ハイキュー 378話 感想。 ハイキュー!!【377話】ネタバレあらすじ確定&感想|帰国!

[B!] ハイキュー!!【379話】ネタバレあらすじ考察&感想!日向と影山の会話

ハイキュー 378話 感想

スポンサードリンク ハイキュー378話ネタバレ:宮治と山口登場 内部ではファンの女子がおにぎりを売っている宮治を宮侑と勘違いする。 宮治は「おにぎり宮」の店主になっていた! 宮治の屋台に山口忠がやって来る。 現在大学4年で、来年から家電メーカー 宮城 勤務のよう。 気付く宮治が「あの烏野のフローターサーブの!」 山口「覚えてたんですね」と、内心宮兄弟に覚えられていたのが嬉しそう! 山口「地元じゃなくても今日の試合は見逃せませんもんね」 二人でブラックジャッカルVSアドラーズの幕を見る。 ハイキュー378話ネタバレ:日向と影山 日向はトイレに行くと、影山と遭遇 影山「今日は腹は大丈夫なのか?」 これまでの回想で、影山に幾度も負けてきた日向…。 お前は3年間、何やってたんだ? 勝ち残りたかったら強くなってみろよ 先に行くぜ 今回も、俺の勝ちだ 山口「日向VS影山、中学以来最初の公式試合ですからね」 お互いにニヤリと笑う日向と影山。 スポンサードリンク ハイキュー378話ネタバレ:月島と日向の会話 月島は高校時代の日向との会話を思い出す。 月島「ビーチバレーなんて本気なの?」 日向「冗談でなんて言ってないぞ!」 月島「またバカが暴走したのかと思ったよ」 日向「お前も影山も暴言挟まないと死ぬ病なの??」 月島「一緒にすんなよ」 日向「おれはひとりじゃ勝てない。 でも強い場所には強いセッターがいるだろ。 強いセッターにトスくれって言うために強いチームに行けるようになるんだ」 ハイキュー378話ネタバレ:澤村と菅原と旭が登場 月島と山口、谷地が合流。 ツッキービール飲む?と山口が聞くも、僕はカルーアミルクしか飲まないしカルーアミルクをバカにする人間とも飲まない、と言い、月島君が今日も月島君だ…と谷地は感動する。 会場の別の場所では東峰旭、澤村大地、菅原考支たちが合流。 謎のパリピな挨拶をする菅原にやめろよ!という東峰。 「懐かしいな」と三人で笑い合う! 旭は東京でアパレルデザイナー、髪を下ろしてメガネをかけている。 大地は宮城県警察生活安全部、あまり変わらずまじめな姿。 菅原は宮城の小学校の先生に! 今すぐお得に漫画やアニメ を楽しみたいなら U-NEXTがオススメ!• お得に漫画やアニメを楽しみたい…• 過去の漫画やアニメを一気に見たい…• 仕事や部活、サークル活動などでテレビをタイムリーに見れないので、時間を気にせず好きな番組を見たい… このような悩みを あなたは持っていませんか? かつては私もこのような悩みを持っていて、どうしたら解決できるだろう、どうしたらもっと好きな漫画やアニメを楽しめるだろうと色々思考錯誤していました。

