キンプリ 歌唱力。 【2020年最新】ジャニーズ歌唱力ランキング・25歳以下編【3,585名に調査】(3~5位)|ランキングー!

キンプリメンバーの総合力をまとめてみた!

キンプリ 歌唱力

歌割り(歌うパート)の量や、SNSなどファンの反応を基にしたものですのであしからず。 第6位 岩橋玄樹くん ルックスの可愛さや王子発言のアイコンともいえる、岩橋玄樹くん。 その歌声も、やっぱり 甘い声との評判があります。 ただ歌割でみてみると、ソロで歌うことが少なく、ファンとしては少し物足りない感もありそうですね。 古い雑誌のインタビューで 自分的にはけっこう本気で歌ってたのに、お母さんに「それ本気で歌ってる? 」 って言われたので最近ではお風呂で歌ってます笑 と話していたことがあります。 岩橋玄樹くんは元々ちょっと内気な性格で、 歌うときに「シャイ」な部分が出てしまうのかもしれませんね。 第5位 高橋海人くん ほぼ地声と変わらないといわれる、高橋海人くんの歌声。 しっかりと発声しやすい音域を、自分自身できちんと把握しているといった印象がありますし、音を外したりすることもありません。 高橋海人くんは、昔からダンスをやっていたこともあって、体幹がしっかり備わっているのでしょうね。 音がブレず安定感があり、地声とほぼ変わらないことで、 歌詞をきちんと「言葉」として届けてくれるような歌声だと感じます! 第4位 神宮寺勇太くん 「チャラ神寺」なんて呼ばれるビジネスチャラ男を演じたり、 シンメ(他メンバーとニコイチ的な意味です)と呼ばれる岩橋玄樹くんへのジェントルマンっぷりなど、 個人的には、キンプリメンバーの中でもかなり男らしさが溢れていると感じる、神宮寺勇太くんですが、歌声は高め。 透明感があって甘い歌声だといわれているので、神宮寺担にとっては 癒しのイケボなんだと思います!! 第3位 永瀬廉くん デビュー曲『シンデレラガール』の歌割はかなり多いのですが、永瀬廉くんが3位です。 というのも、 2016年8月のMステ出演時に歌唱力が安定せず、視聴者やSNSで叩かれたことがありました。 そのため、永瀬廉くんは歌が上手くないというイメージがついた方もいるかもしれませんが… 実は永瀬廉くんは関西Jr. 時代から歌が上手いと定評のあったメンバーです。 なので個人的には、2016年のMステで音程ミスをしたのも、 緊張してしまったためなのではないかと考えています。 上手くなかったら、さすがにデビュー曲でこんなに歌割多くないんじゃないかなぁと。 そして永瀬廉くんの歌声は、高橋海人くんと同じく地声に近い印象で、聴き心地は軽いように思います。 ボイトレもしっかりしているでしょうし、これから更に 多くのステージを経験することで、歌唱力がどんどん安定していくことでしょう! 第2位 岸優太くん 2位にランクインしたのは、SNSでの反応も常に好評の岸優太くんです! リーダーとしての責任感もあってでしょうか、声量や音程などがブレにくく、安心して聴いていられるとの声がありました。 岸優太くんは、歌以外にも演技力やダンスの評価も高く、キンプリ内でも 今後マルチな活躍が期待できる存在だと思いますし、好感度が本当に高い!! プライベートに遭遇したファンの書き込みなどでも、嫌な反応は一切書かれていないというまさに神対応なんだとか。 「岸優太のトーク力はイジられてこそ輝く」ともいわれる、愛され系リーダーな岸優太くん。 映画出演もどんどん決まっていくと思うので、 歌割もこれから更に増えそうな予感がします。 第1位 平野紫耀くん 主演ドラマの主題歌だけあって、デビュー曲『シンデレラガール』の歌割はやはりトップの平野紫耀くん。 しかし、歌割を差し引いても、歌唱力はキンプリ内1位だという意見が結構多かったです。 「普段はハスキーボイスだが、歌うと艶っぽさがある」なんて関西Jr. 時代からいわれていて、声量はあまりありませんでしたが、そのルックスに合った歌声でファンを魅了してきました。 その後平野紫耀くんは、舞台で正しい発声と自在に操れるビブラートを身につけていき、声量もアップ。 時代から歌がうまいといわれていた、岸勇太くんや平野紫耀くんがいても、やっぱりベテラン大先輩たちの壁は厚いみたいですね。 そもそも『Kinki Kids』のお二人も、元々歌が上手いといわれていました。 その才能に加え、 「年を重ねることでますます歌唱力をつけてきた」という声や、 「堂本剛さん・堂本光一さんのハーモニーが素晴らしい」という意見が目立っているように感じます。 これは、ユニットとして長い時間を過ごしてきた賜物であったり、お互いへの信頼や理解であったり、人生経験によって培われる部分が大きいのではないでしょうか? そう思うと、キンプリはメンバーがまだまだ若いですし、本当に「これから」っていうグループだと感じますね。

