒマシ油、塩化Al、(ジイソステアリン酸/水添ロジン酸)グリセリル、エチルパラベン、タルク、合成フルオロフロゴパイト、酸化チタン、酸化亜鉛、酸化鉄、水酸化Al、メチコン、トリエトキシカプリリルシラン このように、シリコン主体なのでフィット感が良く、さらっと使えそうな成分配合ですが、保湿成分などは含まれていないため、乾燥しないかが気になりますね。 ちなみに、プリマヴィスタはリキッドファンデーションにも保湿成分があまり配合されていないので、乾燥肌の方などメイクの際にも保湿をしておきたいタイプの肌質の方にはあまり向かないかもしれません。 () 色の種類や色選びのコツは? いくらファンデーションの質が良くても、自分の肌色に合ってなければ浮いてしまって失敗しますよね。 そこで、プリマヴィスタのパウダーファンデーションの色の種類や色の選び方をチェックしてみましょう。 プリマヴィスタのファンデーションは全部で7色あり、標準色はオークル05なんですが、標準といってもやや黒目なのが特徴です。 そして、この中で色を選ぶ場合、色白であれば03か01、黄色よりであれば03、地黒であれば03の中でもピンクオークルが意外と合うようです。 以上を参考に、実際に頬から首筋にかけてタッチアップを行ない、馴染みが良く、黄色っぽい方はくすみをカバーしてくれるもの、地黒であれば明るさを与えてくれるものなどといったように、肌の悩みを解決してくれるカラーを選ぶことが色選びのコツになります。 40代・50代へのオススメは? プリマヴィスタには、実は「ディア」というシリーズがあって、通常タイプのプリマヴィスタのファンデーションが30代の生理前や寝不足で肌のコンディションを崩しがちなゆらぎ肌にオススメなのに対し、「ディア」の方は40代や50代の黄ぐすみしがちな肌に向いているシリーズです。 そして、配合されているパウダーが通常タイプの光補正だけでなく、色調補正の効果もあり、保湿成分も多いのでしっとり感が持続し、肌を明るく見せる効果も高いそうなので、年代別に使い分けるようにしてくださいね。 スポンサーリンク 使い方を分かりやすく! プリマヴィスタのパウダーファンデーションは、化粧崩れ防止効果のあるプリマヴィスタ化粧下地と合わせて使うとより効果が出るので、この化粧下地で肌を整えた後、スポンジで軽くすべらせるように取り、頬の中心から円を描くように広げ、まわりに馴染ませ、もう一度少量をとり、目のまわり、口のまわりに馴染ませましょう。 それから、最後に鼻筋やその他の部分を整えたらできあがりです。 このとき、たたいたり押さえたりするよりもすべらせた方がうすく均一についてキレイに仕上がるそうなので、やってみてくださいね。 また、水なし専用のファンデーションなので、スポンジには水を含ませないで使用すると良いようです。 スポンサーリンク 口コミや評判まとめ それでは、プリマヴィスタのパウダーファンデーションを使った方の口コミをチェックしていきましょう。 1、 良い口コミは? ・ 口コミ1 粉っぽくて白くなって塗ってます感があるパウダーファンデがずっと苦手で、リキッドばっかり使っていたのですが、気になって試してみたら、全然粉っぽくならない!白くならない! 塗ってます感がなく、本当に肌が綺麗な人に見えます! 周りにも肌綺麗と言われます! 初めてパウダーファンデでお気に入りが見つかり、何回もリピしてます! でも、夏はやはり崩れますね。 途中他社製品も試しましたが、同じ価格帯のものだと結局これが一番でした! 他社製品は下地によってよれたり、ボロボロと剥がれてきたりしたのですが、プリマヴィスタは今のところ他社の下地でも相性の悪いものはないです。 同ラインの下地との相性がやはり一番ですが、他社の下地を使用しても化粧もちが続くのが最高です。 そのためなのかカバー力がほとんどありませんでした。 毛穴はうっすらカバーしてくれましたが、色ムラはコンシーラーを別で使わないとカバーできません。 また化粧持ちに関しては汗をかいたらほとんどとれます…。 ・ 口コミ2 パフを軽く滑らせるようにお肌にのせて、とカウンセラーの方に教えてもらいましたが、そのつけ方をするとこの暑さじゃメイク崩れが早かったです。 良く動かす部分がムラになり、浮いた感じがしたので、分厚めのスポンジでしっかりなじませたほうが持ちがよかったです。 ただ、言うほどカバー力があって素肌感ある!