次の

ハイキュー379話ネタバレ!烏野メンバー続々集合!田中と潔子が結婚も!|ワンピース鬼滅の刃ネタバレ考察ガジライフ

ハイキュー 378話 感想

井闥山学院高校出身 飯綱掌の進路が明らかに!• 佐久早がバレーボールを始めたきっかけとは?• 再登場をみなが待ち望んでいた赤毛のあいつ。 そう、牛島の高校時代のチームメイトで大親友の天童覚(てんどう さとり)だ。 かつてニワトリヘッドだった彼は今では坊主頭に様変わり笑笑 どういう心境の変化だろう。 彼が現在なにをやっているのか、今回の話では明かされなかった。 ハイキュー!! Vリーグ編で 2本の指に入るほど注目度が高い天童の進路は一体いつになったら分かるのか!! *ちなみに、最も衝撃的だった進路だったのは西谷の「イタリアでカジキマグロを釣っている話」だ笑笑 牛島を励ますため電話をかける天童。 どうやら不調の原因は納得のいくフォームを試行錯誤していることで生じる迷いのようだ。 迷いが常にある状態では最高のパフォーマンスを発揮することはできない。 若き主砲も例外ではないのだ。 疑わないこと それが強さだ、レイリーの名言が思い出される。 いつも強い牛島を見ていた天童は彼が少し凹んでいることを察する。 昨日 …子供が「バレーはつまらない」と言っているのを聞いた これがその原因だ。 道端でサインを求めてきた女性の子供に、バレーは好きか、と渾身の質問を投げかけた牛島だったが、その返答に愕然とするのだった。 んー好きじゃない! テレビでやっててもみない! ガーン、初めて見る牛島のガーン顔だった笑 その話を聞いた天童は耳が痛くなりそうなくらい大爆笑し、その原因を指摘する。 それはさあ 若利くんがまだ弱いからだよね! 牛島に「おまえ、弱い」と直接言えるのは天童くらいだろう笑 続けて彼はその解決策を提示する。 強ければいいんだよ 強さが全てだよ 体の大きい外国のチームをバッタバッタと倒すんだよ みんなスターが見たいんだから 想像してみて欲しい。 赤毛坊主頭の若者が路上でイヤホンをしながら空を見上げ両手を広げ恍惚な表情を浮かべながら大声でこのセリフを言っている姿を。 非常に恐ろしい笑 しかし、このエールで牛島は胸の内の悶々とした悩みが消え去ったようだ。 それならできると思う さらっととんでもないことを言う笑 牛島の父と岩泉の将来の夢 ゆくゆくは海外の強豪へ移籍を視野に入れている牛島は父親がトレーナーとして所属するチームの練習を見学するため渡米する。 父親の名は、 空井崇(うつい たかし)。 名字が違うのは婿養子だったからだ。 彼は元々プロプレーヤーだったが度重なる怪我のせいで早々に引退したとのこと。 渡米した先で牛島はかつてのライバル 青葉城西の 岩泉一(いわいずみ はじめ)と奇跡の再会を果たす。 彼は大学卒業後にトレーナーになりたいらしく、海外で活躍中のある日本人トレーナーと会う約束をしていたのだった。 その日本人トレーナーというのが何を隠そう、牛島の父親の空井だったのだ!笑 おめでとう岩ちゃん、むこう 1年分の運を使い果たしたな。 その後ホットコーヒーをお供に公園で話す 2人。 「ウシワカ」が「まあまあの選手」なんてのはメチャクチャ嫌だぜ と、世界の壁に絶賛苦戦中の牛島へ最大限のエールを送る岩泉。 高校時代のように他を寄せ付けない、圧倒的な力を世界相手でも見せて欲しい。 やはり牛島はスターであり続けなければいけない。 そういう星のもとに生まれついたようだ。 岩泉は身長が 180センチ以下とバレー界の中では短躯だ。 そんな彼は現役時代、どうにかして長駆の選手たちと渡り合えるように様々な選手のプレーを動画で学び試行錯誤を繰り返していたと言う。 その中でも今の牛島の悩みを少しでも解決できそうな選手のプレー動画を見せる岩泉。 俺はやはり運が良い 岩泉と語り合ったあと牛島は自らの幸運に素直に感謝した。 渡米した先で偶然、かつての好敵手に遭遇し、アドバイスまでもらえるなんて本当に運がいいとしか言えないだろう。 牛島、新たなフォームを会得し、最強を更新 試合に戻る。 星海のトスが牛島にあがる。 牛島は思う。 強者で在るために何度でも強さ(それ)をすてよう 前回、彼のスパイクを完璧にレシーブしてみせた佐久早が真正面で受けるも、そのあまりの威力にボールは弾かれ観客席へ飛び込む。 しかし今回実践してみせた牛島の スパイクはサーキュラー(循環)アームスイングといって、飛んだ瞬間から腕回しを開始することで、一切止まることなく勢いを全てボールにぶつけられるものだという! 言うは易し行うは難し。 完璧に馴染んでいた愛着のあるフォームを一度ぶち壊して、新しいフォームにチャレンジすることは簡単にできることではない。 それでもより高みへ、もっと先の景色を見るために、牛島は果敢に試行錯誤を繰り返し新たな武器を手に入れて見せた。 完成しない最強 …か 東峰旭(あずまね あさひ)がこう評していたが、全くその通りだ。 いつまでも最強でいることはできないのかもしれない、それでも最強であり続けようと努力することは辞めてはいけない。 第一線で活躍し続けるプロの極意を見た気がした。 牛島の父親への感謝の言葉で締めよう。 俺の左手(ギフト)を守ってくれてありがとう お父さん ハイキュー!! 最新話ネタバレ記事一覧 395話 ハイキュー最新43巻を無料で読むには?.

次の

ハイキュー!!【第377話】 最新話のネタバレと感想!!|漫画大陸

ハイキュー 378話 感想

ハイキュー!! 【377話】最新話ネタバレあらすじ ある日の昼食時、日向はエイトールが試合でオーバーでのセットをしない理由を聞きます。 オーバー自体苦手だと話すエイトールは、打ち易さよりも反則をとられてしまう可能性を恐れているのでした。 エイトールの理由を聞いた日向ですが、上げてもらうボールであれば全部ありがたく打つと答えるのでした。 試合に戻ります。 ボールを拾い続ける日向たちのチームに観客も沸きます。 しかしここでエイトールのトスがネットギリギリに上がってしまいました。 相手はこれを見逃しません。 ブロックで押し返され、日向・サンタナペアは負けてしまいました。 落ち込むエイトールでしたが、日向に励まされてまた頑張ることを誓います。 そんなエイトールにニースは試合に勝って結婚とはいわないでと言います。 衝撃を受けてしまうエイトールに、ニースは続けて、勝っても負けても素敵だから結婚してと言います。 この言葉に衝撃を受けたのはエイトールだけでなく、日向、ペドロ、ルシオ。 エイトールはもちろんこのプロポーズを喜んで受け、この場にいる皆に祝ってもらいました。 ニースはエイトールの素敵な姿を見せてくれた日向にもお礼を言います。 そして日が過ぎていき、エイトールの結婚式も見届けた日向は3月、ルシオやペドロ、エイトールなど皆に見送られて帰国の途につきます。 日向は日本に帰ったあと、自らバレーボールチームのトライアウトを受けに行く予定です。 このチームこそ、宮侑や木兎が所属するチームです。 カテゴリー•

次の