未来 人 ツイッター。 【演習問題付】絡む〜ツイッターフォロワー1000人になるまでにしておく大切なこと〜|けいすけ|note

日本の若者はなぜ、Twitterをよく使うのか:日経ビジネス電子版

未来 人 ツイッター

『』の解説者であり、ユーザーイノベーション研究で注目を浴びる鷲田祐一先生と、『』の共著者であり、日本におけるソーシャルメディア研究の第一人者である佐々木裕一先生による、対談シリーズがスタート。 ソーシャルメディアの使い方やユーザーイノベーションの観点から、ネット社会のクリエイティビティがどうなっていくのかを探ります。 第1回は、なぜ日本ではFacebookよりもTwitterが支持されているのかなど、日本特有のソーシャルメディアの使い方について。 「4つの動機」に適う気楽でゆるいコミュニケーション 鷲田祐一(以下、鷲田):ソーシャルメディアの利用動向について、佐々木先生も大学生と接していてお気づきだと思いますが、日本の若者はFacebookをあまり使わないですよね。 佐々木裕一(以下、佐々木):学生がよく使っているのは、LINE、Twitter、YouTubeですね。 あとはInstagram。 Instagramの利用はどれだけ続くかわかりませんが。 鷲田:このあたりはアメリカと温度差があると感じます。 だからこそ、情報環境という点において日本はアメリカのセカンドオルタナティブ(代替的立ち位置)になれているのかなと。 下手をすると、この先その立ち位置が中国になる可能性もあります。 しかし中国とアメリカは幸いにも、ローコンテクストの(言語・文化・価値観などの共有性が低い)国ということでよく似ている。 質的に違うということがオルタナティブたる所以ですので、ハイコンテクストな日本社会はオルタナティブとしてあり続けるのではないかと思っています。 『』 鷲田:可能性はあると思いますね。 日本でTwitterが非常に支持されているのは事実ですから。 どうして、日本人はこんなにもTwitterが好きなのか。 佐々木先生は、『ツイッターの心理学』で日本のTwitter利用者がどういう動機を持っているのか、分析されていますね。 佐々木:はい。 大きく分けて4つの利用動機があると考えています。 1つ目は、ツイッターを通じて自分の考えを知ってもらったり、新しい関係を構築したりする「オンライン人気獲得」。 2つ目は、楽しさや暇つぶしを求める「娯楽」。 3つ目はすでに知り合いである人との交流に使う「既存社交」。 4つ目はツイッターで新しい情報を得たいという「情報獲得」、です。 このように、ツイッターはいろいろな用途があり、それぞれの目的にかなった使い方ができるところが支持されているのではないかと思います。 そして、Twitterのタイムラインに投稿するというのは他のSNSに比べて圧倒的に気楽なんですよね。 鷲田:メールやLINEだとそうはいかないですよね。 Facebookもある程度ちゃんとしたことを書かなければいけないという雰囲気があります。 佐々木:例えば、Twitterで「大手町で仕事終わったー。 なんか食べに行きたいな」と投稿したとします。 そうしたら、「私も今、大手町!」とか「私もひまだよー。 あるいは反応がないかもしれない。 でもそれはそれでいいんです。 もし1対1で「大手町で仕事終わったー。 なんか食べに行きたいな」と送った場合、返信への強制力が働いてしまいますよね(笑)。 鷲田:誰に送るかも考えてしまいますし、送られた方も「今は別のところにいるけれど、大手町まで来いってことかな……」と思うかも(笑)。 佐々木:20代以下の人たちは、これくらいのゆるいコミュニケーションを望んでいるようですね。 自分はもう若者とは言えないおっさんですが、なぜTwitterを使うことが多いってハンドルネームで使えるからですよね。 特に趣味の話は別に変な事を言うのでなくても、本名で活動するフィールドとは離しておきたいですし。 クラスタにもよるのでしょうがTwitterにはみんながコテハンの2chという感じも。 あと、Twitterを利用していて本名で顔出しまでしてるからといって気を付けた気を使った発言をしてるとは限らないし、匿名でデフォルトアイコンだから野放図な発言をしてるとも限らないのはよくわかりました。 スマホネイティブな本当の若い子らだと本名でのリアルでの仲間内と連動したネット利用が中心になってきているといった話も聞きますがそういった話題もあるのか続きも楽しみにしています。