とは思えないので、涼しくなるまで違うのを使おうかなと思います。 ・ 口コミ3 サラッとして軽く着け心地はいいけど、汗かくとすぐくずれます。 出典: いかがでしたでしょうか? パウダーファンデーションはさらっとして軽い使い心地なのが魅力ですが、やはり崩れやすいようで、気に入っている方でも夏の使用はやめているようでしたね。 その点でいうと、リキッドファンデーションの方がマットでしっかりとした仕上がりになるので、化粧崩れのしにくさを重視するなら、同じプリマヴィスタでもリキッドファンデーションの方が良いかもしれないですね。 スポンサーリンク こんな方にオススメ! プリマヴィスタのパウダーファンデーションは、 ・ さらっと軽い付け心地のファンデーションが好き ・ ホルモンバランスで肌が崩れがち といった方にオススメなので、当てはまる方は試してみてくださいね。 最安値で買える激安ショップはこちら! 早速パウダーファンデーションを買ってみたい!という方のために最安値の販売場所を探しておいたので参考にチェックしてみてくださいね。 ・ ソフィーナ プリマヴィスタ「きれいな素肌質感パウダーファンデーション」の最安値はこちら! まとめ いかがでしたでしょうか? 今回は、プリマヴィスタのファンデーションの色選びのコツと使い方、また、色白の場合などについて詳しくお伝えしました。 プリマヴィスタのファンデーションにはリキッドとパウダーがありますが、パウダーファンデーションの方はさらっとした質感で化粧崩れがしにくいとのことなので、色展開や色白など肌色別の選び方のコツや、40代以降にはディアシリーズがオススメといったことをお伝えしましたね。 そして、口コミをチェックすると、商品説明とは違って崩れやすく、軽い付け心地で気に入っている方も夏は避けているようなので、しっかり維持したい季節や肌質の方はリキッドの方も試してみると良いのでした。 そんなパウダーファンデーションの最安値の販売場所もお伝えしたので、ぜひチェックして試してみてくださいね! スポンサーリンク.

次の

ツヤ肌仕上がりを1日中くずさない!『プリマヴィスタ くずれにくい うるおい質感 メルティリキッドファンデーション』シーズン限定発売【2019年8月24日】

プリマ ヴィスタ メルティ リキッド ファンデーション

スポンサーリンク こんにちは、小日向もけと申します。 今回は マキアージュとプリマヴィスタのリキッドファンデをそれぞれ使用し、 使い心地や仕上がり、崩れにくさなどを比較してみました。 先日下地とパウダーファンデを比べたときはマキアージュの圧倒的な素晴らしさに驚かされたので、「リキッドファンデならどうだろう?」と思い比較してみたのですが、先に結果を言ってしまうと 私はやっぱりマキアージュのアイテムの方が好みでしたね〜。 プリマヴィスタももちろん素晴らしい商品なのですが、私はマキアージュのベースメイクの仕上がり具合が好きすぎるみたいです・・!詳しくは記事の中で説明していきますね。 個人的な感想になってしまいますが、ファンデ選びの参考にしていただければ嬉しいです。 ちなみに私の肌質は・・• 乾燥肌• アトピーあり(特に目の周りに出やすいです)• 色ムラのある赤ら顔• 鼻の周りだけ油っぽい• 小鼻の赤みと黒ずみが気になる だいたいこんな感じです。。 顔全体は乾燥肌なのに、小鼻の周りだけ脂っぽいので下地やファンデ選びにはいつも悩んでしまいます。。 同じような肌質の方に参考にしていただければ嬉しいです。 今回使用した化粧品はこちら• マキアージュ「ドラマティックスキンセンサーベース UV」• マキアージュ「ドラマティックスキニーフィルムリキッド UV」• マキアージュ「ドラマティックリキッド UV」• プリマヴィスタ「皮脂くずれ防止 化粧下地」• プリマヴィスタ「くずれにくい 化粧のり実感 リキッドファンデーションUV」 今回比較に使用したコスメは上の5つです。 マキアージュはどちらのリキッドファンデを使おうか迷ったのですが、結局今回は2つとも比較してみることにしました。 ちなみに化粧下地もそれぞれのブランドのものを使用しています。 それでは、1つずつ商品の特徴などを簡単に説明していきますね。 マキアージュ「ドラマティックスキンセンサーベース UV」 引用: マキアージュの下地は私が最近激推ししている 「ドラマティックスキンセンサーベース UV」を使用しました。 中身はこんな感じのピンク色をしています。 