次の

ジャニーズを代表する歌うまシンガーリスト3 これからのジャニーズを支える期待のホープ キンプリ岸くん SixTONES京本くんジェシーくんなにわ男子大橋くん

キンプリ 歌唱力

キンプリの歌唱力うまい順は 1. 岸優太 2. 髙橋海海人 3. 平野紫耀 4. 神宮寺勇太 5. 永瀬廉 6. 岩橋玄樹 だと思うのですが皆さんはどうもいますか! みんな上手いし、決めがたいですが... 岸くんは安定していちばんうまいかなぁと! 声もすごく綺麗で透き通ってる気がするので! あとはもう、私自身が岸くんの歌声を聞いて ハマった人間なので、そこの想いも込めてw 平野くんと海人くんは同じくらいうまいから、 個人的な考えで(笑) 平野くんは人気だから歌うパートも多いから、 一見海人くんよりもうまいイメージですけど、 声質や歌い方含め、海人くんぽいなーと。 (実は歌い方は一番海人くんが好きだったりする) あとの3人は同じくらいかなと思ったのですが、 廉くんは声はすごい良い印象だけど、 歌はあまり目立って上手い方ではないかなーと 十分うまいですけどね!!!!(そして岸くんの次にハマってる人ですw) もうほんとに個人の意見でなんで、皆さんの意見を知りたいです!!みなさんはどう思いますか? 補足岸くんの次に平野感が上手いと言われているのは存じ上げております!ただ、個人的な意見なのでこーいう順番にさせてもらいました! 1 岸くん 2 平野くん 3 神宮寺くん 4 永瀬くん 5 高橋くん 6 岩橋くん 岸くんはアカペラでも上手い! 高音の伸びがきれい。 平野くんはグループでシンデレラガール唄ってる時はうまくみんなに溶け込むように可愛い感じで唄ってるけど、ソロで唄ってる時はセクシーで凄くカッコいい。 バンドのボーカル的な感じで唄ってる時は圧倒的な存在感。 華があり魅せ方の引き出しをいっぱい持ってるし、カリスマ性がありますよね。 神宮寺くんは、初めそんなに思わなかったんだけど、DVD見てて あ~。 この子、歌上手いなぁ! と、ビックリしました。 永瀬くんは滑舌がいいですね。 後の2人はパート的にもサポート的なポジションだし、2人とも鼻に掛かるような…鼻声に聞こえるのでどっちもどっちって感じでランキングしました。

次の

ジャニーズを代表する歌うまシンガーリスト3 これからのジャニーズを支える期待のホープ キンプリ岸くん SixTONES京本くんジェシーくんなにわ男子大橋くん

キンプリ 歌唱力

ベスト3をご紹介していきます。 3位 神宮寺勇太 自費でボイトレに通っているという努力家の神宮寺勇太くん。 その効果もあってか、デビューした頃よりも歌が遥かにうまくなったのがわかります。 本人は歌にコンプレックスがあったらしく、それを克服しようとボイトレに通う事にしたそうです。 このあたりの 向上心は人間的にもすばらしいものを感じます。 キンプリ6人のメンバーを見渡すと、これから登場する2人の歌唱力が優れています。 3位は接戦でしたが、神宮司くんの努力が頭一つ抜けたとみてよいかと思います。 キンプリは他のジャニーズグループと比べても歌が上手なメンバーが多いです。 ファンの中でも意見が割れがちで、最後は誰の声が好きかというレベルに落ち着くことも多いのが特徴です。 スポンサーリンク 2位 平野紫耀 高音のメンバーが多いキンプリの中で1人ハスキーボイスなのが平野紫耀くんです。 平野紫耀くんはセンターなので必然的に歌うパートも多くなってきます。 確かに耳に残りますよね。 MCをすればド天然キャラで爆笑発言を連発。 歌えて喋れてかっこいいアイドルとくれば人気が出るのは当然の事なのかもしれません。 見た目とのギャップが魅力的な紫耀くんです。 スポンサーリンク 1位 岸優太 誰もが認める歌唱力の持ち主です。 高音で透き通るような声なのに、声量もあるしなんと言っても安定したピッチが魅力です。 聞いていて 安心感がありますよね。 岸優太くんの歌い方やマイクの持ち方は、歌唱力に自信のある人の歌い方ですよね。 ちょっとナルシストっぽい?とも言われていますが、歌唱力は高く評価されておりキンプリの楽曲の中でもソロパートが多いです。 ジャニーズ事務所の先輩が認めるほどの実力ということでしょう。 一部ではジャニーズで最も歌がうまいと言われている、 嵐の大野くんと並ぶ逸材という声もありますがどうなのでしょうか?さすがに今はまだ少しハードルが高いかもしれませんが、今後に期待できそうです。 まとめ キンプリ歌うまランキングはいかがでしたでしょうか?メンバー全員歌が上手くて、歌唱力の平均値が高いように感じました。 特に高音や裏声をとても強みにしているグループなので、関ジャニやジャニーズWESTのようなノリのいい曲よりも、じっくり聴かせるバラード調の曲が合っていると思います。 まだまだこれからのグループです。 これからどんな名曲が生まれるのか、楽しみに見守っていきたいところです。

次の