次の

宇宙未来人・技術2227が緊急事態宣言4/7発令の予言を的中!(ツイッターに登場したタイムトラベラー)

未来 人 ツイッター

そもそも、 本当に未来人なんて人が存在しているのか? 2062年から現代に現れることなんて出来るのか?と、 色々疑問に思う事はありますがとりあえず情報源の1つとして 2062年未来人の予言情報をまとめてみたいと思います。 が噴煙は上がったことがある。 ということで、 未来人 予言 的中 まとめ 2062 について書かせていただきました! 日本という国について、 それなりに争いなども起こりそうですけど、 大きく変化が起こる感じでもないような気がしますね! 地震予知は可能か。 未来人なら、ボイルの法則に基づいて温度変化に注目しています。 圧力に体積を掛けたものわ温度に比例する。 地震を最小限に抑える 押さえる 事に成功しているそうです。 地震が起こる地域に地下10㎞、ボウリングして水を注入して微小地震を発生させ,エネルギーを放出。 また20㎞の場所で、水を注入同じ事。 30㎞の地点。 40㎞の地点でわ、水は3倍ほど入れているとか。 地震は防ぐ事はできないが最小限に抑えるらしい。

次の

ツイッターに未来から来た人が登場して話題にwww『日本は岡山が首都になっている』

未来 人 ツイッター

第三次世界大戦は起こるのか? 本日、『第三次世界大戦』の言葉が世界レベルでトレンドワード入りしていました。 ここ数年前から、第三次世界大戦は起きるのでは無いかと言われていましたがトレンド入りしたのはびっくりですね! 今回の件は、イラン革命防衛隊のそれソレイマニ司令官がアメリカからの空爆で死亡したことで、イランの最高指導者アリー・ハメネイ師が「報復」をすると宣言したんです。 それにより世界で『第三次世界大戦』に関係するワードが飛び交ったということです。 参考記事はこちらです。 報道を総合すると現地時間3日、イラン革命防衛隊の実力者として知られるカセム・ソレイマニ司令官が、イラクの首都・バグダッドで空爆を受けて死亡した。 米国防総省は、この殺害がドナルド・トランプ大統領の命令によるものだと発表、トランプ氏もソレイマニ氏が米国側への攻撃を計画していたとして、「戦争を止めるため」攻撃を行ったと述べた。 当然、イラン側は強く反発しており、 最高指導者アリー・ハメネイ師が「報復」を宣言した。 米国もイラクに滞在する国民に国外退避を呼び掛けるとともに、軍の増派を決めるなど、情勢は緊張の度を強めている。 世界各国では、この対立が大規模な軍事衝突、ひいては「第三次世界大戦」につながるのではないか、との不安が強まっている。 こうした中で、 ツイッターでは第三次世界大戦を指す「WWIII」「worldwar3」などのキーワードが、投稿の多い単語を集計するトレンド欄の上位を占めている。 引用: 全世界の人間が戦争に関して世界レベルで危機感を感じたっとこですよね? これはちょっと怖いですね。 『第三次世界大戦』を予言した人たち! 今回は『第三次世界大戦』を予言している人たちをまとめました。 ローマ教皇については他の記事でもまとめているのでこちらをご覧ください。 アインシュタインの予言 「来たるべき世界政府の盟主は日本が担うことになるであろう」 「第三次世界大戦がどのように行われるかは私にはわからない。 天才科学者は答えた。 「第3次世界大戦がどのように行われるかは分からない。 だが、 第4次世界大戦が起こるとすれば、その時に人類が用いる武器は石とこん棒だろう」 引用: なんで第4次世界大戦が起きたら石とこん棒なのかかわりますか? アインシュタイン博士は 第三次世界大戦が起きたら核兵器で世界が崩壊してしまい、何も残らない世界になるからその次に起こる戦争は石とこん棒だろうって言ったそうです。 ということは第三次世界大戦はそれだけひどい戦争になるってことを予言しているみたいです。 ただアインシュタイン博士に予言者としての能力があるのかよくわからなかったですが、記録には残っていました。 聖徳太子は予知能力を使って、 将来のことをいろいろ言い当てた予言者でもあったと言われています。 その中には黒船来航や第二次世界大戦なんかも言い当てています。 