テクスチャーはゆるめで、 とにかく伸びがめちゃくちゃいいです!肌にのせた瞬間、いかにもファンデがキレイにのりそうなサラッサラの触り心地のいい肌にしてくれます。 この下地のすごいところはそれだけじゃなくて、 肌と湿度の状態に合わせて構造が変化するという驚きの機能がついているので、潤うのにベタつかないという理想的な肌の状態を作り上げてくれます。 最初は「どういうこと・・?」って感じでしたが、実際に使用してみるとそのすごさがよくわかりました。 乾燥しないし、テカらない。 ぜひ使ってみていただきたい、今イチオシの化粧下地です。 マキアージュ「ドラマティックスキニーフィルムリキッドUV」 引用: マキアージュのリキッドファンデ1つ目は「ドラマティックスキニーフィルムリキッドUV」を使用しました。 お値段は3,780円でした(Amazonより)。 中身はこんな感じ。 水のようなシャバシャバしたゆるめのテクスチャーをしています。 肌への伸びはとてもよく、うすーく膜を張るような感じでピタッと密着します。 フィット感がとても強いので、いかにも皮脂や汗に強そうな感じ。 仕上がりはとてもナチュラルです。 ファンデを塗っているのかわからないくらいの素肌っぽさ。 カバー力はそこまで高くないかなぁ。 肌の色ムラや赤みなどはカバーしてくれますが、高いカバー力を求める方には少し物足りないかもしれません。 私は気になる部分には重ねづけして隠すようにしていました。 付け心地は軽く、圧迫感もないので使用感はとてもよかったです。 暑い季節には特に快適に使えるんじゃないかなぁと思いました。 マキアージュ「ドラマティックリキッド UV」 引用: マキアージュのリキッドファンデ2つ目は 「ドラマティックリキッド UV」を使用しました。 中身はこんな感じ。 この画像だとクリームっぽく見えますが、実際は 空気を含んだようなふわっとしたスフレ状です。 名前に「リキッド」とありますが、液体というよりはクリームに近いですね。 空気を含んだクリームが肌の熱でとろけるように、肌にスルスルと伸びてくれます。 先ほどのスキニーフィルムリキッドとはまったく違う質感です。 肌に伸ばすとふんわりと密着し、毛穴や色ムラをキレイに隠してくれます。 でも厚塗りっていうわけじゃなくて、素肌っぽい感じ。 スキニーフィルムリキッドよりはこちらの方がカバー力があるように感じました。 パウダーファンデのときも感動したんですが、マキアージュのベースメイクは 「カバー力があるのに素肌っぽい」っていうのが特徴なのかなぁ。 とにかく自然です。 自然で無理してないキレイな肌になれます。 プリマヴィスタ「皮脂くずれ防止 化粧下地」 引用: プリマヴィスタの化粧下地はこちらも人気のある 「皮脂くずれ防止 化粧下地」を使用しました。 中身はこちらもピンク色。 マキアージュよりはややもったりとしたテクスチャーですが、伸びはとてもいいです。 肌をサラサラにし、ワントーン明るく仕上げてくれます。 この下地の特徴は、やっぱり崩れにくいことですね〜。 プリマの下地を使うと、あとに塗るファンデが「カチッ」とロックされてその場から動かなくなる感じがしますw鼻の周りのテカリも気にならないですし、汗にもとても強かったですよ。 私は鼻以外乾燥肌なのでクーラーの部屋で乾燥してしまうのが気になりましたが、これから暑くなる季節には重宝する下地だろうなぁと思います。 プリマヴィスタ「くずれにくい 化粧のり実感 リキッドファンデーションUV」 引用: プリマヴィスタのリキッドファンデは 「くずれにくい 化粧のり実感 リキッドファンデーションUV」を使用しました。 こちらはSPF25・PA++で、お値段は30mlで3,456円でした(Amazonより)。 中身はこんな感じ。 テクスチャーはゆるめで、少量でどこまでも伸びてくれます。 マキアージュのスキニーフィルムリキッドとテクスチャーは少し似ているかも。 伸びはとってもいいんですが、下地の影響なのか固まるのが早いような気がしましたね。 早く塗らないと!ってちょっと焦ってしまいましたw 仕上がりは結構マット寄りだと思います。 カバー力はマキアージュのリキッドUVと同じくらいかなぁ。 毛穴や色ムラ、小さなシミくらいならキレイに隠してくれますよ。 乾燥が少し気になる反面、 皮脂崩れや汗によるヨレには一切悩まされなかったので、夏場の屋外ではかなり活躍してくれるアイテムだと思います。 