1996年には85歳でなくなってしまわれているんですが、あまりに的中するのでブルガリアの王様までアドバイスを受けに言ったとされています。 その中で「2019年の予言」内容を紹介していきます。 「 氷のように全てが溶ける。 しかし、一箇所だけ手つかずの領域が残るだろう。 それは、 ウラジミールの栄光、ロシアの栄光である」(ヴァンガ) 「 多すぎる犠牲者が出るが、誰にもロシアを止めることはできない」(同) 「ロシアが全てを取り去ってしまう。 そして、ロシアは残るだけではなく、世界の覇者となる」(同) 引用: ここに書いてあるところで「ウラジミール」というのはウラジミール・プーチン大統領のことだと言われています。 そのロシアが栄光を手に入れると書いてあるということは戦争で勝つってことなんでしょうね。 「多すぎる犠牲者」ってのが、世界大戦を示しているようです。 そして怖いのが「氷のように全てが溶ける。 」というのが 核戦争を示しているんじゃないかってことです。 2043年生まれの未来人が 2075年からタイムマシンで現代にやってきて語った内容です。 「2075年から英国国防総省のタイムマシンで現代にやってきたという、マイケル・フィリップスという兵士が警鐘を鳴らしています。 彼は過去の特殊偵察部隊員だそうです。 フィリップスによると、中国・ロシアの同盟勢力と英米を中心にしたグループとの間で紛争が発生。 核の使用は限定的ですが、戦争は3年間におよび全世界で数百万人の犠牲者が出ると言われています。 核戦争の影響はフィリップスのいる時代にも及び、放射能で荒れ果てた荒野が世界各地に広がるそうです」 引用: この マイケル・フィリップスの話では世界はパラレルワールドになっていて、タイムトラベルで避けられた悲劇があるって話です。 なのでうまく運べば第三次世界大戦は避けれるのかもしれません。 英語ですが動画もあったので載せておきます。 彼は2000年からネットの書き込みに未来から来たトラベラーだと語って話題になったようです。 タイターが書いた未来についてネットにあったので載せておきます。 タイターの書き込んだ未来• 2015年、ロシア連邦が反乱部隊の援助という名目でアメリカ、中国、ヨーロッパの主要都市に核爆弾を投下。 アメリカが反撃し核戦争となり、 第三次世界大戦へと発展する。 その後、アメリカの外交権麻痺に乗じて、中華人民共和国が覇権主義を強化。 台湾、日本、韓国を強引に併合する。 後にオーストラリアが中国を撃退するが、ロシアの攻撃により半壊滅状態になる。 ヨーロッパ諸国もロシアによりほぼ壊滅するもアメリカが撃退し、ロシア連邦が崩壊する。 2017年、30億人の死者を出した末、ロシアの勝利に終わる。 2020年、アメリカ都市部の勝利により内戦が終わる。 ロシアの援助によって、新たな連邦政府が成立する。 アメリカの地方区分は、現在の州ではなくなる。 分裂したときの5勢力で構成され、社会主義国家に近くなる。 内戦後の生存者は図書館や大学の周りに集結してコミュニティを形成している。 新たな連邦政府は首都を現在のネブラスカ州オマハに置いている。 アメリカ以外のほとんどの国も社会主義国家のような体制になっていく。 引用: 2015年に第三次世界大戦が起きると書いてありますがもう過ぎちゃってますね。 とはいえ、まだ何が起きるかわかりません。 そしてどちらかというと ババ・ヴァンガと真逆な感じですね。 ババ・ヴァンガは世界大戦でロシアが勝つと言っていますが、タイターはロシアが負けると言っています。 ジョン・タイターが予言して当てたできことにはこのようなものもありました。 ・イラクが核兵器を隠しているという理由で第2次湾岸戦争が起きる。 ・アメリカ国内にも狂牛病が発生する。 ・中国人が宇宙に進出する。 ・新しいローマ法王が誕生する。 ・アメリカの内政悪化(イラク戦争やハリケーン被災者救援対策の遅れから、アメリカ内政悪化) ここまで当てていると本当に当たりそうで怖いですね! 第三次世界大戦に関するツイッターの声 第三次世界大戦とかやめて お願いだから喧嘩してる国同士 チームランブルやっといて — FA. ある記事に、第三次世界大戦が世界レベルでトレンド入りしているのに日本はゲームに関するワードがトレンド1位だったとか・・・ もうちょっと危機感を持って発言したほうがいいかもしれませんね。

次の