実際に使ってみた感想と比較画像 ここからはすっぴんとの比較画像と、実際に使用した感想をまとめていきます。 こうして比べてみると本当に素肌っぽいですね〜。 とっても薄づきで透明感のある仕上がりになります。 薄く肌に広がるので、カバーしきれない部分が出てくるかもしれませんが、指でぽんぽんっと重ねづけするとナチュラルにカバーしてくれます。 こちらは10時間後の肌と比べた画像です。 この日は暑い日でかなり汗をかいたのですが、 仕上げのパウダーをせず化粧直しもしない状態で一日過ごしてもそこまで崩れていませんでした。 むしろツヤが出て朝よりキレイになっているような・・?さすがに鼻周りは少しテカリ始めていますが、このくらいなら許容範囲ですね。 この崩れにくさは下地の影響も大きいんじゃないかと思います。 皮脂に強い反面、クーラーの部屋にいると少しだけ乾燥する感じがしましたが、気になったのはそのくらいかなぁ。 使用感がとってもいいので、使いやすいファンデだなと思います。 マキアージュ「リキッドUV」はカバー力があるのに素肌っぽい。 すっぴんの状態だと色ムラがあり、おまけにニキビもできてしまっているのですが、ファンデ後は均一な肌色になっているのが伝わるかなと思います。 これだけカバーされているのに不思議と素肌っぽいんですよね。 肌の気になる部分だけ隠して、透明感は残してくれている感じがします。 10時間後の肌と比べるとこんな感じ。 画像で見ると鼻周りが少しテカっているようにも見えますが、 鏡で確認したときは特に気になるほどではありませんでした。 保湿力があるファンデなので、暑い今の時期はヨレたりテカったりするかなぁと思っていたのですが、意外な結果でしたね〜。 これも下地のおかげなのかなぁ。 クーラーの部屋で仕事をしていた時の乾燥感もなかったので、 冬場にも使いやすそうなファンデです。 プリマヴィスタは崩れない!ファンデが固定されて動かない感じ。 肌の色ムラや鼻周りの赤みも自然にカバーしてくれていますね。 下地の影響なのか結構マットな仕上がりなので、上からパウダーを重ねなくてもサラサラの肌になります。 「 ツヤっぽい感じよりマットが好み」という方には特におすすめかなぁ。 速乾性があるのか肌に塗ったファンデがたちまち動かなくなるので、「これは崩れないだろうなぁ・・」と直感できたアイテムでもありました。 10時間後の肌と比べるとこんな感じです。 やっぱり崩れていませんね〜。 テカる気配すらありません。 これも下地のおかげなのかなぁ。 プリマの下地+パウダーファンデの組み合わせよりも、リキッドファンデとの組み合わせの方がより崩れにくそうな感じがしました。 多少濡れたぐらいではそうそうファンデが動かないくらいカチッと固定されているので、夏場のレジャーには最適な組み合わせだと思います。 結論:私はマキアージュの「ドラマティックリキッドUV」が一番好きでした どのファンデもそれぞれに素晴らしいアイテムでしたが、私はマキアージュの「ドラマティックリキッドUV」の仕上がりが一番好みでした。 その次が同じくマキアージュのスキニーフィルムリキッドかなぁ。 プリマヴィスタは圧倒的に崩れにくいですし、仕上がりもキレイで素晴らしい商品だったのですが、私はマキアージュの「素肌っぽさ」が圧倒的に好きみたいです。 マキアージュはパウダーファンデもそうだったのですが、 あの独特の抜け感といいますか、気になる部分はカバーするけど完璧に隠しすぎない感じが絶妙なんですよね・・。 私自身29歳という年齢になり、無理している感を出さずに等身大のキレイさを追求できたらいいなぁ・・なんて考え始めていたのですが、マキアージュのベースアイテムはまさにそんな 「頑張りすぎていないキレイな素肌」を実現してくれたように思いました。 「作り込まれていないキレイな肌」になれる感じかなぁ。。 なんだかわかりにくいですが、なんとなくでも伝われば嬉しいですw リキッドファンデも素晴らしかったですが、 個人的にはやっぱりパウダーファンデの方が密着感があって好きでした。 これからの時期もパウダータイプの方が使いやすいですしね。 いろいろと勝手なことを書いてしまいましたが、化粧品って好みや肌質によっても評価が変わってくるものだと思うので、「こんな意見もあるんだなぁ」くらいで参考にしていただければ嬉しいです。 ここまで読んでいただきあ、ありがとうございました。

次の